PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Wed 01
南オーストラリアでのホホジロケージダイブクルーズ Part.2 ボトムケージダイビング
2017.02.01

20161204-_B6A3519k.jpg

サーフェースケージダイブのケージ内でホホジロザメを見る事に慣れたら、いよいよ、ボトムケージダイブを行う。

http://takaji-ochi.com/diary/2017/01/part1.html
サーフェースケージダイビングの記事は上から

ガイド1名とゲスト3名が一つのケージに入り込み、海底にケージを沈めて、ホホジロザメを観察できる。

_60A1927k.jpg

ウエイトベストは、サーフェースで使用したものと同じものを使用して、タンクはハーネスのみで装着。つまり、何かトラブルが発生した時、ドライスーツを着ていれば、スーツにエアを入れる事で浮上は可能かもしれないが、ウエットの場合、一度沈んでしまうと、自力では浮上できない。

_60A1930k.jpg

色々安全面が気にかかり、アンドリューに質問をした。特に、細いワイヤーで結びつけられたケージはかなり心細い。「これって負荷はどれくらい耐えられるの」と聞くと、「ウィンチは5tを持ち上げられるし、予備のウィンチもある。ワイヤー以外でも、ロープで船と結びつけているし、船上との連絡用の細いロープで、潜降や、停止、浮上の合図が送れるようになっている」とアンドリュー。

「このケージの中の2本のタンクはエアが無くなった時の予備?」。「それもあるが、もし、ウィンチが効かなくなった場合、このタンクのエアをケージの上にある容器に入れていき、浮力を確保するのにも使うようになっているんだ」。
「へ、へ〜、で、今まで使ったことはあるの?」。「いや、無いよ」という感じで、とにかく臆病な僕は、ボトムケージの安全面に関して、おそらくかなり執拗に確認していた。

ケージに入り、徐々に海中に沈んでいくときに気をつけないといけないのは、うっかりレギュを咥え忘れていたり、マスクを装着し忘れていたりすることだ。潜降はゆっくりではあるけど、水温も低く、緊張もしているからか、耳抜きし辛い可能性もある。

自分がトライした時は、透明度も高く、視界が開けていたので、ボトムに到着したときには、海草が視界一面に繁殖している美しい光景に感動して、恐怖心に勝っていた。

ボトムに着くとすぐにガイドが餌の入ったボックスを開いて、ケージの外に放出する。最初に集まって来たのは、Horseshoe Letherjacket というハギ系の魚たち。そのほかにもアジ系の魚や、エイなども姿を見せる。

20161203-_B6A3008k.jpg
<ホースシュー・レザージャケットの群れ>

_B6A3302k.jpg
<マダラエイなど他の生物も見られる事も>

すでにサーフェースケージの餌やりで集まっていたホホジロザメたちは、ボトムケージの中から放出される餌の匂いを敏感に嗅ぎつけて、水面から、海底へと移動を始めていた。

_B6A3502k.jpg
<ケージの中の餌箱から、餌を取り出して、外に放出する>

そして、360度あるケージの周囲をグルグルと旋回し始めた。この近さは、サーフェースの非では無い。格子窓から手を伸ばせば触れるくらいの距離を旋回するホホジロザメの巨体は、かっこよくもあるけど、正直不気味でもある。

20161203-_B6A3079k.jpg
<少し暗くなっても、ケージダイビングする場合もある。完全にホホジロに見つめられている・・・?>

臆病な僕は、ケージが横倒しになっちゃった事とか、自分がケージの外に転げ落ちちゃった事とか、サメがケージに入って来ちゃった事とか、何か会った時の事を色々妄想しては、対処方法や、脱出方法を考えていたのだった。っていうかその前に、その錆びたタンクは大丈夫なのか?と心配になった。

20161205-_B6A5077k.jpg
<海草の海底を泳ぐホホジロザメ。ボトムケージダイブならではの光景>

とは言え、南オーストラリアのホホジロケージダイブの魅力は、このボトムケージにある。ホホジロケージで有名なのが、南アフリカのケープタウンとメキシコのグアダルーペ、それにここ南オーストラリアのポートリンカーン。その三ヶ所とも撮影に訪れた事のある海外の写真家たち数名に、「どこがおすすめ?」と聞いてみたところ、「南アフリカは透明度悪いことが多い、メキシコは透明度良くて、でかいのもいるけど、ブルーウォーターだけだから退屈になってくるんだ。その点オーストラリアは、海草や砂地の海底と一緒に撮影できるし、他の魚との絡みも撮影できるから、飽きないね。だから俺はオーストラリアが好きかな〜」というのが、だいたい皆同じ意見だった。

