PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Fri 27
Asahi.com内でもダイビング旅コラムの連載を開始しました。
2011.05.27

「ダイビング旅日記etc」を朝日新聞のウエブサイト、Asahi.comのTRAVEL内にて連載開始。第一回目は、「迫力満点のトンガ、ホエールスイミング」

スクリーンショット(2011-05-27 7.02.40).png

同じサイト内で、フォトギャラリーも併設。

今後は、1ヶ月に2回〜3回、コラムをアップしていく予定です。スケジュールとしては、毎回、隔週の木曜日アップの予定。

MSNの産経新聞 MSN SHANKEI PHOTO内の「こだわり写真館」のコラムとは違い、旅の行程をメインにしていく事になると思います。

是非、ご覧下さい。

Fri 27
岩手で潜る。最終日、「一歩ずつ前へ!」
2011.05.27

_MG_168411.jpg

3日目、岩手での海中ガレ撤去作業は、今まで潜っていた綾里(りょうり)地区エリアの隣になる、越喜来(おきらい)地区の浜崎漁港に潜った。くまちゃんがダイブサイトとして良く利用するビーチポイントがある地区。そのビーチポイント周辺には、民家などは無いものの津波が押し寄せて、崖が崩れ落ち、何本もの木々が倒壊して海岸に横たわっていた。

_MG_1758-1.jpg

くまちゃんとしては、早く自分の仕事場でもあるポイントでも、撤去作業をしていきたいところだろうけど、まだまったく手つかずの状態だ。まずは、漁協との友好関係を維持するために、漁師の人たちの生活の中心となる、漁港のガレ撤去作業を優先しなければならない。

日本でファンダイビングをする場所を開拓するためには、その地の漁協、漁師さんたちとの友好関係、信頼関係無くしては、あり得ないのが、今の日本のダイビングの現状。「海は漁師のもの」という意識がこれほど強い国も珍しいのではないかと思う。

宮城の南三陸町で人気のダイビングサービス、グラントスカルピンの佐藤長明さんが、人気のダイビングスポットを開拓してきた経緯にも、地元漁師の人たちとの長い時間をかけて築き上げてきた信頼関係があったからこそだ。その関係を築くのに、7年の歳月を要したとも聞いた。

ただ単純に、「ここ、良さそうだから、今日からダイブサイトとして利用しちゃおう」とはいかないのだ。

くまちゃんの海中清掃ボランティアも、最終的には自分が潜れるポイントを取り戻すために行っている活動ではあるかもしれないけど、そのために無償でこれだけの撤去作業を長い期間をかけて自ら買って出るという事は、並大抵の人間ではできるものでは無い。自分の地元の海を愛する思い、漁師の人たちに、心の底から何かの役に立ちたい。その思いが彼を突き動かしている。

すでに、3日目となり、モルジブのガイド、カオリータも、初日の不安そうな動きとは打って変わって、陸上から漁師の人が投げ込むロープを受け取り、テキパキともやい結びでガレに結びつけては、引き上げてもらう作業を続けた。ロープを結びつけた後、ガレに乗っかっていたウニを、一緒に引き上げられてしまわないように、指示棒でそっと払いのけてあげていた。プロの職業ダイバーには無いであろう、海の生き物に対する繊細な優しさを垣間見た瞬間だった。

_MG_1604-1.jpg

どうやら、今回作業をしていたエリアには、湾の近くにあった民家が流されてきていたようで、海底には、沢山の屋根瓦が散在し、テレビや扇風機などの家庭用の電化製品や食器類なども多く見つかった。

_MG_1646.jpg

その中で、小学校入学の記念写真とおぼしき写真の入った額を見つけた。かわいらしい女の子の写真。カオリータと顔を見合わせ、撮影をしてから引き上げた。どうか、この子が無事生きていてくれと願わずにはいられなかった。

_MG_1619-1.JPG

自分にとって、最後の夜。綾里の漁協の窓口、ボランティアの拠点にもなっている、亘理さんの漁具置き場(今は亘理さんの仮設住宅)での最後の晩餐。普段あまり飲まないと聞いていたお父さんがビールを飲み始めた。津波のときに、息子さんと一緒に船を沖に走らせて、生還することができた魚船の進水式のときのDVDを見せてくれた。お祝いにもらったという大量の大漁旗が、支援物資で届いたテレビ画面いっぱいに広がった。

