スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

2016年6月のエントリー

Tue 28
2016年バハマドルフィンクルーズweek3にキャンセルが出ました
2016.06.28

_MG_3456k.jpg

今日からパラオに行きます。その前に、7月15日からのドルフィンクルーズweek3に急遽キャンセルが出ました。今から参加可能な方はお問い合わせください。

ochi@oceana.ne.jp

Fri 24
2016バハマドルフィンクルーズ・week2  新しいお触りイルカ登場
2016.06.24

_MG_0919k.jpg

1日目、出入国手続きを行うウエストエンドに到着した時点では、空には雲が広がっていたが、徐々に晴れ間が見え始めた。そこから6〜7時間かけて、イルカのいる海域へと移動。グレートアイザック島の周辺でタイセイヨウマダライルカの群れに遭遇。スコット船長が、「このエリアにいるイルカたちは、ホワイトサンドリッジにいたイルカたちのグループだから、個体識別用に撮影して欲しい」と言われてので、個体を両サイド撮影することに専念しながら泳ぐ。

_MG_1059k.jpg

クルー二人が新人なので、船長の奥さんのロビンが水中スクーターでイルカたちを誘導した。最初は、20頭くらいのイルカたちがいたが。波が高く、皆波乗りしている方が楽しいのか、最後には2頭くらいが残って一緒に泳いでいる感じに。外洋から風が吹いてきていたので、この海域にしては、透明度も良かった。

_MG_0957k.jpg

途中でナースシャークがイルカたちと一緒に姿を見せたので、接近して撮影した。自分は慣れているから平気だったのだけど、サメのシルエットを見て、しかも浮上してきたので、ビビっていた人もいたようだ。

_MG_0999k.jpg

4時から6時くらいまで泳ぎ、ビミニ近海に向けて南下を再開した。

_MG_0977k.jpg

スコット船長に、今年は個体識別リストを更新したいので、個体識別用に撮影をして欲しいと言われ、2009年のホワイトサンドリッジぶりにID撮影を始めた。

この日、一番記憶に残っていた個体に、2009年にKaitoとHayatoと名付けたオスのイルカのうち、Hayatoを確認できたことだ。Hayatoは、背びれが切れていて、個体識別しやすい個体。

Hayato092k.jpg
<2009年に撮影したHayato・ホワイトサンドリッジにて>

_MG_1023k.jpg
<2016年6月18日、グレートアイザック島近海で撮影したHayato。年齢は、多分8歳>

2日目、熱低の影響で北北東からの風が強く吹いていたため、イルカ捜索は普段は行かないビミニ諸島の南西海域に限られた。それでも波が高く、結局イルカたちには遭遇できず、ランチ休憩も今まで来たことのない、サウスキャットキー(無人島)のビーチ近くに停泊。一人、泳いで島に上陸してみると、小さいサイズのコンク貝が無数に打ち上げられていた。

中身も無いし、匂いもまったく無いので、ラッシュガードの袖と首の部分を縛って、袋状にした中に、サンタクロースの袋みたいに、沢山詰め込んで船に戻った。

_29A6236k.jpg

それを見て皆も、島に上陸して思い思いに好みのコンク貝の貝殻を拾い集めて、戻ってきた。これくらいのサイズだと、持って帰りやすくていい。

結局この日は午後もイルカは見つけられず、北ビミニ島の南西に停泊。スコット船長の奥さん、ロビンの誕生日のお祝いをした。

_29A6259k.jpg

その後は、何人かで12時まで大富豪をして、就寝。

3日目、風は止まず午前中には、イルカとの遭遇率の高いビミニ北のエリアまで行くが、かなり荒れていて、南に引き返す。そこでイルカたちに遭遇。海は波が高く、泳ぎに自信が無い数人は船上に残ったが、ほとんどのゲストが海に入ってイルカたちと泳いだ。イルカは波乗りはしていたものの、あまり同じエリアを動かずに泳いでくれたので、そんなに疲れることは無かったし、透明度も思っていたよりも良かった。

