PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Wed 13
西表島ロケ、予定変更して急遽石垣島へ
2011.04.13

_MG_0500.jpg

西表島ロケ、本当は14日の午後に島を離れる予定だったのだけど、12日でロケを終了して、急遽、13日の早朝のフェリーで石垣島に戻ることになった。

理由は、あまりに順調にロケが進みすぎたためだ。取材を担当してくれた、ダイビングチームうなりざきの曽我さんからも、「こんなに順調にロケが進んだのは初めてです」と言われたくらいに、毎日快晴で海の海峡も絶好調だった。

_MG_1022.jpg

_MG_9944.jpg


それに反して、石垣島ではロケの間、イマイチな天気が多かったので、うなりざき石垣島店の店長、森君の希望もあり、早めに戻って、今日と明日で改めて撮影を行なうことになったわけだ。

そして、最終日の夜となったこの日、西表のダイビングサービスのオーナーが集まる飲み会(?)に参加させてもらった。前々から懇意にさせてもらっているMrサカナの笠井さん(さかなさん)の誘いもあって、ほとんど面識の無い人たちばかりの中での飲み会だったけど、楽しい一時を過ごさせてもらいました。

参加していたのは、イ・テリオス・ダイビングサービスの栗原さん、スマイルフィッシュダイビングサービスの川尻さん、WATERMANの徳岡さん、Eco Villageのみなとさん、ダイブラティークの佐々木さん、グッドダイブの井腰さん、ヒーリップルの川村さん、TAKEダイビングスクールの方々です。

R1000492.jpg

Tue 12
西表、春のマンタポイントで7匹のマンタに遭遇
2011.04.12

_MG_0737.jpg

西表でのロケ、4日間が過ぎた。2日目、3日はコンディションも良く、夏場でもなかなか行けない"オガン"まで足を伸ばしての撮影。

4日目は、午後から天気が崩れるというので、午前中に駆け足で西表島周辺のポイントに潜り、マクロ、地形、サンゴ、そして春のマンタポイント。"鹿の川"に潜る。

この時期からゴールデンウイークまでは、7〜8割の高確率でマンタに遭遇できているそうで、今回も先に潜りに行ったボートから、5匹のマンタがいたと連絡があった。

_MG_0156.jpg

ポイントに到着して、しばらく水面休息を取る。その間に、ガイドの曽我さんがスノーケルで様子を見に行くと、「5匹います!」との報告。ゆっくりと準備をしてエントリー。透明度も高く、気持ち良い海中のサンゴのリーフの上を何匹ものマンタが悠然と泳いでいる。

_MG_0061.jpg

クリーニングの為にホバリングするというよりは、根から根へとゆっくりと移動している感じ。ときには何匹かが同じ根で合流するのだけど、またあっちへフラフラ、こっちへフラフラと言う感じで、まとまりは無いのだけど、一度に目視できた個体数は7匹。

曽我さんがこのポイントで見た、一番多かったマンタの個体数は過去に8匹ということだったので、それに匹敵する数だった。

「いや〜、取材でこんなに調子良いの、初めてです」と嬉しい一言。確かに、この時期で"オガン"に2日間連続で潜りに行けて、翌日はマンタ7匹なのだから、ラッキーだ。

_MG_9507.jpg

と喜んでいる側から、天気予報通りに天気が悪くなってきた。今日も午前中はあまり芳しく無い天気らしいけど、これからは、マクロ撮影がメインになる。昨日もピカチューウミウシやキンチャクガニなども撮影していた。

_MG_0819.jpg

_MG_0768.jpg

石垣島の時は天気に悩まされたけど、西表島の撮影は順調です。

取材は、ダイビングチームうなりざき。同じようなボートを3隻と、小型のスピードボート1隻の計4隻のダイビングボートを有しているので、ダイバーのレベルに合わせて、船を分けられるのが人気だそうだ。

