PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Thu 30
2011年カレンダー発売
2010.09.30

cover.jpg

ダイビングワールドから、2011年のカレンダーが発売になります。INTO THE BLUEのロゴ入りのものを作成していますので、ご希望の方は、お問い合わせください。定価1260円ですが、800円代程度でご購入頂けると思います。

その他の写真は、こちらでご覧になれます。

http://takaji-ochi.com/diary/2010/09/2011-1.html

また、ご自分の会社等の名入れをして、作成されたい方は、以下のサイトよりお申し込み下さい。

ダイビングワールド

Wed 29
2011年のカレンダー発売
2010.09.29

cover.jpg

ダイビングワールドから、2011年のカレンダーが発売になります。INTO THE BLUEのロゴ入りのものを作成していますので、ご希望の方は、お問い合わせください。定価1260円ですが、800円代程度でご購入頂けると思います。

DW_ca_1_2.jpg

DW_ca_3_4.jpg

DW_ca_5_6.jpg

DW_ca_7_8.jpg

DW_ca_9_10.jpg

DW_ca_11_12.jpg

Thu 22
世界中のダイバー100人の水中写真を、読む本がなくて困っている国々の子供たちへ!
2010.07.22

Ocean Lovers Photo Book Project

WonderfulWaterPlanet-ProjectImage.jpg

日本人女性が、世界中の100人の水中写真家に声をかけて、現在,本も買えない貧しい国の子どもたちのために、海洋生物の写真絵本を作成するプロジェクトを行なっています。僕を含め、日本の著名な水中写真家も参加して、写真の無償提供を行なっています。

Thu 24
威厳の無い、猛禽類
2010.06.24

今はパナマシティーからフロリダ半島西岸を南下して、フォートマイヤーズ近くのパインアイランドという島の友人の家に来ている。

ドルフィンクルーズの間の休みの週は、毎回お世話になっている。ウエストパームビーチからは、車で3時間程のところ。

今回も数日間、泊まらせてもらった。

昨日は、プールで泳ぎながら、ビールで乾杯。来年のスペシャルトリップの話など打ち合わせして、くつろいでいた。

今朝、起きると、3階のいつも泊まらせてもらう部屋の側の樹で、リスと猛禽類が一緒にいるのを見つけた。猛禽類の側で平然と食事するリス。大丈夫なのかな?

_MG_1893.JPG

猛禽類 「そんな無警戒だと、たべちゃうぞ〜。たべちゃうぞ〜。」

リス「もぐもぐ」

_MG_1897.JPG

猛禽類 「な、なんか、全然怖がってくれてないみたいなんですけど。。。」

リス「もぐもぐ」

_MG_1905.JPG

猛禽類 「それなら、これでどうだ〜!羽をばっさばばさ〜!」

リス 「もぐもぐ、、」

_MG_1907.JPG

猛禽類 「これでもか〜!!ばっさばさばさ〜!」

リス 「うざい。向こうで食べよ」

_MG_1911.jpg

猛禽類 「いいんだ、どうせ、どうせ僕なんか恐く無いんだよ、こわくないんだよ〜」

。。。う〜ん、いまいちインパクト無かったので、アップするのやめようと思ったけど、書いちゃったし、面倒だからアップしときます。

あ〜、のんびりできていいな〜。

Thu 24
メキシコ湾のパナマシティー、オイルの着岸は見当たらず
2010.06.24

_MG_3957.JPG

バハマのドルフィンクルーズ2週目を終えて、1週間のオフ。その前半は過去に何度か訪れた事のある、フロリダ半島のメキシコ湾側の付け根に位置する、パナマシティーに向かった。

ここでは、ビーチ近くまで姿を見せるバンドウイルカたちと一緒に泳ぐことができる。昔は、この地のフィッシャーマン(漁師)が、穫った魚で売れなそうなものを野生のイルカに与えていたことから、船を見つけると、イルカたちが船を覗き込むような仕草をするのが、特徴的だった。

201006-03.jpg

今では、えさをあげる行為は禁じられているのだけど、こっそりとあげている観光客の姿は今でも目につく。

初めて訪れた10年以上前も、なんだか風変わりなアメリカの、ビーチリゾートみたいで、不思議な雰囲気を醸し出していたのだけど、ここ数年で、高層のリゾートマンションが、ビーチ沿いに立ち並び、まるでハワイのようになってきた。

_MG_3969.JPG

それに反して、ビーチから少し入ったところにある、店や安い宿は、どんどん寂れて行っているように見える。できることなら、昔からある物と、新しいものが共存できるような開発が進めばいいのにと思う。

ビーチに行ってみたけど、油の流出は全く見られない。いつものように、観光客が陽気にビーチライフを楽しんでいた。

_MG_3992.JPG

しかし、その中でグローブをして、ジップロックを持った、ちょっと場違いな人たちが、神妙な顔で、何人もビーチを歩いて、何かを採取していた。「何してるんですか?」と訪ねたけど、僕が大きなカメラを持っていたせいなのか、どうなのかわからないけど、僕の質問には答えたくないらしく、僕を避けるように、歩き去って行った。

_MG_3974.JPG

定かではないのだけど、もしかしたら、BPの会社の人たちで油の流出の影響が見られないか調べていたのかもしれない。

今のシーズン、風は主に、東から西に吹く。だから、油の影響も、メキシコ湾の西側に集中しているようだけど、このまま流出が続くようであれば、風向きが変わったりして、フロリダ側に影響が出来てくる可能性だってある。そうなったら、パナマシティーに住むイルカたちや、フロリダ近海に生息するマナティーたちにも、当然影響が出てくるに違いない。

201006-05.jpg

こんな状態になる前に、全てが解決してくれればいいのだけど。

ENTRY

ENTRY

  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...
  • spicenesia.com
    日本でもポンペイ島、セイ農園の胡椒と胡椒の佃煮...
  • イヌミ
    おお!!さすが越智さん強運の持ち主ですね!! ...

ENTRY

PICK UP

2016.06.28
2017年名古屋、大阪で写真展「INTO THE BLUE 〜青にとける〜」巡回展のお知らせ

2016年5月に東京・六本木ミッドタウンにある富士フォトサロンで開催し、1万人もの方にお越しいただいた写真展「INTO THE BLUE〜青にとける〜」の名古屋、大阪での巡回展日にちが確定しました。 名古屋・富士フォトサロン 2017年5月12日(金)〜5月18日(木) 大阪・富士フォトサロン 2017年6月2日(金)〜6月8日(木)

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com