スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Sat 22
2015年トンガ・ババウでのホエールスイミングweek2 シンガー、ペア、親子、親子+エスコート、ヒートラン、全部と遭遇。グランドスラム達成!
2015.08.22

_29A6463k.jpg

Week2は、今シーズン一番人数が少ない4名のゲスト。2カップルで、しかも一組はハネムーンでババウにクジラを見に来た。あまり多くは無いけど、過去にも5〜6組ほどのハネムーンカップルが参加してくれて、二人とクジラとの記念撮影をしてあげたりしたこともある。

FullSizeRender.jpg

もちろん、そんな写真を撮影するには、静かに止まっている親子とかに、遭遇できるかどうかにかかっているのだけど。

初日は、朝から5頭のクジラたちが、ゆっくりと湾内で泳いでいるのに遭遇して何回かエントリー。何度目かで、かなり近くで全員が見ることができた。その後、ペア、シンガー、ペアと見て終了。この日は午前中、風も収まっていたのだけど、午後からまた吹き始めて、外洋はかなり荒れていた。

_29A5166k.jpg

_29A5203k.jpg

_29A5212kk.jpg

_29A5224k.jpg

2日目には、荒れている、フンガ島沖で3頭のクジラを発見。近寄ると小さなブローと背びれが見えたので、最初は親子とヒートランかと思ったが、どうも背びれの形が違う感じだった。

エントリーしてみると、3頭のザトウクジラに、コビレゴンドウ10数頭が一緒になって泳いでいた。自分だけなら追いつけない速さでは無かったのだけど、ゲストはかなり遅れてしまい、あまり見ることができなかった様子。

_29A5328kt.jpg

しばらく様子を見ていたら、一回り大きなザトウクジラが乱入してきて、4頭になり、かなり激しいヒートランになった。それでも、コビレゴンドウの群れはしばらく一緒に泳いでいたので、近くで撮影したかったが、証拠写真撮影程度にとどまった。

_29A5410k.jpg

この日は、風も強く、なかなか良いクジラを見つけられないでいたが、南のリーフで親子とエスコートと泳げているという無線連絡で、そちらに移動。2回ほどエントリーして親子とエスコートと泳ぐ。

すでに、2日目にして、シンガー、ペア、親子とエスコート、ヒートランを見れてしまった。以前から、シンガー、ペア、親子、親子とエスコート、ヒートランの5つを4日間で見れたら、"グランドスラム"、その5つをちゃんと撮影できたら、"スーパーグランドスラム"達成ということにしていた。

過去に"グランドスラム"を達成した人は何人かいるけど、"スーパーグランドスラム"達成者は確かまだいないはず。

とはいっても、"グランドスラム"も年に1回出るか出ないかなので、かなりレアではある。

3日目、ハネムーンカップルのたっての希望で、2日目に、モウヌ島に送り届けて、1泊するので、この日は、ゲスト二人のみ。

スキッパーも今、自分がもっとも信頼しているトンガ人スキッパーのローに交代。

まずは、3頭の大人のクジラに遭遇して追跡すると、もう一頭が加わり、ヒートランに。チャネル内の白砂の海底のエリアで、激しく絡み合う4頭を間近で見れて、かなりテンションが上がる。

_29A5464k.jpg

上のシーンを撮影中の自分を撮影してもらう

P1450871akb.jpg

_29A5489k.jpg

その後も、また3頭になったクジラたちが、ゆったり泳ぎ始めたので、それに何度かエントリーして撮影。

_29A5567k.jpg

その後は、ノースベイで泳げているクジラの親子がいるというので、そちらに向かい、譲ってもらって、エントリー。最初は親子だけかと思ったら、近くで鳴いているエスコートがいた。

_29A5828k.jpg

エスコートらしきオスのクジラが、親子のから少し距離を置いている場合、まだ完全にメスに受け入れられていない印象が強い。「僕のことをみてくれよ〜」と母クジラに遠慮がちにアピールしてるみたいで、ちょっと切ない。このエスコートもそんな感じだった。