20161205-_B6A5145k.jpg
<アジとホホジロザメ>

最初は、サーフェースのブルーウォーターバックにホホジロも悪く無いと思うのだけど、やはり海底の環境と一緒にホホジロ撮影できるのは、撮影する側としては、確かに飽きなくていい。

今回、一度に目視できたホホジロザメは5匹、トータルでは20匹に及んだ。そして、ちょっとだけ、ケージの外に出ての撮影も許されて、撮影を行なった。

20161205-_1050369k.jpg
<最後に少しだけケージの外に出してもらった>

2017年12月南オーストラリアのポートリンカーンで、ボートをフルチャーターして、ホホジロザメケージクルーズを開催します。

日程1 
11月30日(木) 午後遅くに日本発(成田、または羽田など)
12月1日(金) ポートリンカーン着 午後遅く 港にて、船上泊
12月2日(土) 早朝出港 アシカスイム&ホホジロケージダイブ
12月3日(日) ホホジロケージダイブ
12月4日(月) ホホジロケージダイブ 港にて下船 ホテル泊
12月5日(火) 朝のフライトでポートリンカーン出発
12月6日(水) 早朝羽田着

日程2
12月6日(水) 午後遅くに日本発(成田、または羽田など)
12月7日(土) ポートリンカーン着 午後遅く 港にて、船上泊
12月8日(日) 早朝出港 アシカスイム&ホホジロケージダイブ
12月9日(月) ホホジロケージダイブ
12月10日(火) ホホジロケージダイブ 港にて下船 ホテル泊
12月11日(水) 朝のフライトでポートリンカーン出発
12月12日(木) 早朝羽田着

2週連続参加もオッケーです。

現地費用は約35万円
本来は、12人乗船可能なところを、ゲストは8人までしか募集しません。これは、ケージに一回に3人までしか入れない事を考慮し、12人だと4ローテーションしなければいけないところを3ローテーションで回転できるようにするためです。

含まれるのは、
ポートリンカーンの空港からクルーズ船まで、ホテルから空港までの送迎費用
下船後のホテル1泊分(2名1室)
クルーズ代(サーフェースケージ、ボトムケージダイブ6本)
アシカスイム

含まれないもの
国際線エア+諸税 、クルーへのチップ、乗船中のビール代(ソフトドリンクは無料)、乗船中でない時の食事代、アルコール代

ご興味のある方はお問い合わせください。

http://takaji-ochi.com/inquiry/index.html

Mon 30
南オーストラリアでのホホジロケージダイブクルーズ Part.1  サーフェースケージダイビング
2017.01.30

20161204-_B6A4939k.jpg

昨年12月頭に、南オーストラリアでのホホジロケージダイブクルーズに乗船して来た。

場所は南オーストラリア州の州都アデレードから飛行機で1時間ちょっとで到着する小さな港町、ポートリンカーン。15年ほど前に、ホホジロケージダイブの取材で2度ほど訪れたことがある。

_60A1653k.jpg

当時と比べて、空港は新しく綺麗になっていて、町も多少は開発が進んでいるが、ホホジロザメのクルーズが出ている場所という印象は町ではあまり見当たらない。しかし、町から少し離れたマリーナに向かうと、ホホジロザメケージダイブを行なっているオペレーターの広告が目立つようになってくる。

_60A1725k.jpg

PC020002k.jpg

一番驚いたのは、「シャークケージダイブ!」と謳われている広告の横に、「シーライオンスイム!」の宣伝が並んでいて、「観光客の皆さ〜ん、デイトリップでこの両方が楽しめるんだよ!」的な・・・・。ホホジロの出る海で、アシカスイムって、それってどうよ。さすが No worries mate! で何でも陽気に済ませてしまうオーストラリアの海の男たちって感じの適当さ加減に、看板を前に思わず一人、笑みをこぼした。半分は、「さすが、期待通りにやってくれるな!」って期待の笑いと、半分は「俺は、これに参加するのか?」って引きつり笑い。

_60A1737k.jpg

マリーナのホテルに一泊して、翌日の朝、ホホジロケージダイブクルーズを行なっている船に乗船した。この船をオペレートしているのは、RODNY FOX SHARK EXPEDITINSという会社 。

