PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

Photographer’s Diary

2014年3月のエントリー

Fri 14
今気に入ってるカメラ、ルミックスDMC-GM1、リモートモード。
2014.03.14

P1080129k.jpg

今、ロケ先や子供の撮影、打ち合わせに出かけるときに気に入って持ち歩いているのが、このルミックスDMC-GM1

ミラーレスで本当に小さい。あまりカメラに興味の無かった妻にも、「これ欲しい。実際に見た方がかわいい!」と言われるくらい、スタイリッシュで可愛い。

コンデジのシーンガイドモードや、クリエイティブコントロールモードなどが着いていて、色々遊べるのも良いし、コンパクトなのに、GX7同等の機能が搭載されているらしい。もともとはGX7が良いな〜と思っていたのだけど、今ではこのGM1を持ち歩くのが、楽しくてしょうがない。

ということで、色々いじっていて、WIFIモードでIphoneと接続して、パナソニックのアプリをDLして、リモートモードにする。すると、Iphone画面モニターで、カメラの操作ができて、撮影もできる。

P1080125k.jpg

これって何かに使えないかな〜、と最近色々試行錯誤している。

Fri 14
ダイビング雑誌に使われた、イルカのカバー写真の話
2014.03.14

久しぶりに、ダイビング雑誌のカバーにイルカの写真を使用して頂いた。月刊ダイバーも最近は芸能人をカバーに使うことがほとんどなので、このスタイルが変らない限り、自分がカバーを担当する機会はほとんど無いだろうと思っていた。なぜなら、昔から雑誌の依頼で取材に行くということがほとんど無かったから。

過去に、カバーに僕のイルカの写真が使用されたダイビング雑誌を、書棚から抜き出してみた。元々、今は無き「月刊ダイビングワールド」で仕事していた事が多かったので、その頃の方が、カバーを飾らせてもらう事の方が多かった。もちろん、イルカだけでは無いのだけど。

月刊ダイビングワールドと月刊ダイバーで、イルカのカバーを担当したのは、過去に全部で7冊。その中でも、もっとも印象に残っているのが、2000年に出版された、真ん中、下段のもの。当時、バハマでおさわりイルカと呼ばれていた、ダービーと妻のミナが、触れ合いながらこっちへ泳いで来る写真。初めてイルカでダイビング雑誌のカバーを飾った写真だ。

P1010696k.jpg

当時、デジタルカメラは普及していなくて、まだフィルムで撮影していた時代。そう考えると、デジタルカメラの普及の勢いは、あっと言う間だった。

ロケ続きの僕は、今では、雑誌社からメールで写真使用の依頼があると、あるロケ先や、数日間家に滞在している間に、DROP BOXに写真を送り込み、その中から編集担当者が写真をセレクトし、文章もサブタイトルとワード数だけメールで指定されて、別のロケ先から、記事をメールで送り返す。

使用する写真が決まり、PDFの初稿が完成すると、これまた別のロケ先に、メール、あるいは、ネット環境の悪い場所では、DROP BOXにデータで送ってもらい、キャプションや使用写真に問題が無いか、本文に誤字脱字が無いかの修正をして、送り返す。

そんな案配だ。だから、月刊ダイバーの編集者の方たちとは、今回のイルカ特集を作成するに当たって、一度もお会いすることなく、作ってしまった。多分、他の多くの方も、今ではそんな感じなのかもしれない。

しかし、2000年当時は、まだまだフィルムで撮影して、そのフィルムを自分で現像所に持っていって、現像して、時間があれば、ポジフィルムの中から気に入った写真や雑誌の構成上必要な写真をセレクトして、マウントして整理して雑誌社まで持って行き、編集者と一緒に写真をセレクトするのが普通だった。

ところが、この時も、僕は4〜5週間バハマのクルーズを行なっていたので、編集者が写真と記事が必要な日までに帰る事ができなかった。それなら、前の年までに撮影した写真で組んでは?と提案したが、当時報道に憧れを持っていたP編集長は、「今年撮影する、生の写真が欲しい」と言ってきた。

少し悩んだ末に、1週目のクルーズを終了して帰国するゲストに、撮影した大量のフィルムを持ち帰ってもらい、帰国後P編集長宛に送ってもらい、こちらの指定通りに現像してもらうことになった。

簡単に書いてるけど、フィルムの事を知らない写真素人のゲストに、当時のX線での手荷物チェックで、フィルムをX線に通さず、目視のみでチェックしてと、係の人に頼ませて、持ち帰ってもらうことがちゃんとできるかの不安があった。

何故このような事をするかと言うと、X線に通すことで、フィルムが感光してしまう可能性があったからだ。当時使用していたフィルムは、ISO50とか、ISO100とか、今では信じられないくらいの低感度で、実際には、感光の心配は無いと言われていたけど、プロとして、少しでも可能性のあるトラブルは避けて通りたいのは当然の事なので、いつも「Hand check , please」と頼み、不機嫌な顔をされながらも、X線にフィルムを通すことは断固として拒んでいた。

そして、そこを無事通過したとして、P編集長に渡って、フィルムのナンバーによって、増感指示とか出しているものを、ちゃんとこちらの希望通りに現像してくれるかだった。

おそらく、報道写真記者として、長く新聞社にいた経験が無ければ、大事なフィルムを人に託して、持ち帰り、人に託して現像するなんて、こんな不安な行動は、できなかったかもしれない。おまけに、この週の海のコンディションとイルカの出具合は、今までに無いくらいに最高だったから。

フィルムを託した後、僕は2週目のクルーズに乗船していた。そのクルーズがバハマからフロリダに戻ってくる週末の1日でメールを受信して、記事をかかなければいけなかった。

自分の中では、コンディションも良かったし、使える写真も沢山あるだろうと思っていたので、2週目のクルーズ中に、大まかには記事を書いていた。そして、ホテルに戻り、当時は電話モジュラ回線でのネット接続でメールを受信した。そんなだから、データなど受信できるはずも無く、メールの文章のみでどんなだったかの結果を連絡してもらうしかないし、それでキャプションも書かなければいけなかった。

届いていたメールで、今でも記憶残っている文章がある。いつもそんなに激しく感情を出さないP編集長のメールには、「!!」マークが沢山ついていた。

完璧には覚えて無いけど、

「すごい!すごいです!ミナさんとイルカがこちらに向かって泳いできてる!!しかも、ミナさん、満面の笑顔!!!。最高です。これで良い特集が組めます!!」

みたいな。

P1010699k.jpg

とにかく、この興奮気味のP編集長からのメールを見て、僕も胸をなで下ろし、確か、その年、まだチャータークルーズ継続中に出版されたこの雑誌を、別のゲストの人にバハマまで持ってきてもらったのではないかと記憶している。

この写真は、後にASIAN DIVERと言う、海外のダイビング雑誌のカバーにも使用された。

まだ今ほど写真データの送受信が簡単では無い頃、僕が使える写真を撮影して、ゲストに持ち帰らせる事を信じて、締め切りギリギリまで待ってくれた、P編集長の当時の判断には、本当に感謝している。おかげで自分たち夫婦にも、とても思い出に残る雑誌の一つになった。


ENTRY

ENTRY

  • 高橋
    はじめまして。 きれいな写真ばかりで感動しまし...
  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...

ENTRY

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com