PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Sun 17
レイテだけでなく、マラパスクワ島や多方面に配給される支援物資
2013.11.17

_29A0064t.jpg

BLUE CORALEAST BLUE(オーシャナ)に集まった皆様からの支援金の総額は、11月16日朝の時点で、¥2,202,373に達しています。多くの方にご協力頂き、感謝いたします。

レイテからの3000人の避難民がセブ・マクタン島に到着した状況を取材した後、15日、その翌日の16日も皆様から集まった支援金を物資に換えて、物資搬入先の民放テレビ局ABS-CBNに持ち込んだ。

_29A0149t.jpg

2日間で購入したのは、お米、スパム缶詰、ジュース、ミルク、ヨーグルト、ミロ(フィリピンの人はミロが大好きです)、ビスケット、カップラーメン、生理用品、紙おむつ、バスタオルなど総額約73万円分。これまでに購入した金額の総計が約59万円なので、今現在で、皆様の支援金を物資に換えた総額は、約132万円になります。今後も引き続き、現地で何が必要かを再確認しながら、必要と思われる物資を購入していきます。

_29A0085t.jpg

_29A0089t.jpg

_29A9920t.jpg

_29A0112tt.jpg

東北の津波のときも、津波発生直後、現地岩手のガイド、佐藤寛さん(くまちゃん・現三陸ボランティアダイバーズ理事長)と連絡を取りながら、世界中から送られてきた物資を現地に届けた。そのときも、日を追うごとに、必要な物が変って行った。今回も、搬入先である、テレビ局ABS-CBNの担当者に、毎日何が必要かを確認しながら物資の購入を行なっている。

_29A0061t.jpg

支援して頂いた方の中には、レイテ島以外の被災地への支援は行なって無いのか?というお問い合わせを頂くこともある。

日が経つに連れ、レイテ以外の被害状況も明らかになって来たこともあり、ここ数日の間に、ABS-CBNが物資を送り込むエリアは、レイテ以外にも、15日には、約15方面に及んだ。

_29A9992t.jpg

セブ島の北にある人気のダイビングディスティネーション、マラパスクア(Malapascua)へも,15日の早朝、50人のボランティアとともに、大型トラック1台分の物資が、届けられた。

_29A0032t.jpg

この他にもTabogon、Camotes、Ormoc、San Pemegio、Madredejos、Merida Lefte、San Francis,Lam Busaw、San Pemigio、Tabuelanなどにボランティアのトラックによって、多くの地域に分配された。

翌日16日にも、マラパスクワ島、セブ北部、レイテ島、サマール島など23方面へと物資が届けられた。

ABS-CBNがこれだけ広範囲に、物資の支援を行なえているのは、ビール会社のサンミゲール、航空会社のセブパシフィック、国内電力会社や、トラックを提供してくれる会社などとの協力体勢や、海軍、空軍との連携があり、今物資を現地に送っている組織の中では、一番機動力がある。

今回、私たちが、物資搬入先をこのABS-CBN一本に絞り込んだのも上記のような理由だ。

報道では、物資が届きはじめたと答える被災者のインタビュー等も見られるようになってきた。軍隊が入り治安も発生当初よりも、落ち着いてきた感じもする。しかし、東北の津波の時同様に、忘れられた地域というのは,当然出て来る。そういう場所を、少しでも減らそうと、彼等は全力を挙げて、物資の輸送を続けている。

搬入された物資は、ボランティアの女性たちによって、お米2kgと缶詰3個などに分けられて、小分けにして、ビニール袋に詰めて、被災者に分配する。

_29A0070t.jpg

_29A0122t.jpg

集団で何日間も続けて、物資の購入や搬入を行なっているため、スーパーでもABS-CBNでも、顔を覚えられ、最初は怪訝な顔をされたけど、笑顔や「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えてくれるようになった。スーパーのスタッフの梱包も早くなったし、ボランティアたちの行動も、しっかり組織化されて、最初何をやっていいか分からず、テレビ局の敷地内に腰を下ろしてぼ〜っとしている人もいたが、今は誰もが積極的に動いている。皆の意識が被災者の救援へと一つになっている証だ。

面白いのは、荷物を車から運び出すボランティアの学生たちが、軽トラックの側面に大きく貼られているBLUE CORALのステッカーを見て、「BLUE CORAL、BLUE CORAL、BLUE CORAL again」と笑いながら小声でつぶやいていることだ。あと、「日本人、日本人」ってつぶやきもたまに聞こえてくること。

