PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Thu 06
6月の黒潮大当たり! イルカも上機嫌だった、御蔵島ドルフィンスイム開催レポート
2017.07.06

_DSC1095k.jpg

2017年6月23日~25日の期間で、御蔵島ドルフィンスイムツアーを開催しました。
梅雨の合間を縫って催行したツアーだったので、天気が心配されていましたが、出発の日はピーカン晴れ☀

いつも就航している橘丸はドックにはいっていたので、現在は大島航路を走っているさるびあ丸に乗って、御蔵島を目指しました。


レインボーブリッジに願掛け

「レインボーブリッジの下を通る時に願い事をすると叶うんですよ」と参加者に伝えると、「なにをお祈りしようかな~~」とわくわくする女性。

その表情をみてとっさに、「あ、あの、お願ですから、"良い人に出逢えますように"とかではなくて、"着岸しますように"とか、"イルカと遊べますように"とか、そういう方向願掛けでお願いします(笑)」と告げると、「えーなんでわかったんですか!?(笑)じゃあ今回は着岸とイルカにします......」とガチで願掛けしてくれました。

_MG_5544k.jpg

その願いは叶い、翌朝は無事着岸!
さるびあ丸で御蔵島にきたのはすごく久しぶりで懐かしくなりました。

_DSC1198k.jpg

黒潮大当たり!
イルカも上機嫌のドルフィンスイムを満喫

この日は海に出てびっくり!
ドルフィンスイムの時期には珍しい、凪の海です!

_MG_5436k.jpg

船も揺れることなく、滑るように海面を進んでいきます。
イルカの群れが見えるとみんな一斉に海の中へ。
この日は曇っていたので、太陽の光が降りそそぐ感じではありませんでしたが、それでも25度近くある水温と、透明度の良さは、完璧!

午前中から、みんな笑顔がこぼれます。

_MG_5460k.jpg

午後は、午前中とは反対まわりでイルカを探してみることに。
天気が悪い日は島を一周する事ができない時もあるのですが、この日は天気も海況も良く、島を1周することができました。

午後一番は、イルカの捕食に遭遇!
逃げ回るトビウオを、猛スピードでイルカが追いかけまわします。
突如、一匹のトビウオが船に助けを求めるようにこちらに向かって真っすぐに飛んできます。
が......、目の前が見えていなかったのか、逃げるのに必死すぎたのか、飛び上がる高さが足りず、船のヘリに、「でちっ」とぶつかって失神していました(笑)

イルカの食事タイムをまって落ち着いたころ、海に入ってみましたが、イルカは遊びモードではなくあまり泳げず。
でも、なかなか見られないイルカのお食事シーンに、はじめて捕食をみた参加者は大興奮!

そのあとはしばらくイルカに出会うことはなく......、今日はもうこれで終わりかな、どこに行ってしまったのかなと、港に戻るため船を走らせていると、突然大量の背びれが水面に。

これで最後にしましょうか、という船長の指令で海に入ると、待っていましたとばかりにお遊びモード全開のイルカたち!!

_MG_5399k.jpg

もう何回か入水したかった気持ちを抑えて帰港。
※御蔵島のルールがあるので、ガイドと船長の指示に従ってくださいね!

DSC_8146k.jpg

追加日程がいくつかあります。

2017年8月25日(金)夜~8月27日(日)残席若干
2017年9月1日(金)夜~9月3日(日)(満席、キャンセル待ち)
2017年9月8日(金)夜~9月10日(日)(満席、キャンセル待ち)
2017年9月8日(金)夜~9月10日(日)(満席、キャンセル待ち)
2017年9月22日(金)~9月24日(日)残席若干
2017年10月27日(金)~29日(日)(満席、キャンセル待ち)

ご参加ご希望の方は以下のフォーム(http://under-water.jp/special/dolphinswim/mikura-dolphinswim/tour/)からご連絡ください。

現地リポートは、稲生薫子。撮影は、稲生薫子、岡田裕介でした。

11145120_828780950570294_4326895613835652886_o-thumb-450x450-7997.jpg

OKADA-thumb-450x450-7989.jpg

Fri 30
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程
2017.06.30

ベストシーズンに突入した御蔵島。新たなスケジュールが決まったので、ご連絡します。

20161015-_T5A6867.jpg

■6月30日(金)~7月2日(日):満席
■7月7日(金)~7月9日(日):満席
■7月14日(金)〜7月16日(日):満席
■8月25日(金)〜8月27日(日):残席2
■9月8日(金)〜9月10日(日):満席
■9月22日(金)〜9月24日(日):新スケジュール
■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2

_T5A6771k.jpg

今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。
参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

Sat 17
INTO THE BLUE・underwater,jp 今後の御蔵島ツアー空席状況
2017.06.17

黒潮が当たり始め、ベストシーズンに近づき始めたた御蔵島。6月、7月の空席状況をお知らせします。

12033057_1099367033420626_8416441894599623695_n.jpg

14671309_1334891519868175_1715836848952904709_n.jpg

そろそ梅雨も明けて、ベストシーズンに向かう御蔵島。先週は、黒潮も当たり、最高の透明度でイルカたちと泳げました。6月や7月頭の接岸率はどうなの?など、気になるかもしれませんが、まず接岸率で言えば、就航に関係しているのは、雨ではなく、風。
毎年6月の御蔵島着岸率はほぼ100%なのです(2014年は実際に100%)!

