スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

2016年3月のエントリー

Mon 28
スリランカでのホエールスイミングweek2 初日。マッコウクジラの群れと200頭以上はいそうなハナゴンドウの群れに遭遇
2016.03.28

_60A9720k.jpg

スリランカ南部からコロンボへ立ち寄り、キャンディ一泊してスリランカ北東部へ移動。初日は東風が若干吹いていて、ベタ凪とはいかず。ここ最近の北東部でのクジラ出具合は、現地のオペレーターや漁師から聞いていて、1日良い日があったけど、あとは全然、シロナガスクジラどころか、マッコウクジラにもなかなか会えていないとのこと。

海、コンディション良くないし、天気予報でも雨模様とのことで、空は雲が多くて、たまにスコールが降って来る場所もある。今年は、南部も北東部もいまいちみたいな印象なので、あまり期待しないで海に出てしばらくすると、ガイドのメナカが「もしかしたら、僕の友だち見つけちゃったかも」と嬉しそうに指差す。

「友だちって、人間の友だちじゃないよね?クジラのだよね?」と尋ねると、僕を立たせて「ほら、あそこに友だちいっぱい。しかも、ボート一隻も無いね」とさらに嬉しそう。

確かに、南部はスイムのための許可を持っていないとコーストガードの見回りが頻繁にあるので、許可無しでボートを出しているオペレーターはほとんどいない。しかし、北東部では、コーストガードの見回りはめったにない代わりに、許可無しでホエールウォッチングやスイミングを行うボートが年々増加していて、それはそれで弊害になっているように感じる。

はやければ来年くらいから、ルールが厳しくなり許可制度を厳しくし、ボートの数を制限しようとする動きもある。

まあ、その話はともかく、あまりクジラが出ていないと言われていたので、初日からマッコウクジラの群れに遭遇できてラッキーだった。発見したのは、8時前、その後午後12時30分くらいまでこの群れと泳ぎ続けた。

とはいっても、30頭くらいはいるのだろうけど、浮上してくるときには、多くてもせいぜい3〜4頭が一緒に上がってくる程度で、あとはほとんどがそれぞれ少し距離して浮上してくるので、群れを期待したけど、今日は単体か2頭くらいの撮影がほとんどだった。

_T5A1616k.jpg

_T5A1579k.jpg

遠くでは、何度もブリーチングしてる個体も目撃した。

マッコウクジラの群れから離れて、リゾートに帰る途中で、かなりの規模のハナゴンドウの群れにも遭遇。ハナゴンドウの水中撮影は、week1で初めて撮影に成功したばかりなのに、こちらでもまた撮影できてしまった。群れの大きさは、少なくとも200頭はいるのではという感じだった。

_60A9725k.jpg

初日からラッキーだったけど、今年の今までの状況から考えると、明日以降もそんなに期待しない方が良いかもしれないのかな。

2017年度の3月4月も、スリランカにてシロナガスクジラ、マッコウクジラ狙いのホエールスイミングを開催します。ご興味のある方はお問い合わせください。

Sun 27
スリランカでのホエールスイミングweek1終了。ハナゴンドウの水中撮影に成功。マッコウクジラの群れに遭遇。南部から北東部エリアへ移動
2016.03.27

スリランカ南部でのホエールスイミングを終了して、今現在、北東部エリアへと移動中。

_60A9612k.jpg

本来は、南部ではシロナガスクジラメインでのスイムが目的だったのだけど、滞在期間中に目撃したシロナガスクジラは1頭のみ。通常なら一番シロナガスクジラが多い時期のはずで、過去5年間はこの時期に来てシロナガスクジラを数頭目撃、多いときには、20頭近くを1日に目撃することが多かったのだが、今年は時期が少しずれてしまっていたようだ。

その間、北東部エリアの情報でも、シロナガスクジラの目撃情報はほとんどなく、スリランカの主要なエリアでの目撃がほとんど無い状態。これがエルニーニョや大ポールモード現象などが影響しているのかは、自分ではよくわからない。

南部でのホエールスイミングは、防衛省、環境省など政府の関係各所5カ所からクジラと泳ぐ許可申請を得て開催。この許可申請が無いとスリランカではクジラと泳ぐことができないし、5カ所から許可を取るのに、時間と手間がかかるのが大変だ。

今回は、許可申請したカタマランのヨットとディンギーボートで、ヨットに宿泊して広範囲に通常のシロナガスクジラの生息エリアを捜索した。通常のデイトリップのホエールウォッチング船がクジラを探すエリアのさらに倍近いエリアを捜索したが、結局1頭のシロナガスクジラしか見つけることができなかった。

P1480704k.jpg

_29A1331k.jpg

今回遭遇できたのは、ハナゴンドウの群れとマッコウクジラ30頭くらいの群れ。

ハナゴンドウはユメゴンドウと体調、体型が似ているが、成獣の中には、体中に傷があり、白くなっている個体が多いからそれらを確認できれば、簡単にハナゴンドウと識別することができる。