正直、スタート当初は、「ここを全面的に信頼して大丈夫かな」という不安もまったく無くは無かった。しかし、今では、皆様からの支援金が、多くの人たちの協力を通して、確実に被災地へと届けられていることを確信している。

Fri 15
レイテからの避難民。笑顔の子供たち
2013.11.15

_29A9729t.jpg

11月15日、午前10時頃、約3000人のレイテ島、タクロバン市からの被災者を乗せた軍の輸送船が、マクタン島の軍港RAFAEL RAMOSに到着した。これだけ多くの被災者が、一度に島から脱出したのは台風後、初めての事。入港時には、大歓声が沸き起こった。

_MG_5459t.jpg

親戚や頼れる友人のいる人たちは、迎えに来た車に乗って、それぞれが、避難する家等に向かった。そういう親戚、知人のいない人たちは、マクタンやセブシティーに用意された、避難所に一時的に身を寄せることになる。

BLUE CORALのヒロさん、ガイドのロジャーと一緒に軍港に向かうと、外で待つ車に乗るための、被災者の列が。輸送船が到着した桟橋の目の前には、支援物資を配るテントが設置され、多くのボランティアたちが、「援助物資で〜す、名前と個数を記載して、持って行って下さい〜!」と声を張り上げていた。

_29A9787t.jpg

自分たちが、物資を運び込んでいる民放テレビ局ABS-CBNのテントもあり、被災者たちに物資が届けられていた。

_29A9813t.jpg

タクロバンでの、物資の壮絶な奪い合いの報道とは違い、人々は、順番を守り、支援物資を受け取っていた。

地獄のようなレイテ島から逃れることができた安堵感からか、人々の表情には、笑顔がこぼれることも。特に、子供たちの見せる笑顔に、少なからず、自分も胸をなで下ろした。

_29A9667t.jpg

_29A9729t.jpg

タクロバン市から、東へ11kmにある、レテ州、パロ市、ギンダプナンという村から逃れて来た、バンティリスさんファミリーに話を聞いた。

彼の家は、海岸から2kmも入ったところにあったが、ガレキを伴った海水が、腰の部分まで達したそうだ。「村の99%は壊滅した。物資はタクロバン市内で滞ってしまっていて、近隣の私たちの村には、まったく届いていなかった。家族15人で、スクーター4台に便乗して、タクロンバンの港を目指し、この船に全員乗ることができた。途中、多くの遺体が、そのまま放置され、拳銃を持って、物資を求める人々が徘徊していて、怖かった」と語った。

_29A9864t.jpg

彼等は、この後、ご主人の両親の住むマニラへと向かう。

「島から出れて、幸せでしたか?」との問いに、安堵したように、家族全員が頷いた。

セブまでの、寿司詰めの輸送船の旅は、24時間に及んだ。最初は土砂降りが降っている中で、屋根の無い船上で過ごした後は、炎天下で、喉が乾いてしょうがなかったそうだ。

_29A9844t.jpg

被災者が後にした、輸送船の中は、船内で配られた、支援物資を食べ散らかしたゴミだらけになっていた。このゴミを掃除すると、またセブから支援物資を積み込んで、現地レイテ島へと向かう。同じサイズの輸送船は2隻あり、支援物資の運搬と、避難民の受け入れを繰り返す予定。

_29A9821t.jpg

_29A9882t.jpg

午後からは、BLUE CORALのヒロさんたちと、支援物資の購入と、受け入れ先への搬送に向かう。

引き続き、支援金のご協力は、

ジャパンネット銀行

すずめ支店

普通口座
2048472

ド)イーストブルー

重ね重ね、皆様のご協力に感謝いたします。

BLUE CORAL代表・下釜宏 

EAST BLUE(オーシャナ)代表・越智隆治

Fri 15
今日も物資援助。明日は避難民3000人がセブシティに到着の予定
2013.11.15

_29A9536t.jpg

今日も、午前中3本のダイビングロケを行なった後、BLUE CORALのヒロさんやスタッフたちとともに、支援物資を購入して、受け入れ先のフィリピン民放テレビ局ABS-CBNセブ支局へと運び込んだ。同局内では、日が暮れても、物資の運搬、仕分け作業を行なうボランティアたちが、活動していた。

_29A9602t.jpg

_29A9603t.jpg

この日運び込んだのは、お米(一袋25ポンド、約11.3kg)60袋、ミネラルウォーター(350ml)264本、ソーセージの缶詰360個、総額P95,980.45(約¥240,000)。今現在、集まっている寄付金は、約180万円。昨日購入した35万円相当の物資と合わせて、合計約59万円分を物資に換えた。

