PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Sun 11
岩手で、鮭の産卵撮影
2012.11.11

ニューカレドニア&バヌアツでのロケを終了して、帰国。同日に車で岩手へと移動。

久しぶりに、岩手県の大船渡市へ出かけた。海外ロケが続き、なかなかガレキ撤去作業のボランティア活動に参加することができなかったのだけど、この時期だけは、随分前から岩手に来るためのスケジュールを組んでいた。

それは、ボランティアダイバーズたちが奇麗に清掃した河川に、鮭たちが遡上してくるシーズンでもあるからだ。

三陸ボランティアダイバーズの理事長のくまちゃんは、地元でダイビングショップRiasも経営している。元々花巻出身のくまちゃん、震災以前は、内陸の河川一カ所で許可をもらい一般のダイバーなどを中心に、「サーモンスイム」を開催していた。

_MG_56151.jpg

サーモンスイムとは、産卵のために遡上してくる鮭の様子を水中で観察するプログラムのことだ。スイムとは言っても、実際の川の水深は、せいぜい腰くらまでしかなく、浅い場所では、足首くらいまでの深さしかない。当然川底に這いつくばり、じっと動かないようにしながら、鮭を観察することになる。

今回取材を行なったocean+αで、サーモンスイムの方法を記載しているので、興味のある方は参考までに。

津波後の海中や河川でのガレキ撤去作業で、大船渡市の漁業関係者との信頼関係が深まった事から、今では、花巻市の内陸の河川以外に、大船渡市にある河口付近の河川4カ所でのサーモンスイムを行なう許可ももらうことができた。

「河川の数が増えたことで、その日のベストの川で観察、撮影をすることが容易になりました」とくまちゃん。

しかし、今年は、川の水量が少なく、その上水温がなかなか下がらなくて、シーズン前半は、「もしかしたら、あまり鮭が戻って来ないのでは」と懸念していたそうだ。

撮影日前日には、大雨が降った。そういう状況を理解していない僕は、雨が降って、河川が濁り、撮影が難しいのではないかと懸念しながら現地に向かった。しかしくまちゃんは、「雨が降ったおかげで、川の水量が、鮭の遡上に最適な環境になった感じです。鮭も多いし、今年一番のコンディションですよ!!」と大喜び。

今回鮭を撮影しに出かけた、川幅の狭い綾里川のそこかしこで、鮭たちが固まって泳いでいる姿が道の上からでも確認できた。メスが尾ヒレで卵を産むためのマウンドを掘り、そのメスを数匹のオスが奪い合う。そしてタイミングを見計らって、放精、放卵を行なうのだという。

_29A635912.jpg

奇麗なマウンドが出来上がり、そろそろ臨戦態勢の鮭の集団に目星を付けて、静かに接近してアプローチする。水温は12度。ドライスーツにフードベストとグローブで身を固めているので、最初はさほど気にならない水温も、産卵待ちで這いつくばっている時間が徐々に経過していくに連れて、辛くなってくる。しかも、身体は流されないように、全部で、22キロのウエイトを身体全体に分散して装着していた。水深はおそらく30センチほどしかないだろう。

_29A564212.jpg

そこに鮭に極力ストレスを与えないように、微動だにせずに何時間もうずくまっているのだ。上から仲間が様子を見ていなければ、間違いなく、死体状態で、すぐに警察に通報されそうだ。

_MG_93441.jpg

そんなに粘りながらも、結局産卵をしてくれない場合もある。自分もそれまでに、マウンドを掘るシーンや、オス同士の争うシーンなど様々な撮影をしていたために、カメラのバッテリーが点滅しはじめていた。

「頼むから、早く産卵してくれ」と心に願いながら、同じ体勢を続ける。2日目の事でもあったので、変な体勢をしていた首が痛くなり、おまけに、手からはドライスーツに浸水を始めていた。

産卵までの、ほとんどの雑感シーンは撮影していた。バッテリーを交換しようかどうしようか悩んでいたその次の瞬間、動きの激しくなった鮭たちが、急に大きく口を開け始めた。産卵の合図だ。

