PHOTOGRAPHER’S DIARY

  • フォトグラファーズダイアリーTOP

フォトグラファーズダイアリー

Wed 10
日本帰国前に、スピスの墓参り
2010.03.10

昨日、日本に帰国した。一昨日の午前中に、ペリリュー島を離れ,コロールのデイドリームオフィスへ。午前中はひっそりとしていたオフィスも、午後には、ダイビングに出かけていたボートが戻ってきて、賑わい出した。この日、ゲストの数は50人程。

Sun 07
明日、ペリリュー島を離れる
2010.03.07

今日で、ペリリュー島での水中撮影も終了して、明日には島を離れる。初めてペリリューコーナーで潜ったのは、もう15年程前のことだ。そのときは激流で、リーフトップから吹き飛ばされた。

Sat 06
イレズミフエダイとミヤコテングハギの群れ
2010.03.06

_MG_4353.jpg

イエローウォールに群れるイレズミフエダイの群れも、数万単位になり、ドロップオフの壁面を乳黄白色に覆い尽くしている。これだけいれば、簡単に撮影ができると思うかもしれないが、なかなかそうはいかないのが、この魚の嫌なところだ。


Thu 04
ヘルフリッチからバショウカジキへ
2010.03.04

_MG_0443.jpg

今日は、午前中にペリリューの南にあるアンガウル島へ遠征に出かけた。最初も潜ったのは、以前にも紹介したサンドガーデン。今回はビデオを持って、潜った。

Thu 04
バショウカジキ捜索作戦失敗
2010.03.04

_MG_3967.JPG

イエローウォールには、イレズミフエダイが群れ始めた。しかし、まだまだ、数百匹単位。明日には、数千、数万単位に膨れ上がっているだろう。これくらいで驚いてはいけない。彼らは、最終的に、十数万の群れに膨れ上がり、イエローウォールの壁を埋めつくすことになる。

ENTRY

ENTRY

  • 越智
    すみません、2017年の間違いです。訂正しまし...
  • 重田精一郎
    開催スケジュールに「御蔵島ドルフィンスイムツア...
  • mimimi
    現在は被災地への物資支援はされておられないでし...
  • 西元雅憲
    初めまして。  西元と申します。私は毎年宮古島...
  • テツ
    はじめまして、富夢の長男のテツ申します。 テー...

ENTRY

PICK UP

2017.06.30
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

ベストシーズンに突入した御蔵島。新たなスケジュールが決まったので、ご連絡します。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 ■8月25日(金)〜8月27日(日):残席2 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com