PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Sat 13
矛盾した動物保護ルール 2007 西オーストラリア
2007.01.13

1月13日

今日も快晴。今日は土曜日。いつものように7時15分にホテルを出発。ボートに乗りこむジェティーで、まるちゃんと、彼氏のELI(イーライ)と合流。カナック島へ。

Sat 13
快晴!アシカはかわいい!!2007 西オーストラリア
2007.01.13

1月12日

朝から快晴!快晴!雲一つ無い超快晴!気温も上がる完全な真夏日。皆気合十分で向かえのバスに乗り込み、ジェティーへ向かう。今日はエスペランスに一緒に行っていた、サラちゃんともう一人の女の子が一緒に乗船。今回、18人乗りのボートを10人限定という条件付にしてもらって、セミチャーター。こちらで10人集まらなかった日には、現地で人数を10人まで集めてよいということにしていた。

Sat 13
いよいよアシカとご対面 2007 西オーストラリア
2007.01.13

1月11日
アシカスイム初日。曇天。午後から晴れるという予報。
7時15分、ショップのバスがピックアップに来た。今回撮影目的でかなりの数のカメラが並んだ。

Fri 12
早朝ダイビングを諦めて、一路パースへ 2007 西オーストラリア
2007.01.12

1月10日

朝目が覚めると外から不吉な音が・・・・。カーテンを開けてみると、案の定、土砂降りの雨。しかも風が強くかなり寒い。空は厚い雲に覆われていた。(これじゃあ、駄目かな・・・)そう思いながら、チエさんと聖美ちゃんに、相談。二人ともすでにやる気をそがれていた。

Fri 12
え!?ピントが1枚も合ってないの!? 2007 西オーストラリア
2007.01.12

1月9日快晴

今日はエスペランスでのダイビング最終日。2本のボートダイブ。潜ったポイントはCURLL ISLANDとRABITTというポイント。港からは30分くらい。本来ならもっと遠いポイントに行ったりするのだが、外洋のコンディションがイマイチだったためか、港からそんなに離れていないこのポイントに潜ることになった。どちらも地形ポイントで、海中はあの災害の後にもかかわらず、透明度も高かった。海底は足の踏み場も無いくらいに海藻に覆われていた。

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.08.04
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

御蔵島。今シーズン最後の追加日程のご連絡です。新たに3日程を追加しました。 今満席のところも、空席が出たら、ご報告します。どこかで、僕も参加するかもしれません。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 終了 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 終了 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 終了 ■8月25日(金)〜8月27日(日):満席 ■9月1日 (金)〜9月3日(日):満席 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):満席 ■10月20日(金) 〜10月22日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 ■11月3日(金)〜11月5日(日):新スケジュール ■11月10日(金)〜11月12日(日):新スケジュール 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com