_MG_181234-1.jpg

この旗も、津波で家ごとほとんど流されてしまったのだそうだ。その話で盛り上がっていたら、2階から、お母さんが手元に残っていた旗を持って降りてきた。

_MG_1809-1.JPG

「これ、残った船で沢山大漁旗あげて、俺たちは大丈夫だぞ!頑張るぞ!」ってアピールするのってどうですかね」と訪ねてみた。

しかし、綾里地区で、500以上はあった船のうち、まともに使える船は50隻も無くて、亘理さんにしても、多くの親戚縁者が今回の津波で亡くなり、周囲の事を考えると、今はそんな事できる心境では無いとお母さんに言われた。

返す言葉が無かった。

帰り際、お父さんに「今度は家族を連れて来いよ」と言われた。自分にとって、その言葉は最高の見送りの言葉だ。

「はい、また、必ず来ます」と、お父さん、お母さんと握手をした別れ際、不覚にも涙があふれて来そうになった。暗がりだったから、誰にも気づかれずに済んだ。
今回一緒に潜水作業をした3人の活動は、まだ後数日続く。カオリータは、今月30日に、一度東京に戻ってから、また岩手に戻ると決めた。

_MG_1569-1.jpg

3人との別れの挨拶は、明るくなった翌朝の事だったから、笑いを取って、ごまかし、早々に車を走らせて、皆が見えなくなったところで車を止めて荷物の整理をした。

_MG_1713-1.JPG

帰路、宮城の気仙沼や南三陸町を回って、東京へと戻った。

Fri 27
岩手で潜る。2日目
2011.05.27

_MG_13000.JPG

岩手での2日目、昨日とは違う港に潜っての海中ガレ撤去作業を行なった。ガレを動かすたびに、沈殿していた堆積物が巻上がり、あっという間に視界が0になる。

湾内には、いくつものフロートが浮いている。これは、ゴールデンウィークに訪れたボランティアダイバーたちととももに、くまちゃんたちが、サルベージ船が来た時に、引き上げ易いようにと、自分たちでは撤去しきれない大きなガレにマーキングしてあるものだ。

_MG_1282.JPG

ダイバーが地元の漁師さんたちと連携して行なう、この作業。今後も続けていくべきとは思うのだけど、一つだけ不満に感じている事がある。

漁師の方たちや、サルベージ作業に従事するプロ潜水士の潜水作業は、国からの要請があり、作業に対しての対価が支払われる。危険な作業なのだから、当然だ。しかし、彼らファンダイバーが行なうこのボランティア活動には、国からの援助は一切降りない。ボランティアなのだから、参加する人間が対価を求めるわけではないけど、少なくとも中心に立つ人には、危険を覚悟での作業なだけに、何らかの国からの援助が受けれてもいいのではないかと感じる。ボランティア保険ですら、海中作業では適用されないのだそうだ。

クマちゃん自身の活動は、多くの賛同者から得られた義援金によってのみ、成り立っている。知っているダイバーの中には、自分自信が被災してしまっている人もいる。クマちゃん自身は、自らのダイビングフィールドが津波の被害でダメージを受けてしまったものの、自身の家は内陸にあり、被災は免れている。

自分たちが生活していくことに、精一杯の人たちに、「くまちゃんと同じように活動すべきだ」とは、言えない。

昨日は、くまちゃんが活動を続ける大船渡ではなくて、南三陸町の漁師の方から、大船渡の漁協の方に、沈んだ船を引き上げようと思うのだけど、海中でロープか何かが絡まって、引き上げられないから、ボランティアで活動するダイバーに潜ってロープを切ってもらえないかとの依頼が来た。

もしかしたら、とても危険を伴う作業で、プロ潜水士に任せるべき状態かもしれない。しかしながら、プロに払うお金は無いから、ボランティアで潜っているくまちゃんのところへ問い合わせてきたわけだ。

多くの場所で、今後も彼らのような活動が必要になってくるのは、間違いない。国からの支援が頼れないのであれば、個々からの支援に頼るしかない。

自分は、そのことに、彼が潜水清掃活動を始めた当初からどうにかしなければと感じていた。今、海外のダイバーの協力を得て、資金を集める計画をすすめているところだ。

くまちゃんが、フィールドにしているサケが遡上する川。震災直後よりは奇麗になったものの、サケ達に遡上してもらうには、もっと奇麗な川に戻す必要があるのではと感じる。

_MG_1246.JPG

「かなり奇麗になりましたよ」とくまちゃんは言うけれど、川の方側では、2ヶ月以上たつというのに、このような惨状が残っている。

_MG_1255.JPG

反対側では、被災した小学校のグランドで、体育の授業をする子供たちの姿が見られた。

_MG_1251.JPG

作業で濁ってしまった湾内で見つけたサビハゼ。健気に生きる、彼の虹色に輝く瞳は、意色々な事で悩む自分を勇気づけてくれた。

_MG_1315.JPG

Mon 23
岩手で潜る
2011.05.23

_MG_10491.jpg

昨日、WEB-LUEのローカルプレスにも参加してくれている、モルジブのガイド、カオリータと一緒に、岩手入りした。GW前に、彼女が「ダイバー、震災、ボランティア」でネット検索していたら、僕のHPでGW中にくまちゃんのところでボランティアダイバーを募集している告知を発見して、連絡をくれていた。