_29A657312.jpg

「始まった!」自分は、無我夢中でシャッターを切り続けた。何度かファインダー越しに、放出された精子らしき白濁は確認できたのだけど、卵が生まれているかどうかまでは確認できなかった。ライブビュー撮影にしてみたところで、反射で構図もわからない。だから、ファインダーでせめて構図だけでもしっかり決めて撮影するしかない。おまけにバッテリーも残り僅かだし。

「どうか写っていてくれ!」そう願わずにはいられない。あとは運を天に任せて、口を開ける鮭のタイミングに合わせて、闇雲にシャッターを切り続けるだけだった。

結果、精子も卵も写っている写真を撮影することができた。

_29A6527122.jpg

「精子で白濁してる写真は見たことありますけど、卵までこんなにしっかり写っている写真は見たことないですよ」とくまちゃんも感心していた。

産卵を終えて、弱り切った鮭たちは、川底で力つきる。産卵は、生命のバトンタッチが行なわれる、感動的な瞬間でもあるわけだ。

このサーモンスイム、今年は12月頭くらいまで、続きそうだと予測している。
もし、この命をかけた感動的な産卵シーンに興味のある方は、ダイビングショップRiasの佐藤寛さん(くまちゃん)に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

Mon 05
ニューカレドニアロケ、<エビがパイナップルを持っています>
2012.11.05

昨日、ご飯を食べに行った、タイ料理屋さん、ニューバンコック。

_29A4959.JPG

「ここね〜、面白いんですよ〜」と真顔でALIZEのガイドのマサシ君。

「え?美味しいんじゃなくて、面白い?」

「は〜い」と言って、メニューを見せる。「ここ、ここなんか面白いですよ、ほら」と言って指差す部分を見ると、まずフランス語なので、そこは飛ばして、次に英語、Raw Shrimp marinated in the lemonと書いてある。実際には、marinadedって表記されてたけど。「これの事?」と思ったのだけど、その横にさらに日本語で書いてあった。

<生のエビがレモンでしました>

え?・・おい、何をしたんだよ〜
と、思わず悩んでいると、

「ね、それにこれなんか、どうですか」とまた、マサシ君。

「どれ?」と覗き込むと、
Steam ginger のところには、

<しょうがを止(と)めてください>

しょうがをとめる?・・

「さらに、これ」とマサシ君

Shrimps Thai style with pineapple
<エビがパイナップルを持っています>

・ ・・・・

「じゃあ、これは?」とさらに追い打ちをかける。
Fish Thai style bitter-sweet
<ビタースイートで釣りをしてください>

で、その横には、
Shrimps Thai style bitter-sweet
<ほろ苦く、ほんのり甘いエビ>
なんで、ここでは、ビタースイートって書かないかな

Wanton Vapor
<伸び放題の蒸気>

おもろい、でも、もう、・・・意味わからない。
「ね、面白いでしょ、ぐふふ(笑)」と自慢気なマサシ君。どうやら、マサシ君にとっては、面白い=自慢になるようだ。まあ、それは取材中の僕への対応を見てるとなんとなく分かる気がするけど。

と、そんなメニューに見入ってしまい、普段はウエイトレスを待たせるの苦手なので、すぐにオーダー決めてしまうのに、メニュー見るのに、相当時間を要しただけでなく、そのほとんどを取材ノートに書き写したりしたので、ビールを頼むまでに、20分くらいかかった。

味は普通に美味しかった。
ちなみに、<生のエビがレモンでしました>をオーダーしたのに、オーナーが出すの忘れて食べれなかった。

昨日は、ニューカレドニア産?のニラミハナダイを撮影に行きました。水深25mから群れてます。

_MG_62791.jpg

Thu 01
バヌアツ共和国でのジュゴンリサーチ。赤鬼、青鬼ブラザーズ
2012.11.01

_MG_1177.jpg

ニューカレドニアから、一時バヌアツへ。首都のあるポートビラのあるエファテ島から、セスナで40分北上したところにある、エピ島へ向かった。

目的は、ジュゴンの撮影。ジュゴンが生息していると言われているのは、エピ島のラーメン湾。LAMEN BAY。実際の発音はラマンに近いけど、日本人の僕らは、「ラーメン、ラーメン」と言っていた。

