PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

Photographer’s Diary

イルカ

Sat 04
セブのフォトツアーで、サラワクイルカに遭遇
2016.06.04

P1490538k.jpg

セブ・ブルーコーラルでのフォトツアー2日目、南セブ支店からバリカサグへの移動途中、珍しいサラワクイルカの群れに遭遇。サラワクイルカは、2〜3年前にスリランカで一度目撃して撮影したことがあるだけ。顔が小鳥みたい。背中だけだと、ハンドウや他のイルカと間違えてしまいそうだけど、今回は運良く顔の撮影ができた。自分はセブロケでは、過去にハシナガイルカやユメゴンドウなど、結構鯨類に遭遇することが多い。で、なんとなく、過去のウエッブマガジンを確認してみた。2013年の南セブ&ボホールロケでも、遭遇して船上から撮影したイルカの写真に、ハンドウイルカの群れって書いてたけど、今回の遭遇で再度確認してみたら、もしかしたら、これもサラワクイルカだったかも・・・。2カット目が、2013年に撮影したイルカの写真。

cebu_photogirl_085-450x300.jpg

3カット目は、バリカサグでギンガメアジ撮影中のフォトツアーの参加者たち

P1000722k.jpg

Wed 06
5月7日/写真絵本出版と写真展開催を記念して、パーティーを企画
2016.04.06

_29A4499p.jpg

皆さまへ

1919350_1009833432398150_413598080822343088_n.jpg

この度、越智隆治が、小学館から「イルカと友達になれる海」を出版します。

バハマ諸島の西にあるイルカが棲息する青く澄んだ海域。
幼い頃からの夢、イルカと泳ぐ夢が叶います。
降り注ぐ太陽の光が、海底に広がる白い砂に反射して、イルカと人を包み込むように明るく照らします。
そんなある日、イルカが...

今回、出版されるのは、越智と小学館が本気で作った大変クオリティの高い写真絵本です。
イルカを撮影し、美しく愛らしい姿を発信していく事に留まらず、イルカと出会う事の喜びと感動、そしてそこにある自然をより深く掘り下げます。
その結果、子供から大人まで幅広い層で親しまれる、心ときめく素晴らしい海の本となりました。

http://takaji-ochi.com/diary/2016/03/post-369.html

http://www.shogakukan.co.jp/books/09726634

そして、5月6日(金)から12日(木)の期間、六本木ミッドタウンの富士フィルムフォトサロン東京で越智の写真展が開催されます。
『INTO THE BLUE ~青にとける~』と云う詩情あるれるタイトル看板が、皆さまをお迎え致します。

http://fujifilmsquare.jp/sp/guide/access.html

http://fujifilmsquare.jp/sp/event.html

〓そこで、お知らせです!〓

越智隆治の写真絵本出版と写真展開催を記念して、パーティーを企画致しました。
お目出度いハッピーなイベントが2つ続けてあるので、《W慶事:春の越智祭り!!》と銘を打って盛大にお祝いをしましょう。
海を愛する人、海洋生物に興味がある人、越智を知る人の集いです。
ちょうど、写真展期間の土曜日でもありますから(お仕事の人はごめんなさい)会場を回ってからこの会に参加されるのも、良さげです。
楽しくてウキウキする海と越智の1日に成ること請け合いです
♪ヽ(´▽`)/

_29A7337k.jpg

《W慶事:春の越智祭り!!》詳細です。

◎日程と時間:5月7日(土)19:00~22:00

◎会場:新橋BOX

◎住所:港区新橋2-20新橋駅前ビル1号館地下1階

◎電話:03-3571-6020

◎会費:6,600円(税込み)

◎写真絵本:1,404円(税込み/既に購入された方は連絡を下さい)

◎定員:先着60名様

◎お店を貸し切りにしますので、落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくり時間が過ごせます。

◎食事は、肉・野菜・魚等をバランスよく考えた、美味しいおまかせ料理を用意致します。

◎飲み物は、アルコールとソフトドリンクを用意致します。勿論、飲み放題です。

◎越智の大好評スライドショーを予定しております。

◎直筆サイン付き写真額のじゃんけん争奪戦があります。

この会に参加を希望される方は、メールで申し込みをして下さい。

越智隆治:ochi@oceana.ne.jp

黒谷政弘(私):watermelon-man-07dec@docomo.ne.jp

満席になり次第、締め切らせて頂きます。

宜しくお願い致します
〈(_"_)〉

幹事:黒谷政弘

Sat 12
新しい写真絵本 「イルカと友達になれる海」 小学館から4月下旬に発売予定です
2016.03.12

12141531_998819736832853_3760125633994956142_n.jpg

20年近く通い続けたバハマのドルフィンクルーズ。合計で80回以上乗船して撮りためた彼らの姿を、子供向けの写真絵本にまとめてみました。以前出版して頂いた「まいごになった子どものクジラ」と同じく小学館の図鑑NEOを編集担当してる部署からの出版です。「まいごになった子どものクジラ」は、道徳の副読本にも掲載されました。実話を元に、野生の海洋生物と人間との関わりをまとめたものです。今回のイルカの写真絵本も、人との関わりに関して触れています。そういう野生の海洋哺乳類と人との関わりに関して、何よりも、子どもたちに読んで欲しいと思い、再度お願いして出版していただけることになりました。次はアシカやタイガーシャークなどのお話も、人との関わりをテーマに作成できればいいかなと思っています。

