PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Mon 17
福井県、鯖江市での講演会終了しました
2011.10.17

DSC_0019.JPG

今月15日、福井県の鯖江市で行なった講演会も無事終了した。元々、地元の青年会議所が企画する"石川県能登島のイルカたちと泳ぐ"というイベントに参加した、地元の子供たちとご父兄に対してのトークショーだったので、特に直前まで告知していなかったのだけど、当日には、関係者以外の何人かの方も話を聞きに来てくれた。

普段は、海に詳しいダイバーの人中心にお話するからいいのだけど、今回の参加者はほとんどダイバーとは無関係の人たちばかりだったので、そのことを考慮して内容を考えました。

テーマは「命の尊さ」と「センス・オブ・ワンダー」(自然の中で発見した不思議さに目を見張る感性)の二つのテーマを柱にして、2部構成でお話をさせて頂きました。

DSC_0021.JPG

どうも普段、お酒飲んでやる、おちゃらけた笑い中心のトークショーばかりに慣れていたので、聞き入る子供たちが、本当に興味を持っているのか、どうなのか、心配ではあったけど、後から会議所の方とかが、「皆本当に真剣に写真を見入っていましたよ」とか、「流したスライドショーは販売しないんですか?」とご父兄の方に聞かれたり、沢山の写真集をご購入頂いたりしたので、きっとそれなりに、話を楽しんでくれたのではないかと思っています。ありがとうございました。

DSC_0090.JPG

それにしても、まだ風邪からの回復は本調子ではないけど、何とか鯖江まで行くことができて、これで一安心。

しかし、明日からは、パラオロケに出発です。

越智

Mon 10
10月15日、福井県鯖江市で講演会
2011.10.10

20110902 育成10月講演会 チラシグレー ver5のコピー.jpg

ちょっと急な告知ですが、2011年10月15日(土曜日)、福井県の鯖江市、文化の館で講演会をします。

開場時間は18:30〜で、開演は19:00〜。入場は無料です。

お問い合わせ先
社団法人鯖江青年会議所 気づきの種まき委員会
〒916-0024 鯖江市長泉寺町1−9−20
鯖江市民活動交流センター内
TEL 0778-51-1978 FAX 0778-51-7469
ホームページ :http://www.sabae-jc.jp/

すみません、申込秘め切り10月5日でしたが、自分が告知していなかったので、もしお近くに済んでいて、ご興味のある方は、担当者の窪田さんまでご連絡下さい。
y_kubota@kb4.so-net.ne.jp

テーマは「命の輝き」です。

まだ未定ですが、翌日16日には、能登島に定住しているミナミハンドウイルカのファミリーを観に行きたいと思っています。

Mon 12
2011年発売の写真集「Whales! 」と「海からの手紙」そして3冊目
2011.09.12

2011年4月に二見書房より出版して頂いた、写真集「Whales ! クジラ!大写真集」と8月に青菁社より出版して頂いた、「海からの手紙ー Message from the Sea」、発売中です。今現在は、今年3冊目になる予定の写真集作成に取りかかっています。

kujira_cover-thumb-450x323-1105_450x323.jpg

表紙-thumb-450x414-1465.jpg

でも、忙しいから、来年になってしまうかも。。。

Sun 28
銀座リコーRING CUBEでの「海獣たちとにらめっこ」展9月4日までです。
2011.08.28

DSC_0434-thumb-450x297-1437_450x297.jpg

8月3日から始まった、銀座リコーRING CUBE 写真展「海獣たちとにらめっこ」展も残りわずかになりました。5週間もあっと言う間ですね。

期間中にも、写真展の事を多くのメディアに取り上げてもらいました。

AsahiShimbun20110823.jpg

IMG_0782.jpg

残りわずかなのですが、お時間のあるときに、是非写真展会場に足を運んで下さい。
よろしくお願いいたします。


Sun 07
ジンベエザメ300匹は嘘じゃない!
2011.08.07

_MG_51891.jpg

メキシコのイスラムヘーレスに移動して、翌日早朝、チャーターしたボートに乗船して、ジンベエザメがいると思われる海域へ向かった。

ハリケーンが発生していると聞いていたが、北に逸れたために、逆に無風でべた凪の最高のコンディション。グレッグ、カレン、ジョン・ジョン、洋平君、そして僕の5人で海に出る。僕の家族は今日はホテルのプールで過ごすことに。