モルジブのシーズンが終わって、帰国するのがGW後だからそのときに、くまちゃんのところにしばらくいて、ボランティアで海中清掃したいということだった。自分自身もGW期間中には行ける状態では無かったので、前々からバハマに行く前には、一度行っておこうと思っていたので、それではとくまちゃんに連絡を取って、了解を取ってから、一緒に行く事になった。

当初は、ドライ着たことも無いし「足手まといになるのでは」と心配して、鍵井君と葉山のNANAに行って、ドライ試着して、マスク曇らしたりしていた。現地に到着してからも、エントリー前は、笑いもぎこちなく、ドライスーツを装着した後も、借りて来たネコのようなおどおどした表情を見せていたけど、いざ本番になるとさすがに、数千本潜っているプロのガイド。経験の無い低さの水温と、試着で一回しか着た事の無いドライスーツで、黙々と潜水清掃に従事していた。

_MG_14131.jpg

この日は、くまちゃん基金の窓口をしている早乙女君とGWでボランティア潜水作業にも参加していた女性も週末を利用して東京から来ていた。

IMG_14321.jpg

二人で、救援物資をつんで、朝早くに車で出かけた。道中は他愛も無い会話を続けたり、冗談を言い合ったりしていたのだけど、一関で高速を降りてリアス式海岸に出たところで、突然姿を見せた惨状に、二人して言葉を失った。

映像で見る以上に惨憺たる現状。リアス式海岸の山を一つ越える度に眼下に広がる瓦礫の山と化した町。ここが同じ日本だということが信じられなかった。

「写真撮りたかったら、止まって撮影していいですよ」とカオリータに言われたけど、くまちゃんたちが、潜る準備をして待っていてくれてたので、この日は一度も止まることなく、目的地まで車を走らせた。

行きは、カオリータのお兄さんの車を借りて一緒に来たのだけど、長く滞在予定の彼女を残して、帰りは電車で先に帰ろうと思っていた。でも、帰りにレンタカーを借りて、同じ道を撮影しながら帰ろうと決めて、そのことを伝えると、その車を僕に貸してくれて、自分が電車で帰ると申し出てくれた。

自分も滞在を1日延ばす事に決めた。

GWが終わってからも、くまちゃんと漁協が連携しての海中清掃作業は続いている。海中清掃とともに、漁具類など、まだ使えるものを引き上げることが、重要な作業になっている。この活動が先駆けとなって、多くの場所で、漁師さんとダイバーが連携してこのような活動ができるようになればいいのにと思う。

_MG_12191.jpg

_MG_11451.jpg

しばらくすると海中作業にも慣れて、積極的にゴミの回収に当たるカオリータ。

IMG_14491.jpg

緑の下の部分まで津波が来た。

Sat 21
MSNのSANKEI PHOTOにヤップ、Yap day vol 2の記事がアップされました
2011.05.21

20110520ochi_yap_5.JPG

ヤップデイ、本編

ある年のヤップデイ、私は少し前からヤップ入りしてダイビングの取材を行なっていた。しかし、ヤップデイ開催日が近づくにつれて、雲行きが怪しくなってきた。「これだと、当日は雨っぽいね」とダイビングガイドに言うと、そいつは、海の先にある黒雲を、目を細めてぼ〜っと見つめながら、「大丈夫、白魔術師たちが、雨降らないように、呪文となえてるから」と言うのだ。

 「え?しろまじゅつし?お前何言ってるの」と思った。彼曰く、雨を降らせないために、ヤップデイ期間中、その白魔術師たちは、断水をしなければいけないのだそうだ。とりあえず「へ〜」と聞き流しておいた。

記事抜粋

ENTRY

ENTRY

  • 越智隆治
    お久しぶりです、メールにてご返信させていただき...
  • 阿部一子
    越智さん、こんにちは 福岡でご一緒した阿部です...
  • 尾高大樹
    はじめまして、スリランカのホエールスイムに興味...
  • 高橋
    はじめまして。 きれいな写真ばかりで感動しまし...
  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...

ENTRY

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com