以下は、担当して頂いた編集者の方のコメントです。

海洋写真家の越智隆治さんの作品で、イルカの写真絵本を編集中です。とても素晴らしい写真なので、通常の印刷のインキでは再現するのは不可能です。そこで、蛍光インキを混ぜることにしました。おかげで色校正の上がりはバチッシです。4月下旬の発売予定です。ご期待ください![編集・H]

ぜひ、手に取ってご覧頂けたら、幸いです。

Sat 28
今日新橋のBOXでスライドトークショー
2015.11.28

スクリーンショット 2015-11-28 05.40.14.png

今日、新橋のBOXでスライドトークショーを行います。しかし、SNSなどで告知前に満席になってしまったので、また日程を改めて再度スライドトークショーの開催を検討しています。

毎年恒例なのは、スライドショーが当日の直前まで完成していないこと。で、何名かのゲストの方から、今年もまだできてないんでしょう〜と聞かれたのですが、今年は、もう出来てるんだな〜、これが。

ただ、テーマが「2015年の軌跡」で、今年撮影した写真限定で作ってるので、インパクトイマイチなところも個人的にはありますが。まあ、楽しんでもらえれば、いいです。

実は、このスライド作成と並行して、来月乗船する飛鳥Ⅱでも、2回ほどトークショーをしなくてはいけないので、そのスライド制作にも追われていて、それもあって、BOXの方は早めに完成させれたという経緯もあります。

ということで、今現在、BOX用のスライド作成だけでなく、別に3つ程作成していて、写真入れる場所をパズルみたいに動かしてストーリー展開を思案中です。とはいっても、多分今日のは酔っ払ってのだから、ほとんどストーリーはあって無いような・・・いや、無くて、全然無いようなアドリブなんですけど。

Mon 02
なぜ、プラスチック(ビニール)バッグでイルカと遊ぶことを容認しているの? ~御蔵島・ドルフィンスイムで感じた疑問~
2015.11.02

mikura-ochi-20151030-6-1.jpg

御蔵島ドルフィンスイム1日目、午後からの2本目は、予期していた通りに、天気も崩れ、風も吹き出した。
イルカたちも、午前中よりは遊びモードで無くなってきていて、ほんとんどが通過イルカ。
ちょっと不完全燃焼のまま港に戻ろうとしたそのとき、港の目の前でイルカの群れが見えたので、最後に入ってみることに。

すると、一頭のイルカがテールにプラスチック(ビニール)バッグを引っ掛けて泳いできた。

その通過する瞬間をカメラで撮影したのだけど、急にUターンして戻ってきて、僕の目の前でクルクルと回り出し、最後には、そのプラスチックバッグを尾から離して、僕に渡すような仕草を見せた。

mikura-ochi-20151030-1.jpg
<プラスチックバッグをテールに引っ掛けてやってきたイルカ>

mikura-ochi-20151030-2.jpg
<踵をかえして、迫ってきて、目の前でプラスチックバッグを渡して来ようとした>

バハマでも、イルカたちとはよく海藻でパスキャッチをする。

一時期、バンダナでパスキャッチすることもブームになったことがあるが、最近ではあまりしていない。
なぜなら、イルカたちが持ち去ってしまうこともあったから。

バンダナでのパスキャッチに関しては、クルーが奨励していても、自分で持って入ることは多分ほとんどしなかった。

まったくしなかったとは言わないけど、とにかく抵抗を感じていたので積極的に行うことは無かった。
だけど、海藻でのパスキャッチは自然のものだし、特に抵抗を感じることなく楽しむことができる。

mikura-ochi-20151030-3.jpg
<海藻をテールに引っ掛けて遊ぶ、バハマのタイセイヨウマダライルカ>

mikura-ochi-20151030-4.jpg
<海藻を使ってイルカとパスキャッチを楽しむ>

プラスチックや釣り糸が、海洋生物や海鳥の体に食い込んでしまったり、体内から見つかり、大きな被害をもたらしていることは、海の自然環境に関わって生きている人間からすれば、当然知っていてしかるべきことだと自分は思っている。

だから、今回、イルカがプラスチックバッグを持ってきたときには、回収できたら、船に持ってかえろうと思っていたから、目の前で渡されたバッグを握りしめて撮影を行った。

すると、そのイルカ、最初は、まるで枝やボールを持っている飼い主が、いつそれを投げてくれるのかを尻尾を振って待って犬のように、僕の回りをクルクル回り出した。
はっきり言って、「可愛い」のである。

