PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

Photographer’s Diary

ニューカレドニア

Thu 15
Panasonic LUMIX DMC-GM1で家の中を撮影してみた
2014.05.15

P1250537k.jpg

最近お気に入りで、いつも持ち歩いているサブカメラ、Panasonic LUMIX DMC-GM1で、家の中を撮影してみることにした。撮影は、すべてソフトフォーカスモード

P1250121k.jpg

旅先で見つけて、気に入った絵を玄関に飾りました
額もお気に入り

小笠原からのおみやげのステンドグラス。海の見えるラナイの窓ガラスに飾っています。見る角度によっては、ザトウクジラが海を泳いでいるみたいにみえます。

P1250514k.jpgのサムネール画像

新しい絵を飾るまで、玄関に飾っていたのは、僕がミクロネシアのヤップ島で撮影した花の写真。今は妻のパソコン机の前に飾ってあります。ヤップでは、花をイメージした写真を沢山撮影していたな。

10350444_789579151066084_7997095272466173311_n.jpg

家族の写真が沢山飾ってある棚に一緒に置いてあるのは、オーシャナで取材したニューカレドニアのウエッブマガジンをハードカバーのフォトブックにしてもらったもの。その上には、同じくオーシャナの取材で訪れた宮古島のアーティスト、故富夢さん作のクジラの歯で彫ったクジラのテールのネックレス。

取材で訪れる海で、小さな、だけどとても大切な思い出が沢山作られていきます。その一つ一つを大切にしたいのだけど、最近はちょっと忙しすぎて、ちゃんと大切にできていなような気がしています。良く無いですね。

いつか・・・・落ち着いたら、感謝の気持ちを伝える旅に出たいなと、いつも思ってはいるんですけどね。気持ちを伝えに行かなければいけない海や人が多すぎて、どこから行けばいいか、これまた悩みます。

身体が三つくらい欲しいです。

10308225_790099301014069_5869272132948961279_n.jpg

これは、時季はずれだけど、スノーマン

P1050353k.jpg

僕の写真額の横にも、ステンドグラス

P1050344k.jpg

これも、ハワイで買った、木でできたマッコウクジラの置物

P1250513k.jpg

お気に入りのカメラで撮影すると、家の中にあって、いつも見てるものでさえ、かわいく撮影したくなりますね。

P1250529k.jpg

Sat 05
ニューカレドニアのocean+α記事フォトブック
2014.04.05

P1020907.JPG

MDF(マリンダイビングフェア)で、ブースの展示物に、オーシャナで取材したときに作成したウエッブマガジンをそのまま使用してくれている所が何カ所かあった。

P1020908.JPG

PDFで作成した、雑誌スタイルのレイアウトでデザインするものなのだけど、ウエッブ上では、このデザインがあまり重要視されていない。記事と写真が一律に配置された、僕個人的には、殺風景なHTMLの記事だけを見て、情報を得ているだけの人が多い。

でも、印刷媒体で長く仕事をしているカメラマンとしては、このデザイナーの人が作り上げた雑誌スタイルのウエッブマガジンが完成してくるのが、毎回とても楽しみでもある。

P1020909.JPG

良いデザインやレイアウトによって、自分が気に入っている写真が、さらに引き立たせられた時などは、正直本当に嬉しくなる。

過去に、特に目立っていなかったマクロ生物を雑誌で見開き一面で取り上げた後、その生き物がブームになったなんて効果もある。写真が均一に並ぶHTMLでは、撮影者として、どの写真を、より皆に見てもらいたいかとか、何が強く印象に残ったとか、そういう思いが伝わらり辛いと感じる。

P1020913.JPG

ウエブを中心に活動しているのに、こんな事書くのはどうかと思うけど、やはり、手元にずっと残しておきたいと思うのは、毎日更新されていく、HTMLの記事ではなくて、丹誠込めて作り上げたてもらった、PDFのウエブマガジンだ。スマホやiphoneでは、文字が小さくて読み辛いのも十分に分かってる。効率とか、見やすさを考えると、PDFの記事をやめてしまおうかと思い悩まないわけではない。

