スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Fri 17
2016年、バハマ・ドルフィンクルーズweek1終了 4日間べた凪
2016.06.17

_MG_0283k.jpg

バハマドルフィンクルーズ2016年がスタートしました。
船に乗船するフロリダのウエストパームビーチにゲストが集合。レストランで、恒例の顔合わせ。

P6120011k.jpg

船に乗り込んでからは、ゲストに船のブリーフィングや、イルカの出る海域、泳ぎ方などを説明します。その後、バハマのグランドバハマ島に向けて出航。

P6120017k.jpg

そこで、バハマ入出国手続きを済ませて、イルカの棲む海域へと向かいます。

1日目 夕方、16時くらいにイルカの棲む海域に到着。日が暮れる20時くらいまで、イルカを捜索。しかし、この日、イルカは姿を見せず。

2日目 朝9時前に30頭くらいの年配のタイセイヨウマダライルカと数頭のミナミハンドウイルカの群れに遭遇。

_MG_0263k.jpg
<タイセイヨウマダライルカとミナミハンドウイルカ約30頭が絡み合いながら泳いでいた>

_MG_0267k.jpg

_MG_0457k.jpg
<フレンドリーなイルカたちと泳ぐゲストたち>

P1000304k.jpg
<イルカたちと一緒に泳いでいるところをゲストに撮影してもらった>

ランチはそうめん。昼休み中はエルドラドというポイントで、8人がダイビングを楽しむ。午後は19時くらいにイルカに遭遇して20時まで泳ぐ。

_MG_0580k.jpg
<夕暮れ時もイルカたちが沢山遊びに来てくれた>

ナイトドルフィンにもトライするが、イルカが来なくて、一度場所を移してみたが、結局来ないので諦めて停泊地に移動した

3日目、1日目、2日目同様にベタ凪が続く。8時にイルカを探し始めてすぐにイルカたちに遭遇。透明度も良く参加者全員が長時間、ゆったりとイルカたちと泳ぐことができた。

P1000401k.jpg

_1000550k.jpg
<ベタ凪の海でイルカたちと泳ぐ、ゲストたち>

_29A6194k.jpg
<ベタ凪で、船の船首について泳ぐイルカたち>

自分は体調が悪かったので、海に入らず、船上で様子をみていたのだけど、その船の周囲にも5頭のイルカたちがずっと泳ぎ続けていてくれて、今までとは違った感じの撮影を行うことができた。

_29A6138k.jpg
<船を止めている間も船の周りを何回もグルグルと回り続けてくれたイルカたち>

ランチには、前日エルドラドでとってきたコンク貝の刺身、寿司が出た。この日もエルドラドに停泊して、3人がダイビング。
ギンポ団地でマクロ撮影など行ったり、おみやげ&食事用にコンク貝を捕まえてきたりした。

P1000699k.jpg
<ダイビングでは、ギンポ団地でマクロ撮影なども楽しめる>

午後は、18時くらいから1時間ほどイルカと泳ぎ、終了。ナイトドルフィンにトライするがこの日も夜イルカは姿を現さなかった。

4日目、この日も、朝9時前からフレンドリーなイルカたちに遭遇。透明度の高いエリアで、午前中ずっとイルカたちと泳ぎ続けた。体調の回復しない自分は、この日も船上にいて、身体を休めていたので、水中での撮影は無し。

_1010354k.jpg
<ゲストのお気に入りの写真>

_1080204k.jpg
<ゲストがスローシャッターで撮影したイルカの写真>

_1010528k.jpg
<ゲストのお気に入りの写真>

P1000958k.jpg

P1000755k.jpg

午前中に沢山泳げたので、昼休みは、皆海に入らずに休憩。午後も、イルカたちと泳ぎ続ける。

ナイトは、風が上がってきたので、トライしないで停泊地へ

イルカと泳げる最終日の5日目、風が上がり、波が高くなった。少し見つけるのが遅くなったが、9時過ぎにイルカたちに遭遇。波は高くなって、イルカたちは、サーフィンを楽しんでいたけど、外洋からの風だったので、透明度が上がり、青い海でイルカたちと泳ぐことができた。

_MG_0707kk.jpg

_MG_0728k.jpg

_MG_0776k.jpg

イルカと泳いでいるときに、大きなメスのアカウミガメがコバンザメとパイロットフィッシュを従えて姿を見せた。カメとイルカとのコラボ写真は珍しいので、カメの側にいてイルカが近寄ってくるのを狙ってみたけど、あまりうまくは絡んでくれなかった。

_MG_0821kkk.jpg

_MG_0836kk.jpg

停泊地で食事を済ませた後は、午後からは、ストームが来て、波がさらに高くなってきたので、イルカの捜索はできず、最終日午前中でweek1のドルフィンスイムは終了。それでも、凪の日が4日間あり、イルカとも沢山泳げて、ゲストも充分満足したドルフィンクルーズweek1だった。