Sun 10
石垣から西表へ移動、今年初のオガンへ
2011.04.10

_MG_9291.jpg

石垣島のダイビングチームうなりざきでのロケを終了して、一昨日から西表島に移動。ダイビングチームうなりざき西表店(本店)でのWEB-LUEロケを行なっている。

昨日はコンディションも良くて、うなりざきとしても、今年初となる「オガン」へのダイビングを行なった。

西表人気ナンバーワンの豪快ポイント。それだけに、コンディションが悪いとなかなか行けないそうで、例年はGWくらいが初ダイブになる事が多いのだそうで、この時期に行けるのはラッキーだとか。

_MG_9325.jpg

年間通しても、50日から60日くらいしか潜りに行けるチャンスは無いのだそうだ。

そこで、3本のダイビング。バラクーダやツムブリなどの群れの他、3本ともイソマグロの群れに遭遇。最大で、80〜90匹の群れ。一昨日のポイントでもイソマグロの群れに遭遇した。今までこれほどイソマグロの群れに接近して撮影したことが無かったので、個人的には大満足。

夜は、蛍の撮影など、陸での撮影も行なっている。

_MG_0525.jpg

Tue 05
援助物資に関するご協力に関して
2011.04.05

4月4日現在で、国内外合わせて、浦安(越智の事務所兼自宅)の方だけで、50個以上の段ボールでの石巻への物資が届いています。
ご協力頂いた皆様には感謝いたします。おそらく、8日までにはさらに増えると思います。

また、こちら以外でも、物資を集めている、東京のダイビングサービス、海潜隊のとおるさんのところには、4月1日、2日に新橋のBOXで
行なわれたチャリティスライドショーの時に参加して頂いた方からの援助物資、またその後に送って頂いた援助物資なども多数届いています。

この後、9日に海潜隊のとおるさんが、担当して、トラックにて、皆様からの物資を現地に運び現地で活動しているボランティア団体に所属する知人(高砂淳二さん、私が理事をつとめているOWSの理事の一人)に、物資を託すことになります。

その団体は、各避難所を周り、そこで不足している物資をチェックして、皆様から届いた物資の中から選別して、被災者の方に渡す活動
などを行なっています。極力皆様から頂いた思いのこもった物資が無駄にならないように、対応して頂けると願っています。

また、とおるさんが現地に赴いたときに、今後どのうようにその活動に協力していけるかを直接確認して、またご報告頂けることになっています。すでに、宅急便などで、現地に送ることも可能な地域が増えていますから、今後は直接送って頂くことになるかもしれないし、あるいは、仕分けの問題もあり、やはり一度こちらに送って頂き、仕分けをした上で、再度車で運ぶことになるかもしれません。それに関しては、また改めてご連絡いたします。

必要な物資は日々変わっていきます。もしかしたら、用意して頂いた物が、不要になる場合も今後は多く出て来る可能性がありますので、現地からのリクエスト内容を確認の上、ご用意して頂けることをおすすめします。

また、岩手の方ですが、この活動を始めてら、現地に直接送って頂いた方のものも含めて、約200個以上の段ボールでの援助物資を送り込むことができ、他からの物資とも合わせて現地でもくまちゃん(佐藤さん)が休むことなく、被災者の方たちに届けてくれたので、相当早い時期に物資が行き渡り、被災者の方たちにも、少しばかりですが心の余裕、安心感を持ってもらう事ができたのではと思っています。

数日前に、東京でのチャリティに来てくれたくまちゃん本人からの話によると、やっと行政側の対策本部の方に届いた物資が、人数分そろったので、皆に分配し始めたと聞きました。こちらも引き続き、現地で物資の受け取りを担当しているくまちゃんが、現地の情報を送ってくれることになっていますので、そのリクエストに応じて、ご協力頂けると助かります。

こことは別に、福島県の南相馬市や、仙台などにも、物資を送る計画もあります。南相馬には、すでに対策本部の方ではありますが、下着類、衣類、ウエットティシュなど大型段ボール10箱程度を送りましたが、できれば現地で個人的に対応している人が見つかったら、その方と連絡を取り、対応していければと思っています。

いずれにしましても、今までのようにとにかく何でも必要としているという物資の送り方では無くなってきます。また避難所や各県、市町村の対策本部が「足りている」と言っていても、実際にその物資が被災者に届いているかはまた別問題だという話も多く聞きます。

