PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

Photographer’s Diary

2011年1月のエントリー

Sat 29
MSNのSANKEI PHOTOに海中を泳ぐ象の記事がアップされました
2011.01.29

MSNのSANKEI PHOTOのこだわり写真館で、アンダマン諸島の海中を泳ぐ象、ラジャンの記事と写真がアップされました。

Wed 05
ミャンマークルーズとインド、アンダマンクルーズに参加しませんか?
2011.01.05

バショウカジキ、タイガーシャーク、マナティ撮影直後、タイのediveが主催する、ミャンマークルーズ2クルーズと、海中を泳ぐ象がいる、インドのアンダマン諸島クルーズに取材で乗船する予定です。

ミャンマークルーズの期間は、2011年2月2日(水)日本発~2月8日(火)日本着。残席は残りわずかだそうです。2週目の2月9日(水)~2月15日(火)日本着は満席だそうです。詳しくは、ediveのミャンマークルーズ情報をご覧下さい

20090320111118.jpg

20090320113808.jpg

20100217105506104.jpg

インド、アンダマン諸島クルーズ期間は、2011年3月2Ⅰ日(月)日本発~29日(火)日本着。

詳細はediveのアンダマン諸島クルーズ情報をご覧下さい。

また、アンダマン諸島クルーズは、ワールドツアープランナーズも、昨年同様に企画しています。日程的に都合が良ければ、こちらも是非,ご検討ください。

また、WEB-LUEのPDFでも昨年のアンダマン諸島クルーズの記事を掲載ています。

スクリーンショット(2011-01-04 21.00.14).png

ご興味のある方は、お問い合わせより、「ミャンマークルーズ」あるいは「アンダマンクルーズ」と明記の上、ご連絡頂くか、edive、もしくは、ワールドツアープランナーズに直接お問い合わせ下さい。

Sat 01
初日の出
2011.01.01

_MG_9777.jpg

朝、初日の出を見ようと、日の出前にリビングに行ってみたら、いつもはがらんとしている目の前の通りは、路駐する車だらけ。そして、その先の海岸線にも、多くの人影が。どうやら、ここはこの辺の初日の出スポットだったらしい。

出かけなくても、ご来光が拝めるのは、ラッキー。と思いながら、カメラを持って待っていると、日の出前の空に、一機の飛行機が、飛行機雲を作りながら、旋回して飛び去って行った。

_MG_9811.jpg

今年も、皆さんにとって、楽しく、素敵な一年になりますように。

自分は、もう少し、素直に笑顔を見せれるようにしよう、、、、と思います。

1_MG_9864.jpg

Sat 01
新年明けましておめでとうございます
2011.01.01

_MG_8322.jpg

今年もよろしくお願いいたします

ENTRY

ENTRY

  • 越智隆治
    お久しぶりです、メールにてご返信させていただき...
  • 阿部一子
    越智さん、こんにちは 福岡でご一緒した阿部です...
  • 尾高大樹
    はじめまして、スリランカのホエールスイムに興味...
  • 高橋
    はじめまして。 きれいな写真ばかりで感動しまし...

ENTRY

PICK UP

2018.12.22
2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況

2019年に開催する、奄美南部でのホエールスイム空席状況です。 開催期間 2019年1月26日(土)〜2月3日(日) 2019年2月23日(土)〜3月1日(金) 宿泊:ZEROグラビティー・古仁屋クラブハウスまたは、ZEROグラビティー清水ヴィラ 両方の宿泊施設は、車で5分ほど離れています。 船:ZEROグラビティー所有のカタマランボート。暖房完備の船室、冷蔵庫、ポットなど 温水シャワーのあるシャワールーム、トイレはウォッシュレット ボートの出港は、古仁屋からになります。宿泊施設からは、それぞれ、3分(クラブハウス)、10分(清水ヴィラ)。 空席状況(2018年12月22日現在) 1月26日(土) 空席4 1月27日(日) 満席 1月28日(月) 空席1 1月29日(火) 空席1 1月30日(水) 空席2 1月31日(木) 空席1 2月1日(金) 満席 2月2日(土)  空席5 2月3日(日) 余裕有り 2月23日(土) 空席2 2月24日(日) 満席 2月25日(月) 空席2 2月26日(火) 満席 2月27日(水) 満席 2月28日(木) 満席 3月1日(金)  空席2

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com