_29A6220k.jpg
<参加してくれたゲストの皆さんとクルー>

参加してくれたゲストの皆さま、ありがとうございました。

バハマのフレンドリードルフィンたちの生活をテーマにした写真絵本「イルカと友達になれる海」を今年4月に小学館から発売しました。

13138741_1037498159631677_1476539149128172323_n.jpg

Wed 20
スリランカ ホエールスイムweek4 34年間の漁師経験の中で初遭遇!200頭オーバーのスーパーポッド!海中はマッコウリバー状態
2016.04.20

_29A2672k.jpg

スリランカ・ホエールスイムweek4初日。今日もマッコウの群れに遭遇。最初は、湾口の透明度の悪いところにいたが、捕食しながら移動していくうちに、透明度の良い海域に出たので、何度かエントリー。その中の一頭が逃げるどころか、こちらに向かって突っ込んできた。どうやら、顔の右前部が陥没していて、しかも、左目の視力がないらしい。だから、左からアプローチした僕らを右目で確認しようとしたのか?それとも、ソナーが機能しなくなってるのか?可哀想なんだけど、なんか、まじまじと見るとハリーポッターのボルデモート卿の顔に見える。

_29A2616kk.jpg

_29A2619kK.jpg

2日目は、出発してすぐに、ハシナガイルカの群れと一緒に捕食するニタリクジラに遭遇。しかし、透明度も悪く、船上からの撮影を行い、マッコウを探しに外洋へ。

なかなか見つからず、他のボートとも連絡を取り合うがどのボートも見つかっていなかったので、少し距離の離れた別のフィーディンググランドへと移動することにした。

フィーディンググランドに向かう途中で、数頭のコビレゴンドウに遭遇した。数回エントリーしたが、個体数が10前後と移動のスピードも早くて、あまり接近することはできなかった。

その後フィーディンググランドに到着して、クリック音を確認したがまったく聞こえなかった。今日は望み薄かと思ったその次の瞬間、スキッパーのニザムが急にボートを猛スピードで走らせ始めた。何か見つけたのかと尋ねると、「向こうにクジラが沢山いる、10どころじゃないよ」というので、ボートの向かう先を目を凝らして見ると、はるか水平線の先に、まるで蜃気楼かのように、クジラたちのブローが横一線に広がって吹き上がっているのが見えた。

「なんだ!あれ?すげえ!皆見えますか?あのブローの数!」と指差しても、まだ遠くて最初は皆よくわからなかったんだけど、徐々に近づくにつれて皆にも、ブローが確認できるようになってきた。

「多分50はいる」それがひとかたまりになって水面をゆっり移動してきていた。しかし、それだけでもすごいのに、その後方にまた別のブローの塊が!そしてその向こうにも!・・・・結局目視できるだけでも7〜8ポッドが固まってこちらに向かってやってきていた。「なんだこれ!!すごい!」。

そう叫ばずにはいられないほどの数が、潜ることもなく、集まってきていた。先頭の群れにアプローチしてみた。数が多い割には警戒心が強く、遠目からエントリーしたのに、クジラたちは微妙に向きを変えて僕らを避けて移動しようとする。

こちらも泳いで方向修正しながらクジラたちに接近する。水中で彼らの姿を捉えた。およそ50ものマッコウクジラの群れが、深く潜行していくこともなく、悠然と泳いでいく。僕らはその様子を真横から撮影する。まるでハンマーリバーならぬ、マッコウリバー状態!

_29A2906k.jpg

その後も、他のポッドにもエントリーし、50個体、15個体、15個体、30個体、25個体など、の個体数を目視で確認。5ポッドの合計はおよそ135個体くらい。透明度がイマイチだったり、寄り切れない場合もあった。それに、7〜8ポッドを船上から目視で確認していたので、約200個体弱くらいと想定。しかし、まだ確認できていないポッドもあったと考えると、200は超えているかもしれない。

S__19824646k.jpg

_29A2844k.jpg

11時過ぎに遭遇し、海中が暗くなる3時くらいまで撮影を続けた。その間、他のボートにも連絡を入れたが、すでにガソリンが無いとか遠いという理由でくることができず、結局最初から最後まで、僕らのボートだけが、約200個体のマッコウクジラの群れに囲まれる状態で、彼女たち一緒に過ごした。

スキッパーで漁師でもあるニジャムに「今までにこんなにクジラ見たことある?」と尋ねたら、「34年間の漁師生活で、こんなの初めてみた」とのことだった。自分もスリランカには、500近いマッコウクジラのスーパーポッドが存在するという話は聞いていたのだけど、実際に遭遇できるたのは、本当にラッキーだったに違い無い。

