スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

イルカやクジラと泳ごう!INTO THE BLUE > スペシャルトリップ > スペシャルトリップブログ > 2010年トンガ、ホエールスイミング28日目、6個体の親子を確認

スペシャルトリップブログ

Thu 16
2010年トンガ、ホエールスイミング28日目、6個体の親子を確認
2010.09.16

_MG_5049.jpg

9月14日、快晴。風は強い。オールレタルギアのゲストと海へ。ピーターがキャプテンのプナには、僕が、ノアがキャプテンのフルークには、トニーが乗船して海に出る。

最初はフンガ島の沖を探そうと、そちらに向かった。フンガ島の外洋側は携帯電話が入らなくなる。その手前でトニーから電話があり、先ほど通過したところで、クジラと泳いでいたプロティウスから、親子を譲ってくれるという連絡が入ったという。まだ出発して30分も経っていなかったので、それではそちらに向かおうということになり、船をUターンさせた。

しかし、そこに到着してみると、親子クジラはどうやらホエールスイム禁止エリアの内側にいて、そこから出て来ないと泳げない状態のようだった。しかも、フルークの他にもう1隻ついていた。

しばらくは風を避けて様子を見ていたけど、まだ出そうになかった。今日、イッカがスパイホップで海に出ていたので、そちらに連絡してみると、意外と近くでこちらも親子と泳いでいるとのこと。すでに、もう1隻ついてはるけど、交代で泳がせてもらえるように伝えておくとのこと。

いずれにしても、僕らの前に1隻づついるのだけど、禁止エリアの近くで、そこから出ても、またいつ中に入ってしまうかわからないよりは、そちらに向かった方が良いと判断した。

スパイホップは、モウヌ島の内側にいて、船で10分程で到着した。しばらく様子を見ていたが、ほとんど動いていない様子。イッカからも、かなり良い感じの親子だと連絡が入っていた。

順番が回ってきたので、入水してみた。母親は水深5m程度の浅い場所で停止して休息している。子クジラは母クジラの黒い身体とは違って、かなり白っぽい体色をしていた。今年は、黒い母親が多い。その母親の子どもも、ほとんどが黒っぽいのだけど、この子は例外だった。父親に似たのだろうか。

それにしても、母親が浅いので、母子の愛情を感じる写真が撮り易かった。子クジラもとても、人懐っこくで、こちらが止まっていても、どんどん近寄って来る。

_MG_5303.jpg

かわいいのだけど、子どもとはいえ、かなり成長していて、すでに7mくらいはあるサイズの子クジラにすり寄って来られてもって感じだった。

この子は、時にはあまりに水面ではしゃぎすぎて、ブリーチングしながらどんどん寝ている母親から離れてしまうこともあって、母親がそれに気づいて慌てて追いかけていくなんてシーンもあって、まるで自分の家の子どもたちと母親の様子とそっくりで笑ってしまった。

IKUMIのお母さんは、同じような事があっても、ゆっくり子どもの方に泳いで行ってたのに、この子の母親は本当に慌てて追いかけてるって感じだった。

それにしても、親子が撮影しやすかったので、5〜6度入水してから、次の船に順番を譲った。譲る時には、まだ母親が下で休息しているのが見える状態で、船に戻ることになったのだけど、僕が一番最初に船に戻って、泳いで来るゲストたちを見ていると、なんと一番後ろからその子クジラが,皆の後ろをついて来ていた。

3人のゲストが等間隔で泳いでいるのに合わせて、子クジラも等間隔で皆の後ろについて船に近づいてきたのには、笑ってしまった。時には口を開けてめちゃくちゃはしゃいでる感じで「まってよ〜!もっと遊ぼうよ〜!」って感じだった。

しばらくすると、また母親が慌てて浮上してきて、その子クジラを連れ戻しに来た。「知らない人についていっちゃダメだって,何度も言ってるでしょ!」とたしなめられているようだった。

この日は、この親子との遭遇だけで十分満足だった。フルークの方にも何度か連絡を入れてみたが、泳げているということだったので、これで、最終週は初日から全員が無事にクジラと水中で泳げて、6年連続で100%の遭遇率を維持したことになる。

ホテルに戻ってから、トニーと個体識別用に写真をチェックしていた。この日は少なくとも、他の船からの連絡も含めて、最低6個体は親子が確認されていたようだ。週末の間に、姿を見せる親子の個体数が増えたようだ。

そのほとんどが、かなり成長した子ども。子どもが大きく成長したので、神経質だった母親も、落ち着いてきたのかもしれない。もしかしたら、僕らと泳がせるのが、これから先の長い航海を前にして、子どもたちのほんのつかの間の遊び相手として、丁度良いと判断してくれていたのかもしれない。まあ、あくまで自分(人間)に都合の良い憶測だけど。

_MG_5203.jpg

この日、トニーが水中で撮影した2個体には、PONGI PONGI(トンガ語で朝)、PUNA(ジャンプ、ブリーチング)と名付けた。僕が見た女の子には、POTO(
賢い)と名付けた。

Next 「2010年トンガ、ホエールスイミング29日目、オンゴの命日、子クジラの身体にロープが。。

Previous 「2010年トンガ、ホエールスイミング、6週目メンバー到着。しかし、荷物は届かず。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaji-ochi.com/mt/mt-tb.cgi/1764

コメント(2)

人懐っこい子クジラなんているんですね。
母親の慌てぶりとかクジラの世界も人間の世界も一緒なんだなー、と
読んでてほんとおかしかったです(^^)

イルカもクジラも未体験ですが、
越智さんのブログでいろいろ知ることができてよかったです!
仕事が落ち着いたら絶対参加しますね~(^_-)☆

そうです。本当に人懐っこいんですよ。人懐っこ過ぎて困る場合もあります。是非、いつか参加してみてください。面白いですよ。

コメントする

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com