P1020914.JPG

でも、MDF会場で、パネルや、配布用の印刷物になっているのを見ると、あ〜、やっぱりいいな〜と感じる。

そして、今回特に、こんな風に作ってくれたら記事の作成者として、嬉しいなと思ったのが、ニューカレドニアのウエッブマガジンをハードカバーのフォトブックにしてくれていたもの。

P1020916.JPG

自分たちが、丹誠込めて作ったウエッブマガジンを、とっても大切にしてくれているという気持ちが伝わってくる。気に入ってくれているんだなという思いが伝わってくる。そして、その思いを、素敵なハードカバーのフォトブックにしてくれた事で、撮影、記事、デザイン、そして、印刷物と、一つの記事が作り上げられている過程全てにおいて、「思い」が込められて、その「思い」が引き継がれて、単なる"情報記事"として、というよりも、一つの"作品"として、完成されていた。

帰りの電車の中でも、何度も開いて眺めてしまった。

でも、「越智さん、オレのおかげですよ」と、どや顔されるのも嫌だったので、このフォトブックを手に取ったとき、表情には出さなかったけど、涙が出てしまいそうな程、嬉しかった事は、作成者には言わないでおいた。

P1020917.JPG

ニューカレドニアのブースに立ち寄ったら、良かったら、見てみて下さいね。

Mon 05
ニューカレドニアロケ、<エビがパイナップルを持っています>
2012.11.05

昨日、ご飯を食べに行った、タイ料理屋さん、ニューバンコック。

_29A4959.JPG

「ここね〜、面白いんですよ〜」と真顔でALIZEのガイドのマサシ君。

「え?美味しいんじゃなくて、面白い?」

「は〜い」と言って、メニューを見せる。「ここ、ここなんか面白いですよ、ほら」と言って指差す部分を見ると、まずフランス語なので、そこは飛ばして、次に英語、Raw Shrimp marinated in the lemonと書いてある。実際には、marinadedって表記されてたけど。「これの事?」と思ったのだけど、その横にさらに日本語で書いてあった。

<生のエビがレモンでしました>

え?・・おい、何をしたんだよ〜
と、思わず悩んでいると、

「ね、それにこれなんか、どうですか」とまた、マサシ君。

「どれ?」と覗き込むと、
Steam ginger のところには、

<しょうがを止(と)めてください>

しょうがをとめる?・・

「さらに、これ」とマサシ君

Shrimps Thai style with pineapple
<エビがパイナップルを持っています>

・ ・・・・

「じゃあ、これは?」とさらに追い打ちをかける。
Fish Thai style bitter-sweet
<ビタースイートで釣りをしてください>

で、その横には、
Shrimps Thai style bitter-sweet
<ほろ苦く、ほんのり甘いエビ>
なんで、ここでは、ビタースイートって書かないかな

Wanton Vapor
<伸び放題の蒸気>

おもろい、でも、もう、・・・意味わからない。
「ね、面白いでしょ、ぐふふ(笑)」と自慢気なマサシ君。どうやら、マサシ君にとっては、面白い=自慢になるようだ。まあ、それは取材中の僕への対応を見てるとなんとなく分かる気がするけど。

と、そんなメニューに見入ってしまい、普段はウエイトレスを待たせるの苦手なので、すぐにオーダー決めてしまうのに、メニュー見るのに、相当時間を要しただけでなく、そのほとんどを取材ノートに書き写したりしたので、ビールを頼むまでに、20分くらいかかった。

味は普通に美味しかった。
ちなみに、<生のエビがレモンでしました>をオーダーしたのに、オーナーが出すの忘れて食べれなかった。

昨日は、ニューカレドニア産?のニラミハナダイを撮影に行きました。水深25mから群れてます。

_MG_62791.jpg

Sat 27
バヌアツ到着。カバの洗礼?
2012.10.27

一時、ニューカレドニアを後にして、バヌアツ共和国へ到着。空港へは今回のコーディネーターをつとめてくれる大数加さんが出迎えてくれた。

そして、宿泊先のメラネシアンホテルへ。前情報をほとんど持たずに来たバヌアツ。首都のポートヴィラは思っていた以上に都会?な印象。何よりも嬉しいのは英語が通用することだ。