_29A9512t.jpg

物資を購入した大型スーパーで、軽トラックに物資を積み込んでいるときに、女性二人に声を掛けられた。「この大量の物資は、タクロバンに持っていくの?危険だから止めた方がいいわよ」と話す二人は、今朝船でレイテ島のタクロバン市から、脱出して、セブシティの友人宅に身を寄せたそうだ。

_29A9573t.jpg

_29A9595t.jpg

二人の話では、「食べ物は十分にある。でも、それを奪いに来る暴徒を鎮静化し、治安を維持するために必要な軍隊の数が全然足り無い」と不満を述べた。女性の一人は、タクロバン市で、グロセリーストア(雑貨店)を営んでおり、比較的裕福な生活をしていたようだ。

彼女たちの意見は「物資を持つ側」の意見。食べ物を求めて、暴徒と化した人がお店を襲う。それを鎮静化させるための軍隊を必要とするということは、当然の事ながら、食料が足りていないということだ。

「こんなに物資を送るなんて、島に親戚か友人でもいるの?」と聞かれたので「いえ、そうではなくて、日本の震災の時にも、フィリピンの多くの方から支援を頂いたので、ここにいる自分たちが、何かできればと思って」と伝えた。二人は、「本当にありがとう。でも、現地は危ないから無理しないでね」とお礼を言われ、別れた。

テレビ局では、担当者に、今現地が必要としているものは何かを再確認した。この日も変らず、「お米と水」と言われたので、極力希望に沿ったものを購入して持ち込む予定だ。

物資が確実に、被災者に届く所を見届けたいので、現地に物資を運び込む船か飛行機に乗せてもらえないかと聞いてみたが、「危険だから、我々でさえ、現地に入ることを許可されていない。一般人が現地に入れるようになるには、もうしばらくかかるだろう」と言われた。正規のルートでは難しいようだ。

さらにいくつか質問をしていると、明日15日、レイテ島のタクロバン市から、軍の船に乗って、3000人規模の被災者が、一時避難先として、セブに到着し、仮設のキャンプ村に収容されるとのこと。これほどの数の被災者が、一度に島を脱出して収容されるのは、台風後初めての事のようだ。

明日は、ボランティアが、そのキャンプ村にも支援物資を届けるということなので、今のところ、被災地レイテ島には行けないが、そのキャンプ村の様子を取材し、継続して物資を運び込めればと考えている。

日本のオーシャナオフィスからの連絡で、BLUE CORALとEAST BLUE(オーシャナ)で募っている、募金の総額が、2日間足らずで、180万円を越えました。多くの方にご協力頂き、心より感謝するとともに、セブ滞在期間中は皆様の信頼を裏切らない様、支援金を援助物資に換えて、被災者に届けるべく、努力していくつもりです。

明日15日は、ダイビングロケを行なわず、キャンプ村の取材と、引き続き物資の購入を行なう予定でいます。

引き続き、支援金のご協力は、

ジャパンネット銀行
すずめ支店
普通口座
2048472
ド)イーストブルー

重ね重ね、皆様のご協力に感謝いたします。
BLUE CORAL代表・下釜宏 
EAST BLUE(オーシャナ)代表・越智隆治

台風被害に遭ったフィリピンへの支援金を募集!現地ですぐに物資に変えます

セブ島から、台風被災地レイテ島への援助活動

Wed 13
セブ島から、台風被災地レイテ島への援助活動
2013.11.13

_29A9367t.JPG

BLUE CORALオーシャナで共同告知して、皆様から集まった支援金を、BLUE CORALのヒロさんやスタッフと一緒に、援助物資購入に充てて、早速、物資受け入れ先まで運び込んだ。

援助金受け入れの告知から一晩で集まった金額は、約40万円。この日は、セブ市内の大型スーパーで、約35万円分の援助物資を購入。

_29A9174t.JPG

購入内容は、ミネラルウォーター、ジュース、缶詰類、日持ちする食料やお菓子類、バスタオル、生理用品、歯ブラシなどなど。軽トラックいっぱいに積み込んだ物資を援助物資受け入れ先へ。

_29A9228t.JPG

援助物資を受け入れて、レイテ島のタクロバン市まで運んでいるのは、フィリピンの民放テレビ局ABS-CBN。同セブ支局のスタジオ内や敷地内には、セブ島全域から集まった、援助物資と、多くの学生ボランティアであふれかえっていた。

