PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

Photographer’s Diary

Mon 24
今日から、フィリピンへ
2010.05.24

_MG_85931%2003-36-21.jpg

今日から、セブ島へ撮影に出かけます。今回は、TUSAのポスター用写真撮影の他、CANON EOS7D のSEA&SEA housingとPanasonic LUMIX GF1のINON housingでの、サンプル撮影。

5日間と短い日程。まだ、使い慣れない機材ばかりなので、多少撮影に困惑するかもしれないけど、久しぶりの海なので、リラックスして潜りたい。

ちなみに、水中撮影機材は、こんな感じ。

SEA &SEAでは、新しく発売された、ハウジングを使っての、撮影サンプルを毎回HPに掲載している。

同じく、Panasonicでも、撮影サンプルをHPに掲載している。こちらは海外版がメインだけど。
こちらは、コンデジでの撮影サンプルです。

SEA&SEAのハウジングは、フィルムカメラの頃から愛用させてもらっている。水中撮影がデジタル化されてしばらくは、ハウジングが大き過ぎたり、ファインダーが見づらかったりした時期もあったけど、MDX-40DやMDX−5D Mark2くらいから、かなり軽量化されたり、ファインダーが見やすくなったりと、本当にとても使い易くなった。今回のサンプル撮影で、初めて7D用のハウジング使用するのだけど、これもどんな撮影ができるか楽しみだ。

P1010084.JPG

Panasonicのコンデジも、ハウジングを初めて作成した当初から、使わせてもらっている。歴代のコンデジ+ハウジングでのサンプル撮影をしていて、LUMIXシリーズにもとても愛着を感じている。

今回は、人気のマイクロフォーサースの軽量一眼レフカメラGF1用ハウジングをINONが発売するということで、そのサンプル撮影を依頼された。

P1010082.JPG

マイクロフォーサース機も、G1、GH1、GF1と使用させてもらっている。これは、Proofで作成してもらった、G1、GH1対応のハウジング。軽量 でかわいらしいデザインが気に入っている。

P1000057.JPG.jpeg

IMG_2300.JPG.jpeg

手づくりのオーダーメード。オーナーの丁寧な仕事と、ハウジングへの愛着が、このハウジングへの価値を高めてくれている。G2も入れられるかな?

と、使用しているハウジングの紹介してみました。

フィリピン行ってきます。

Next 「フィリピンから帰国しました。

Previous 「まるごと千葉60分

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaji-ochi.com/mt/mt-tb.cgi/1672

コメントする

ENTRY

ENTRY

  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...
  • spicenesia.com
    日本でもポンペイ島、セイ農園の胡椒と胡椒の佃煮...
  • イヌミ
    おお!!さすが越智さん強運の持ち主ですね!! ...
  • イヌミ
    初めて見ました。知りました。 固有種といっても...

PICK UP

2016.01.05
2016年1月16日のスライドトークショー

2016年1回目スライドトークショー、残席わずかになりました。もしご興味のある方はお早めにご連絡ください。 2016年1月16日(土)には、スライドトークショーを開催いたします。 2015年年末とは内容も変えてのトークショーを予定していますので、昨年末のスライドトークショーにご参加頂けなかった方も、また、新しい話が聞いてみたいという方も是非、ご参加ください。 長安との、飛鳥乗船記などもお話しできればと思っています。 パネルプレゼントなど、心を込めた景品もご用意いたしまして、皆さまのお越しをお待ちしております。 【越智隆治スライドトークショー】 ○日にち:2016年1月16日(土) ○時間:18:30~21:00 ○参加費:7,000円 ○場所:都内 ※参加される方の人数によって、場所をきめさせて頂きますので、参加される方へ直接ご連絡させていただきます。 ■お申込先 以下のフォーマットをコピー&ペーストしていただき、下記アドレスまでお送りください。 ※件名は「越智隆治スライドトークショー2」としてください。 ○氏名 ○電話番号 ○メールアドレス 【送信先】 tour@oceana.ne.jp 今年も宜しくお願いいたします。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com