その夜は皆で祝杯をあげたのだけど、ニジャムは本当に感動していたらしく、その日の夜は「クジラ!クジラ!」と寝言で叫んでいたくらいだったのだとか。

おまけはイエローフィンツナ(キハダマグロ)の写真。この子はクジラのスーパーポッドと泳いでる合間に水面に浮いていたら、なぜか僕のフィンの方に何度も下から接近して来たところを撮影した。何故、そんなに何度も自分の近くまで寄ってきていたのかはわからない。

_29A2701K.jpg

3日目は、どこを探しても、何も見つからず。他のボートにも連絡を取ったが、誰もマッコウクジラを見つけることはできなかった。もしかしたら、集団でどこかへ移動してしまったのかもしれない。

透明度も徐々に下がってきていて、あと2日間、透明度の高い海域でクジラたちが姿を見せてくれることを期待したい。

2017年度も3月4月頃に、スリランカでのホエールスイミングを企画しています。詳しくはお問い合わせください。

Sat 16
スリランカweek3 終了 最終日に見たのは、バンドウ、ハシナガ、コビレゴンドウ、それに背びれを失ったニタリクジラ。
2016.04.16

_T5A2299k.jpg

スリランカ北東部でのホエールスイムweek3も無事終了。4日目は、前日にかなり群れと一緒に泳いだため、疲れも出ていて、漁師から「マッコウもう少し北にいたよ」という情報を確認したものの、「今日は早く帰って身体を休めよう」ということになり、近くにいたハシナガイルカの撮影をして引き上げた。

最終日の5日目は、漁師の情報を元に、かなり北まで遠征。昨年TV局の撮影で訪れた海域まで足をのばす。

途中で遭遇したのは、まずはニタリクジラ。べた凪の海域を静かに南下していた。最初は、背びれが全然見え無いので、「このクジラ何の種類だろう」と思いながら接近すると、ボート上からでも、背びれが欠けているのがわかった。

IMG_2817k.jpg

サメにでもやられてのかな?とガイドのメナカと話していたが、後で海中で撮影した写真を確認すると、どうやら漁網が巻きついて、それで背びれも引きちぎれてしまったようだった。もう網も無く、古い傷のように見えるが背びれの位置に丸く凹むように跡が残ってうるのが痛々しかった。

_T5A2303ak.jpg

_T5A2303k.jpg

海域には、漁師が仕掛ける網をよく見かける。クジラの回遊するエリアでも普通に見られるから、ひっかかってもおかしくは無い。

数日前にも南のエリアでシロナガスクジラが漁網に絡まり、ホエールウォッチング船のクルーやゲストがその漁網を取り外してあげたことが、スリランカでは話題になった。

しかし、貧しい生活を続ける漁師に対して、一方的に「漁網を使うのを止めろ!」と訴えかけるのもなかなかできないとメナカはいう。「それに、この海域で使っている漁網はトビウオを取る程度の網だから、クジラがひっかかっても問題無い」と弱々しげに主張した。

どんな弱い網にせよ、手を使え無いクジラにとって、絡まってしまったものを取り外すことは容易ではないのは、本人も理解しているはずだ。しかし、ホエールスイミングをする上で、この海の漁師との信頼関係を崩すことは、彼にとってもなかなか難しい判断なんだろうなと、彼の話ぶりから理解した。

彼らの生活を今以上に困窮させること無く、クジラやイルカにとっても安心できる漁法が見つかるといいのだけど。

ニタリの後は、バンドウイルカの群れや、数百くらいはいるコビレゴンドウの群れ、ハシナガイルカの群れに遭遇した。しかし、北のフィーディンググランドまで足を伸ばしたけど、結局マッコウの群れには遭遇することは無かった。

_T5A2430k.jpg

結局、week3では、3日間、マッコウに遭遇、しかも、毎日一緒にいる時間が長かった。最終日にはニタリ、バンドウ、ハシナガ、コビレとバラエティに富んだ鯨類たちに遭遇できた。

特に3日目のマッコウの群れは、久しぶりに見たサイズの群れだった。

_29A2374k.jpg

これからweek4のゲストを迎えにコロンボへ移動。月曜日からまた海に出る。

2017年も3月、4月にスリランカにてシロナガスクジラ、マッコウクジラ狙いのホエールスイミングを開催します。ご興味のある方はお問い合わせください。

Thu 14
スリランカweek3 2日目、3日目 キハダマグロにシロカジキ、そしてマッコウ村!
2016.04.14

_29A2505k.jpg

week3初日に引き続き、まず同じフィーディンググランドに向かう。まったく同じ場所で、ほぼ同じ時間(朝7時30分)にマッコウクジラ数頭を発見した。

海中に入ると、クリック音が聞こえてくる。数はあまり多くは無さそうだったが、まずはこの少数個体の群れを追跡。しかし、捕食後に浮上してくるのがほとんど単体なために、アプローチしても嫌がって逃げてしまう。