さて、メラネシアンホテルに到着すると、すぐにウエルカムディナー。巨大なロブスターと、アイランドキャベツを海苔代わりに使った巻寿司。ロブスターも美味しかったけど、このアイランドキャベツの海苔巻きがかなり美味しかった。シェフは日本人とのことなので、味も洗練されている。

_29A34313.jpg

_29A34341.jpg

席に座るなり、ウエイターで陽気なトニーさんに、「まず一杯!」と言われてカバ一気。バヌアツのカバは、フィジーやポンペイ、トンガなどのカバに比べても強いらしく、すぐに舌がピリピリ。でも、本当のカバはもっと強いらしい。とにかく決して上手いものではない(完全に木の根っこの味)けど、「これ飲んでビールのめばすぐ酔えるよ」とトニーさんは、嬉しそう。

_29A33731.jpg

_29A33741.jpg

確かに、その後、ビールにワイン、そしてテキーラと飲み続け、相当に酔っぱらってお部屋に引き上げたのでした。

そして、今日の国内線で、ジュゴンと泳げるエピ島へ移動。しばらくはネット環境の無い場所でのんびり過ごします。・・・じゃなかった、頑張って撮影&リサーチしてきます。

ちょっと心配なのは、夜の楽しみは強烈なカバのみらしいとうこと。フラフラにならなきゃいいけど。

Fri 26
ニューカレドニアロケ、ジュゴン君に遭遇
2012.10.26

_29A25781.jpg

今日は、ジュゴンを狙いに出かけた。本当は明日からのバヌアツロケでジュゴンを撮影する予定だった。取材より数ヶ月前、そのことをALIZEの小川マサシ君にメールで伝えたら、「どうやらニューカレドニアでも見れるらしいんですよね」と返信が来た。「え?そうなの?どんな感じなの?」と訪ねると、「一度視察に行ってきますよ」ということで、ちょっと前にマサシ君がその場所に視察に訪れた。

結果、ジュゴンに遭遇。
どうやら遭遇確率もかなり高そうだというので、「今度取材に来た時に行きますか?」と言われて、「行く行く!じゃあ、取材日程伸ばそう!」ということで、バヌアツ後も数日間ニューカレドニアに残り、ニューカレドニアでのジュゴンリサーチをする事にしていた。

しかし、ここ数日の風向きとか考えると、ヌメアでダイビングが厳しい状況だったので、「じゃあ、ジュゴン探しに行こう!」と急遽予定変更して向かったビーチで、このジュゴン君に遭遇した。

ジュゴン君と君付けにしているのは、オスであることが確認できたから。

前回のマサシ君のリサーチのときに、彼がこのジュゴン君に遭遇していなかったら、今回のジュゴン撮影は行なわれていなかった。
そういう意味では、本当にラッキーだったし、ヌメアのコンディションが悪いがために、予定変更してジュゴン撮影できたのもラッキーだったと思う。

_29A30001.jpg

ジュゴンはビーチからすぐのところに出没。
何しに来てるのかと思ったら、その泥砂地に繁殖していた、ウミヒルモという海草を食べに来ていたようだ。

_29A27581.jpg

見れたのは、この1頭だけ。
それでも、4時間近くも一緒に泳げたので、かなり写真を撮ることができた。

ここであまり詳しく書くと、ウェブマガジンなどに書くことなくなるので、これくらいにするけど、とにかく、ニューカレドニアロケ、中盤は、かなり順調に進み、明日からバヌアツ、そしてバヌアツ後にまたヌメアロケと、ニューカレドニア&バヌアツロケ後半に突入です。

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2016.06.28
2017年名古屋、大阪で写真展「INTO THE BLUE 〜青にとける〜」巡回展のお知らせ

2016年5月に東京・六本木ミッドタウンにある富士フォトサロンで開催し、1万人もの方にお越しいただいた写真展「INTO THE BLUE〜青にとける〜」の名古屋、大阪での巡回展日にちが確定しました。 名古屋・富士フォトサロン 2017年5月12日(金)〜5月18日(木) 大阪・富士フォトサロン 2017年6月2日(金)〜6月8日(木)

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com