PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

Photographer’s Diary

西表島

Sun 20
西表島での「オガン」ロケ終了。ガイドの力
2012.05.20

今日、うなりざき西表での取材を終えて、西表島を離れる。7日間の取材日程で、5日間オガンに潜った。時に、激流れで、ロープに捕まって必死に潜行。ゲストが鯉のぼり状態で降りて行くシーンを撮影しようとカメラを構えると、ストロボのアームが折れてポートに被さってきた。

ターゲットのカスミアジの群れを探すのに、潮下から潮上へ泳ぎ、また戻ってきて、時間をかけてまた捜索に行くなど、ハードに泳ぎまくった。

緊張と疲れのせい(どちらかと言うと緊張?)なのか、潜り終わると、船上で横になって眠るガイドの森脇君を良く目にした。

天候が急変して、海が荒れてオガンから西表島まで帰り着いた時、船長を任された24歳の慎也君が、ずっと中腰体勢で立ち続けての操船を終えて、軽く自分の腰を叩いたのを見たときに、「良く頑張ったな」と思ったり。

時には、海中の状況が悪く、これでこのポイントに入っていいのかどうかをガイドの森脇君と石井君で討論している姿を見ているのが楽しかったりもした。

ペリリューやオガンなどのハードな海では特に思うことだけど、ガイドを信頼し、船長を信頼し、はじめて攻める撮影ができる。それは、「信頼に足る経験を持っている」というだけではなくて、どれだけ真摯に取り組んでくれているかが、僕にはとても重要になってくる。

うなりざき西表の若いガイドたちには、海に対する、そして自分の任された仕事に対する、そういう真摯さを感じることができた。

そういうガイドたちと一緒に潜って仕事をすることが、今、自分にとっては一番楽しい。

今までは船上でずっと緊張した顔をしていた森脇君が、全ての取材を終えた後、サングラス越しに、ほっとした穏やかな表情を見せていた事が忘れられない。

_MG_4090.jpg

Tue 15
西表島ロケ2日目、オガン潜入!
2012.05.15

13日に石垣島から西表島に移動。20日まで、うなりざき西表にお世話になって取材を行なう。メインのテーマは西表に来るダイバー憧れのポイント「オガン」。西表島から30km離れた外洋にぽつんとある、岩礁だ。

しかし、風が強く、20日までの1週間、オガンに行ける可能性は低いと言われた。今年に入ってから、オガンに行けたのは、まだ10回も無いとの事。初日は、西表島周辺のポイントに潜り、後は風がおさまり、少ないチャンスで潜りに行ける機会を伺う状況だった。

しかし、2日目、なんと、うなりざきのオーナーであるよしぼうが、一緒に船に乗船してくれて、うねりのある中、オガンを狙うことに。「行けるところまで行って、無理そうだったら、引き上げましょうね」と言われていて、自分も世界中で多くのロケを行なっていて、漂流した経験とかもあるから、「ありがとうございます。無理はしないで全然大丈夫です」と答えた。

_MG_3668.jpg

感心したのは、荒れた外洋に出てからの操船は、ガイドの森脇君に任せて横で操船を見守っていたこと。高いうねりを避けて斜めに船を走らせながらの操船。途中で森脇君が「きついっすね」と少し弱音を吐いたけど、よしぼうは何も言わずに見守っていた。「若いスタッフを信頼して任す」その姿勢が今のうなりざきを作ってきたんだろうなと感じた。

南西からのうねりで、真っ直ぐにオガンを目指せない中、無事最初のエントリーポイント、3の根に到着。後は、自分がそれに答える番だ。

1本目を上がった時点で、うねりと波が弱まっていたこともあり、3の根2本、光の宮殿、天馬崎と4本のダイビングを行なって戻ってきた。

_MG_4952.jpg

森脇君と二人だけで、エントリーポイントから流れに逆らい、潮上へ移動し、ターゲットを探すダイビング。「普通ならこんな潜り方しません。お客さんは着いて来られないから」と森脇君が笑った。6半2ピースではちょっとハードで、身体をクウールダウンさせるために、胸のジッパーを下げて、何度も中に冷たい海水を送り込みながらの移動。

さて、その結果は・・・・

詳しくは、ocean+αのWEBマガジンでお伝えします。

Wed 13
西表島ロケ、予定変更して急遽石垣島へ
2011.04.13

_MG_0500.jpg

西表島ロケ、本当は14日の午後に島を離れる予定だったのだけど、12日でロケを終了して、急遽、13日の早朝のフェリーで石垣島に戻ることになった。

理由は、あまりに順調にロケが進みすぎたためだ。取材を担当してくれた、ダイビングチームうなりざきの曽我さんからも、「こんなに順調にロケが進んだのは初めてです」と言われたくらいに、毎日快晴で海の海峡も絶好調だった。