_29A5919k.jpg

子クジラはオスで、お母さんクジラはかなり落ち着いている。この日何隻ものボートがこのクジラと泳いだのだけど、ノースベイからは出ようとしていなかった。「これはグランドスラムになるのですか?」と聞かれたけど、「微妙にエスコートがついているのでだめです」と判定。グランドスラム達成は最終日に持ち越された。

_29A6176k.jpg

そして、4日目、朝からトンガシカの内側で親子を発見。追跡して、徐々に寄れるように親子を慣らしていった。これで、全員がグランドスラムを達成!この親子とは制限時間ギリギリまで泳いだ。子供は、女の子。またノースベイで親子と泳げているという無線が入り、そちらに移動。昨日と同じ親子かと思ったが、母親のサイズが一回り大きく、赤ちゃんもメスだし、エスコートも違う。また別の親子と判明。

昨日の個体より、前に回り込まれるのを嫌がっていたけど、徐々になれてきた。最後には、母クジラの目のそばにいても、まったく気にしなくなったが、たまにエスコートがあまり接近してくると、嫌がって移動していた。

この親子とハネムーンカップルと、もう一組のカップルの記念撮影、余裕ですることができた。

_29A6237k.jpg

_29A6537k.jpg

ついでに自分撮りも。

_29A6395k.jpg

最後のエントリーのエンディングにも、エスコートが親子に寄りすぎて母クジラが急に泳ぎだし、そのまま目の間wでブリーチングをした。その後立て続けに、子クジラとエスコートも何回かブリーチング。それを僕らは全員水面から歓声をあげて見守った。

ノースベイの高い崖の近くだったので、バシャーンという音が、まるで花火のように反響してすごかった。場所が場所ばだけど、なんだかジュラシックパークかキングコングの島を映画で見ているような感覚だった。

ビギナーズラックか、ハネムーンマジックか。とにかく、week2では、12年ここでクジラと泳いでいる自分でもつい歓声をあげてしまうような感動的なシーンがいくつもあった。おまけにグランドスラムも達成。

Week1,Week2ともに、充実した2週間が続いた。

_1140480k.jpg

Week2に参加してくれた皆様、ありがとうございました。


Sat 15
2015トンガホエールスイム week1終了。5日間で遭遇した親子の個体識別表
2015.08.15

_29A4878k.jpg

week1の3日目、初めてのスキッパーのゲリーと海に出る。イギリス人で、厳しくてやりづらいかなと思ったけど、「I`m easy」と自己紹介していた通り、高圧的でもなく、とても穏やかで、乗船中、自分のリクエストに対して「No!」とは一言も言わなかった。ヒートランへのアプローチも上手で、何度も近くで見ることができた。

この日は、午前中に、9頭のヒートランに遭遇。ランチ後は、新しい親子と泳ぐ。

_29A4837k.jpg

_29A5021k.JPG

4日目、最終日には、午前中に南のリーフでペア2組と泳ぎ、午後からは、親子を発見して、泳ぐ。

_29A5049k.jpg

_29A5138k.jpg

風が強くて、まだドローンでクジラ撮影はしていないが、テスト飛行も兼ねてモウヌ島周辺をドローンで撮影してみた。

DJI_0082k.jpg

DJI_0072k.jpg

かなり風が強かったが、安定していて、写真撮影程度なら、問題無かったが、動画となるとべた凪で、海中にいあるクジラの姿がが空から確認できるくらいでないと意味が無い。チャンスは少なそうだ。

今週のゲストの集合写真もドローンで撮影。慣れていないので、自分はモニターを見たまま。

DJI_0053k.jpg

リサーチ日も含めて、この5日間で遭遇した親子は、8組。うち、親子4には、3日間(1日目、2日目、4日目)遭遇した。しかも、ほとんどフンガ島の周辺にいて、動いていないことがわかる。

肝っ玉母さんの場合、この親子4のように、同じエリアからほとんど動かないでいることが多い。過去に2週間ほど同じエリアに居続けた親子がいたけど、この親子はいつまでいてくれるかな。

