スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

イルカやクジラと泳ごう!INTO THE BLUE > スペシャルトリップ > スペシャルトリップブログ > 2018 バハマドルフィンクルーズweek2 まったりとイルカたちと泳ぐ

スペシャルトリップブログ

Sat 23
2018 バハマドルフィンクルーズweek2 まったりとイルカたちと泳ぐ
2018.06.23

OK5A3823k.jpg

1日目  ウエストエンドからの出発し、グランドバハマ島からビミニの海域へのクロッシングは、ほぼべた凪で穏やかに過ごせた。今週も初日はグレートアイザック島からビミニ島までの間をジグザグにゆっくり南下しながらイルカを探す。しかしなかなかイルカが見つからず、7時15分くらいに、15頭のイルカがバウ(船首)について、8時まで泳ぎ終了。

夜は、バーで飲んで美味しかった、テキーラCASAMIGOSを2時過ぎまで飲んで就寝。

2日目、午前中は、9時30分にイルカが出てくれて11時まで、数頭のイルカと泳ぐ。

ランチ休憩では、エルドラドショールズでダイビング。ゲストの1200本記念ダイブだったので、1200の文字を作って海中で撮影。フェアリーバスレット、イエローヘッドジョーフィッシュ、ラフヘッドブレニー、ブルークロミス、ロックビューティーなど、定番の魚たちを紹介。コンクを収穫。

_1057124k.jpg

午後は、5時半にイルカたちに遭遇。4〜8頭のイルカたちが、船の周囲からほとんど動かないで、超スローペースでゆったり、まったり泳いでくれてた。1時間30分、ずっとそんな感じで泳ぎ続けた。今までのスイムの中でもかなりまったりと泳げたので、疲れもせず、気持ちよい時間を過ごせた。

OK5A2991k.jpg

OK5A3009k.jpg

OK5A3074k.jpg

OK5A3602k.jpg

OK5A3631k.jpg

OK5A3687k.jpg

OK5A3656k.jpg

この時のスイムがとても気持ち良かったので、それ以降のスイムはしないで、自分はバウでビールを飲むことにした。結局途中で外洋に出てフィッシング。成果は無し。

そのまま、ナイトドルフィンへ。イルカは2〜3頭しか出なかったけど、ゲストが手作り(アボガドを入れていたネットと、ワイヤーのハンガー)の網が大活躍して、あっという間に50匹以上のイカを収穫。

DD_180622_0029k.jpg

刺身と漬けにして食べた。

3日目。午前中イルカは現れず。ランチ休憩では、エルドラドショールズでダイビング。

午後もなかなかイルカが見つからず、7時前に、他の船が泳いでいるイルカを譲ってもらい、8時まで泳いで終了。ナイトもトライしたが、最初は3頭ほどが姿を見せたが、その後姿を見せなくなり、またイカ捕りに専念。

渋い1日だった。この日のハイライトは、week1に対抗して、ピンク一色でイルカと泳ぐクルーのフィンチと一緒に、チームピンクweek2を結成して記念撮影したことか・・・・。

いいんだけど、知らない人が見たら、どんな集団なんだと思われてしまわないかちょっと心配・・・。

4日目、朝9時から10時まで数頭のイルカと泳いだ後は、全くイルカが見つからなかった。この日は、ダイビングはしないで、水中スクーターで遊んだ。夜は、ナイトドルフィン中にバショウカジキ が出現。

5日目、朝10時過ぎに13頭のイルカに遭遇。1時過ぎまで、約3時間泳ぎ続けた。午後は、2頭のイルカと40分ほど泳いで終了。

OK5A4636k.jpg

OK5A4589k.jpg

OK5A4050k.jpg

OK5A4561k.jpg

OK5A4513k.jpg

OK5A3041k.jpg

week2に参ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。またどこかの海でお会いしましょう!

