PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Wed 13
セブ島から、台風被災地レイテ島への援助活動
2013.11.13

_29A9367t.JPG

BLUE CORALオーシャナで共同告知して、皆様から集まった支援金を、BLUE CORALのヒロさんやスタッフと一緒に、援助物資購入に充てて、早速、物資受け入れ先まで運び込んだ。

援助金受け入れの告知から一晩で集まった金額は、約40万円。この日は、セブ市内の大型スーパーで、約35万円分の援助物資を購入。

_29A9174t.JPG

購入内容は、ミネラルウォーター、ジュース、缶詰類、日持ちする食料やお菓子類、バスタオル、生理用品、歯ブラシなどなど。軽トラックいっぱいに積み込んだ物資を援助物資受け入れ先へ。

_29A9228t.JPG

援助物資を受け入れて、レイテ島のタクロバン市まで運んでいるのは、フィリピンの民放テレビ局ABS-CBN。同セブ支局のスタジオ内や敷地内には、セブ島全域から集まった、援助物資と、多くの学生ボランティアであふれかえっていた。

_29A9404t.JPG

_29A9274t.JPG

_29A9380t.JPG

炎天下の中、男性ボランティアたちは、仕分け前の物資をトラックから下ろしたり、仕分けされた物資をトラックに積み込む力仕事を。女性たちは、物資が個人に行きわたり易いように、小さく仕分けしてビニール袋に詰める作業を黙々と続けていた。

_29A9313t.JPG

_29A9348t.JPG

集められ、仕分けされた物資は、フィリピン軍の軍用機や船、または、民間の小型飛行機、船舶に載せられて、現地へと運ばれる。現地での受け入れは、同テレビ局のタクロバン支局社員、軍隊、経験豊富な少数のボランティアたちが行い、被災者に支給される事になっている。

今日も、同テレビ局に集まった物資は、1日ですでに20以上のコンテナーに積み込まれて、セブ島の隣にあるレイテ島のタクロバン市まで運ばれたそうだ。

レイテ島までは、セブ市内から高速フェリーで1時間半ほどの距離。被災地への援助物資受け入れの最前線とも言える。

テレビ局の担当者に、「今何が一番必要か?」と質問したところ、「水とお米」とのこと。それに、物資を仕分けするのに必要な小さなビニール袋だとか。東北の被災地への物資援助のときも、時とともに、必要な物資が変ってきていたので、今後も現地が何を必要としているかを確認した上で、物資を購入して、受け入れ先に持っていけるようにしたいと考えている。

同テレビ局では、寄付金も受けつけているため、今後、現地での物資要求が複雑になってくる場合には、状況によっては、皆様から寄付して頂いたお金は、そちらへ寄付する可能性もあることをご理解ください。

引き続き、支援金のご協力は、

ジャパンネット銀行
すずめ支店
普通口座
2048472
ド)イーストブルー

重ね重ね、皆様のご協力に感謝いたします。

BLUE CORAL代表・下釜宏 
EAST BLUE(オーシャナ)代表・越智隆治

Tue 12
台風被害に遭ったフィリピンへの支援金を募集!現地ですぐに物資に変えます
2013.11.12

オーシャナの記事を転載しています。皆様、ご協力お願いいたします。

先日、フィリピンに滞在中の越智カメラマンより、台風30号の被害状況が伝えられましたが、被害は日を追うごとに深刻さを増しています。

cebu_typhoon_20131112_1-500x246.jpg

ダイバーにもおなじみのセブ島・マラパスクアやレイテ島なども壊滅的な状況で、ロイター通信によれば「人々は食べ物を求めさまよっている」とのことで略奪も横行している模様。

東日本大震災の時もそうでしたが、現地で必要とされるものは段階的に異なり、今必要なものは、食糧などの物資。
即効性のあるものを、すぐに届けることが大事です。

そこで、現地からの記事にもあるように、セブにいる越智カメラマンはBLUE CORAL(ブルーコーラル)の下釜さんと物資を調達して現地に送るという活動を行っています。
しかし、オーシャナやブルーコーラルでも物資を購入していますが、限界があります。