しょうがないので、単体のときは、船上からテールアップなどを狙って撮影を行っていた。

_MG_4271k.jpg

一時追跡をやめて、釣りをしている漁船の周囲で泳がせてもらった。アジサシ系の鳥たちが飛び回る下を見てみると、数匹のキハダマグロが泳いでいて、その中の一匹が針にかかっているのが見えた。

一匹が針にかかってもがいているのも、気にせず、他のキハダたちは、そこに群れていた小魚にアタックをかけていた。

_T5A2130k.jpg

午後からは、少し東に移動して、他のマッコウクジラの群れにアプローチ。こちらは、2〜3頭で浮上してくるので、海中に入って前で待つスタイルで何回か撮影を行った。

_29A2108k.jpg

結局、一時追跡をやめてはいたものの、この日も3時近くまでマッコウクジラと一緒にいた。

3日目は、朝すぐにはマッコウは見つからず、捜索を続けていたが、お腹が痛くなり、一度ボートを止めて海でトイレを済ますことにした。ボートからかなり離れて用を足して、クロールしながら戻っている途中に、なにかを後ろに感じて振り返ると、な、なんとシロカジキ(ブラックマーリン)が僕の後をつけてきていた。

最初は「ええ!」と思ったけど、カメラも持ってないし、振り返ってみてると、なんか口半開きにして、尾びれゆっくり動かしながらついて来てる様子が、まるで尻尾振ってついくる犬みたいで思わず「なんだよ〜かわいいじゃんかお前〜」とか思いながら、ボートまで一緒に泳いだ。

まさかボートまでついてくるとは思わなかったので、やっぱり写真撮りたいと思い、ガイドのメナカに「カメラ、カメラ、カメラ貸して!」と言ってカメラを受け取る。

そして、また海中に顔をつけると、下に潜行してしまっていた。「多分追っても逃げるだろうな〜」と思い、試しに、水面をパシャパシャ手で叩いてみた。すると、また尻尾振って走ってくる犬みたいに浮上してきてくれて、しばらく一緒におよぐことができた。

_29A2231k.jpg

カジキをこんなにかわいいと思ったのは、初めてのことだ。ゆっくりと去って行く後ろ姿を見送りながら、「また会おうね〜」と手を振っている間抜けな自分がいた。絶対二度と合わないと思う。

その後、他の船から「15頭くらいのマッコウが固まって泳いでいたけど、潜ってしまってから見失った」と連絡を受けて、そちらに急行。

運良く再度見つけることができて、群れをなして泳ぐマッコウに何回かアプローチ。

_29A2415k.jpg

こちらもほとんど動かないで、待っていたおかげか、皆思い思いの方向を向きながら、リラックスムードで海中を漂っていた。中には垂直になって休んでいる感じの個体も。

_29A2483k.jpg

3日目も、こんな感じでマッコウの群れと3時近くまで泳ぎ続けた。

2017年も3月、4月にスリランカにてシロナガスクジラ、マッコウクジラ狙いのホエールスイミングを開催します。ご興味のある方はお問い合わせください。

Mon 11
スリランカ week3初日 朝から終わりまで、ずっとマッコウクジラの群れ。ブリーチングやペクトラルスラップも
2016.04.11

_29A1881k.jpg

1週間日本に帰国して、またスリランカ北東部に戻ってきた。今日からスリランカでのホーエルスイムweek3のスタート。

朝6時に出発。べた凪で、ボートの移動もスムーズ。マッコウクジラがよく餌を食べているエリアに到着すると、すぐにブローを発見。広範囲に広がってはいるが、30頭くらいの群れのようだ。

他にボートも無く、ゆっくりとアプローチすることができた。

_T5A2044k.jpg

午後からは、マッコウクジラたちが、水面休息やブリーチング、テールスラップなどをしているシーンが目に付いた。

_MG_4245k.jpg

_MG_4373k.jpg

しかし、ブリーチングしてるところは、うまく撮影できなかった。ザトウクジラと違って、マッコウクジラは、べた凪のときにブリーチングしているのをよく見かけるような気するけど、どうなんだろう?

まだ確信が持てるほどは見てはいないけど。

結局、この日は2時くらいまでずっとマッコウクジラの群れと一緒にいた。
week3も、出だしから、良い感じだ。

2017年も3月、4月にスリランカにてシロナガスクジラ、マッコウクジラ狙いのホエールスイミングを開催します。ご興味のある方はお問い合わせください。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com