_60A1681k.jpg

このロドニー・フォックスと言う人、若かりし頃に、ホホジロザメに左脇腹を「ガブリ!」と噛まれちゃって、九死に一生を得た人物で、この世界では伝説のヒーロー的に有名。今はその息子のアンドリューがメインでケージダイブクルーズをオペレートしている。

_60A1865k.jpg

クルーズは、2泊3日。初日は朝ポートリンカーンを出港して、まずはホホジロザメの多く生息する海域に向かう途中にあるホプキンス島でアシカスイムを楽しむ(心底楽しめるかは疑問)。その後、ケージダイブを行うポイントに移動するのが普通のパターンらしいのだが、自分が乗船したクルーズではホプキンス島のアシカのいるビーチ側に風が吹き込んでいて、波があり透明度が落ちているという情報が、他の船から入っていた。ということで、アシカスイムはクルーズの最後に回して、先にホホジロケージダイブを行う、ネプチューン島を目指すことに。

20161205-_B6A5357k.jpg

ネプチューン島は、北島と南島に分かれていて、今回ケージダイブを行ったのは、北島エリア。到着した時には、すでにデイトリップの船が一隻ケージダイブをスタートしていて、ホホジロも姿を見せているとの情報。

_60A1773k.jpg

皆喜び勇んでウエットやドライスーツに着替えて、まずはサーフェースケージへチャレンジ。クルーがバックデッキに固定してあった大きなケージを海に落とすと、それは、船尾に固定されて、バックデッキから直接ケージに入れるように設置される。エアの確保は、船から繋がっているフーカーのオクトパス。なので、身につけるのは、スーツの他は、マスクと普段よりかなり重めのウエイトベルトのみ。着底して身体を安定させるためなので、普段の2倍以上の重さがあるため、ケージ入り口にしゃがみこんで、ベストタイプのウエイトを着るような感じで、クルーに着せてもらう。身体を固定するのだから、もちろんフィンは履かない。

_60A1842k.jpg

ウエイトベストを装着すると、フーカーのレギュレーターをくわえて、ケージの中へと身体を滑り込ませる。4人が一度にケージ内に入れることになってはいるが、大柄な欧米人が一緒だと、できれば3人くらいがいいなという感じの広さ。

デイトリップの船では、このサーフェースケージのみなのだが、クルーズでの場合は、これに加えて、ボトムケージダイブを行うこともできる。

周囲には、撒き餌や、魚肉と血をミンチ状にして、撹拌したおぞましいスープ状のものを、流し続ける。クルーは、魚のエラの部分をロープで結びつけたものを、何度も何ども繰り返し、海に放り投げている。

船上から観察していると、しばらくすると巨大な黒い影が、ケージの側に姿を現した。「サメだ!来たぞ!」それに気づいたクルーやゲストが、大声で叫び、僕はカメラを持ったままトップデッキから、海中をゆっくりと移動する姿を撮影するために、デッキの右から左へ、左から右へと忙しなく移動した。

黒い影は徐々に、ロープで縛られ、ケージの側に投げられた餌へと接近していく。それに食いつこうとした瞬間、ロープを持ったクルーがそのロープをケージ近くまで引き寄せた。つられてホホジロも、ケージの近くまで大きな口を開けたまま接近して来て、ケージに激突した。

20161204-_B6A4492k.jpg

「わ〜!!」と皆が歓声をあげる。自分は船上にいながら、「う、羨ましい!早くケージに入りたい!」とケージとサメの様子を伺いながらシャッターを切った。

いよいよ、自分の順番が回って来た。サーフェースケージは、前に経験したこともあるし、最近はノーケージのタイガーシャーククルーズも主催しているので、巨大なサメへの恐怖心はそれほど強くはなくなってるので、冷静に対応できていた。

しかし、問題だったのは、巨大なサメへの恐怖心とかではなくて、一緒に入ったゲストの巨大さだった。ある女性ゲスト、最初から「この人と一緒に入ったら狭そう。一緒に入るのは避けないと撮影できなさそう」と思っていたのに、タイミング悪く、しょっぱなに、その人と一緒にケージに入ることに。正直、一人で2.5人分はある。しかも、その女性が先に入ってしまい、ベストポジションをキープしている。「う、撮影するスペースがない・・・」。真正面の一番良いスペースは彼女がそこにいると、本来、3人で並べるスペースが一人で満席になってしまっていた。