_29A9404t.JPG

_29A9274t.JPG

_29A9380t.JPG

炎天下の中、男性ボランティアたちは、仕分け前の物資をトラックから下ろしたり、仕分けされた物資をトラックに積み込む力仕事を。女性たちは、物資が個人に行きわたり易いように、小さく仕分けしてビニール袋に詰める作業を黙々と続けていた。

_29A9313t.JPG

_29A9348t.JPG

集められ、仕分けされた物資は、フィリピン軍の軍用機や船、または、民間の小型飛行機、船舶に載せられて、現地へと運ばれる。現地での受け入れは、同テレビ局のタクロバン支局社員、軍隊、経験豊富な少数のボランティアたちが行い、被災者に支給される事になっている。

今日も、同テレビ局に集まった物資は、1日ですでに20以上のコンテナーに積み込まれて、セブ島の隣にあるレイテ島のタクロバン市まで運ばれたそうだ。

レイテ島までは、セブ市内から高速フェリーで1時間半ほどの距離。被災地への援助物資受け入れの最前線とも言える。

テレビ局の担当者に、「今何が一番必要か?」と質問したところ、「水とお米」とのこと。それに、物資を仕分けするのに必要な小さなビニール袋だとか。東北の被災地への物資援助のときも、時とともに、必要な物資が変ってきていたので、今後も現地が何を必要としているかを確認した上で、物資を購入して、受け入れ先に持っていけるようにしたいと考えている。

同テレビ局では、寄付金も受けつけているため、今後、現地での物資要求が複雑になってくる場合には、状況によっては、皆様から寄付して頂いたお金は、そちらへ寄付する可能性もあることをご理解ください。

引き続き、支援金のご協力は、

ジャパンネット銀行
すずめ支店
普通口座
2048472
ド)イーストブルー

重ね重ね、皆様のご協力に感謝いたします。

BLUE CORAL代表・下釜宏 
EAST BLUE(オーシャナ)代表・越智隆治

Tue 12
台風被害に遭ったフィリピンへの支援金を募集!現地ですぐに物資に変えます
2013.11.12

オーシャナの記事を転載しています。皆様、ご協力お願いいたします。

先日、フィリピンに滞在中の越智カメラマンより、台風30号の被害状況が伝えられましたが、被害は日を追うごとに深刻さを増しています。

cebu_typhoon_20131112_1-500x246.jpg

ダイバーにもおなじみのセブ島・マラパスクアやレイテ島なども壊滅的な状況で、ロイター通信によれば「人々は食べ物を求めさまよっている」とのことで略奪も横行している模様。

東日本大震災の時もそうでしたが、現地で必要とされるものは段階的に異なり、今必要なものは、食糧などの物資。
即効性のあるものを、すぐに届けることが大事です。

そこで、現地からの記事にもあるように、セブにいる越智カメラマンはBLUE CORAL(ブルーコーラル)の下釜さんと物資を調達して現地に送るという活動を行っています。
しかし、オーシャナやブルーコーラルでも物資を購入していますが、限界があります。

そこで、オーシャナが窓口となって支援金(物資調達費)を募り、物資にかえて現地にお届けします。

支援金(物資調達費)の流れ

■オーシャナ(会社名:合同会社EAST BLUE)銀行口座に支援金を振り込む

■現地の越智隆治がブルーコーラルの下釜さんと共に必要な物資を購入

■物資を被災地に届けるしかるべき団体(フィリピン赤十字、現地テレビ局ABS-CBNなど)に届ける

■被災地へ

東日本大震災の時もいち早く支援を表明してくれた友好国フィリピンの大災害。
ぜひ、オーシャナを身近な窓口として利用していただき、一緒に支援しましょう。
※支援の様子はまたオーシャナ上でご報告します。

フィリピンの被害を"人ごと"にしないため、支援の窓口もできるだけ身近に見つけられてほしい。
フィリピン台風被災地支援、赤十字への寄付の前に...(関口 威人) - 個人 - Yahoo!ニュース
支援金(物資調達費)振込先

ジャパンネット銀行
すずめ支店
普通口座 2048472
ド)イーストブルー

※できれば「振込人名」の冒頭に「シエンキン」と付記ください。

ENTRY

ENTRY

  • 高橋
    はじめまして。 きれいな写真ばかりで感動しまし...
  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...

ENTRY

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com