PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

イルカやクジラと泳ごう!INTO THE BLUE > Photographer’s Diary > 恐るべし!ブッシュファイアー火炎地獄

Photographer’s Diary

Fri 25
恐るべし!ブッシュファイアー火炎地獄
2007.05.25

IMG_6923.JPG

次の観光地、サンドデューン(砂丘)へ向かう。どこまでもまっすぐに続くオフロードの前方には、巨大なブッシュファイヤー(山火事?野火事?)の煙がモクモクと立ち上っていた。「お~、迫力あるな~」とツアー参加者たちは、他人事のように眺めていた。気持ちはまだ、余裕のブラック&ホワイト

自分も今までにオーストラリアでは何度もブッシュファイアーに遭遇していた。乾燥した気候のこの国では結構頻繁にブッシュファイアーが発生する。自生の植物の中には、ブッシュファイアーが起こることで、硬い種の殻が割れて、種が地面に落ちて発芽するという、ブッシュファイアー自体が、種の保存のプログラムに組み込まれているものもあると聞いた。

以下はバスの右側の窓から撮影した連続風景

「だんだん煙が近づいてくるな~。かっこいい~」

IMG_6931.JPG

「お、火が見えてきた!すげ~!」

IMG_6934.JPG

「すげ~!すげ~!」

IMG_6949.JPG

「これ、近いな~!火の勢いもすごいよ!・・・・」

IMG_6952.JPG

「ち、近くね~?・・・」

IMG_6957.JPG

「ちょっと・・・け、けむいんだけど・・・・、これこのまま行くわけ?」

IMG_6963.JPG

そう叫んでいると、ドライバーのオージーのオヤジが、車を止めて、バックを始めた。やはりこれ以上は危険と判断したらしい。僕の席は最初から窓が開かないのだけど、それでも窓越しに熱気を感じるくらいだった。前方には、道の右側だけでなく、左側にも火が飛び火していて、煙が立ち上がり、前方の視界がまったく見えない。引き返して回り道するのかと思ったそのとき、

ドライバーのオヤジがマイクで叫ぶ「皆窓閉めて!」
最後尾に座る僕らには、前方で何が起こっているのかあまり良くわからない。「何?窓を閉めろって・・・?」

そう思った瞬間にバスは急発進を始めた。
「何、え?行くのこれ?」

IMG_6965.JPG

「煙で前見えないじゃん、この辺焼きつくされてんだけど」

IMG_6968.JPG

「熱いって!」

IMG_6969.JPG

「だから熱いっての!まじで!」

以下、続く。

同じときの状況をデイドリームの秋野さんも以下のブログでつづっているはずです。
 
http://daydream21.exblog.jp/ 
 

Next 「ホワイトサンドデューン(砂丘)

Previous 「奇岩、ピナクルズ

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://takaji-ochi.com/mt/mt-tb.cgi/706

話は多少前後するが、ピナクルズへ奇岩を撮影しに行った帰り、サンドボードをやる砂丘まで、また100km移動する。 100kmだの200kmだのという数... 続きを読む

コメント(14)

越智さんーー、
まずいですよぉ、仕事中に読んでて思わずふき出しちゃった((^^;

ああ、見てみたい♪
熱いのはいやだけど。




ナニコレ!!
すっげーー!!すっげー!!

まさに九死に一生?の境目というシーンに見えます!ところでそのカメラ、熱風とかで溶けませんでしたか?笑

まさに九死に一生?の境目シーンに見えます!それよりそのカメラ、熱風とかで溶けませんでしたか?笑

スゲー!この状況でも写真を撮り続ける父のカメラマン魂に感動です!

すごい!!
なんだこれー!!

あ、熱いってどうよ?

秋野さんから、見た越智さんの様子も面白いです・・・・
秋野さんが撮った、颯君とのツーショット
いいですね~~

umeちゃん>秋野さんのブログと合わせてお楽しみください。

TAGO>
熱かったよ~

KAIさん>
カメラは車内にいたから大丈夫ですけど、アスファルト溶けてるし、バスのタイヤは心配でしたね。っていうか来る前に「ボルケーノ」て映画見てたから、それを思い出しました。地下鉄で人が溶けちゃうシーンとか。

ゅ*^^*ゅちゃん>
意外と楽しかったんだよね、これが。ユニバーサルスタジオみたいだったよ。

てんちゃん>
今度、一緒にオーストラリアに行く機会があったら、ブッシュファイアー見つけて突っ込んでみる?

ひっきー>
熱いって、多分、あそこで立ち往生したら、焼け死ぬくらいの熱さっすかね~

norikoさん>
秋野さんの視点から見たツアー状況、面白いですよね。なんだか、僕は遊んでいるようにしか見えないけど・・・。視察です、視察。




映画観てるみたい、自然の驚異?
越智さんの表現が可笑しくて(*^^)でも本当に熱いかったのでしょうね、暑いのは好きだけど熱いのは嫌~いです(@^^)/~~~

ななせさん>まあ、無事に生還してるから、笑い話ですんでるんですけどね(笑)。

やるやるー!
多発すんのって季節によるよね?
1月でもあんのかなー。
わくわく。

1月2月は多いんじゃないかな。あ、でも僕は撮影があるから、突っ込むのはてんちゃんがやってよね。後方でそのシーンを撮影しちゃるから。

・・・。

コメントする

ENTRY

ENTRY

  • 尾高大樹
    はじめまして、スリランカのホエールスイムに興味...
  • 高橋
    はじめまして。 きれいな写真ばかりで感動しまし...
  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...

ENTRY

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com