以下、今週遭遇した親子8組の状況をアップします。ちなみに、2014年度は、8月12日から9月26日までの期間で遭遇した親子の個体識別数は、46組。

<親子1>
2015年8月10日。Mounu島南側のリーフで遭遇。子クジラが小さい。東に向かって移動していて、止まらない。何度か水中で確認するが、止まりそうにないので、深追いしないで泳げる親子がいるという無線でそちらに向かう。

_29A4101k.jpg

<親子2>
2015年8月10日。fua`amotu島西岸〜Eueiki島南。シースケープから譲ってもらう。かなり好奇心旺盛なオスの子クジラと、あまり気にしない母クジラ。母クジラは海中で留まって、のんびりしている。子クジラは、浮上してくると、スキンダイバーに興味を持って寄ってくる。調子が良いと目の前で様々なパフォーマンスを見せてくれた。子クジラが何度か口を開いているのを確認。3回母親が浮上するまで一緒に泳ぎ、次の船に譲る。

_29A4230k.jpg

_29A4283k.jpg

_29A4335k.jpg

<親子3>
2015年8月10日。Ovaka島南のリーフ沿い。子クジラがブリーチングを繰り返す。トンガタンゴからシェアしてもらう。2度程水中で撮影するが、止まらない。エスコートがプッシュしているようにみえる。リーフのエッジから離れたくない感じ。ボートが前に回り込むと180度方向を変えたりして嫌がるので、追跡をやめる。

_29A4497k.JPG

_29A4500k.jpg

_1500618k.jpg

<親子4>
2015年8月11日。Hunga島北側の外洋〜Hunga島北。ゲストの飛行機が遅く到着して、13時前に海に出る。フンガ島の北側の外洋でレイダーとマレスキングが泳いでいたのをシースケイプが譲ってもらい、その後フェニックスもシェア。母親の背びれに切れ込みがあって、特徴的。子クジラは女の子で恥ずかしがり屋だった。親子で水面に浮いていたり、母親は潜っても、水深10mくらいで休んでいるので、観察しやすかった。親子4には、12日、14日にも遭遇。ほぼ同じ、フンガ島周辺エリアを動かないで、止まっていた。

_29A4556k.JPG

_29A4679k.JPG

_29A4620k.JPG

<親子5>
2015年8月12日。Hunga島外洋側の浅いリーフ。エスコートがついていて、なかなか寄らせてくれない。浅いリーフに沿って移動しているので、前に落としてもらい泳ごうとしたが、すぐに方向転換してしまい、うっすらとしか確認できなかった。写真は撮影できず。

<親子6>
2015年8月12日。Hunga島外洋。マレスキング(スコット)が付いていたのを譲ってもらった。乗船していた、オーストラリア人カメラマンのスコットが、「シャイだから、距離を置いた方がいいよ」というので、慎重にアプローチした。離れている間はじっとしているが、徐々に距離を詰めるとすぐに逃げてしまう。最初に確認したときは、母親が頭を上にして垂直に眠っていて、その周りを子クジラがくるくる回っている姿が愛らしかった。その後はなかなか寄れず、ダッシュで近寄るが、やはり、あまり近づけなかったので、諦めて別の船に譲る。

_29A4641k.jpg

<親子7>
Ovaka島南Totogafonua島付近。荒れたエリアで泳げる親子がいるというので、シースケイプとマカイラが泳ぎ終わった後に譲ってもらう。母親は落ち着いてはいたが、一度移動すると、荒れているので探すのが難しかった。子クジラは男の子。母クジラの頭の上に乗っかる姿が可愛らしかった。2回入水して、順番待ちの船に譲った。

_29A4964k.jpg

_29A4992k.jpg

<親子8>
2015年8月14日。Fa`atumanga島北東。リチャードパッチ目指して移動中、親子を発見。ゆっくり移動していたので、しばらく追跡してみるが、止まらないので、前に回り込んで落としてもらうことに。何度かトライすると、止まったように見えたのだけど、かなりゆっくりだけど、移動していたので、泳いでいないと、どんどん離される感じだった。近づけたり、近づけなかったりを繰り返す。子クジラは、男の子で、胸ビレが白くて可愛い。途中からトンガタンゴとシェア。

