メキシコ ジンベエスイム

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

7月~8月

メキシコバショウカジキスイム

2013年7月
メキシコ・ジンベエスイム開催

2013年も4日間の チャーターを2回、行なうことにしました。
2013年7月19日(金曜日)~ 22日(月曜日)の4日間
2013年7月25日(木曜日)~ 28日(日曜日)の4日間
乗船人数は、6人限定。現地費用は宿泊、ボート 代込みで、 約20万円を予定。

上記は、ボート乗船日程になります。日本からの最短のスケジュールは
7月18日(木曜日)出発〜7月24日(水曜日)帰りの7日間
7月24日(水曜日)出発〜7月30日(火曜日)帰りの7日になります。


詳細などはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

メキシコ湾に浮かぶムヘーレス島。"ムヘーレス"とは、スペイン語で"女性"を意味する。昔、ユカタン半島のこの周辺に住む部族が、他部族との抗争から女性をかくまうために利用した島だったので、この名前が付けられたという。

       

1)僕の家族(7歳と4歳の息子たち)も、島に滞在して一緒にジンベエに会いに出かけた2)エラの中から口は見えるのかな~と接近を試みて覗いてみたけど、見えなかった 3)ずっと海にいた、長男は、この日40匹以上のジンベエザメを目撃したと喜んでいた。もちろん同じ個体も中にはいたと思うけど 4)船にいると、何匹ものジンベエザメがこんな感じで口をパクパクさせて近づいてきた

1)僕の家族(7歳と4歳の息子たち)も、島に滞在して一緒にジンベエに会いに出かけた 2)エラの中から口は見えるのかな~と接近を試みて覗いてみたけど、見えなかった 3)ずっと海にいた、長男は、この日40匹以上のジンベエザメを目撃したと喜んでいた。もちろん同じ個体も中にはいたと思うけど 4)船にいると、何匹ものジンベエザメがこんな感じで口をパクパクさせて近づいてきた

いまいちで50、まあまあで100!?

 べた凪の海を船は軽快に進んでいった。何も見えない海を走り回ること1時間ちょっと。何も無いよなと思っていたが、 彼らはどうやら昨日ジンベエザメを目撃したエリアを中心に捜索を行なっていたようだ。突然捜索担当のガイドが「あ そこだ!あそこにいる!」と前方を指差した。
 「いたのか!」と目を凝らすが、自分たちにはまだ確認ができない。しかし、少しづつボートが前進するに連れて、 水面を蠢く背びれと尾びれが見えて来た。「いた!」最初は1匹のジンベエザメでさえ感動していた。それもそのはず、 こんなだだっぴろい外洋で何の目印も無く、ジンベエザメを発見できたのだから、それだけでも感動モノだ。
 しかし……「1匹、2匹、あ、3匹! 4匹、5匹! 6匹! 7、8、10、11、12、13、14 ……30、31、32、33、34、35匹!?」 自分でその位置から目視できる背びれの数で少なくとも35匹は確認できた。それ以上は動き回っているから正確には数 え切れない。

1)捕食の瞬間を激写。こんな撮影も周囲に人が入らず撮影できる 2)前から来た2匹の撮影に夢中になっていたけど、周囲を5匹のジンベエザメに囲まれていた。(撮影 宮下洋平) 6)ダイビングはできないけど、素潜りで下からの撮影はオッケーだ 3)まるで鏡に写ったかのように平行して泳ぐジンベエザメに挟まれて泳ぐ。誰も邪魔する人もいない至福の時 4)追いかけなくても、海に浮いて待っているだけでも、こんな美味しい状況に何度も遭遇できる。しかも、後ろにもジンベエ! 5)無ヘーレスのチャーターが出発する桟橋

1)捕食の瞬間を激写。こんな撮影も周囲に人が入らず撮影できる 2)前から来た2匹の撮影に夢中になっていたけど、周囲を5匹のジンベエザメに囲まれていた。(撮影 宮下洋平) 3)まるで鏡に写ったかのように平行して泳ぐジンベエザメに挟まれて泳ぐ。誰も邪魔する人もいない至福の時 4)追いかけなくても、海に浮いて待っているだけでも、こんな美味しい状況に何度も遭遇できる。しかも、後ろにもジンベエ! 5)無ヘーレスのチャーターが出発する桟橋 6)ダイビングはできないけど、素潜りで下からの撮影はオッケーだ

まるで おたまじゃくしみたいに ジンベエザメが 群れていた

 水中に入ると、想像していた以上に透明度が高い。プランクトンを捕食しているわけだから、確かに浮遊物はあるが さすがに外洋の海。 ジンベエザメを見る環境としては、個人的にはマーシャル諸島でジンベエザメを何度も目撃した 時の次くらいに透明度は高い。 20m以上は抜けている感じだ。だから、遠くからジンベエザメが来るのもそれなり に確認できる。つまり、視界に何匹ものジンベエザメを確認できるということだ。
「今日はかなり良かったな。300匹はいたんじゃないか」そういうキャプテンの言葉に「good、better、bestで言う とどんな感じ?」と訪ねると「まあbetterだね。Best の時はもっと凄いよ」……一体どんなに凄いんだ。

左)海が穏やかなので、小さな子供たちを連れている船も目立った 右)白砂のビーチは観光客で賑わう

左)海が穏やかなので、小さな子供たちを連れている船も目立った 右)白砂のビーチは観光客で賑わう

セノーテダイビング、スキンダイビング

 神秘的な光のカーテンを見ることができる、セノーテダイビング、スキンダイビングを 前後に組み合わせることも可能です。ご興味のある方は、お問い合わせ時に、セノーテに関しても ご質問下さい。

神秘的な光のカーテンを見ることができる、セノーテダイビング、スキンダイビング

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com