_60A1902k.jpg

おまけに、自分のカメラには、アームとストロボも付いている。ケージだからと短めのアームを持って来ていたのだけど、それでも邪魔になる始末。おまけに、出発前に、動画撮影用に購入し、アームの途中に装着したTGトレッカーなんか、ケージの撮影窓の上の枠にぶつかって、ただの障害物にしかならない。

「し、しまった〜、欲張るんじゃなかった!」と瞬時に後悔し、すぐにトレッカーを外して、少しでも身動きしやすいようにした。

迫り来るホホジロザメへの恐怖よりも、巨大なゲストの背中と格闘し、カメラに余計なものを取り付けてしまってさらに身動きできなくしてしまった浅はかさに、イライラしながら、カメラをガンガンケージにぶつけながら、ホホジロの撮影を行なっていたのだった。

20161204-_B6A4461k.jpg

2017年12月南オーストラリアのポートリンカーンでホホジロザメケージクルーズを開催します。

日程1 
11月30日(木) 午後遅くに日本発(成田、または羽田など)
12月1日(金) ポートリンカーン着 午後遅く 港にて、船上泊
12月2日(土) 早朝出港 アシカスイム&ホホジロケージダイブ
12月3日(日) ホホジロケージダイブ
12月4日(月) ホホジロケージダイブ 港にて下船 ホテル泊
12月5日(火) 朝のフライトでポートリンカーン出発
12月6日(水) 早朝羽田着

日程2
12月6日(水) 午後遅くに日本発(成田、または羽田など)
12月7日(土) ポートリンカーン着 午後遅く 港にて、船上泊
12月8日(日) 早朝出港 アシカスイム&ホホジロケージダイブ
12月9日(月) ホホジロケージダイブ
12月10日(火) ホホジロケージダイブ 港にて下船 ホテル泊
12月11日(水) 朝のフライトでポートリンカーン出発
12月12日(木) 早朝羽田着

2週連続参加もオッケーです。

現地費用は約35万円

12名乗船可能なところ、募集人数は、8名のみ

含まれるのは、
ポートリンカーンの空港からクルーズ船まで、ホテルから空港までの送迎費用
下船後のホテル1泊分(2名1室)
クルーズ代(サーフェースケージ、ボトムケージダイブ6本)
アシカスイム

含まれまいもの
国際線エア+諸税

ご興味のある方はお問い合わせください。


Tue 03
Happy New Year 2017
2017.01.03

20161203-_B6A3063k.jpg

Thu 15
越智隆治スライドトークショー2016年開催レポート 初・ゲスト参加型!
2016.12.15

DSC_2492.jpg

今年も残すところあと15日。
みなさんは、どんな1年間を過ごされたのでしょうか。

毎年恒例となっている、INTO THE BLUE ・越智隆治スライドトークショーを今年も開催いたしました。
嬉しいことに、告知を出す前から満席になる年末のトークショーですが、2016年は12月10日、11日と2日間連続で開催することができ、総勢120名を超すゲストの方にお越し頂けました。

地方からこの日の為に上京してきてくれたり、足を骨折しながらも病院から駆けつけてきてくれたり、忙しい師走にとてもたくさんの方にご参加いただけ、本当に嬉しく、楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。


初・ゲストトークを開催!

毎年恒例のスライドトークショーではあるものの、マンネリ化してもいけないということで、今回は初の試みとなる「ゲストフォトトーク」を開催しました。
スペシャルトリップに参加してくれたゲストが、自身の撮った写真を映し出し、そのエピソードを語ってもらうというもの。

10日、一番手で登場したのは、間生孝さん。
司会の古菅正道さんから、「越智家の家計の10分の1を支えているのではと予想される方です!」と紹介されるほどのスペシャルトリップのリピーターで、2016年はバハマとトンガにそれぞれ2週間ずつ参加されました。

DSC_2495.jpg
(乾杯の音頭まで頼まれてくれた間生さん)

そんな間生さんの自信の作品は、こちらの2枚。

4X0A8235.jpg

DSC01200.jpg

"連写の間生"と言われるほどに連写での撮影スタイルを好む間生さんなのですが、実は最近使っているカメラが書き込みが遅くて連写が思うようにできないので買い替えたというエピソードと共に、「この写真はそんな中でも、ベストシャッターチャンスを逃したあとに撮れた奇跡の写真なんです。満足はしているんですけど、でも水面に・・・・あ・・・・」と言葉を詰まらせると、すかさず、