P1018439k.jpg

P1018450k.jpg

2019年度のINTO THE BLUEがチャーターするドルフィンクルーズスケジュールは以下になります。

OK5A3794k.jpg

すでに、week3とweek4は仮予約ですが、満席になっています。

week1 2019年6月7日(金)〜16日(日)(クルーズ乗船・8日〜14日)
week2 2019年6月14日(金)〜23日(日)(クルーズ乗船・15日〜21日)
week3 2019年7月12日(金)〜21日(日)(クルーズ乗船・13日〜19日)
week4 2019年7月19日(金)〜28日(日)(クルーズ乗船・20日〜26日)

上記は、日本発着の日程になります。ボート乗船は、土曜日から金曜日の7日間。
もし、10日間ではどうしても難しく、9日間で希望される方はご相談ください。


Next 「2018 INTO THE BLUE バハマドルフィンクルーズweek3 ナイトドルフィンスイムングで、3匹のバショウカジキが出現!おさわりイルカのスクラッチも登場!

Previous 「2018年 バハマドルフィンクルーズweek1 毎日イルカ三昧

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaji-ochi.com/mt/mt-tb.cgi/2668

コメントする

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2019.03.04
【参加者募集】GW御蔵島ツアーが満席になりました。新たな日程で仮予約募集します 【参加者募集】GW御蔵島ツアーが満席になりました。新たな日程で仮予約募集します 【参加者募集】GW御蔵島ツアーが満席になりました。新たな日程で仮予約募集します 【参加者募集】GW御蔵島ツアーが満席になりました。新たな日程で仮予約募集します

into the blue御蔵島 GWドルフィンスイムツアーの日程(8名募集)が満席になりました。 into the blueでは、新たに、2019年の御蔵島ドルフィンスイムツアーを別日程でも開催を予定しています。今後も新しい日程が新たに追加されますが、まずは、6月、7月、9月の日程でのツアーの仮予約を開始させていただいます。 注)まだ確実に日程が確保できていないため、場合によっては、未催行となる場合もあります。3ヶ月前に確定しますので、それまでは仮予約とさせていただきます。 【Into the Blue 御蔵島ドルフィンスイムツアー詳細】 ■日程と金額 5/10(金)〜5/12(日) ¥60,500 ~ ※初心者歓迎 6/21(金)〜6/23(日) ¥60,500 ~ ※初心者歓迎 7/26(金)〜7/28(日) ¥60,500 ~ ※初心者歓迎 9/6(金)〜9/8(日) ¥60,500 ~ ※初心者歓迎 <確保できるお部屋によって、金額が多少プラスされる可能性があります> ■基本スケジュール 1日目21:30頃、竹芝桟橋に集合 22:30頃、東海汽船にて御蔵島へ(船内泊) ※集合時刻の確定は、日程表にてご連絡致します。 <食事:朝× 昼× 夕×> 2日目 御蔵島に到着後、宿に移動 ※準備や朝食など自由時間 【午前】ドルフィンスイム(約2時間) 島に戻って、昼食(各自負担) 【午後】ドルフィンスイム(約2時間) <食事:朝× 昼× 夕◯> 3日目 【午前】希望者のみ、ドルフィンスイム(オプション・約2時間・¥ 9,000-) 島に戻って、昼食(各自負担) あるいは船内にてみんなで昼食をとりましょう! 【午後】東海汽船にて、御蔵島発 19:30~21:00竹芝桟橋着後、解散 <食事:朝○ 昼× 夕×> ■代金に含まれるもの ・東海汽船/橘丸(東京〜御蔵島間二等往復。ご希望があれば、追加料金で特二などに変更も可能) ・宿泊代(同姓相部屋) ・ドルフィンスイム/土曜午前1回&午後1回 ※日曜日、午前中のドルフィンスイムは、¥9,000(オプション/現地払い)となります。 ・食事/朝1回 昼0回 夕1回 ※ご注意:イルカに限らず、自然の生き物なので、会えないことや近くで泳げないこともございます。また、御蔵島は地形上、天候や海況により、船の接岸が難しくなることもあります。あらかじめご承知おきください。 ■御蔵島での宿:御蔵荘、まるいなどを予定 ドルフィンスイム船:海豚人丸、ほか予定 ■参加費用 上記ご参考ください。 ★混み合う日程のため、東海汽船の2等席の確保が難しい状況です。 もし、特2等のお席になってしまった場合には、[追加¥3,670/片道]がかかってしまいます。あらかじめご理解下さいませ。 お問い合わせ ヒットツアーズ/株式会社エイチアイティ 東京都知事登録 第2種旅行業6316号 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-10-1マリア千駄ヶ谷ビル1階 TEL; 03-5413-4701 WEB; https://www.hittours.com 担当者MAIL; wakana@hittours.co.jp

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com