また6月や7月頭の御蔵島がオススメの理由としては、イルカが良く遊んでくれるというのが、あります。4月から海に入れる御蔵島は、6月頃はまだ海に入る人も少ないため、イルカが人間と遊びたい時期。
海で遭遇できれば、夏の期間よりも長く人の周りにとどまってくれることが多いのです。
黒潮も当たり初めて、透明度も上がり、写真を撮りたい方にはとてもオススメの時期でもあります。

12033237_1099744646716198_8124010902168142551_n.jpg

気になる水温はと言えば、少し肌寒く感じるかもしれませんが、平均して20~22度。
5mmのフルスーツがあれば大丈夫でしょう。黒潮が入れば、25度と暖かくなります。
そうなれば、天気が良ければ3ミリフルスーツでも泳げます。

そんな穴場の6月と7月頭のツアー空席状況です。
イルカと泳いだことないという方も、丁寧にイルカと泳ぐ方法をお教えしますので、お気軽にお問い合わせください。
お子様連れもご相談ください。

■6月23日(金)~25日(日)満席
■6月30日(金)~7月2日(日)残席2名
■7月7日(金)~7月9日(日) 残席僅か

お問い合わせやお申込はこちらから
http://under-water.jp/special/dolphinswim/mikura-dolphinswim/tour/

Fri 09
残席若干あり 一番いい時期の御蔵島にイルカの写真を撮りに行こう!
2017.06.09

御蔵島のシーズンといえば、8月や9月と思いがちですが(もちろんその時期もシーズン!)、実は6月が案外穴場だったりします。

14671309_1334891519868175_1715836848952904709_n.jpg

梅雨じゃないの?とか、接岸率はどうなの?など、気になるかもしれませんが、まず接岸率で言えば、就航に関係しているのは、雨ではなく、風。
毎年6月の御蔵島着岸率はほぼ100%なのです(2014年は実際に100%)!

また6月がオススメの理由としては、イルカが良く遊んでくれるというのが、あります。
4月から海に入れる御蔵島は、6月頃はまだ海に入る人も少ないため、イルカが人間と遊びたい時期。
海で遭遇できれば、夏の期間よりも長く人の周りにとどまってくれることが多いのです。
写真を撮りたい方にはとてもオススメの時期でもあります。

12033237_1099744646716198_8124010902168142551_n.jpg

気になる水温はと言えば、少し肌寒く感じるかもしれませんが、平均して18~22度。
5mmのフルスーツがあれば大丈夫でしょう。

12033057_1099367033420626_8416441894599623695_n.jpg

そんな穴場の6月のツアーにキャンセルが出ました。
イルカと泳いだことないという方も、丁寧にイルカと泳ぐ方法をお教えしますので、お気軽にお問い合わせください。
お子様連れもご相談ください。

■6月23日(金)~25日(日)満席
■6月30日(金)~7月2日(日)残席2名
お問い合わせやお申込はこちらから
http://under-water.jp/special/dolphinswim/mikura-dolphinswim/tour/

Fri 02
今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です
2017.06.02

長い沖縄離島ロケを終了して、今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です。

_29A4200-2k.jpg

昨日搬入も終わりました。写真展は、6月8日(木)まで、自分が在廊できるのは、7日までです。明日3日には、場所をかえてバディダイバー交流会にて、スライドトークショーを開催します。

こちらにも、是非ご参加ください。スライドショーでは、写真展に展示していない写真で色々お話をさせていただく予定です。

20170309-_I9A2638k.jpg

詳しくは、こちらのオーシャなの記事をご覧ください。

https://oceana.ne.jp/infomation/66796

18486362_1568287603195231_4282886102757359052_n.jpg

写真展では、写真集、写真絵本、写真パネルのご購入も可能です。越智か、スタッフにお気軽にお声をかけてください。皆様の起こしをお待ちしています。

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.10.09
越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください

2017年12月23日(土)、東京の渋谷で、毎年恒例となりました越智隆治スライドトークショーを開催いたします。 <昨年六本木で開催したスライドトークショーの様子> おかげさまで、毎年満員御礼(若干オーバーなためいつも狭くてすみません)のトークショー。今年は、大きな3面スクリーンのある会場で、1年間の撮影の様子をご報告します。 迫力のあるクジラから、癒しの海まで、海に包まれているような気持になれると思います。 食事スタイルは、半立食のブッフェ形式。 席が決まっていないので、いろんな方をお話しできるかと思います。 またせっかく海が大好きな人たちが集まりますので、「なにか青いもの」をご持参ください。洋服でも、靴でも、鞄でも小物でも、なんでも構いません。もしかしたら、いいことがあるかもしれません。 会の終盤には、お楽しみのプレゼントじゃんけんも開催予定です。 今年はどんなプレゼントか、お楽しみに。 満席になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご参加ご希望の方は、お早めにお申込ください。 皆さまのご参加、心よりお待ちしております! ■越智隆治スライドトークショー2017 ○日にち:2017年12月23日(土) ○会場:イベントスペース DAIA 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1 https://goo.gl/maps/Naoahs1V9PJ2 ○時間 17:00 受付開始 17:20 スタート 19:40 終了 20:00 完全退出 ※二次会の開催は予定していません ○参加費 7,000円 ※事前のお振込みをお願いしております ○お申込・お問い合わせ ochi@oceana.ne.jp 以下をご記入の上、ご連絡ください。 「件名:越智隆治スライドトークショー2017参加希望」 *お名前: *参加人数: *当日に連絡のつくお電話番号: ※担当者より詳細のご案内をさせていただきます

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com