ボートのキャプテンも「今日は最高!」というくらいのコンディションだ。

ここでのホエールスイムツアーは、今では超有名。スノーケルで見るのだけど、ルールが厳しい。1回に入水できるのはガイドと2人まで。時間的には、9時くらいから11時くらいまでと、デイトリップのボートだと、人数も時間も制限がありすぎて、"撮影"となると、満足の行くだけ入っていられるかわからない。特にピークシーズンは尚更だ。

バショウカジキにしても、ジンベエザメにしても、ゆっくり時間をかけて撮影したければ、やはりそれなりの経験とスキルのある船とスキッパーをチャーターする必要がある。

今回チャーターした船も、他の船の大半が遅い時間に、他の船(僕らがチャーターした船)が先に見つけたジンベエザメの群れのところにやってきて、時間内に乗船しているゲストに見せて引き上げていくだけだから、撮影する方としては当然納得がいかない。もちろん、自分の息子たちに見せる程度であれば、それで十分だと思うけど。

だから、デイトリップのゲストは他の観光の合間に"ついでに、ホエールスイムに参加した"程度見れれば満足な人が多い。

そういうわけで、僕らは、バショウカジキにしても、ジンベエザメにしても、お金はデイトリップよりかかったとしても、この船を選んだ。理由は、どの船より早く、そしてどの船よりも最後までジンベエのいる"現場"にいてくれる。その他にもいろいろ理由があるのだけど。

とにかく、最初にこの群れに遭遇したときは、高笑いしてしまった。

「なんだ〜この数は〜!」あっちにも、こっちにも、そしてここにも、あそこにも、とにかくジンベエの背びれと尾びれが水面に飛び出してウロウロしてるのだ。その最初のインパクトは、相当なものだった。

_MG_48591.jpg

「一昨日は、50匹~70匹くらいだったかな。え〜そんだけか〜って感じだったね。昨日はまあまあ良かったよ。でも、今日が最高だよ。見てみな、見渡す限りジンベエザメだよ!300は下らないと思うよ」。確かに僕らがこのポイントに着いてから2時間もすると、次から次へと船の数も増えてきた。数えただけで、60隻は確認できた。

あまりにジンベエザメが多過ぎて、しばらく撮影をした後、初日から「ジンベエ撮影って、退屈だな〜。バショウカジキみたいに、アドレナリンでないな〜」なんて洋平君と水面で会話しながら、浮遊してたりした。目の前にジンベエが通過しても見過ごすことも多くなってきた。

_MG_49211.jpg

_MG_48681.jpg

ある程度撮影すると、気持ちにも相当余裕が出てきて、スピードの遅いジンベエザメとの自分撮りまでできるようになる。

_MG_50571.jpg

とにかく、この海は、バショウカジキといい、ジンベエザメといい、何でこんなに集まってくるのだろうか。来年もバハマ4週目の後に、少しだけ寄ってみようかと考えている。

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.08.04
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

御蔵島。今シーズン最後の追加日程のご連絡です。新たに3日程を追加しました。 今満席のところも、空席が出たら、ご報告します。どこかで、僕も参加するかもしれません。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 終了 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 終了 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 終了 ■8月25日(金)〜8月27日(日):満席 ■9月1日 (金)〜9月3日(日):満席 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):満席 ■10月20日(金) 〜10月22日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 ■11月3日(金)〜11月5日(日):新スケジュール ■11月10日(金)〜11月12日(日):新スケジュール 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com