PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

イルカやクジラと泳ごう!INTO THE BLUE > Photographer’s Diary > ポンペイ、胡椒の佃煮と天ぷら

Photographer’s Diary

Sat 16
ポンペイ、胡椒の佃煮と天ぷら
2010.01.16

_MG_50921.jpg

今回は、滞在日数が短いので、撮影に関しては、なかなか苦労している。しかも、ガイドの人たちが、まだポイントを十分に把握していないので、過去に僕が潜った記憶などを頼りに、撮影したりもしているし。なので、今回もある意味リサーチダイビング状態。そんななか、ポンペイに来たら絶対食べたかったものを食べることができた。

それが胡椒の佃煮と、胡椒の天ぷら!胡椒の佃煮は、おみやげとしても売っているのだけど、なかなか多くは作っていないらしい。ポンペイの気候は、胡椒作りには最適ならしく、品質が良いということで、昔から有名だ。

だから、この胡椒を使った、ポンペイペッパーステーキも有名で、レストランのメニューには、必ずと言っていいほど載っている。

しかし、天ぷらは、胡椒を作っている人が経営している、セイレストランでしか食べられない。しかも、事前にオーダーしておかないと作ってもらえない。かなり希少価値のある食べ物。

5年前に訪れたとにき、「こんなの作ってみたんだけど、食べてみて」とレストランのオーナーに出されたのだけど、ブドウのように実った胡椒をそのまま天ぷらであげていて、サクサク感がたまらなくて、しかもピリっと辛いとこなんか、ビールのつまみにぴったりだった。

そんなに沢山食べれるものでは無いし、ダメな人はダメかもしれないけど、とにかく色々な場所に取材に訪れて食べたものの中でも、「また食べたいもの」ベスト3に入っていたものだった。

「また、食べたい」という思いだけが、募りすぎて、今回「ん?イマイチ?」感はあったけど、しばらくするとやっぱりまた食べたくなってしまう。奇妙な魅力のあるおつまみ?なのでした。

そして、佃煮の方は、以前におみやげで買っていったら、妻にも、実家にも大喜びされた。普段「おみやげなど買って来なくていい」という妻が、「胡椒の佃煮、実家の分もよろしくね」と言ってくるくらい美味しい。ご飯とこの佃煮があれば、何杯でもご飯が食べれそうなくらい美味しい。

とまったくダイビングとは関係無いネタだけど、本当に美味しいんです。

Next 「ポンペイ、マンタロード

Previous 「ポンペイ到着。カピンガマランギ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaji-ochi.com/mt/mt-tb.cgi/910

コメント(1)

日本でもポンペイ島、セイ農園の胡椒と胡椒の佃煮をお買い求めいただけるようになりました。よろしくお願いいたします。
ブログ http://spicenesia.blogspot.jp

コメントする

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.08.04
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

御蔵島。今シーズン最後の追加日程のご連絡です。新たに3日程を追加しました。 今満席のところも、空席が出たら、ご報告します。どこかで、僕も参加するかもしれません。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 終了 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 終了 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 終了 ■8月25日(金)〜8月27日(日):満席 ■9月1日 (金)〜9月3日(日):満席 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):満席 ■10月20日(金) 〜10月22日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 ■11月3日(金)〜11月5日(日):新スケジュール ■11月10日(金)〜11月12日(日):新スケジュール 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com