_MG_1252k.jpg

_MG_1339k.jpg

5頭の若いイルカたちが何度も戻ってきて泳いでくれた。

_MG_1378k.jpg

_MG_1465k.jpg

午後からも、同じグループと泳ぐが、午前中みたいに留まってはくれず、移動しながらのスイム。海藻のパスキャッチを楽しむ人も。

_T5A6337k.jpg

_T5A6482k.jpg

4日目は、マダライルカとハンドウイルカが、密集して泳ぎ、ハンドウイルカのオスがマダライルカのメスに交尾したりしていた。ハイブリッドが産まれないのかと、ゲストに聞かれたりしたが、今までも同じ行為を見たことはあるのだけど、ハイブリッドは見たことはないし、研究者も、以前質問したときはハイブリッドは産まれないのではと言っていた。

_T5A6838k.jpg

_T5A6815k.jpg
<バンドウイルカのペニスは、マダライルカのペニスに比べてかなり大きい。ちゃんと交尾ができているのか疑問でもあるが、以前挿入しているシーンを撮影したこともある>

_T5A6923k.jpg

この日は、ナイトドルフィンも行い、10数頭が姿を見せてくれた。バハマ初参加の人たちは、あまりにイルカが近くに来てくれるので、嬉しくてずっと笑続けてしまってマスクにずっと海水が入ってたというくらい、イルカたちが近くに来てくれて、一緒に泳いだりしていた。なかなか上がって来無いので、スコット船長から「終了」のサインが出るまで泳ぎ続けていた。

_T5A7225k.jpg

_T5A7126k.jpg

_T5A7024k.jpg

_T5A7006k.jpg

個人的には、イルカと一緒に姿を見せていたバラクーダがブダイ系の魚を捕食した瞬間を撮影できたのが今回のナイトダイビングでの収穫だった。

_T5A7067k.jpg
<ナイトドルフィン中に、ブダイ系の魚を捕食したバラクーダ>

最終の5日目には、海もベタ凪になり、引き続きマダライルカとバンドウイルカが密集して同じ行動を繰り返しているのに遭遇。イルカたちだけで、夢中いなっているので、諦めて他の群れを探して何度かアプローチするが、午前中は、素通りするイルカが多かった。透明度の高い海域で泳げたので撮影的には、まあまあ、満足だった。

_T5A7282k.jpg

_T5A7381k.jpg

午後には、昔のホワイトサンドリッジのグループに遭遇。シャークベイト、シーダー、チャブ、ハヤト、スクラッチなど、顔なじみのイルカたちが姿を見せてくれて、しかも、ゆったりと泳いでくれたので、皆最終日のドルフィンスイムを十分に満喫していた。

_T5A7591k.jpg
<楽しそうに、僕らの周囲を回り続けてくれたチャブ>

_T5A7504k.jpg
<お触りイルカのスクラッチ>

_T5A7519k.jpg
<スクラッチ>

新しく若いお触りイルカも登場。次回も姿を見せてくれるかな。

P6240699k.jpg

_29A6377k.jpg
<week2のメンバー>

バハマドルフィンクルーズweek2にご参加頂いた皆様、ありがとうございました〜。

Fri 17
2016年、バハマ・ドルフィンクルーズweek1終了 4日間べた凪
2016.06.17

_MG_0283k.jpg

バハマドルフィンクルーズ2016年がスタートしました。
船に乗船するフロリダのウエストパームビーチにゲストが集合。レストランで、恒例の顔合わせ。

P6120011k.jpg

船に乗り込んでからは、ゲストに船のブリーフィングや、イルカの出る海域、泳ぎ方などを説明します。その後、バハマのグランドバハマ島に向けて出航。

P6120017k.jpg

そこで、バハマ入出国手続きを済ませて、イルカの棲む海域へと向かいます。

1日目 夕方、16時くらいにイルカの棲む海域に到着。日が暮れる20時くらいまで、イルカを捜索。しかし、この日、イルカは姿を見せず。

2日目 朝9時前に30頭くらいの年配のタイセイヨウマダライルカと数頭のミナミハンドウイルカの群れに遭遇。

_MG_0263k.jpg
<タイセイヨウマダライルカとミナミハンドウイルカ約30頭が絡み合いながら泳いでいた>

_MG_0267k.jpg

_MG_0457k.jpg
<フレンドリーなイルカたちと泳ぐゲストたち>

P1000304k.jpg
<イルカたちと一緒に泳いでいるところをゲストに撮影してもらった>

ランチはそうめん。昼休み中はエルドラドというポイントで、8人がダイビングを楽しむ。午後は19時くらいにイルカに遭遇して20時まで泳ぐ。

_MG_0580k.jpg
<夕暮れ時もイルカたちが沢山遊びに来てくれた>

ナイトドルフィンにもトライするが、イルカが来なくて、一度場所を移してみたが、結局来ないので諦めて停泊地に移動した

3日目、1日目、2日目同様にベタ凪が続く。8時にイルカを探し始めてすぐにイルカたちに遭遇。透明度も良く参加者全員が長時間、ゆったりとイルカたちと泳ぐことができた。

