PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Sun 01
新年明けましておめでとうございます。
2012.01.01

_MG_7780.jpg

2012年もよろしくお願いいたします。

Tue 27
メキシコ出発前に届いたもの
2011.12.27

P1020033.jpg

メキシコのバショウカジキ撮影前に、届いたのが、SEA &SEA の新製品、VF180 1.2x

45度も試したけど、素潜りで咄嗟の構図変更には、難有りだったので、次回はストレートビューファインダーでトライしてみようと思っている。

前回、構図がいまいちだったのは、バショウカジキの激しい動きに翻弄されて、十分に構図を決め切れていなかった。このストレートビューファインダーでどれだけ鮮明に構図を捉えることができるか、試してみたい。

_MG_0507-thumb-500x333-1659.jpg

本当は、マクロでも使用したいのだけど、今回マクロ撮影が無いので、まずは、ワイド、しかも素潜り撮影からスタートだ。

Tue 20
朝日新聞のAsahi.comに、パラオの記事を掲載しました
2011.12.20

朝日新聞のAsahi.comに、パラオの旅行記事を掲載しました。

世界随一のダイバースパラダイス・パラオVol.2

「ノンダイバーや体験ダイビングでも楽しめるパラオ、ロックアイランドの魅力」

view_photo.jpeg

Fri 16
おれは、ここにいる(4コマ写真マンガを作ってみました)
2011.12.16

いつもの事なんだけど、写真の整理をしていると、連続で同じシーンを撮影しているのを見直すことがあって、ついついこういうの作ってしまう。暇なわけじゃないんですよ。ええ、ぜんっぜん暇なわけじゃ〜ないんです。

こんなことでもしてないと、やってらんないっつ〜、地味〜な作業なわけですよ。

_MG_7498.JPG

_MG_7499.JPG

_MG_7500.JPG

_MG_7610.JPG

慣れない絵文字も使ってみた。

撮影地:ニューカレドニア。ヌメア。

Mon 12
クジラの親子の写真絵本を作成中の出来事
2011.12.12

今、クジラの親子の写真絵本の作成中だ。と言っても、もう文章は半年以上前に書き上げていて、本当なら年内に出版して頂く予定だったのだけど、自分が写真をセレクトしてる余裕が無くて、やっと最近その写真セレクトをして、ある程度まとまったところだ。

写真のワンシーン,ワンシーンに合わせて後から文章つけるのならいいのだけど、出来上がっている「お話」のストーリーに合わせて写真を選んで行くのは、例えば陸の動物とかであれば、まあ、色々なバリエーションの撮影ができるとは思うのだけど、海中、しかもクジラの親子の写真をストーリーに合わせて、セレクトしていくのは、相当に大変だった。ついでに、イルカやアシカ、マナティなどの写真も今後に続くようにセレクトしていた。

そんな感じだったので、家に引きこもって作業を進めていたのだけど、その間に、またマンションの目の前で大掛かりなロケが行なわれていた。どうやら、今回は車が雨の日に電柱か何かにぶつかって、炎上してるようなシーンらしかった。

_MG_7538.jpg

しかし、外は超快晴。そこだけ、激しく雨を降らして、煙が炎上してるのが、とても不思議な感じだった。

_MG_7537.jpg

話を本に戻すけど、以前ポプラ社から「あおいうみのイルカたち」という本を出して頂いたのだけど、これが今でも、長男の通う学校の図書館に置いてあったりするので、早く次の子供向けの写真絵本を出版したいなと思っていた。

41B1DCXXTDL._SS500_.jpg

この絵本は、中国語版にも翻訳されて、出版されている。

明日には、出版社にセレクトした写真を送って、打ち合わせしなければいけないので、走るのを見送って、朝からリビングで写真のチェックしていたら、今日も奇麗な朝日が昇り、ついつい作業の手を休めて、朝日の撮影をしてしまった。

_MG_7555.JPG

_MG_7558.JPG

どうか、良い写真絵本が作れますように。子供たちに気に入って頂けますように。。

越智隆治・著書紹介のページ

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.06.30
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

ベストシーズンに突入した御蔵島。新たなスケジュールが決まったので、ご連絡します。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 ■8月25日(金)〜8月27日(日):残席2 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com