PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Thu 24
今日から、またセブに行って来ます
2012.05.24

_MG_2564.jpg

今年はメキシコのバショウカジキに始まり、セブ、パースのアシカ、セブ、セブ、岩手、ハワイ、パラオ、パラオ、岩手、ツバタハ、石垣島、西表島と取材してきたばかりですが、明日からまたフィリピンのセブ島へ飛びます。取材先は、今年、個人的に4回目のロケになるマクタン島に拠点を置く、BLUE CORALさん。

まだ、具体的な取材の企画内容は明かされていません。ハードなロケスケジュールはまだまだ続きます。行ってきます〜

ちなみに、この写真は合成でも何でもありません。普通に撮影してこんな写真でした。

_MG_1893.jpg

また試してみようかな。

Tue 22
昨日は、都内にて7月に出版するクジラの写真絵本の色稿チェック
2012.05.22

昨日は、都内の印刷会社にて、小学館から7月に出版予定のクジラの写真絵本の色稿チェックに行って来ました。

P1010772.jpg

短い滞在中での色稿チェック、やはりこういう場で編集者、デザイナーの方、印刷会社の方たちと一つの本を作り上げるために、話し合う事で、作り上げる本に対しての自分自身の思い入れも強くなっていくもんなんですね。

自分とは違う見方とかして、真剣に写真と本を良くしようと取り組んで頂けているのを感じることができて、嬉しかったです。

P1010776.JPG

この写真絵本、本当は去年に出版する予定でしたけど、色々な事があり、手をつける事ができなくて、1年かかって出版に至ります。一時は、もしかしたら出版できないのかなと思った時期もありました。

でも、これは息子たちが、小学生、幼稚園児のうちに出したかった本の一つです。以前にポプラ社から出版して頂いた「あおい海のいるかたち」という写真絵本、今でも長男の小学校で多くの子どもたちに繰り返し読んでもらえてるって聞いていたので、是非また子ども向けの本が出せたらとずっと思っていました。

ようやく形になり、子どもたちに読んでもらえるのを、今から楽しみにしています。

Mon 21
西表島から帰宅、金環日食を撮影してみた
2012.05.21

_MG_5319.jpg

金環日食が始まった。

_MG_5382.jpg

しかし、雲っていて、時に、こんな感じで、全然見えなくなったり

_MG_5398.jpg

くっきり姿を見せたり

_MG_5479.jpg

はらはらどきどき。ダメかな〜と思っていたら、金環日食が始まってから、雲が良い感じで晴れてきた!!

_MG_5574.jpg

まだ、ど真ん中には少し早い。

_MG_5577.jpg

金環日食になってから、2度程飛行機が通過した。雲がかかっていなかったら、きっとこんな写真は撮影できなかっただろう。そういう意味ではラッキーだったのかもしれない。

_MG_5585.jpg

これがど真ん中かな 7時34分?これだけ全国各地で見れたのは、932年振り、つまり平安時代振りの金環日食だそうだ。そう考えると凄い。ちなみに、沖縄では、1987年に観測されていて、25年振り。

_MG_5636.jpg

そして少しづつ中心からずれて行く。

_MG_5643.jpg

次に日本で金環日食が観測できるのは、2030年の北海道。これだけの規模で金環日食が確認できるのは、300年後の2312年になるそうだ。

僕ら人間の寿命のスケールを遥かに越える宇宙的イベント。

なんだかんだ言いながら、やっぱり感動的です。

Sun 20
西表島での「オガン」ロケ終了。ガイドの力
2012.05.20

今日、うなりざき西表での取材を終えて、西表島を離れる。7日間の取材日程で、5日間オガンに潜った。時に、激流れで、ロープに捕まって必死に潜行。ゲストが鯉のぼり状態で降りて行くシーンを撮影しようとカメラを構えると、ストロボのアームが折れてポートに被さってきた。