「あ、うちの息子が邪魔ってことですね(笑)」と越智さん。

DSC01200 - コピーに合成.jpg

「内股なので、すぐにわかりました」と合成写真を用意するも、「でも、ちゃんと余計な人や物が入らないように動いて撮影してくださいね、こんな風に」と、自分の自信作を上映。

スクリーンショット 2016-12-15 05.28.59.png

「ゲストに写真のエピソードを語ってもらうコーナー」のはずが、いつの間にか「越智隆治の負けず嫌いトークコーナー」に早変わり。
それでも会場は爆笑の渦。

DSC_2574.jpg

DSC_2494.jpg

ゲストトーク2人目は、トンガのハードリピーターである木村秀史さんが登場。

越智さん1.jpg

「いつもは越智さんのお尻とクジラの写真ばかりでしたが、ほら!これは、子クジラの向う側にこちらを向いている越智さんが写っているんですよ!なので気に入っています!」
と、出だしからもはや負けず嫌い大会の延長線。

DSC_2583.jpg
(ほら!と指をさす木村さん)

そんな木村さんに、「それは僕(越智)よりも早く泳げたってことですか?」
あなたたち・・・小学生ですか(笑)

大物生物好きの木村さん、ほかにもバショウカジキの写真や、ジンベエザメとの自分撮りの写真も披露。

越智さん2.jpg

越智さん3.jpg

お~~!と歓声が上がる中、「ジンベエザメとの自分撮りはこうやってとりましょうね~」とマイペースな越智カメラマン。

スクリーンショット 2016-12-15 05.29.14.png

「も~~どんだけ負けず嫌いなんですかーー!」と叫ぶ木村さんに、
「だって、プロだもん」。

DSC_2536.jpg

(笑)

翌日、11日のゲストトークにも3人のゲストが参加してくれました。
2日連続でトークショーに参加してくれたゲストに、「今日は負けず嫌いトークはしないんですか?」と聞かれると、「今日は自分より凄い写真撮影してる人もいるのでしません」ときっぱり。

そう、2日目は、ナショナルジオグラフィックで受賞した、こちらもスペシャルトリップハードリピーターの吉川由布子さんもゲストトークに参加。
「あれより近くで捕食する瞬間のバショウカジキの写真は見たことないからね」と越智さんも言うだけあり大迫力です。

The Rule2.jpg
(ナショナルジオグラフィックで受賞したバショウカジキの写真)


2010年に「地球の海フォトコンテスト」で、トンガの写真でグランプリを獲得したことのあるトンガハードリピーターの小黒恵二さん。今年のトンガでのクジラたちとの大接近遭遇をした時の写真を紹介してくれました。タイトルは「あの日、僕らは地球上で誰よりもクジラのそばにいた」。

スクリーンショット 2016-12-15 05.35.46.png

最後は、2日間ゲストトークに参加してくれた古菅さん。
知る人ぞ知る名司会者だけあって、トーク術が豊富です。

006 D80_3248.jpg

「トンガに行けば誰でも凄いクジラの写真は撮れます!誰でも近寄れます!とりあえず、クジラが写ってたらすげーー!って言ってもらえます!
しかも、せっかくのシャッターチャンスなのにクジラが近すぎて、一眼レフカメラを持っている人でさえ、時には逃げます!そのくらい凄い海です!」と軽快にトークは弾み、最終的には、「写真が苦手な人ほどトンガに行こうー!」と、スペシャルトリップの宣伝みたいになっていました(さすがですね・笑)


急遽、いろんな方にトークをしてもらうトークショーに変更

お酒も進み、笑いすぎてほっぺたが痛くなってきたころ、スライドに登場する地域に関係する人にも話をしてもらおうと急遽思いついたらしく、参加してくれていた、セブ島のブルーコーラルの下釜宏さんや、元ニューカレドニア・ダイビングショップアリゼの小川理志さんにマイクを振りだします。

_1640943 - コピー.JPG
(ブルーコーラル下釜宏さん)

_1640964 - コピー.JPG
(元アリゼ小川理志さんと話をする)

現地で活躍する人に話をしてもらうと、また違った視点の話が聞けて楽しいですね。
急遽お話いただきましたみなさま、ありがとうございました。

トークショーの最後は、お楽しみプレゼントタイム!
いつもはじゃんけんで決めていたのですが、じゃんけんは勝てないという声もあり、今回は簡単なゲームをしてみました。

DSC_2679.jpg
(結局じゃんけんで決めたものも・・・笑)