そこで、オーシャナが窓口となって支援金(物資調達費)を募り、物資にかえて現地にお届けします。

支援金(物資調達費)の流れ

■オーシャナ(会社名:合同会社EAST BLUE)銀行口座に支援金を振り込む

■現地の越智隆治がブルーコーラルの下釜さんと共に必要な物資を購入

■物資を被災地に届けるしかるべき団体(フィリピン赤十字、現地テレビ局ABS-CBNなど)に届ける

■被災地へ

東日本大震災の時もいち早く支援を表明してくれた友好国フィリピンの大災害。
ぜひ、オーシャナを身近な窓口として利用していただき、一緒に支援しましょう。
※支援の様子はまたオーシャナ上でご報告します。

フィリピンの被害を"人ごと"にしないため、支援の窓口もできるだけ身近に見つけられてほしい。
フィリピン台風被災地支援、赤十字への寄付の前に...(関口 威人) - 個人 - Yahoo!ニュース
支援金(物資調達費)振込先

ジャパンネット銀行
すずめ支店
普通口座 2048472
ド)イーストブルー

※できれば「振込人名」の冒頭に「シエンキン」と付記ください。

Mon 11
好きな海の写真を選べる!世界で一つだけの2014年カレンダー
2013.11.11

201311_photo_calendar.jpg

世界に一つしかない、あなただけの2014年カレンダーを作成できる、オリジナル企画です!

これまでの既存のカレンダーとは違って、好きな写真を好きな月に配置することができます!

プロの写真から好きな写真を自由に選べる!

プロが撮った海の写真・水中写真から、自分が好きな写真を12ヶ月ならべることができます。

水中写真は、プロの水中写真家・越智隆治によるもの。
世界中の海で撮ってきた写真の中から選ぶことができます。

カレンダーは3サイズ

カレンダーのサイズは、以下の3つからお選びください。

卓上・ハガキサイズ(1,980円)
A4サイズ(2,980円)
A3サイズ(3,980円)


お申し込みは簡単!

まず、リンクページの一番下にある「サイズごとの写真一覧」の中から、12ヶ月分の写真をお選びください。

その際に、どの月をどの写真にするかもお決めください。

きっと選ぶ方によって、「夏らしさを感じる写真」や「冬に見たいと思う写真」は違うと思います。
その月ごとの写真も自由にお選びいただくことによって、世界でたった一つだけのカレンダーが生まれます。


Mon 11
Fecebook page "Help Malapascua"セブ北部のダイブサイト、マラパスクアの被害と、救助活動状況のページ
2013.11.11

553199_185925471599592_1739810391_n.jpg

レイテ島を中心に甚大な被害をもたらした台風30号(ヨランダ)の被害状況が徐々に明らかになってきている。

多くの日系人ダイビングサービスのある、マクタン島エリア、さらに南のエリア、先月起きた地震の震源地ボホールなどは、台風の直撃を免れたために、家屋の損壊、倒木、停電などの被害は出たものの、人的被害はほとんど無かったようだ。

セブ・マクタン島エリア以南では、特に深刻な被害も無く、ダイバーの受け入れを通常通り行なっているお店がほとんどだ。

しかし、セブの北、ニタリザメが見れることで有名なダイブディスティネーション、マラパスクワ島は、レイテ島同様、深刻な被害を受けていて、10日の時点で、音信が途絶えた状態のままだという。死者が出たという情報は入っていない。