_60A9458k.jpg

今まで、船上から撮影したことはあったが、水中でこれだけ近くで撮影できたのは、始めてのことだった。

_60A9475k.jpg

シロナガスクジラが見つから無い中、キャプテンの知り合いの漁船から「たくさんのブローが見える」と連絡が入り、30頭のマッコウクジラに遭遇し、水中で泳ぐことができたのは、正直ラッキーだった。

ディンギーとカタマランのヨット、二手に分かれて何度もマッコウクジラたちにアプローチした。

_60A9669k.jpg

今は南部でのホエールスイミングを終了して、北東部へ移動中。こちらはもともとマッコウクジラメインと考えてのホエールスイム。沢山のマッコウクジラに会えることを期待している。

参加していただいた皆様。ありがとうございました。

来年の3月4月も、スリランカにてシロナガスクジラ、マッコウクジラ狙いのホエールスイミングを開催します。ご興味のある方はお問い合わせください。

Sat 12
2016年バハマ・タイガーシャーククルーズ part1 餌付けにも挑戦
2016.03.12

_60A8050k.jpg

今年もバハマでの、タイガーシャーククルーズを開催、無事終了してフロリダのウエストパームビーチに戻ってきた。

ダイビング初日は、タイガービーチのアンカーチェーンに停泊。ここは水深6m
ほどのフラットな砂地の海底が広がっている。もちろん、タイガーシャークも出るポイントではあるのだけど、初日はフィーディングなどしないで、ここでチェックダイブや機材、ウエイトの調整などを行った。

チェックダイブと言っても、アンカーすると同時に、餌の入ったボックスを海中に落とすので、あっというまに、ダイビングデッキの周囲には、沢山のレモンシャークが集まってくる。

_29A8559k.jpg

初日は、30匹近い、レモンシャークたちと戯れるダイビング。

2日目は、タイガービーチのフィッシュテールというポイントに移動して、クルーによるフィーディングをスタート。ボートのエントリー&エキジットポイントには、レモンシャークに加えて、沢山のカリビアンリーフシャークが群がっていた。この中にジャイアントストライドでエントリーしていくのだから、サメ好きにはたまら無いだろうけど、サメが苦手な人からすると、「冗談じゃない!」という状況だろう。

ここの水深は12m程度。フィーダーが海底に降りてフィーディングを始めると、早速タイガーが姿を見せた。しかし、1ダイブ目に姿を見せたタイガーは少し小ぶりで、レモンシャークと同じか、場合によってはそれより小さい。まあ、初参加の人には、最初はこれくらいのサイズが丁度良いかなとも思うのだけど、実は、大きな個体よりも、小さな個体の方が動きが早く、小回りも効くし、この個体はかなり好奇心旺盛だった。

すぐに進行方向を変えて、僕らの方に向かって来る。頭部が何かにぶつかったのか、あるいは、釣りのフックが長い間引っかかっていたのか、陥没していて、皆が「ボコちゃん」と呼んでいた。

_60A6883k.jpg

この個体は、最終日までほぼ毎ダイブ皆の前に姿を見せて愛嬌を振りまいてくれた。

2ダイブ目からは、4m級の大きな個体が複数個体姿を見せて、最終的には計4個体を一度に見ることができた。

_60A8227k.jpg

ナイトダイビングでもタイガーが登場。

_60A7181k.JPG

しかし、2回目のフィーディングのときに、クルーの一人がレモンシャークに指を噛まれてしまった。

_MG_4235k.jpg

傷も大したことないし、噛まれた本人は嬉しそうだけど、さすがに、これ以降は海に入れなくなってしまった。

クルー2名が交代でフィーディングをやる予定が、一人だけがずっとフィーディングを行うことになったので、減圧も出るし「回数を減らすか、それとも、TAKA、やる?フィーディング?」と言われ、「え、どっちでもいいけど」と答えると、「自分ですっごくやりたいのならやってもいいけど、特に気乗りしないならすすめないよ」とキャプテンに言われ、要するに、何かあった場合、キャプテンの責任にもなるから、自分がどうしてもやりたいって言わない限りはフィーディング無しのダイビングになってしまう。そうなると、タイガーもあまり寄って来ないので、しょうがなく「是非やりたいです」と答えて3日目にはフィーディングすることに。

_29A0656k.jpg

多分、野生のタイガーシャークへの直接の餌付けを行った初めての日本人かもよとクルーに言われた。特に恐怖心は無かったのだけど、餌付けの魚の入ったボックスの扱いに慣れていなかったのと、餌をあげるタイミングがうまくつかめずに、早めに終わらせてしまった。次回チャンスがある場合には、もう少し余裕を持ってできるとは思うけど、やっぱり写真撮影している方がいいな。

Tigermoutha.jpg

ちなみに、これはタイガーシャークの口の中を4K動画で撮影したものの1シーンを切り出した画像。真ん中に寄生虫みたいのが見える。それに、向かって右端には、釣りのフックが錆びたようなものがそのまま口の中に残っているのもわかる。かわいそうだけど、なんか口の中のピアスみたいでもある。

