KID'S DIARY 子育て日記

  • 子育て日記TOP

子育て日記

2016年1月のエントリー

Thu 14
海友と飛鳥Ⅱ乗船・ヌメアでダイビング
2016.01.14

6781_1127162120641117_8905682463166024572_n.jpg

飛鳥Ⅱ下船後、ニューカレドニアのヌメア滞在では、ALIZEの益田君にガイドしてもらってダイビングを楽しんだ後は、市内観光に連れて行ってもらった。今は、フランボヤン(火焔樹)が満開です。

12359901_1126661510691178_9051510604441172722_n.jpg

996135_1127162337307762_4988450882650592493_n.jpg

7787_1127161473974515_7178327594674189217_n.jpg

自分が気になったのは、メガロドンの歯の化石を売っているお店。

_29A9997k.jpg

記念撮影も沢山したけど・・・・、これだと、若いお父さんとお母さんと息子って感じ

_29A0024k.jpg

12376021_1127161737307822_1212054533689044678_n.jpg

_29A9957k.jpg

「よくよく考えたら、飛鳥でも親子二人だけの写真ってまともなの撮影していなかった」とボソっと言ったら、ガイドの益田君が親子二人の写真を撮影してくれました。

_29A0044k.jpg

Thu 14
海友と飛鳥Ⅱ乗船・ラバウルから、ヌメア下船まで
2016.01.14

12360074_1124869157537080_708771020034034435_n.jpg

12月17日、飛鳥Ⅱラバウル到着。先月自分が回ったラバウルの観光地を海友と一緒に、飛鳥のツアーに参加して足早に巡った。火山観測所、山本バンカー、太平洋戦争慰霊碑。

10590445_1124870760870253_8858177742753801765_n.jpg

12373165_1124870437536952_6452116435320088221_n.jpg

10368399_1124870057536990_5611732810997011648_n.jpg

「ゼロ戦って何?」とか、「山本さん?知らない」とか言ってるから、「帰国したら両方しらべてみな」と伝えて、「どう思った?」と聞いたら、「あっという間だから、よくわかんないけど、こんなに暑いのに、あのバンカーの中はサウナみたいに蒸し暑かった。そんな中で戦ってなきゃいけなかったなんて信じられないよ。すごいよね。僕には無理だと思う」と素直な感想を述べていた。慰霊碑では、やはりあまり意味を理解していなかったかもしれないけど、献花して手を合わせていた。超平和主義者だから、戦争映画観るのも嫌がるんだけど、そろそろ知っていた方が良い歴史は知っておかないとね。過ちを繰り返さないためにも。

68659_1126658880691441_8752789587353954563_n.jpg

12月21日、約2週間の飛鳥Ⅱでの船旅も終了して、ニューカレドニアのヌメアで下船。本当に沢山の方たちにお世話になり、海友はとっても良い経験と楽しい思い出を沢山頂きました。多くの経験をして、心なしか、一回り大きくなったように感じます。身も心も・・・・と言ったら、「体重は乗船前と変わってない」と反論されました。

12371162_1126660690691260_5269049427065149751_o.jpg

12369093_1126661134024549_3575919846509099577_n.jpg

明日は、ヌメアのダイビングサービス、ALIZEの益田君にお世話になってダイビングする予定です。あ、もちろん、2回目の講演も240人入るシアターが満席で、「面白かった」と皆さんにおっしゃって頂きました。「人気あったから、また次回もあるわね。またカイト君に会えるわね」と何人もの方から言われましたが、さてそれはどうかな〜。でも、次回があったとしたら、次は天の邪鬼のハヤトが乗船する気満々。

Wed 13
海友と飛鳥Ⅱ乗船・ラバウル入港前まで
2016.01.13

12347985_1123001271057202_2569558633488142416_n.jpg

飛鳥Ⅱ出航から二日間、海が荒れて船酔い状態だったカイト。「ずっとメリーゴーランド乗ってるみたい」て言っていた。でも、1人でアトラクションも参加して、おじいちゃん、おばあちゃんのお友達もたくさんできたみたい。一緒に船内歩くと多くの人から、声かけられる。今日やっとプール使用が可能になった。いまだ、波のプールみたいだけど、大喜びでプール入るカイト

481167_1123626804327982_2115397592607531777_n.jpg

飛鳥Ⅱ船上での、第一回目の講演無事終了しました。満席で立ち見も出るくらいだったとか。ダイビングをしない方たちに、しかもシラフで講演するのは、久しぶりなのでどうなるかなと思いましたが、講演後に「面白かった」とか、「もっと聞きたかった」と何人かの方からおっしゃって頂けて少しほっとしました。次回は、ヌーメア入港前の20日に第2回目を行います。今日、話せなかったことも合わせて、新たにスライドを作り直します。海友は、マネージャー兼撮影担当として色々と指示をしてくれました。今日のスライド作ってるときも、「この変なウケ狙いはやめた方がいいんじゃない」とか言われたり。例えば、ミンククジラのリサーチャーとしてクルーズ船に乗船するミンキーガールことを説明するときも、「女性ばっかりだから、ミンキーガールと呼ばれている」の、他に、「しかも、可愛い女性が多い」と書いたら、「え〜そこはいらないよ」と指摘され、しぶしぶ外しました。若手マネージャー手厳しい・・・・・。