ネットやfacebookなどを調べていて、このマラパスクアへの救援物資、義援金を募っているところを見つけた。

https://www.facebook.com/helpmalapascua

すでに、3000人近くが参加している。

過去にマラパスクアに潜りに行った経験のあるダイバーの方。現地情報や、寄付や援助物資などの情報を知りたければ、こちらをチェックしてみて下さい。

http://savephilippineseas.tumblr.com/post/66520602312/help-malapascua

上記には、具体的な援助物資、義援金の送り先が記載されている。

あくまで現状況で個人的に調べた情報です。援助物資、義援金を送る際には、良く確認して、ご自身の判断での送付をお願いいたします。

Sat 09
セブで流行っている語学学校の現場を見て来ました
2013.11.09

cebu_cega_20131108_3-500x333.jpg

昨日は、台風で潜れないので、今日本でも流行りだしている、セブでの語学留学の現場を取材してきた。
というのも、今回も取材でお世話になるBLUE CORALでは、今後語学校と提携して、英語力の向上とダイビングCカード取得、ファンダイビングの両方を目的に、セブに来てもらおう、というツアーを企画していると聞いたからだ。

一昔前は、英語の語学留学と言えば、オーストラリアやニュージーランド、カナダなどが主流だった。
しかし、今では、フィリピンへの語学留学者が増えているという。

セブでの語学留学の火付け役になったのは、韓国人留学生。
安く語学が学べて、韓国ではブームとなっているダイビングも安く楽しめるという事から、今でも多くの韓国人留学生が訪れている。

当然、語学学校も韓国資本の所が多い。
セブにある語学学校は、約70〜80校。そのほとんどが韓国人経営とのこと。

しかし、最近では日本人経営の語学学校も増えてきて、ここ数年で日本人経営の学校も増えて、今では十数校あるそうだ。
これから先、増々セブでの短期・中期の日本人語学留学者人口も増えていきそうな雰囲気だ。

かくいう自分も、家族で短期留学するならセブかな、と以前から思っていて、今回も妻に「語学学校の事調べておいてね」と言われていたので、丁度良い機会でもあった。

訪れたのは、セブシティに今年2月に開校した、CEGA(CEBU ENGLISH GLOBAL ACADEMY)。
学校は、ブライティック大学(Britech Interface Collage)という、コンピュータ系の単科大学のキャンバス内にある。

最大定員45名。マンツーマンレッスンが中心の少人数制。
今現在は、約20名の日本人の生徒さんが通っている。

cebu_cega_20131108_2-500x333.jpg

<個室でマンツーマンレッスンを受ける。和気あいあいと授業はすすめられていて、笑いが絶えない感じ>

cebu_cega_20131108_1-500x333.jpg

<写真の全てが、個人レッスン用の教室>

CEGAの特徴

「この学校の特徴は?」と経営者の山根昇さん、小仲英樹さんにお伺いしてみた。

まず、大学の付属語学学校としてキャンパス内にあり、大学内にある図書館やクリニックなどの施設が利用できる他、大学主催の英語クラスなどを無料で聴講できたり、アクティビティーに参加できたりできること。
そのため、現地大学生とのコミュニケーションを取る機会が多く得られるとのこと。

cebu_cega_20131108_11-500x375.jpg
<大学の授業に無料で参加可能>

セブの多くの語学学校が、授業料にくわえて宿泊施設や食事などの費用も込みとなっていることが多く、CEGAでは大学キャンパスより徒歩3分という好立地に、「ペンションハウス」というCEGAの生徒専用宿泊施設を使用して、食事も3食ついている。
食事の内容にもこだわっていて、和食、スペイン料理、フィリピン料理などのインターナショナルな料理が楽しめるそうだ。

cebu_cega_20131108_13-500x375.jpg
<宿泊施設の一人部屋>

cebu_cega_20131108_12-500x375.jpg
<和食中心の食事>

もっとも、こだわっているのは、先生のクオリティー。
「語学学校の質は、先生の善し悪しで80%決まってしまいます」とのことで、中には、語学学校の規模を大きくするために、頭数だけ増やすために語学学校の先生としての適正の無い人材を多く抱え込み、質の低下を招いている所もあるとか。

CEGAでは、「能力、経験そして、熱心さ。これを重視して、先生としての人材を選んでいます」とのこと。

cebu_cega_20131108_4-500x333.jpg
<CEGAの先生たち。後列左端が山根さん。同じく後列右から2人目が小仲さん。その左隣がBLUE CORALヒロさん>