_29A5150k.jpg


Thu 13
2015トンガホエールスイム week1初日、シンガーと親子に遭遇。2日目は、3頭の親子。
2015.08.13

_29A4614k.jpg

week1のゲストが、全員1日遅れで到着し、12人のゲストが、2隻のボートにに別れて午後1時に海に出る。

予定では、チャネルを南に下り、フンガ島の南を回って西の外洋に出て、北上し、ノースベイへ移動するコースを取ろうとスキッパーのナティと決めて出港した。しかし、チャネルの北側ですぐに、別々に2つのブローを発見。それぞれシングルのようだったが、潜った場所でチェックすると、歌声が聞こえた。大幅に遅れての出港で、時間も無いので、まずは、その場で皆に歌を聞いてもらおうと、エントリーしてもらった。

エントリーしてもらっている間も別のクジラが浮上してきていた。自分は船上で様子を伺っていたら、シンガーが皆の近くに浮上したので、皆にそちらに泳いでいくように指示し、ナティに船を回り込ませてもらい、皆と反対側からエントリーして、クジラを皆の方に近づけるように泳いだ。

_29A4516k.jpg

上手いタイミングでもう一頭のクジラとも少しだけ絡み、透明度も良かったので、全員が海中でクジラとの初遭遇を果たした。

その後、シンガーが歌っているのを水面から見ることができたので、浮上するまで歌っているシーンを聞いて、また別のクジラを探すことにした。

外洋では、ゆっくりした親子がいて、すでに2隻が泳いでいるのがわかっていたので、そちらに移動したながクジラを探す。先に、もう一隻の方がその親子クジラを譲ってもらい、その後こちらも泳がせてもらう。

_29A4556k.jpg

母クジラは、水面、あるいは水面から5m〜8m程度の浅い海中にとどまってじっとしていた。子クジラは女の子で、前日に見た、放任主義の肝っ玉母さんと、やんちゃ坊主とは違って、常に母親に甘えている感じが、また可愛かった。

_29A4584k.jpg

_29A4561k.jpg

この親子はほとんど同じエリアから動かずにいてくれたので、2隻とも、全員がじっくり親子と泳ぐことができた。飛行機のキャンセルがあり、初日は、クジラに会えるか心配したけど、そんなトラブルも吹き飛ぶくらいの遭遇でゲスト全員が満足していた。

Week2、2日目は、ガイドを交代して、もう一隻の船に乗船して海に出る。今回は、スキッパーのコナと相談し、南側が風が強く吹いて荒れているので、フンガ島の外洋に出て、島影で風の当たらないエリアまで南側に下って様子を見て、Uターンしてまた北上し、ノースベイへ向かうコースを取ることにした。

何隻かのボートと連絡し、その時点で4組ほどの親子がいることは確認していたが、まともに泳げているのは、チャネル内にいる、レイダーという船が着いてる親子だけだった。

とりあえず、フンガ島の外洋を捜索。親子とエスコートを発見して、アプローチするが、船をかなり嫌がっていて、止まらない。なんとか止まったところで、一人でチェックに入るが、自分がクジラを確認できる距離まで来ただけで、逃げてしまう。

前に回り込んで落としてもらうことにしたが、船が前に来るのを嫌がって、方向を変えるので、諦めて、他の船に譲り、別の親子に着いている、船からクジラを譲ってもらう。乗っていたのはオーストラリア人カメラマンのスコット。交代するときに、船を近づかせてお礼を言った。「かなりシャイだから、近づくのは難しいよ。あまり近くまで寄らない方が良いよ」とのことだったので、できれば、慣れるまで、写真は諦めて、距離を置いて親子を観察するように、と皆に伝えてエントリー。

母親は、頭部を上にして、水面に垂直にして身体を休めていて、その周りを回るように、子クジラが泳いでいた。離れてはいるけど、その行動がとても愛らしくてしばらくは見ていられたのだけど、徐々に距離を近づけると、やはりかなり離れているのに、母クジラは嫌がって移動を始めてしまった。