「いままで何度もトークショーに参加してるけど、じゃんけんでは勝てないので、初めてのパネルゲットです!嬉しい!」と参加者の女性。

DSC_2639.jpg

反対に、実は毎回当たっていますという強者の男性もいたりしましたが、ホホジロザメのダイビングクルーズのお土産をはじめ、トンガのネックレス、写真パネルなど、今年もいろんな方にたくさんのプレゼントが手渡されました。

DSC_2645.jpg

DSC_2652.jpg

DSC_2658.jpg

DSC_2663.jpg

DSC_2672.jpg

DSC_2708.jpg

_1640968 - コピー.JPG

_1640970 - コピー.JPG
(月刊ダイバー編集長の坂部さんにもご参加いただきました)

_1640971 - コピー.JPG
(ブルーコーラル下釜宏さんからは、よく切れるハンマーヘッドシャークナイフの景品をいただきました)

_1640980 - コピー.JPG

今年もたくさんの出逢いに恵まれた年でした。
素敵な時間を共に過ごしていただき、本当にありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
<スタッフ一同>


<越智隆治よりコメント>

DSC_2492.jpg

2日間連続、毎年恒例となったスライドトークショーに多くの方にご参加いただき、感謝しています。
2016年は、写真展を開催したこともあり、スライドトークショーは何度もやっていたのと、取材スケジュールがハードだったこともあり、年末のトークショーを開催するのをどうしようかなと思い悩んだりもしました。
でも、こうして無事開催できて、多くの方に参加していただき、楽しんでもらえた(かな?)ので、結果的には良かったかなと思っています。

DSC_2545.jpg

1日目は、スペシャルトリップのリピーターやトークショーの常連の方が多く、いつものようにリラックスして、とっても楽しく過ごせました。
2日目はそんな方たちが、お友達を誘ってくれて、新たに自分のスライドショーを見にきてくださった方も多かった日で、出だしは、自分も少し緊張していましたが、司会の古菅さんのフォロー(さすがです)と皆さんの暖かさと、酒の力に後押しされて、楽しいひと時を共有させていただきました。

DSC_2546.jpg

DSC_2609.jpg

写真を鑑賞する楽しさ、撮影する楽しさ、生き物たちと交流する楽しさ、一緒に海に出かけ、その時間を共有した仲間たちとの楽しい物語を、このスライドショーに参加した皆さんとも少しでも共有できたら良いかなという思いから、スライドを作成しました。
何よりも伝えたいことは、現地に行って、海の生き物や自然を愛することを実感して欲しいということです。
あまり、強いメーッセージを伝えることは苦手なのですが、今ある自然を守っていけるからこそ、自分の撮影した写真を笑顔で見ていただけているのだと思っています。

また来年も沢山の海に行き、生き物たち、その海で生きるガイドの人たち、そして一緒に海にいる時間を共有した仲間たちとの物語を皆さんにお伝えできればいいなと思っています。
また来年も是非、楽しい時間を共有させてください。
お越しいただいた皆さん、ゲストフォトにご協力いただいたリピーターの方々、本当にありがとうございました。

来年も名古屋と大阪で写真展を開催しますので、ぜひ、足を運んでくださいね。また、スペシャルトリップにもぜひ、参加してください!

良いお年を、そして来年もよろしくお願いいたします。

DSC_2718.jpg
(2016.12.10)

_1640995a.jpg
(2016.12.11)

Tue 29
第4回 Anilao Underwayter Shootoutに審査員として参加して来ました
2016.11.29

029A3502k.jpg

フィリピンのアニラオは、"マニラの伊豆"と日本人ダイバーに表現されることもある。マニラから車で2時間ちょっとあれば潜りに行けるダイビングディスティネーションだ。

今回、ここでフィリピン政府観光省が主催して毎年11月末に開催されている、アニラオ水中フォトコンテスト(4th Anilao Underwater Shootout)の審査員として招待された。フォトコンは、今年で4回目を迎える。毎年4〜6人の水中写真家を世界中から審査員として招待していて、日本からも、第一回目に中村宏治さん、三回目に吉野雄輔さんが審査員として、招待された。

15195883_602978613223317_1382316145695437023_o.jpg

自分は正直なところ、この"マニラの伊豆"、アニラオという海には一度も潜りに来たことがない。それどころか「アニラオ」という海がどんな海なのかすらほとんど知らなかった。

今年、審査員として参加しているのは、香港在住の水中写真家Stephen Wong氏、それに奥さんで同じく水中写真家のTakako Unoさん、コタキナバル在住の、Jason Isley氏、フランス水中写真家のGreg Lecoeur氏、地元フィリピン人水中写真家のScott Gutsy Tuason氏。