バヌアツには、エロマンガ島というのもあって、一度行ってみたいなとも思うのだけど、「何かある島ですか?」と訪ねると「いや、特に何も無いです」と言われた。まあ、そうだよね。

で、ジュゴンは、エピ島のラーメン湾とその沖にあるラーメン島のリーフの浅瀬に出没すると聞いていたので、毎日船を出してもらい捜索。

結果、毎日ジュゴンには会うことができたのだけど、そんなにめちゃくちゃフレンドリーってほどでも無かった。でも水中で撮影できるだけでも、他の海に比べれば感動モノだ。場所によっては、距離を保ちながら一緒に泳げるという感じだった。

_29A36031.jpg
<ジュゴンは毎日海中で遭遇>

船を出してくれたのは、赤鬼、青鬼ブラザーズと名付けた、ラーメン島出身のデビッドとゲネット兄弟。顔は恐いのだけど、めちゃくちゃ面白くてマイペースな二人で、個人的には、ジュゴンに会ったことよりも、この二人に会った事の方が貴重?かなと思えた。

いつも、白目が充血してるから、絶対前の日にカバ飲み過ぎてんだろうな〜、こいつら、と思っていたのだけど、ある日僕がカバでフラフラになったって話したら、「カバなんかやるから、皆働けなくなるんだ!」と青鬼ガネット(弟)。「島には、フルーツやナッツが豊富にあるから、働かなくても生きていけるんだよ。それが問題だ」と赤鬼デビッド(兄)。

_MG_13251.jpg
<左が赤鬼デビッド、右が青鬼ガネットの、赤鬼、青鬼ブラザーズ>

「え、でも二人ともカバ飲むでしょ?」と訪ねると、二人とも「あんなもの、飲まない」との返事。じゃあ、目が充血してるのは何故なのかと思い、「酒は飲むでしょ?」と訪ねると、真顔で「酒も怠惰になるから飲まない」という。「じゃあ、タバコは?」、「吸わない」という。う〜んでもどう見ても、何かやってそうな顔だと思い、「あ、もしかしてマリファナとかやってるのかな?」と聞くと、「マリファナなんて、犯罪だぞ!捕まっちゃうんだぞ!」と語気を荒げる。

外見からは想像も付かない程、意外な優等生振り。・・・・人は見かけで判断しちゃいけないんだな〜と感心していたら、「でも、ジギジギはする」、「うん、ジギジギはする」と二人意見が一致。

「何ジギジギって?」と訪ねると、エッチの事らしい。別にそんな事聞いてないんですけど(笑)。

で、結局目が充血してるのは、何故なのかな?と訪ねたら、「海に出て、一生懸命ジュゴン探してるからだ」と主張。の割には、一回見つけると満足して、急にやる気が失せてるところが、笑える。

この二人の事を語り出したら、止まらなくなりそうなので、この辺で。

_MG_13491.jpg
<船はチャーターだったけど、エピ島から、ラーメン島に渡りたい人を乗せて行くこともしばしば>

エピ島のジュゴンに興味のある人は、唯一日本人スタッフのいる現地旅行会社South Pacific Toursの大数加さんへ

Sat 27
バヌアツ到着。カバの洗礼?
2012.10.27

一時、ニューカレドニアを後にして、バヌアツ共和国へ到着。空港へは今回のコーディネーターをつとめてくれる大数加さんが出迎えてくれた。

そして、宿泊先のメラネシアンホテルへ。前情報をほとんど持たずに来たバヌアツ。首都のポートヴィラは思っていた以上に都会?な印象。何よりも嬉しいのは英語が通用することだ。

さて、メラネシアンホテルに到着すると、すぐにウエルカムディナー。巨大なロブスターと、アイランドキャベツを海苔代わりに使った巻寿司。ロブスターも美味しかったけど、このアイランドキャベツの海苔巻きがかなり美味しかった。シェフは日本人とのことなので、味も洗練されている。

