フロリダ マナティースイム

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

開催期間:2011年1月

フロリダマナティスイム

2011年1月フロリダ-マナティスイムを開催します

2011年1月、1月22日(土曜日)日本発、1月30日(日曜日)日本帰国の9日間のスケジュールで、アメリカ合衆国、フロリダ半島西海岸のほぼ中央に位置する、クリスタルリバーでのマナティスイムトリップを開催いします。 

詳細はまた追ってご連絡しますが、最少催行人数8名。最高12名
日本発着6日間などの短い日程での参加も可能です。お問い合わせください。

アメリカ合衆国フロリダ半島西岸、クリスタルリバーとホモッサッサリバー。 日本からはハブの空港を経由して、ディズニーワールドのあるフロリダ州オーランド 、あるいは同州のタンパまで飛行機で移動。そこからは車で約2時間、1時間30分の 距離にある。


WEB-LUEに掲載されている、マナティースイムの動画がご覧になれます。

       

1)母マナティーに寄り添う子マナティー2)3)4)背が立つほどの浅瀬にマナティーが生息している

1)母マナティーに寄り添う子マナティー 2)3)4)背が立つほどの浅瀬にマナティーが生息している  

透明度の高い湧水地で、マナティーと対峙する感動

最近、僕がイルカ以上に愛着を感じている海洋生物がいる。 それが「彼ら」、そうマナティーたちだ。 アメリカ合衆国はフロリダ半島の西海岸。 クリスタルリバーやホモサッサといった淡水の川の中だ。

背が立つほどの浅瀬で、スノーケリングでマナティーとのスキンシップを楽しみます。 大人しい動物なので、小さな子供を連れてやってくるファミリースノーケラーも 多い。みんなに体をカキカキされて、身を翻しているマナティーや 人間の足にハグしているマナティーなど、それぞれ違ったキャラクター を持つマナティーが私達を迎え入れてくれます。

1)スノーケラーが接近してもまったく気にしない様子でボーっとしている 2)「掻いて~」とすり寄って来る子マナティーは可愛くて仕方ない 3)あまりのとろさに「あほだなぁ~」と思わず呆れてしまう 4)脇にあるおっぱいを飲む子マナティー 5)「シルエットがかっこいい」ということになり、皆で記念撮影することに

1)スノーケラーが接近してもまったく気にしない様子でボーっとしている 2)「掻いて~」とすり寄って来る子マナティーは可愛くて仕方ない 3)あまりのとろさに「あほだなぁ~」と思わず呆れてしまう 4)脇にあるおっぱいを飲む子マナティー 5)「シルエットがかっこいい」ということになり、皆で記念撮影することに 

「ここ掻いて~」と擦り寄ってくる子マナティーの可愛さには、「やられた」って感じ

マナティーにも色々な性格がある。 甘えん坊、暴れん坊、のんびり屋さん。 彼らと一緒に居れば居るほど、その違いがわかり、楽しくなってくる。 身体をカキカキすることも慣れれば、彼らを気持ち良くさせるツボがわかってくる。 指先を使って「ゴシゴシ!!ゴシゴシ!!ゴシゴシ!!」 そして、そのご褒美として、マナティーは色んな表情やパフォーマンスを披露してくれる。

2010年は、計18人と大所帯でのトリップ。マナティーも多く、天気も良くて、楽しく撮影やスイムを行なうことができました。

 2010年は、計18人と大所帯でのトリップ。マナティーも多く、天気も良くて、楽しく撮影やスイムを行なうことができました。 

陸のレクリエーションも楽しむことができるトリップ

レインボーリバーでのスノーケリングや、 ホモサッサ スプリングス ワイルドライフパークを見学、 保護されているマナティーの現状をみたり、フラミンゴやフクロウ、ワシなどの鳥類、そしてカバやアリゲーターに合うこともできる。
夕方はみんなで食事に出かけ、チャイニーズやアメリカン、シーフードなどビールを飲みながらワイワイと楽しい時間を過ごしました。

移動スケジュール

成田(または関空)~ヒューストン(またはニューアーク)経由~フロリダ州のオーランド(またはタンパ)着。基本はフロリダからの現地合流現地解散になります。
そこから、車で約2時間、フロリダ半島を西(車で約1時間30分、フロリダ半島を北)に移動した、クリスタルリバーという町にて、開催。

宿泊地未定 2009、2010年は、ベストウエスタンホテル、それ以前は、プランテーションイン(現在は営業を行なっていません)のコンドミニアムに宿泊。
マナティースイム開催日数 23日~28日の6日間。

ご質問、仮申し込みはスペシャルトリップお問い合わせ・仮申込みからご連絡ください。

                 

PICK UP

2018.12.22
2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況

2019年に開催する、奄美南部でのホエールスイム空席状況です。 開催期間 2019年1月26日(土)〜2月3日(日) 2019年2月23日(土)〜3月1日(金) 宿泊:ZEROグラビティー・古仁屋クラブハウスまたは、ZEROグラビティー清水ヴィラ 両方の宿泊施設は、車で5分ほど離れています。 船:ZEROグラビティー所有のカタマランボート。暖房完備の船室、冷蔵庫、ポットなど 温水シャワーのあるシャワールーム、トイレはウォッシュレット ボートの出港は、古仁屋からになります。宿泊施設からは、それぞれ、3分(クラブハウス)、10分(清水ヴィラ)。 空席状況(2018年12月22日現在) 1月26日(土) 空席4 1月27日(日) 満席 1月28日(月) 空席1 1月29日(火) 空席1 1月30日(水) 空席2 1月31日(木) 空席1 2月1日(金) 満席 2月2日(土)  空席5 2月3日(日) 余裕有り 2月23日(土) 空席2 2月24日(日) 満席 2月25日(月) 空席2 2月26日(火) 満席 2月27日(水) 満席 2月28日(木) 満席 3月1日(金)  空席2

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com