_1540313.jpg
<4th Anilao Underwater Shootoutの審査員。向かって右から、Greg Lecoeur氏、Jason Isley氏、Takako Unoさん、Stephen Wong氏、越智隆治、Scott Gutsy Tuason氏>


毎年違う写真家を招待し、「フォトコン期間中は審査とは関係無く、好きに潜ってアニラオを楽しんでいてくれれば良いし、部屋も広いし、他の審査員も友達や家族を連れて来てる人もいるから、家族を一緒に連れて来てもいいよ」という、かなり緩い感じの依頼だったので、「じゃあ、審査員として参加してもいいですよ」と返事をした。

で、家族に話してみたら、次男の颯友が行きたいというので一緒に連れていくことにした。長男は、中学の試験があるから、妻と日本でお留守番。

しかし、実際に来てみて初めて知ったのだけど、このフォトコンテスト、ワイド写真はカテゴリーになくて、被写体は、基本的にマクロのみ。それぞれ、コンデジ部門と一眼レフ部門1・Macro(マクロ)、2・Nudibranch(ウミウシ)、3・Marine Behavior(マクロの生態) 4・Portrait(魚のポートレイト) 5・Creative (マクロ・クリエイティブ)6portfolio(4点のマクロ写真のポートフォリオ)など、のカテゴリー。今年は、11月23日にスタートして、28日の審査発表までの期間でフォトコンに登録したダイバーであれば、プロの水中写真家を除いた、現地ガイドも含めた誰でもが参加可能。

029A2513a.jpg
<珍しい、紫色のボロカサゴは2個体もいた>

とは言っても、「プロの写真家」ってどう区別してるの?資格があるわけでもないのに?と思ったのだけど、「少なくとも、審査員として招待された人は参加できない」とのこと。それ以前に、マクロの水中フォトコンなのに、なんで自分が招待されたんだろう?という疑問も。

開催前日に、潜水游世界China Scuba Diving BDMという中国メディアからのインタビューも受けたのだけど、その時には、マクロオンリーだとは知らなくて、インタビュアーの質問に対して、かなりワイド系な回答をしてしまっていた。

_1530351k.jpg
<フォトコン参加のためアカシアリゾートに登録しに来たダイバーたち>

今年は、世界17カ国、約150人が参加。総作品数は500カット以上。審査員が滞在したアカシア・リゾート・アンド・ダイブセンター(ACASIA Resort and Dive Center)を本会場として、 このエリアに50以上あるリゾートのうち、20近くが参加。参加者の多くは、アジア各国のみならず、ヨーロッパからの参加者も。日本からは、地元ダイビングリゾート、アニラオ・ヴィラ・マグダレナ・ダイブリゾート(Anilao Villa Magdalena Dive Resort)のオーナー大沢義生さんと、そこに滞在していた4人のゲストの計5人が参加。

_1530451k.jpg
<ウエルカムカクテルパーティーに参加したチームジャパン(?)>

日本からも近いし、近年ではLCCのおかげでかなり格安に来れるアニラオでのフォトコン、日本でも、ちゃんと宣伝すれば、フォト派のダイバーがもっと集まりそうな気もするんだけど。と初日のウエルカム・カクテルパーティーで大澤さんと知り合い、そんな話をした。

_1540147.jpg
<真剣な眼差しで、写真を見てジャッジする審査員>

28日の最終日には、6人の審査員が朝10時30から午後6時までの7時間半かけて、各賞を決定。以下にそれぞれの1位を紹介する。見ていただければわかると思うのだけど、黒抜きの作品が圧倒的に多い。日本では、明るめ、ふんわり系がちょっとしたブームな気がするけど、世界的なダイバーの趣向としては、こんな感じだ。決して審査員の好みで黒抜きだけになったわけでなく、出展作品のほぼ9割以上が、こんなイメージだった。

一番気になったのは、カテゴリー別に写真をエントリーするため、「この写真は、生態じゃなくて、ポートレートにエントリーしたら、トップ取っていたかもしれないのに、という感じのカテゴリー選択ミス?が何点かあったこと。4点の写真で構成するポートフォリオ部門は、4点のバランスやバリエーションが重視された。