今回は阪神大震災に比べても被害が甚大で、多くの県にまたがっているために、物資の配給、義援金の配給に関して、平等性を損なわないようにするという配慮から、用意されているのに必要としている被災者の方に十分行き渡らない現状があると多く耳にします。

私たちは、そういう現状に対して現地で、臨機応変に対応していける活動をしている方を、後方から支援できればと思い、特にダイバーのつながりを頼って、活動しています。

そういう自分が、ロケのために、今現在石垣島にいてダイビングの取材を行なっていることは少し心苦しいですが、こちらでも援助の協力をお願いしています。また、この状況で旅行のキャンセルも相次いでいるようです。確かに、大変な事ではありますが、意味も無く自粛することで、経済にも影響を与えてしまっている事も危惧しなければいけないのではないかと、こちらに来て思いました。

Mon 04
第二回、震災チャリティスライドショー終了。石垣島でも協力をお願いしています。
2011.04.04

_DSC0716ym12.jpg

_MG_9970.jpg

第二回目の震災義援金チャリティスライドショーが4月2日に開催されて、多くのダイバーの方たちに集まって頂きました。この日も、支援物資、寄せ書き、義援金など沢山集まりました。

_DSC0697ym9.jpg

_DSC0586ym3.jpg

集まった物資は、今週末石巻へ、トラックで運ぶことになっています。義援金に関しては、ガイド会が集計中ですので、後日ご報告します。

また、越智の自宅の方にも、引き続き、大量の物資が送られてきています。こちらも、石巻、岩手、福島の南相馬などに送る手配をしていきます。

本当に多くの皆さんにご協力頂き、感謝しています。

また、自分自身は震災前から予定していた、石垣島、西表島のWEB-LUEロケのために、2日は参加できませんでした。

こちらでも、物資、義援金の援助を取材先のうなりざき石垣島店の皆さんと、ゲストの皆さんにお願いして、「微力ではありますが、ご協力いたします」というお返事を頂きました。

_MG_7659.jpg

_MG_0031.jpg

状況が状況だけに、石垣島などでもキャンセルが多くなってきているようです。しかし、経済の活性化を考えると、特に問題が無い方まで色々な事をチャンセルすることはどうかという気持ちもあります。

「前へ進む」と言う意味でも、今までと同じようにできる人は、そのように対応できればいいのにと思います。

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.10.09
越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください

2017年12月23日(土)、東京の渋谷で、毎年恒例となりました越智隆治スライドトークショーを開催いたします。 <昨年六本木で開催したスライドトークショーの様子> おかげさまで、毎年満員御礼(若干オーバーなためいつも狭くてすみません)のトークショー。今年は、大きな3面スクリーンのある会場で、1年間の撮影の様子をご報告します。 迫力のあるクジラから、癒しの海まで、海に包まれているような気持になれると思います。 食事スタイルは、半立食のブッフェ形式。 席が決まっていないので、いろんな方をお話しできるかと思います。 またせっかく海が大好きな人たちが集まりますので、「なにか青いもの」をご持参ください。洋服でも、靴でも、鞄でも小物でも、なんでも構いません。もしかしたら、いいことがあるかもしれません。 会の終盤には、お楽しみのプレゼントじゃんけんも開催予定です。 今年はどんなプレゼントか、お楽しみに。 満席になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご参加ご希望の方は、お早めにお申込ください。 皆さまのご参加、心よりお待ちしております! ■越智隆治スライドトークショー2017 ○日にち:2017年12月23日(土) ○会場:イベントスペース DAIA 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1 https://goo.gl/maps/Naoahs1V9PJ2 ○時間 17:00 受付開始 17:20 スタート 19:40 終了 20:00 完全退出 ※二次会の開催は予定していません ○参加費 7,000円 ※事前のお振込みをお願いしております ○お申込・お問い合わせ ochi@oceana.ne.jp 以下をご記入の上、ご連絡ください。 「件名:越智隆治スライドトークショー2017参加希望」 *お名前: *参加人数: *当日に連絡のつくお電話番号: ※担当者より詳細のご案内をさせていただきます

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com