_29A4638k.jpg

その後も、ゆっくりアプローチしようとするが、なかなか近寄れない。乗船していたトンガ人ガイドが、「もっとダッシュで近寄らないとダメだ」と言うのだけど、それでは、全員が見れないし、できれば親子を落ち着かせたかったので、「じゃあ、お前がガイドしていいよ」と伝えて、ガイドを彼に任せた。

ダッシュで接近するので、まあ多少は近づけているみたいではあったけど、結局泳ぎ去ってしまう感じ。

他に2隻の船も待っていたので、これ以上そのスタイルでのアプローチは諦めて、チャネル内で泳げている親子の順番待ちをするように頼んで、フンガ島の南を周りながら、クジラを探し、そちらに向かうことにした。

今日はこの親子以外に良いクジラが見つかっていなかったので、すでに、何隻もの船が、泳げる親子の順番待をしていたので、ここで連絡して順番を確保しておかないと、時間までに泳ぐチャンスが無いと判断した。

途中、何頭かのクジラに遭遇したが、海が荒れているエリアだったので、ゲストのスキルを考えると、難しいと判断し、追跡するのは止めた。

泳げる親子は、チャネルの中央辺りで、2隻の船が着いて泳いでいた。順番が来るまで風裏の穏やかな場所で、皆シュノーケリングして待機。

_1500682k.jpg

待っている間に、その母クジラと子クジラがブリーチングを始めてたので、しばらくは様子見。その後に順番を譲ってもらい、エントリーすると、昨日と同じ親子だった。

同じ親子だとすぐにわかったのは、母親の特徴的な背びれ。

_29A4620k.jpg

自分たちの後にも、3隻、順番待ちをしている船があったので、2度、母親が呼吸のために浮上したところで、次の船に譲って、ホテルに戻った。

_29A4679k.jpg

風が強く吹いていると、どうしても捜索エリアが限られてしまうので、こういう状況になってします。今年は風が強く吹いている日が多く、遠くに探しに行ける日が少ないのだそうだ。

できれば、風がおさまってくれれば良いのだけど。


Mon 10
2015トンガホエールスイミング 1日目 親子3組に遭遇
2015.08.10

_29A4236kk.jpg


week1のゲストが到着する日。リサーチも兼ねて、ストライカーで海へ。

今シーズンは、クジラは多いが、この日まで風が強くて、泳ぐのはなかなか難しかったらしい。親子も何組か見つけられているけど、ゆっくり泳げる親子はまだかなり少なかったと聞いていた。

しかし、今日は、雲は多いものの、ほぼ無風。風が強く吹いていて、なかなか行けなかった南のリーフへと捜索に出かけた。

すぐに、モウヌ島の南で親子を発見。何度か入水して、水中で撮影するが、子供がまだ小さくて、母親は止まってくれない。

無線で、近く(エウワカファ島の南)で同じ会社の船が泳げる親子を発見したというので、その親子から離れて、そちらに向かう。しばらくは近くで他のクジラにアプローチしたりして、順番を待つ。

待ってる間も、かなり子クジラがスキンダイバーの近くに近寄って来て遊んでいるのが確認できた。母親は気にすることもなく、海中で眠っているようだ。

呼吸のために浮上してきても、特に慌てて移動するでもなく、ゆっくり移動して、あまり動かずにまた潜行して留まっていた。

親子クジラを譲ってもらい、一緒に泳ぐ。船上から見ていた通り、子クジラはスキンダイバーに興味津々。

_29A4139kk.jpg

特に、トンガ人ガイドのキティーが履いていた、黄色いフィンに興味があるみたいだった。

_29A4393kkk.jpg

母親が浮上してきても、ほとんど動かないでいるので、前に回り込んだりして撮影した。

_29A4219kkk.jpg

この日は、他に良いクジラが見当たらないらしく、別のボートが順番待ちのために集まってきていたので、母親が3回浮上して、別の船にこの親子を譲った。譲ってからも、子クジラは僕らのボートに付いて来て、遊びたそうにしていた。

_29A4460kkk.jpg

ランチを食べてから、他のクジラを探すために移動した。

今度は、オヴァカ島の西でボートがついているクジラがブリーチングしているのに、遭遇。無線連絡すると、親子とエスコートで、止まらないけど、前に回り込めば見れると、ボートのスキッパーが連絡してきてくれた。