_29A34313.jpg

_29A34341.jpg

席に座るなり、ウエイターで陽気なトニーさんに、「まず一杯!」と言われてカバ一気。バヌアツのカバは、フィジーやポンペイ、トンガなどのカバに比べても強いらしく、すぐに舌がピリピリ。でも、本当のカバはもっと強いらしい。とにかく決して上手いものではない(完全に木の根っこの味)けど、「これ飲んでビールのめばすぐ酔えるよ」とトニーさんは、嬉しそう。

_29A33731.jpg

_29A33741.jpg

確かに、その後、ビールにワイン、そしてテキーラと飲み続け、相当に酔っぱらってお部屋に引き上げたのでした。

そして、今日の国内線で、ジュゴンと泳げるエピ島へ移動。しばらくはネット環境の無い場所でのんびり過ごします。・・・じゃなかった、頑張って撮影&リサーチしてきます。

ちょっと心配なのは、夜の楽しみは強烈なカバのみらしいとうこと。フラフラにならなきゃいいけど。

Fri 26
ニューカレドニアロケ、ジュゴン君に遭遇
2012.10.26

_29A25781.jpg

今日は、ジュゴンを狙いに出かけた。本当は明日からのバヌアツロケでジュゴンを撮影する予定だった。取材より数ヶ月前、そのことをALIZEの小川マサシ君にメールで伝えたら、「どうやらニューカレドニアでも見れるらしいんですよね」と返信が来た。「え?そうなの?どんな感じなの?」と訪ねると、「一度視察に行ってきますよ」ということで、ちょっと前にマサシ君がその場所に視察に訪れた。

結果、ジュゴンに遭遇。
どうやら遭遇確率もかなり高そうだというので、「今度取材に来た時に行きますか?」と言われて、「行く行く!じゃあ、取材日程伸ばそう!」ということで、バヌアツ後も数日間ニューカレドニアに残り、ニューカレドニアでのジュゴンリサーチをする事にしていた。

しかし、ここ数日の風向きとか考えると、ヌメアでダイビングが厳しい状況だったので、「じゃあ、ジュゴン探しに行こう!」と急遽予定変更して向かったビーチで、このジュゴン君に遭遇した。

ジュゴン君と君付けにしているのは、オスであることが確認できたから。

前回のマサシ君のリサーチのときに、彼がこのジュゴン君に遭遇していなかったら、今回のジュゴン撮影は行なわれていなかった。
そういう意味では、本当にラッキーだったし、ヌメアのコンディションが悪いがために、予定変更してジュゴン撮影できたのもラッキーだったと思う。

_29A30001.jpg

ジュゴンはビーチからすぐのところに出没。
何しに来てるのかと思ったら、その泥砂地に繁殖していた、ウミヒルモという海草を食べに来ていたようだ。

_29A27581.jpg

見れたのは、この1頭だけ。
それでも、4時間近くも一緒に泳げたので、かなり写真を撮ることができた。

ここであまり詳しく書くと、ウェブマガジンなどに書くことなくなるので、これくらいにするけど、とにかく、ニューカレドニアロケ、中盤は、かなり順調に進み、明日からバヌアツ、そしてバヌアツ後にまたヌメアロケと、ニューカレドニア&バヌアツロケ後半に突入です。

ENTRY

ENTRY

  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...
  • spicenesia.com
    日本でもポンペイ島、セイ農園の胡椒と胡椒の佃煮...
  • イヌミ
    おお!!さすが越智さん強運の持ち主ですね!! ...

ENTRY

PICK UP

2016.06.28
2017年名古屋、大阪で写真展「INTO THE BLUE 〜青にとける〜」巡回展のお知らせ

2016年5月に東京・六本木ミッドタウンにある富士フォトサロンで開催し、1万人もの方にお越しいただいた写真展「INTO THE BLUE〜青にとける〜」の名古屋、大阪での巡回展日にちが確定しました。 名古屋・富士フォトサロン 2017年5月12日(金)〜5月18日(木) 大阪・富士フォトサロン 2017年6月2日(金)〜6月8日(木)

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com