_MG_1022.jpg

_MG_9944.jpg


それに反して、石垣島ではロケの間、イマイチな天気が多かったので、うなりざき石垣島店の店長、森君の希望もあり、早めに戻って、今日と明日で改めて撮影を行なうことになったわけだ。

そして、最終日の夜となったこの日、西表のダイビングサービスのオーナーが集まる飲み会(?)に参加させてもらった。前々から懇意にさせてもらっているMrサカナの笠井さん(さかなさん)の誘いもあって、ほとんど面識の無い人たちばかりの中での飲み会だったけど、楽しい一時を過ごさせてもらいました。

参加していたのは、イ・テリオス・ダイビングサービスの栗原さん、スマイルフィッシュダイビングサービスの川尻さん、WATERMANの徳岡さん、Eco Villageのみなとさん、ダイブラティークの佐々木さん、グッドダイブの井腰さん、ヒーリップルの川村さん、TAKEダイビングスクールの方々です。

R1000492.jpg

Tue 12
西表、春のマンタポイントで7匹のマンタに遭遇
2011.04.12

_MG_0737.jpg

西表でのロケ、4日間が過ぎた。2日目、3日はコンディションも良く、夏場でもなかなか行けない"オガン"まで足を伸ばしての撮影。

4日目は、午後から天気が崩れるというので、午前中に駆け足で西表島周辺のポイントに潜り、マクロ、地形、サンゴ、そして春のマンタポイント。"鹿の川"に潜る。

この時期からゴールデンウイークまでは、7〜8割の高確率でマンタに遭遇できているそうで、今回も先に潜りに行ったボートから、5匹のマンタがいたと連絡があった。

_MG_0156.jpg

ポイントに到着して、しばらく水面休息を取る。その間に、ガイドの曽我さんがスノーケルで様子を見に行くと、「5匹います!」との報告。ゆっくりと準備をしてエントリー。透明度も高く、気持ち良い海中のサンゴのリーフの上を何匹ものマンタが悠然と泳いでいる。

_MG_0061.jpg

クリーニングの為にホバリングするというよりは、根から根へとゆっくりと移動している感じ。ときには何匹かが同じ根で合流するのだけど、またあっちへフラフラ、こっちへフラフラと言う感じで、まとまりは無いのだけど、一度に目視できた個体数は7匹。

曽我さんがこのポイントで見た、一番多かったマンタの個体数は過去に8匹ということだったので、それに匹敵する数だった。

「いや〜、取材でこんなに調子良いの、初めてです」と嬉しい一言。確かに、この時期で"オガン"に2日間連続で潜りに行けて、翌日はマンタ7匹なのだから、ラッキーだ。

_MG_9507.jpg

と喜んでいる側から、天気予報通りに天気が悪くなってきた。今日も午前中はあまり芳しく無い天気らしいけど、これからは、マクロ撮影がメインになる。昨日もピカチューウミウシやキンチャクガニなども撮影していた。

_MG_0819.jpg

_MG_0768.jpg

石垣島の時は天気に悩まされたけど、西表島の撮影は順調です。

取材は、ダイビングチームうなりざき。同じようなボートを3隻と、小型のスピードボート1隻の計4隻のダイビングボートを有しているので、ダイバーのレベルに合わせて、船を分けられるのが人気だそうだ。

Sun 10
石垣から西表へ移動、今年初のオガンへ
2011.04.10

_MG_9291.jpg

石垣島のダイビングチームうなりざきでのロケを終了して、一昨日から西表島に移動。ダイビングチームうなりざき西表店(本店)でのWEB-LUEロケを行なっている。

昨日はコンディションも良くて、うなりざきとしても、今年初となる「オガン」へのダイビングを行なった。

西表人気ナンバーワンの豪快ポイント。それだけに、コンディションが悪いとなかなか行けないそうで、例年はGWくらいが初ダイブになる事が多いのだそうで、この時期に行けるのはラッキーだとか。

_MG_9325.jpg

年間通しても、50日から60日くらいしか潜りに行けるチャンスは無いのだそうだ。

そこで、3本のダイビング。バラクーダやツムブリなどの群れの他、3本ともイソマグロの群れに遭遇。最大で、80〜90匹の群れ。一昨日のポイントでもイソマグロの群れに遭遇した。今までこれほどイソマグロの群れに接近して撮影したことが無かったので、個人的には大満足。

夜は、蛍の撮影など、陸での撮影も行なっている。

_MG_0525.jpg

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com