しかし、返すわけにはいかない。

すると、「返してくれない」ということに気がついたのか、今度は、僕に向かって、「返してよ〜〜〜!!」と言わんばかりに口を開けて主張してきた。
そして、その後も僕の回りをグルグル、グルグル側にいる皆の回りもグルグル。

mikura-ochi-20151030-5.jpg
<他の人がプラスチックバッグを持っているのを探るかのように、他のスキンダイバーの周囲も回り続けた>

「返して!」、「だ〜め!」、「返して!」、「だめだったらだ〜め!」というようなやり取りが、かなり長い間繰り返された。

mikura-ochi-20151030-6.jpg
<私のおもちゃかえして〜!と僕に抗議を続けるイルカ>

そして、とうとう他のイルカたちに促されて、そのイルカも渋々と泳ぎ去って行った。
ちょっと可哀想だったかな〜、申し訳無いな〜と思いつつも、僕はプラスチックバッグを握りしめて船に戻った。

加藤君に聞くと、「ビニール袋はイルカのお気に入りのおもちゃなんですよ〜」とのこと。
まあ、そうだろうね。
まるで、スヌーピーに登場するブランケット症候群のライナスみたいだったから。

と宿に戻り、観光局協会を訪れてパンフレットなど覗いていると、御蔵島村役場の出すパンフレットに、「好奇心が強く知能の高いイルカはよく遊ぶ生きもの。・・・・・海中にただようビニール袋は定番のおもちゃです」と書かれているのを見つけた。

「......まじか」

自分がfacebookにアップした投稿にも、先週ビニールで遊びました〜、という書き込みもいくつか。

疑問に思い、いろいろ調べてみた。

「御蔵島 イルカ ビニール」で検索すると、出てくる、出てくる。
動画やブログがたくさん出てきた。

中には、遊ぶことに対して否定的なコメントもあるけど、多くの場合、「楽しかった」とか「うらやましい」と言ったコメントが多く、「回収した」というような内容は正直、あまり見つからなかった。

疑問や多少の抵抗があっても、たくさん遊べるからってことなのかもしれない。

これだけ肯定的な内容のものがあったら、否定的なこと書くことの方が罪悪感があり、「イルカも人も、皆が楽しんでるからいいじゃん!」という多数派の意見に圧倒されて、自分もこの記事も書くのどうしようかなとか、確かにイルカがあんなに楽しんでるんだから、とか思う気持ちも無くはなかった。

でも、多くの時間、海で過ごし、海洋生物が被害にあっている現状を目の当たりにしてきた身としては、どうしても「ごめんね、楽しいかもしれないけど、だめなものはだめだよ。自分たちや、他の生き物たちに迷惑がかかるかもしれないし」と思わざるをえない。

もしかしたら、穴が空いているプラスチックバックであれば、そこに顔を突っ込んで抜けなくなる可能性だってあるわけだ。

プラスチックバッグの被害とはちょっと違うけど、以下に過去に自分が見てきた、海洋生物たちが被った被害を目の当たりにしたときの写真を何点か掲載してみた。

mikura-ochi-20151030-7.png
<プラスチックバッグではないけど、釣り糸がテールに巻きついて、テールがボロボロになってしまったバハマのイルカ。次に会ったときには、釣り糸は無くなっていたけど、テールはご覧のような状態に>

mikura-ochi-20151030-8.png
<長い釣り糸が身体中に巻きついているトンガのザトウクジラ。フィンや身体に食い込んでしまって取れなくなり、胸ビレを広げることもできなくなっている。弱っているからか、この後ろには、タイガーシャークをはじめ、無数のサメが付いてきていた>

小さな子供たちが、してはいけない危険なことをしていたら、いくら楽しんでいても、その子のことを思ったら、「だめだよ」と叱れる大人にならなければいけないと思う。
いくらイルカたちに嫌われることになっても。そう思うんです。

御蔵島だけでなく、今でも、どこの海に行っても、大きなプラスチックバッグを海中で見つけたら、極力回収するようにしている。

願わくば、海中で溶けるような、ペットの糞を処理する用のプラスチックバッグなどが普及してくれればそんな心配もせずにいられるのになとも思ったり。

無理してまでイルカから奪って回収することまではしなくてもいいとは思うけど、生き物たちのことを考えたら、していいこと、よくないことは、しっかり判断して海洋生物たちと遊べる人になってもらいたいと思った、久しぶりの御蔵島再訪となった。

何か良い方法は無いのかな。

皆さんはどう思いますか?

ENTRY

ENTRY

  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...
  • spicenesia.com
    日本でもポンペイ島、セイ農園の胡椒と胡椒の佃煮...
  • イヌミ
    おお!!さすが越智さん強運の持ち主ですね!! ...

ENTRY

PICK UP

2016.06.28
2017年名古屋、大阪で写真展「INTO THE BLUE 〜青にとける〜」巡回展のお知らせ

2016年5月に東京・六本木ミッドタウンにある富士フォトサロンで開催し、1万人もの方にお越しいただいた写真展「INTO THE BLUE〜青にとける〜」の名古屋、大阪での巡回展日にちが確定しました。 名古屋・富士フォトサロン 2017年5月12日(金)〜5月18日(木) 大阪・富士フォトサロン 2017年6月2日(金)〜6月8日(木)

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com