12391438_1123624137661582_7065968250114982231_n.jpg

撮影:越智海友

12342419_1124365310920798_357977651371293435_n.jpg

2015年12月16日、飛鳥Ⅱ。プールサイドで赤道通過祭が開催され、海の王ネプチューンより、赤道通過の許可をもらうというクルーによる劇が行われた。

12366299_1124365510920778_7928762160008001799_n.jpg

何故か結末は、顔にパイをぶつけられて、クルーのほとんどがプールに落とされるのだけど、そこに海友も参加、パイを顔にかけられて、プールに放り込まれた。劇が始まる前に「カイト君、参加してもらっていいですか?」とエンターテーメント担当のクルーに聞かれて、結構シャイだから「いやです」と答えるのかと思ったら、「じゃあ、着替えてきます!」とか言って、最初から飛び込む気満々。この辺の積極性は、自分が子供の頃と全然違うな。ということで、ハウステンボス行ったときに手にいれたマスカレードのマスク被り、パイレーツの帽子を被せてもらい、パイレーツっぽく、自前の赤いシャツ着て、飛び込まされる準備万端で劇に参加。

12360060_1124365730920756_1269770666441167286_n.jpg

嬉しそうにプールに飛び込んでいた。そして、最後のクルーとの記念撮影でも、何故かクルーの一員として記念撮影に収まっていました。そのあと、レストランに行ったんだけど、「パイのせいか顔がツルツルする」と言っていた。それはパイのせいもあるかもしれないけど、太ったからじゃないの?もう少し運動しないとね。でも、お疲れ様でした。そして、12月17日、ラバウルに到着。

12391896_1124366000920729_254144873151077712_n.jpg

Wed 13
海友と一緒に、飛鳥Ⅱ乗船
2016.01.13

12249598_1120850877938908_7557450277106044660_n.jpg

海友と一緒に飛鳥Ⅱ世界一周南極クルーズ乗船。講師として、ラバウル、ヌメアまで約2週間の船旅。海友は、サンケイエクスプレスのリポートも担当して、飛鳥乗船記を手伝ってもらう予定。まあ、学校でも、皆から「いいなー」と言われた時に、「でも、仕事だから」と言ってきたそうだから、働いてもらわないとね。海友は、10年前にも、飛鳥に乗船した。そのときは、ミナも一緒だったけど。当時は当然、最年少だったけど、今回も12歳で最年少らしい。早速ゲストの方から声かけられまくっていた。懐かしいクルーの皆さんもいて、嬉しい。残念なのは、同伴者一人だから、次男颯友とママはお留守番。次回は、颯友ね。行ってきます

12373259_1120850864605576_1969424231289540390_n.jpg

12347905_1120850894605573_4670112898210814635_n.jpg

12341596_1120850907938905_1279193904101981057_n.jpg

12310409_1120850924605570_4966200967900485656_n.jpg

出航!紙テープ回収する海友。

12347652_1120885977935398_6039247601626954471_n.jpg

飛鳥2初日は、避難訓練や船内散策。部屋で衣類など、引き出しに入れたりするのも、カイトがしきる。「パパ、どこに何入れたかちゃんとわかるようにいれなよ、ママいないんだから」...「あ、はい」。部屋の鍵を無くし、「あれ、どこやったっけかなー」と探していたら「ジャケットの胸ポケットでしょ」とカイトが言うので、クローゼットのジャケットみたら、確かに胸ポケットに。「あ、本当だー」。「そろそろ避難訓練だよな、俺たちどこ行けばいいのかな〜...?」、「7階の三番だよ。部屋のカードキーに書いてあるでしょ」...「あ、なるほど〜」。食事中に、お手拭き使った後に、グチャグチャにしていたら、「もう少し綺麗にたたんどきなよ」、「あ、は〜い」。...どちらが親か、わからない。家だと母親いるから、立場は僕と一緒なのに。ということで、奴のためにも、ダメ親父を演じることにしようっと。飛鳥2講師紹介には、一色伸幸さんや、茂木健一郎さんなど、著名な方々が。

12341639_1121073571249972_7735112027673360611_n.jpg

「ちゃんと講演しないとだね」とカイトに言ったら、「当たり前じゃん、お酒のんでしたらダメだからね」と言われ、「ううう、お前はマネージャーか」と言うような会話で初日は静かに盛り上がりました。