2017年、2018年は、7日間のクルーズだったものを9日間にして、グレートハンマーヘッドシャークやブルシャークの見れる(ここのタイガーシャークくらい近寄れる)海域まで行くことになります。すでに2017年、2018年もそれぞれ正式予約、仮予約で満席ですが、キャンセルが出たら、またご連絡します。ちなみに、2019年度は日程決まってはいませんが、参加希望のお問い合わせは来ています。

タイガーシャーク&グレートハンマーヘッドシャーククルーズに関するご質問はお問い合わせください。

Sat 05
地元ダイバーから「チープ・レンべ」と呼ばれるブルーヘロンブリッジと、新たに建設された施設、マナティラグーン
2016.03.05

_29A8431k.jpg

バハマでのタイガーシャーククルーズ前に、出航先である、ウエストパームビーチにあるブルーヘロンブリッジを潜ってみることにした。

前々から「マクロが案外面白いから一度潜ってみな」と言われていたブルーヘロンブリッジにあるダイビングポイント。川のようになっている内湾に位置していて、水深が浅いため、潮の流れが早く、1日のうち満潮になる30分前から、満潮後30分までの1時間、計2時間しか潜れる時間帯が無いというユニークなポイントだ。

_29A8136k.jpg

つまり、24時間中、2時間。どのみち、1本はナイトか早朝ダイブになってしまう。近くにあるダイビングショップで前日にタイドを確認したところ、この日は午後4時過ぎが満潮。だから、エントリーは午後3時20分くらいで、エキジットは、下げ始める午後4時30分くらいまでが、ダイビング可能時間と言われ、その時間に合わせて翌日にショップを訪れて、タンクやウエイトなどと一緒にダイビングフラッッグを借りてエントリーポイントに向かった。

_29A8138k.jpg

ボートの航行が激しいために、ダイビングフラッグは代表者が常に持っていることも義務付けられている。

さて、以前から「フロリダに住むアメリカ人にとっては、チープ・レンべって言われるくらい、マクロが面白いんだよ」って言われて半信半疑で潜ったのだけど、これが予想以上に面白くて、ハマりました。ダイビング予定時間は60分だったんだけど、90分潜ってても、まだ撮り足りなくて、下げの流れが発生して、透明度が一気に落ちてくにもかかわらず、潜り続けてしまいそうになった。

見れたものを以下に紹介。自分はマクロだったので、撮影できなかったけど、バレーボール大のカブトガニの交尾シーンなんかも目撃。

写真の口内保育中のジョーフィッシュの顔のサイズは、女性の握りこぶし大。水深5mの砂地にいて最初見つけたときには、なんじゃこりゃ!って感じだった。ショップで聞いたときはこんなに大きくないような親指くらいみたいに言われていたので、探すときも、このサイズは想定していなかった。

_29A8419k.jpg

オルトマンワラエビみたいなエビも沢山いて、しかも、かなりでかい。

_29A8378k.jpg

カイカムリ系のカニもうじゃうじゃ

_29A8443k.jpg

ホウボウもサイズでかくて、マクロではヒレ広げたところを撮影

_29A8303k.jpg

エンジェルフィッシュなどの幼魚系も多い

_29A8248k.jpg

この日一番かわいかったのは、この子たち

_29A8458k.jpg

まだまだ沢山の生物を撮影したけど、1ダイブでは撮り足り無い。次回からは、ここでのマクロダイビングにハマりそう。夏のドルフィンクルーズでも潜りに行っちゃおうかな。

運が良ければマナティに遭遇することもあるとか。

この近くにマナティラグーンという施設も新たに作られた。

_29A8145k.jpg

発電所の暖かい排水に冬の時期、マナティが集まってくるので、その施設を見学できるように開放したようだ。館内には、マナティの生態や、保護活動などに関しての展示がある。

_29A8178k.jpg

この日は暖かいから見れなかったけど、寒いと展示してある写真のようにマナティがうじゃうじゃ集まってくるそうだ

_29A8148k.jpg

標本骨格では、マナティの前足がはっきり残ってるのに、感心した。

_29A8173k.jpg

ということで、タイガーシャーククルーズ、ドルフィンクルーズが開催される船が出航する港の周辺での海に関する情報でした。今日からバハマへ向かいます。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2016.06.28
2017年名古屋、大阪で写真展「INTO THE BLUE 〜青にとける〜」巡回展のお知らせ

2016年5月に東京・六本木ミッドタウンにある富士フォトサロンで開催し、1万人もの方にお越しいただいた写真展「INTO THE BLUE〜青にとける〜」の名古屋、大阪での巡回展日にちが確定しました。 名古屋・富士フォトサロン 2017年5月12日(金)〜5月18日(木) 大阪・富士フォトサロン 2017年6月2日(金)〜6月8日(木)

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com