ターゲットのカスミアジの群れを探すのに、潮下から潮上へ泳ぎ、また戻ってきて、時間をかけてまた捜索に行くなど、ハードに泳ぎまくった。

緊張と疲れのせい(どちらかと言うと緊張?)なのか、潜り終わると、船上で横になって眠るガイドの森脇君を良く目にした。

天候が急変して、海が荒れてオガンから西表島まで帰り着いた時、船長を任された24歳の慎也君が、ずっと中腰体勢で立ち続けての操船を終えて、軽く自分の腰を叩いたのを見たときに、「良く頑張ったな」と思ったり。

時には、海中の状況が悪く、これでこのポイントに入っていいのかどうかをガイドの森脇君と石井君で討論している姿を見ているのが楽しかったりもした。

ペリリューやオガンなどのハードな海では特に思うことだけど、ガイドを信頼し、船長を信頼し、はじめて攻める撮影ができる。それは、「信頼に足る経験を持っている」というだけではなくて、どれだけ真摯に取り組んでくれているかが、僕にはとても重要になってくる。

うなりざき西表の若いガイドたちには、海に対する、そして自分の任された仕事に対する、そういう真摯さを感じることができた。

そういうガイドたちと一緒に潜って仕事をすることが、今、自分にとっては一番楽しい。

今までは船上でずっと緊張した顔をしていた森脇君が、全ての取材を終えた後、サングラス越しに、ほっとした穏やかな表情を見せていた事が忘れられない。

_MG_4090.jpg

Tue 15
西表島ロケ2日目、オガン潜入!
2012.05.15

13日に石垣島から西表島に移動。20日まで、うなりざき西表にお世話になって取材を行なう。メインのテーマは西表に来るダイバー憧れのポイント「オガン」。西表島から30km離れた外洋にぽつんとある、岩礁だ。

しかし、風が強く、20日までの1週間、オガンに行ける可能性は低いと言われた。今年に入ってから、オガンに行けたのは、まだ10回も無いとの事。初日は、西表島周辺のポイントに潜り、後は風がおさまり、少ないチャンスで潜りに行ける機会を伺う状況だった。

しかし、2日目、なんと、うなりざきのオーナーであるよしぼうが、一緒に船に乗船してくれて、うねりのある中、オガンを狙うことに。「行けるところまで行って、無理そうだったら、引き上げましょうね」と言われていて、自分も世界中で多くのロケを行なっていて、漂流した経験とかもあるから、「ありがとうございます。無理はしないで全然大丈夫です」と答えた。

_MG_3668.jpg

感心したのは、荒れた外洋に出てからの操船は、ガイドの森脇君に任せて横で操船を見守っていたこと。高いうねりを避けて斜めに船を走らせながらの操船。途中で森脇君が「きついっすね」と少し弱音を吐いたけど、よしぼうは何も言わずに見守っていた。「若いスタッフを信頼して任す」その姿勢が今のうなりざきを作ってきたんだろうなと感じた。

南西からのうねりで、真っ直ぐにオガンを目指せない中、無事最初のエントリーポイント、3の根に到着。後は、自分がそれに答える番だ。

1本目を上がった時点で、うねりと波が弱まっていたこともあり、3の根2本、光の宮殿、天馬崎と4本のダイビングを行なって戻ってきた。

_MG_4952.jpg

森脇君と二人だけで、エントリーポイントから流れに逆らい、潮上へ移動し、ターゲットを探すダイビング。「普通ならこんな潜り方しません。お客さんは着いて来られないから」と森脇君が笑った。6半2ピースではちょっとハードで、身体をクウールダウンさせるために、胸のジッパーを下げて、何度も中に冷たい海水を送り込みながらの移動。

さて、その結果は・・・・

詳しくは、ocean+αのWEBマガジンでお伝えします。

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.08.04
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

御蔵島。今シーズン最後の追加日程のご連絡です。新たに3日程を追加しました。 今満席のところも、空席が出たら、ご報告します。どこかで、僕も参加するかもしれません。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 終了 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 終了 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 終了 ■8月25日(金)〜8月27日(日):満席 ■9月1日 (金)〜9月3日(日):満席 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):満席 ■10月20日(金) 〜10月22日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 ■11月3日(金)〜11月5日(日):新スケジュール ■11月10日(金)〜11月12日(日):新スケジュール 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com