山根さんは、日本で35年間、塾の講師をしており、小仲さんはセブに来て、まずは生徒として15件以上もの語学学校で実際に授業を受けた。
それぞれの経験から、語学学校に適した人材を探し出したり、良い部分、悪い部分を見極めてから語学学校を開校したという。

二人のお話をお伺いしていると、「家族で留学しようかな」という気持ちになってきていた。

じゃあ、そのお値段は?という話になった。

オーストラリアやニュージランド、カナダなどに比べて、かかる費用は1/3程度で済むという。
CEGAでは、1時間のマンツーマンレッスンの料金が1200円程度。
スタンダードの一人部屋で1週間短期留学を行なった場合、マンツーマンクラス2時間、グループクラス2時間の1日系4時間のクラスで、約4万円ちょっと。
24週間、半年でも約75万円。二人部屋を選択すればもっと安くなる。
逆に、最大グループクラスとマンツーマンクラスミックスでも、マンツーマンクラスのみでも、1日8時間まで受けることができる。

もし、自分たち4人家族が夏休みの1ヶ月間、お世話になったと単純に考えて、2人部屋2部屋で4週間、マンツーマンクラス2時間、+グループクラス2時間のコースを選択したとして、料金は113、700円/一人なので、4人で454,800円。
エア代が一人10万程度と考えても、100万円以内で家族で一ヶ月間語学留学ができる。
これを高いと考えるか、安いと考えるかは、まあその人次第か。

気になっていた教師の発音はとても明瞭

そして、もう一つの懸念事項、先生の発音。
ダイビングでいつも接しているフィリピン人の英語がそれほど上手いとは思えていなかったのだけど、実際に授業を体験させてもらうと、多くの先生の発音がとても明瞭で、日本人にも理解しやすいのに感心させられた。

cebu_cega_20131108_5-500x333.jpg
<体験レッスンを受けてみた。フィリピンはインド、アメリカに次いで、世界で3番目に英語を話す人口の多い国だってこと、知ってましたか?>

くわえて、授業の進ませ方が楽しくて、生徒たちの間でも笑いが漏れる。
小柄なフィリピン人の先生の雰囲気が、威圧的でないし、親しみが持てた。これなら、子どもたちも抵抗を感じないかもしれない。

今まで、語学学校から、休みとなる土曜日・日曜日のアクティビティとしてダイビングショップを紹介するケースはあったけど、今後BLUE CORALとしては、ダイビングをしに来たゲストが、語学留学も経験できる逆方向への流れも考えていきたいとのこと。
平日に授業、土日にダイビングというだけでなく、午前中にダイビングして、午後から楽しみながら英語の授業を受けるとか、そんな事ができないかと思案中だ。

CEGA以外の、セブ島の日本人経営語学学校

CEGA他にも、こんな日本人経営の語学学校がある。

MBA
授業料は高めだが、一人一部屋のホテルに滞在して、先生が部屋に来て授業をする、家庭教師スタイル

ファーストイングリッシュアカデミー
日本人オーナーが日本でいくつかの学習塾を経営。そのノウハウを利用して、カリキュラムや学習スタイルを作っている

ベイサイドイングリッシュセブ
セブでの日本人経営の語学学校としては、古株。宿泊施設のみならず、多くのものが語学学校の敷地内にあって、外出しなくても生活できる。親子留学も可能。

フィリピン留学・語学留学の日本最大級口コミ情報サイト【School With】

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.06.02
今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です 今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です 今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です

長い沖縄離島ロケを終了して、今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です。 昨日搬入も終わりました。写真展は、6月8日(木)まで、自分が在廊できるのは、7日までです。明日3日には、場所をかえてバディダイバー交流会にて、スライドトークショーを開催します。 こちらにも、是非ご参加ください。スライドショーでは、写真展に展示していない写真で色々お話をさせていただく予定です。 詳しくは、こちらのオーシャなの記事をご覧ください。 https://oceana.ne.jp/infomation/66796 写真展では、写真集、写真絵本、写真パネルのご購入も可能です。越智か、スタッフにお気軽にお声をかけてください。皆様の起こしをお待ちしています。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com