シェアしてもらい、前にエントリーすると、リーフに沿って泳いでいたので、浅い海底で親子とエスコートを撮影することができた。

_29A4494k.jpg

P1450265k.jpg

同じシーンを撮影中の自分を撮影してもらった、写真

この日は、ゲストを空港に迎えに行かなければいけないので、これで切り上げてホテルに戻り、空港へ向かう。

しかし、風は無いが、雨雲が低く、飛行機が着陸できなくて、ゲストの乗った飛行機はトンガタプに引き返した。

明日、午前中のフライトで来れるといいのだけど。

Thu 06
2015トンガホエールスイム ババウへ
2015.08.06

_29A2351k.jpg

今、ニュージーランドのオークランドです。本日夜トンガに到着。明日ババウへ向かいます。ババウでのホーエルスイムは、今年で12年目。年明けに放送された、伊藤英明君が出演したトンガの番組の影響もあって、今年は過去最多の参加人数。参加しれくれる皆が、あんな風にゆっくりと親子にアプローチできればいいのだけど。下の写真は、まだ生まれて日も浅い子クジラを、お母さんクジラが水面まで優しく持ち上げているシーン。自分としては、結構良く目にする光景だけど、こんな親子の愛情も、初めての人には、心が揺さぶられるほどに感動的なシーンなんだろうな。今年はすでに、沢山クジラたちがやってきていると、現地から連絡が入っている。9月の終わりまで、ずっといれくれますように。それでは、トンガ行ってきます。

_29A2971k.jpg

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.11.12
奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します

2018年1月20日から、24日までの5日間、奄美大島でボートをチャーターしてホエールスイムを開催することにしました。 前回のオーシャナによる、奄美のホエールスイムリサーチの記事 https://oceana.ne.jp/series/奄美大島ホエールリサーチ 船は、奄美マリンスポーツでチャーターして、オーナーの才さんが操船を行います。1日10人まで募集。 宿泊先は、ゼログラビティの清水ヴィラとゼロ古仁屋クラブハウスを予定しています。乗船は、1日5~6時間続けて海に出ます。ですので、乗船を希望される場合には、帰路の飛行機は、基本的には、翌日のフライトをご利用いただくことになると思います。 <ダイビングプールもあり、ビーチが目の前のゼログラビティ清水ヴィラ> <ゼログラヴィティ清水ヴィラ> <ゼロ古仁屋クラブハウス:4人部屋> <ゼロ古仁屋クラブハウス:共有リビング。自炊可能> <サンプルスケジュール> 全日程参加の場合 <1月19日(金)>  奄美大島着  古仁屋まで、空港からレンタカーで現地乗り捨てで約4500円 タクシーであれば、片道約18000円 にて、古仁屋、あるいは清水ヴィラまで来てもらいます。この料金は、ご自分でご負担いただきます。予約などに関しては、こちらで対応は可能です。 古仁屋クラブハウスか、清水ヴィラ宿泊。 <1月20日(土)〜24日(水)> 朝、どの港から出るかを確認して、送迎車にて、移動。 ホーエルスイム 5〜6時間 9時出港予定で、15時くらいまで。もし、クジラがよければ、時間延長しますが延長料金をいただくことになります。(注意:ホーエルスイム後のフライトで帰るのは難しいと思います) 1日の乗船料金は、土日が22000円、平日は20000円を予定しています。 宿泊料金は、古仁屋クラブハウスが1泊素泊り3500円から。清水ヴィラが、朝食付きで、10000円、ペア15000円。2F 2段ベッド部屋2名で12000円 <1月25日(木)> 古仁屋、または清水より、レンタカー、またはタクシーで空港へ 夜は、古仁屋で食事、あるいは、清水ヴィラでバーベキューなども可能。 船上でのランチは、移動途中のコンビニなどで購入します。 途中参加など、全日程参加でない場合もお問い合わせください。 調整はしてみます 詳しいスケジュールや宿泊先、船、料金に関しては、お問い合わせください。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com