P1000401k.jpg

_1000550k.jpg
<ベタ凪の海でイルカたちと泳ぐ、ゲストたち>

_29A6194k.jpg
<ベタ凪で、船の船首について泳ぐイルカたち>

自分は体調が悪かったので、海に入らず、船上で様子をみていたのだけど、その船の周囲にも5頭のイルカたちがずっと泳ぎ続けていてくれて、今までとは違った感じの撮影を行うことができた。

_29A6138k.jpg
<船を止めている間も船の周りを何回もグルグルと回り続けてくれたイルカたち>

ランチには、前日エルドラドでとってきたコンク貝の刺身、寿司が出た。この日もエルドラドに停泊して、3人がダイビング。
ギンポ団地でマクロ撮影など行ったり、おみやげ&食事用にコンク貝を捕まえてきたりした。

P1000699k.jpg
<ダイビングでは、ギンポ団地でマクロ撮影なども楽しめる>

午後は、18時くらいから1時間ほどイルカと泳ぎ、終了。ナイトドルフィンにトライするがこの日も夜イルカは姿を現さなかった。

4日目、この日も、朝9時前からフレンドリーなイルカたちに遭遇。透明度の高いエリアで、午前中ずっとイルカたちと泳ぎ続けた。体調の回復しない自分は、この日も船上にいて、身体を休めていたので、水中での撮影は無し。

_1010354k.jpg
<ゲストのお気に入りの写真>

_1080204k.jpg
<ゲストがスローシャッターで撮影したイルカの写真>

_1010528k.jpg
<ゲストのお気に入りの写真>

P1000958k.jpg

P1000755k.jpg

午前中に沢山泳げたので、昼休みは、皆海に入らずに休憩。午後も、イルカたちと泳ぎ続ける。

ナイトは、風が上がってきたので、トライしないで停泊地へ

イルカと泳げる最終日の5日目、風が上がり、波が高くなった。少し見つけるのが遅くなったが、9時過ぎにイルカたちに遭遇。波は高くなって、イルカたちは、サーフィンを楽しんでいたけど、外洋からの風だったので、透明度が上がり、青い海でイルカたちと泳ぐことができた。

_MG_0707kk.jpg

_MG_0728k.jpg

_MG_0776k.jpg

イルカと泳いでいるときに、大きなメスのアカウミガメがコバンザメとパイロットフィッシュを従えて姿を見せた。カメとイルカとのコラボ写真は珍しいので、カメの側にいてイルカが近寄ってくるのを狙ってみたけど、あまりうまくは絡んでくれなかった。

_MG_0821kkk.jpg

_MG_0836kk.jpg

停泊地で食事を済ませた後は、午後からは、ストームが来て、波がさらに高くなってきたので、イルカの捜索はできず、最終日午前中でweek1のドルフィンスイムは終了。それでも、凪の日が4日間あり、イルカとも沢山泳げて、ゲストも充分満足したドルフィンクルーズweek1だった。

_29A6220k.jpg
<参加してくれたゲストの皆さんとクルー>

参加してくれたゲストの皆さま、ありがとうございました。

バハマのフレンドリードルフィンたちの生活をテーマにした写真絵本「イルカと友達になれる海」を今年4月に小学館から発売しました。

13138741_1037498159631677_1476539149128172323_n.jpg

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.08.04
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

御蔵島。今シーズン最後の追加日程のご連絡です。新たに3日程を追加しました。 今満席のところも、空席が出たら、ご報告します。どこかで、僕も参加するかもしれません。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 終了 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 終了 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 終了 ■8月25日(金)〜8月27日(日):満席 ■9月1日 (金)〜9月3日(日):満席 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):満席 ■10月20日(金) 〜10月22日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 ■11月3日(金)〜11月5日(日):新スケジュール ■11月10日(金)〜11月12日(日):新スケジュール 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com