12308766_1121073597916636_5560212289686664818_n.jpg

12341549_1121073621249967_7399915283327857238_n.jpg

12360000_1121073637916632_2061322857933040286_n.jpg

Wed 13
2015年飛鳥乗Ⅱ船前まで
2016.01.13

2015/12/8

晩御飯たべてたら、次男の颯友が、「なんかさ〜、クラスでやたら誕生日聞いてくる子(女の子)がいるんだよね。でも、「教えない」って言って教えなかったんだ」というから、「え〜なんで?」(それはもしかしたら、お前のこと好きで、誕生日にプレゼントとかくれようとしてるんじゃないのか?)と口に出して言いそうになったけどやめておいた。で、「なんで、それくらい教えてもいいんじゃないの?」と再度尋ねると、「いや、やっぱ個人情報あまり簡単に人に教えちゃまずいじゃん」。
・・・・「なんだそれ?小学3年生の分際で個人情報は教えたくないって」
「最近、回りの大人が個人情報、個人情報って色々言うから子供達の間でも、「個人情報」が流行ってるみたいだよ」と妻。
「いいじゃん、それくらいの個人情報〜。そっちの個人情報提供は、もしかしたら、いいことの方が多いかもしれないぞ」と再度息子に絡む父
「いや、でも、もう過ぎちゃったし」
どこまで女子に興味ないんだ、お前たちは。興味無い素振りしてるだけかもだけど。娘のいない父としては、ガールフレンドの話とか、そろそろしてもらいたいんだけど。なんなら家に連れてきてもらってもいいんだけど。

長男の海友が、「ただいま〜」と学校から帰ってきたすぐ後に妻が帰ってきた。そしたら、海友に「下でお母さんたちが、海友君挨拶ちゃんとしてて、かわいいわね〜って言ってたよ」と言いながら、海友にハグしていたら、海友が、「ちょ、ちょっとやめてよも〜」と軽く抵抗していた。さすがに小学6年生になると、少し恥ずかしくなってきたのかも。
「それに、最近ますますお父さんに似てきたとも言われてたよ〜」と妻
んんん?それは、つまり、俺も可愛いってことかな?

2015/12/9

12348084_1120368844653778_6161240734191257280_n.jpg

旅の間、海友に読んで欲しいからと妻が用意した本は、ミヒャエル・エンデの「ネバーエンディングストーリー」、ウルグアイのムカヒ前大統領の「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ」、それにマララ・ユスフザイさんの国連演説から考える石井光太さんの「ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか」。ただ、読むだけでなく、この本を読んで何を感じたかを、海友から聞くことが、旅でのぼくの役割の一つでもある。  
想像力で満たされていれば、自分でどこまでも広げることができる空想の世界。「わたしは、自分を貧しいとは思っていない。いまあるもので満足しているだけなんだ」と語るムカヒさんの生き方。「学校へ行きたい」と言ったら、頭を銃で撃たれたマララさんの決意。
正直、あまり大きな期待はしていないけど、そんな話を読んで、海友はどんな思いを持ち、そして語ってくれるのかな。
サン・テグジュペリの「星の王子さま」は次男の颯友が大好きな本。図書館で何度も借りてきていた。兄の旅支度用にと本を買いに行ったら、「これ買って欲しい」と母に懇願して買ってもらったそうだ。
「次は、パパとぼくで二人旅だからね」と兄が小学校卒業だからと、二人旅の権利を兄に譲った颯友。いろいろな本を読んで、すでに一緒に行きたいところは決まっているみたいだから、いつか実現させてやりたいな。
僕は、また「アメリカインディアンの教え」でも、読み直そうかなと、本棚から、カバーのちょっと千切れてしまった、その本を引っ張り出した。

ENTRY

ENTRY

  • 越智@自宅
    あ、久しぶりですね。ハワイ楽しんでますか?はや...
  • yumi
    ほんとにほんとにお久しぶりです。 その昔昔、モ...
  • ゆうこ
    最後の文章で吹き出しました(^-^)/ ...

PICK UP

2017.06.02
今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です 今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です 今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です

長い沖縄離島ロケを終了して、今日、2017年6 月2日から、富士フィルムフォトサロン大阪にて、写真展開催です。 昨日搬入も終わりました。写真展は、6月8日(木)まで、自分が在廊できるのは、7日までです。明日3日には、場所をかえてバディダイバー交流会にて、スライドトークショーを開催します。 こちらにも、是非ご参加ください。スライドショーでは、写真展に展示していない写真で色々お話をさせていただく予定です。 詳しくは、こちらのオーシャなの記事をご覧ください。 https://oceana.ne.jp/infomation/66796 写真展では、写真集、写真絵本、写真パネルのご購入も可能です。越智か、スタッフにお気軽にお声をかけてください。皆様の起こしをお待ちしています。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com