スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

イルカやクジラと泳ごう!INTO THE BLUE > スペシャルトリップ > スペシャルトリップブログ > 2010年バハマドルフィンクルーズスケジュール1週目終了/前編

スペシャルトリップブログ

Sat 12
2010年バハマドルフィンクルーズスケジュール1週目終了/前編
2010.06.12

_MG_0299.jpg

6月6日(日)

朝7時40分頃、グランドバハマ島の最西端、WEST END のOLD BAHAMA BAYに入港した。昔は、廃墟となったホテルがあった、人気無い田舎の漁港だったこの港も、数年前に立った高級リゾートのおかげで様子が一変した。

停泊させる岸壁の周囲も、以前は南洋杉の林に囲まれていて、船外に出ると、サンドフライという虫の一斉攻撃を受けていた。今もサンドフライはいるのだけど、何故か自分はあまり感じない。免疫ができてしまったのだろうか。

今日も、快晴で、外に出てもなんともなかった。他のゲストはサンドフライを恐れて、サロンから外には出てこない。リピーターが多いからだけど、きっと来週は初めての人も多いので、外に出てしまうだろうな。

開発が進んだことによる僕たちへの恩恵は、サンドフライが少なくなったことと、船上にいながら、WIFIの電波が拾えて、ネットがほんのつかの間使えるようになったことだ。


船長のスコットが、バハマの出入国手続きを済ませてしまえば出港する。その小一時間ほどの間に、弱い電波を頼りに、ネットをつなぎホームページと、Twitterにコメントと写真をアップした。

同時に、僕のHPをリニューアルしてくれているウエブクリエーターとSkypeで連絡を取って、この日、新デザインHPのアップを依頼した。

手続きを終了して、港を出る。ここから、目的地のホワイトサンドリッジまでは、まだ6時間近くかかる。のんびりとしていたら、Sandy Cayの辺りの外洋で、スコット船長が、Southern Group と呼んでいる、タイセイヨウマダライルカたち数頭に遭遇した。

50回以上、バハマのクルーズに乗船しているけど、北上するときに、このエリアでSouthern Groupのイルカたちに遭遇する機会は、それほど多くはない。

海の透明度は、北のホワイトサンドリッジに比べて格段に落ちるのだけど、遊びそうだったので、エントリーしてみることにした。

3組の親子が、とてもフレンドリーで、ほとんど同じ海域を動くことなく、1時間以上も一緒に遊ぶことができた。スコットはその中の1頭はパウパウではないかと言っていた。

透明度が悪かったし、初心者の人もいたので、今年最初のスイムは、小型のPanasonic LUMIX GF-1 +INON Housing を持って撮影した。気軽に振り回せるし、フィッシュアイレンズだったので、撮影しやすかった。元々,グリーンな海だったので、色の 出具合はバハマらしからぬ緑の印象が強いけど、まあ、これはしょうがない。

P1030135.jpg

P1030333.jpg

しょっぱなからイルカたちが出て、皆満足したところで、さらに北上。午後4時過ぎ頃、ハンドウイルカの生息エリアで、5頭のハンドウに遭遇。2匹のナースシャークを引き連れて、フィーディングタイム。砂地には、彼らが砂をあさるときにできた、クレーターがいくつもあった。

P1030368.jpg

食事に夢中で、イルカたちはなかなか寄らしてくれないし、少し寄ってきても、さっさと補食に戻ってしまう。流れもあり、水深も15mくらいあったので、皆もなかなか潜ることができず、移動してついていかなければいけないので、一緒に泳ぐというよりは、補食シーンの観察に終止したので、1時間ほどで諦めて、さらに北上。

IMG_8531.jpg

P1030398.jpg

午後7時くらいに、ホワイトサンドリッジの少し外洋側で北のタイセイヨウマダライルカの群れに遭遇して、エントリー。時間的に、もうそろそろ浅いバンクから、深い海域に補食のために移動していたのだろう。

少し前から、雲が空に広がりはじめて、稲光も聞こえはじめていた。親子のグループで子どもたちはとても遊び好き。群れは2つに別れたので、こちらも2グループに別れてしばらく遊び続けた。

_MG_1152.jpg

_MG_1177.jpg

曇っていたこともあるし、日没前でもあったので、イルカたちの目が昼間と違って、ぱっちり開いていたのがとても印象的だった。

_MG_1169.jpg

暗いので、スローシャッターで撮影しての効果を狙ってみたけど、設定したシャッタースピードが少し早かったようで、イマイチ気に入った写真は撮影できなかった。しかたないのでISO感動を800まで上げて撮影。

稲光はあったけど、海も穏やかだったので、食事の後ナイトドルフィンをしようということになったが、結局移動してもイルカたちが見つからなかったのと、雨が降り始めたので、この日のスイミングは、これで終了した。