15194547_602978763223302_6760367029275337636_o.jpg

15167556_602978863223292_1009114027847821955_o.jpg

15168679_602979256556586_7820059913889025786_o.jpg

15167556_602980116556500_6799395536206425383_o.jpg

15168656_602980513223127_1549515427124751037_o.jpg

15259770_602980353223143_647190580663367429_o.jpg

15194574_602980779889767_868190466346859744_o.jpg

15157021_602980786556433_630214538665999816_o.jpg

15272018_602981003223078_3359940917316190006_o.jpg

そして、今年は、前出のアニラオ・ヴィラ・マグダレナ・ダイブリゾートの大沢さんが、コンパクトデジカメのウミウシとポートフォリオの2部門で1位を獲得!実はフォトコン期間中、同伴した次男のJrオープンウォーター講習をしてくれることになり、ほとんど潜る時間の無かった中での受賞だったので、こちらとしても嬉しい受賞だった。

15195873_602979036556608_7228233164336644069_o.jpg

15250922_602979449889900_3740617485850802190_o.jpg

2部門受賞した大沢さんは、「アニラオで受け入れ側の私がゲストの皆さんを差し置いて一位をとってはいけない(とれると思っていませんでしたし)なぁと恐縮しています。来年は皆さんがいい写真がとれるようによりサポート側に回りたいと思っています」との日本人らしい謙虚なコメント。

FullSizeRender.jpg

「もしかして、知ってて何かしてくれたんですか?」と大沢さんに冗談を言われたのだけど、審査員は、完全に写真だけしか見せられずにジャッジするので、どの写真が誰のもので、誰が受賞者なのかは、パーティーでの発表までは、全くわからなシステムになっているから、今回のように同じ人が何部門でも受賞することもあり得る。ちなみに、フォトコン開催期間中も、審査員は参加者と同じ船に乗ることは認められず、いつも審査員だけで一緒に潜っていた。

_1540176.JPG

_1540201.JPG

_1540282.JPG
<フォトコン参加者のガイドを務めたローカルガイドたちも紹介された>

各賞受賞のパーティーには、かなりの参加者や関係者が参加し、リゾートのプールサイドに設置された特別会場は、超満員。地元の学生たちのショーや歌、主催のDOT関係者や、メインスポンサーのフィリピン航空関係者のスピーチなどの後に、各賞の受賞作品と受賞者を発表。

_1540355.jpg

_1540414.JPG

5日間という短期間の間に、それぞれのカテゴリーの写真を撮影しなければいけないわけで、なかなか納得のいく写真が出せないこともあるかもしれないけど、こういう形のフォトコンが日本でもできれば、面白いのにと感じた。

来年もこの時期に開催される予定なので、オーシャナでツアーを組んで、さらに多くの日本人の受賞者を出せればいいなと思ったりしながら、帰国の途に着いた。

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.10.09
越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください

2017年12月23日(土)、東京の渋谷で、毎年恒例となりました越智隆治スライドトークショーを開催いたします。 <昨年六本木で開催したスライドトークショーの様子> おかげさまで、毎年満員御礼(若干オーバーなためいつも狭くてすみません)のトークショー。今年は、大きな3面スクリーンのある会場で、1年間の撮影の様子をご報告します。 迫力のあるクジラから、癒しの海まで、海に包まれているような気持になれると思います。 食事スタイルは、半立食のブッフェ形式。 席が決まっていないので、いろんな方をお話しできるかと思います。 またせっかく海が大好きな人たちが集まりますので、「なにか青いもの」をご持参ください。洋服でも、靴でも、鞄でも小物でも、なんでも構いません。もしかしたら、いいことがあるかもしれません。 会の終盤には、お楽しみのプレゼントじゃんけんも開催予定です。 今年はどんなプレゼントか、お楽しみに。 満席になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご参加ご希望の方は、お早めにお申込ください。 皆さまのご参加、心よりお待ちしております! ■越智隆治スライドトークショー2017 ○日にち:2017年12月23日(土) ○会場:イベントスペース DAIA 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1 https://goo.gl/maps/Naoahs1V9PJ2 ○時間 17:00 受付開始 17:20 スタート 19:40 終了 20:00 完全退出 ※二次会の開催は予定していません ○参加費 7,000円 ※事前のお振込みをお願いしております ○お申込・お問い合わせ ochi@oceana.ne.jp 以下をご記入の上、ご連絡ください。 「件名:越智隆治スライドトークショー2017参加希望」 *お名前: *参加人数: *当日に連絡のつくお電話番号: ※担当者より詳細のご案内をさせていただきます

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com