PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Tue 07
セブロケ初日、悪天候に地震
2012.02.07

BLUE CORAL さんで、3回目となるWEB-LUEロケ、初日は、空全体を雲が覆う曇天。時折雨も降ってきて、撮影の気合いを削がれるコンディション。まあ、"気合いを削がれる"と言っても、元々撮影に気合いを入れるタイプでは無いのだけど。

ということで、この日は到着前夜に打ち合わせした通りに、BLUE CORAL さんと旅行会社のSTワールドさんが企画している、"女子旅"という旅企画の撮影。ダイビングにショッピングやスパがセットになった、女性だけに提供される旅パックなのだそうだ。

天候に左右されないSMモールという巨大モールでの撮影。なので、曇天でも関係無し。・・・なのだけど、基本モール内での撮影は禁止なので、あくまでゲリラ戦(笑)。記念写真を撮ってるフリをして撮影なんだけど、その"記念写真を撮影するカメラ"が、当然、記念写真撮ってる系のコンパクトデジカメでは無いので、どこに行っても店員さんに不穏な目で見られる。

新聞報道時代には、そんな目で見られても、とにかくつまみ出されるまで平気で撮影していた僕も、最近では海の中での撮影が多いので、"そんな目で見られる"事に、慣れていなくなってきてるので、ちょっとドキドキしながらの撮影。もちろん、フラッシュも使えない。

不機嫌な顔で側に立つ店員さんが写り込まないように、スタッフのアンナちゃんに、店員さんの前に立ちはだかってもらって、笑顔を作ってもらう。「不機嫌な顔写らないように、そこに立って」とか日本語で言っててもわからないからいいけど、言葉わかっちゃたら、「いい加減にして下さい!」とか言われそう。

_MG_9887.jpg

そんな撮影をしている時に、突然上の階から、群衆がわやわや言いながら、階下に降りていき、出口を目指す。それが何で起こっているのか、良く理解できないまま、撮影に同行していた、フィリピン人スタッフの女性に促され、群衆と一緒にモールの外へ。そこには、モールの屋上を見上げる群衆が。

_MG_9973.JPG

まだ、何が起こっているのか、さっぱり把握できず、女性スタッフに再度警備員に確認を取ってもらうと、どうやら「地震」があったらしい。しかし、まったく振動は感じていなかった。

しばらくして、また皆がモールに戻り始めたので、僕らも戻って、食事をして次のモールへ移動する予定だったが、レストランに入って座っているときに、また地震。しかし、身体に感じたのは、せいぜい震度2程度のものだった。

それでも、モール内にアナウンスが入り、モールの外への非難指示が出され、一時的にモールがクローズされる騒ぎに。そのまま、もう一つのモールへ向かうがそちらもクローズ。セブシティの街には、大きなビルから閉め出された群衆がちらほら。

その頃から震源地などの情報が入り、ネグロス島東側とセブ島西側の間の海溝が震源地ではとか、マグニチュード6.9だとか、ガレキの下敷きになって、死者も出てるとか徐々に情報が入り始めた。しかし、セブ島東側のセブシティでは、それほどの揺れは感じなかった。

モールの撮影ができなくなったので、ホテルに引き返し、かき氷と紅芋アイスで作られるフィリピンのデザート、ハロハロをプールサイドで食べてるところの撮影をすることにした。それしか撮影できるものも無かったから。

_MG_0055.jpg

しかし、プールサイドで撮影するにしては、相変わらずの曇天で、時折雨もちらほら。しょうがないので、ちょっとカラーバランスをいじって撮影を行なった。

_MG_00721.jpg

これで、初日に撮影できるものは無くなって、終了。2日目はスパの撮影と、午後様子を見てダイビング取材を行なう予定だけど。。。。

セブ西岸のモアルボアルでは、地震後、津波も発生し、ダイビングボートに被害が出たり、人々が高台に非難したりしていたそうだ。その後も余震が何回か続いている様子。

Thu 05
Sankei photoにマナティー、Asahi.comにペリリューの記事をアップ
2012.01.05

Sankei photoにコラム記事「マナティ撮影での、ちょっと迷惑な話」をアップしました。

20111228-manati-main.jpg

Asahi.comにコラム記事「ハードリピーターダイバーの集う、ペリリュー島」をアップしました。

TKY201112280285.JPG


Sun 01
新年明けましておめでとうございます。
2012.01.01

_MG_7780.jpg

2012年もよろしくお願いいたします。

Tue 27
メキシコ出発前に届いたもの
2011.12.27

P1020033.jpg

メキシコのバショウカジキ撮影前に、届いたのが、SEA &SEA の新製品、VF180 1.2x

45度も試したけど、素潜りで咄嗟の構図変更には、難有りだったので、次回はストレートビューファインダーでトライしてみようと思っている。

前回、構図がいまいちだったのは、バショウカジキの激しい動きに翻弄されて、十分に構図を決め切れていなかった。このストレートビューファインダーでどれだけ鮮明に構図を捉えることができるか、試してみたい。

_MG_0507-thumb-500x333-1659.jpg

本当は、マクロでも使用したいのだけど、今回マクロ撮影が無いので、まずは、ワイド、しかも素潜り撮影からスタートだ。

Tue 20
朝日新聞のAsahi.comに、パラオの記事を掲載しました
2011.12.20

朝日新聞のAsahi.comに、パラオの旅行記事を掲載しました。

世界随一のダイバースパラダイス・パラオVol.2

「ノンダイバーや体験ダイビングでも楽しめるパラオ、ロックアイランドの魅力」

view_photo.jpeg

ENTRY

ENTRY

  • 越智隆治
    お久しぶりです、メールにてご返信させていただき...
  • 阿部一子
    越智さん、こんにちは 福岡でご一緒した阿部です...
  • 尾高大樹
    はじめまして、スリランカのホエールスイムに興味...
  • 高橋
    はじめまして。 きれいな写真ばかりで感動しまし...
  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...

ENTRY

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com