コンディション的には、いまいちな透明度であったり、外洋に近い深い海域ではあったけど、初日からかなりの時間イルカたちと遊べて、皆満足していたようだ。

夜は数人でルミキューブをして、ゲストの一人が持ってきてくれた焼酎を飲んで遊んだ。眠ったのは、2時前。

6月7日(月)

予報では、この日が一番風が強くなる予定。今は朝の5時30分。5時前から起きて、昨日の日記を書いていたのだけど、その間も微妙な揺れを感じる。別に波がめちゃくちゃ高いというわけではないけど。

9時過ぎに、船をスタートさせるとすぐにイルカたちが見つかった。まだコンタクトレンズもしていなかったので、急いで準備をして、海に飛び込む。20頭ほどのイルカ玉。イルカたちはにぎやかに、エコロケーションのソナー音を発っしながら、ゆっくりと移動していた。

僕たちがその騒ぎの中に入っていこうとすると、こちらを向いて、ギャーギャーと言った感じで騒がしい奴らが数頭。ダイバーがやってきた事を喜んでいると感じる人もいるようだけど、実際にはそういうわけでも無いらしい。

とにかく、しばらくはイルカとダイバーが入り乱れて泳ぎ続けた。このときは、Panasonic のLUMIX GF-1を持って撮影。静止画と動画両方を撮影していた。
いつものように、ホワイトサンドリッジの浅くて白い,浅い砂地の海底。そこで自由気ままに生きているタイセイヨウマダライルカたち。1年振りに、この海に帰ってきたと実感する。

何頭かの顔見知りイルカたちも姿を見せてくれていた。元気の良い子イルカたちが、僕らにまとわりつきながらクルクルと旋回して、縦横無尽にはしゃぎまくっていた。

_1030505.jpg

_1030517.jpg

1時間以上泳ぎ、群れは姿を消した。しかし、その群れが去った後も別のイルカたちが姿を見せたので、ほとんど休む暇も無く、エントリー。

この時は、Panasonic LUMIX FT2 を持って泳ぐ。グループの中に、昨年のおさわりイルカBluffがいた。しばらくは様子を見ながら泳いでいたのだけど、接近してくると、目の前で微妙に身体をくいっくいっと動かして誘うような仕草をする。

そっと身体に手を伸ばすと、嫌がることなく、手が触れたまま、一緒に泳ぎ続けた。僕は、しばらく彼女とのそうした触れ合いに夢中になった。後半には、海草でのパスキャッチもしながら遊んだ。

一眼レフのカメラを持っていたら、きっとこんな風には接しなかっただろう。

IMG_8689.jpg

P1000603.jpg

P1000647.jpg

ランチタイムで停泊中もイルカがやってきたり、その後も、顔なじみのイルカたちや、2年前や去年名前をつけたイルカたちが、沢山姿を見せた。

_MG_0052.jpg

_MG_1263.jpg

写真を整理していたら、子どもイルカの瞳がはっきり写っている写真が何カットかあって、拡大してみた。一緒に見ていたニューヨークから来た、チサさんが、ハワイのオアフ島でNAVY のイルカ研究をしているPaul Nachtingal氏という学者から、イルカの瞳は、二つあって、馬の蹄のような形で前と後の瞳がつながっていると教えてもらったそうだ。

写真ではあまり鮮明には写っていないけど、良く見ると二つの写真ともに、瞳のようなものが2つ写っている。

_MG_12431.jpg

下の写真の左下にある小さな穴は、イルカの耳。

_1030518.jpg

一度上がった風もおさまり、ナイトができるかなと思ったけど、途中からサンダーストームが発生して、この日もナイトはしないで終了。夜はクルーのコナーのギターを聞きながら、皆で話をしてもりあがった。

Next 「2010年バハマドルフィンクルーズスケジュール1週目終了/後編

Previous 「もうすぐバハマへ出発

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaji-ochi.com/mt/mt-tb.cgi/1701

コメント(6)

わーーーー
いっぱい!!!いっぱい!!
やっぱり素敵~♪♪すごーく楽しみ!
イルカの瞳。。前と後ろにあるように見えますね
この瞳で見つめてくれるんだぁ♪

心はバハマにある私です。。

昨日下船、今日からまた船に乗船して、バハマに向かいます。瞳かわいいですよね。

最高なクルーズどうもありがとうございました!
新しい友達我たくさんできてとてもうれしかったです!
また来年もお願いします!

チサさん>お疲れさまでした。楽しかったですね。また来年、一緒にイルカたちと泳ぎましょう!そのうちNYCにも、遊びに行きたいですね。その時にはよろしくお願いします〜。では!

うーん、素敵!!
瞳はほんと可愛いですね~
二つある傷のような模様、個体により結構違うと思っていましたが、必ず二つなのでしょうか。
2週目報告も楽しみにしています~!
チサさん、御蔵島にも是非♪

瞳、特に子どもの瞳はかわいいよね。どうなんだろう、必ず2つかな。全部確認できないから、わからないけど、またアップで撮影してみようかな。

コメントする

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com