PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Fri 04
ペリリュー、ショック!ハビレじゃなくてカマストガリザメ
2008.04.04

_MG_4531.jpg

イレズミフエダイの産卵もピークに達し、連日ペリリューコーナーの棚の上では、激しい産卵行動と、サメたちによる捕食活動が行われている。

Fri 04
ペリリュー、カメラ水没、イレズミの産卵半月からスタート
2008.04.04

_A7_8046.jpg

ペリリューに到着して、ダイビング2日目、キャノン5Dが水没した。まだ先は長いのに、40D1台では心元無い。遠藤さんにD80とネクサスのハウジングを借りてみたものの、使い慣れていないし、フルサイズでないこともあり、どうもしっくり来ない。

Fri 28
ペリリュー、ダウンカレントに抗いながら
2008.03.28

_MG_3710.jpg

連日、早朝ダイビングを続けている。昨日からなんとか風も弱まり、2日連続で早朝ペリリューエクスプレスへエントリー。

Wed 26
ペリリュー、イレズミフエダイ増殖中
2008.03.26

_MG_3000.jpg

24日から、潜り始めた。初日から、産卵のために集まるイレズミフエダイの数は急激に増殖を続けている。すでに翌日25日の段階で、今年の3月の新月前の数を大幅に上回り、1万匹を優に越えて、もう数えることもできない。

Tue 25
ヤップからペリリューへ、初日にバショウカジキ5本
2008.03.25

_MG_2772.JPG

22日にヤップを離れ、今はペリリュー島に滞在中

ENTRY

ENTRY

  • 越智隆治
    お久しぶりです、メールにてご返信させていただき...
  • 阿部一子
    越智さん、こんにちは 福岡でご一緒した阿部です...
  • 尾高大樹
    はじめまして、スリランカのホエールスイムに興味...
  • 高橋
    はじめまして。 きれいな写真ばかりで感動しまし...

ENTRY

PICK UP

2018.12.22
2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況

2019年に開催する、奄美南部でのホエールスイム空席状況です。 開催期間 2019年1月26日(土)〜2月3日(日) 2019年2月23日(土)〜3月1日(金) 宿泊:ZEROグラビティー・古仁屋クラブハウスまたは、ZEROグラビティー清水ヴィラ 両方の宿泊施設は、車で5分ほど離れています。 船:ZEROグラビティー所有のカタマランボート。暖房完備の船室、冷蔵庫、ポットなど 温水シャワーのあるシャワールーム、トイレはウォッシュレット ボートの出港は、古仁屋からになります。宿泊施設からは、それぞれ、3分(クラブハウス)、10分(清水ヴィラ)。 空席状況(2018年12月22日現在) 1月26日(土) 空席4 1月27日(日) 満席 1月28日(月) 空席1 1月29日(火) 空席1 1月30日(水) 空席2 1月31日(木) 空席1 2月1日(金) 満席 2月2日(土)  空席5 2月3日(日) 余裕有り 2月23日(土) 空席2 2月24日(日) 満席 2月25日(月) 空席2 2月26日(火) 満席 2月27日(水) 満席 2月28日(木) 満席 3月1日(金)  空席2

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com