スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Sat 18
2015バハマドルフィンクルーズweek4終了
2015.07.18

_29A1279k.jpg

week4、今年最後のINTO THE BLUEチャーターバハマドルフィンクルーズ。初日、2日目は、ほとんどべた凪状態が続いた。しかし、初日は日中イルカが見つからず、特別に初日から、ディナー前にナイトドルフィンスイミングをさせてもらった。

もっと早く来てくれればよかったのにって感じだったけど、ナイトではたくさんのイルカたちが来てくれた。

2日目も1日中ほぼべた凪状態。透明度も回復して、青い海でのドルフィンスイミングを満喫。べた凪なので、水面に映るイルカやゲストも入れての撮影。

_29A0694k.jpg

_29A0725k.jpg

この日は、朝からイルカたちに遭遇。ランチタイムでダイビングを楽しんだ後も、ずっとイルカと泳ぎ続けて、ナイトまで。この日は皆へとへとになるまで泳ぎ続けた。

_29A0814k.jpg

_29A0851k.jpg

_29A0895k.jpg

今週はほとんどの参加者がダイビングにも参加。さすがに人数が多いので、1回目のダイビングでは皆のスキルチェックもしなければいけなかったので、カメラは持って入らなかった。2ポンドの予備ウエイトを4つ持って入ったのだけど、結局水中でウエイトが少なくて浮いてしまう人が続出。4人に予備ウェイトを渡すことになった。カメラ持って入らなくてよかった。

ナイトドルフィンでは小ぶりのタイガーシャークが姿を見せたので、皆泳ぐのをやめて終了。

3日目は風が少し出てきたけど、西風なので、透明度はさらに上がった感じ。しかし、午前中はイルカに遭遇できず、ドルフィンスイミングはこの日も午後から。

この日も10人がダイビングを行うが2日目だったので、カメラを持って入ったが、この日も一応予備ウェイトを何個か持って入る。透明度が高く、リラックスしてダイビングが楽しめた。

_29A1131k.jpg

_29A1145k.jpg

午後からは、おさわりイルカのスクラッチの他、以前、ハヤトと名付けたイルカや、シャークベイトが子供を連れて姿を見せてくれた。

_MG_8842k.jpg

_MG_9125k.jpg

シャークベイトは、自分にとっては、初めてバハマに来た頃の初代おさわりイルカ。
あの頃は可愛いイルカだったけど、今では貫禄も出て、ビッグママって感じ。自分が知っているイルカの中で、一番沢山子供を生んでいるイルカでもある。

_MG_9091k.jpg

_MG_9184kk.jpg

_MG_9200kk.jpg

_MG_9219kk.jpg

イルカたちと、海藻でのパスキャッチも楽しんだ。

4日目も、午前中はイルカに遭遇できず。昼間は砂地のポイントに停泊し、サンドダラー拾い。砂地だけど、ダイビングをするゲストも。

午後になってイルカと遭遇。今週の中では一番透明度が悪くて、クラゲも多かったので、この日はカメラを持って入らず、イルカと泳いだ。

最終日は、午前中からイルカと泳ぐ。この日も透明度は高く、べた凪。最後には、スクラッチなどもいる、30頭ほどの群れに遭遇して一緒に泳いだ。

_MG_8892k.jpg

_29A1255k.jpg

自分も、撮影があるので、あまりスクラッチに触れることは多く無いのだけど、今回は少し触って自分の手を入れて撮影してみた。

_29A1295k.jpg

泳いでる途中に、スコットが、船上から、イカの卵らしきものを見つけて、他のボートにイルカを譲って、その卵らしき塊を探しに戻る。

_29A1374k.jpg

ミステリーサークルのように海底に出現した、イカの卵の塊。海藻などに産みつけられているのではなく、砂地に埋め込まれているようだ。密集して卵を産むらしく、このエリア以外にも同じような円状の卵塊が点在していた。スコットも、15~20年前に見て以降見たことが無かったという珍しいもの。

_29A1370k.jpg

海中のミステリーサークル。全部がイカの卵。金色の草原のよう

ダイビングは、最終日もエルドラドショールと呼ばれるポイントに。砂地のポイントで拾い集めたサンドダラーにペインティングして、ダイビングポイントに置いてきた。後のグループが見つけてくれると嬉しいな。

_29A1406k.jpg

午後からは、バンドウイルカの群れとしばらく泳ぐ。といっても、やはりマダライルカに比べるとつれない。それでも、三頭の子イルカがずっと戯れあっていて、すごく可愛かった。

_29A1558k.jpg

その後は、マダライルカ数頭にアプローチし続けて終了。午前中は会えない日も多かったけど、午後からたっぷりイルカたちと泳げた週でした。

船上では、ゲストが持ってきたスケッチブックに久しぶりに絵を描いてみた。海友と颯友の写真を見ながらのデッサン。おそらくまともに、スケッチブックに描くのは20年近くぶり。バランスの取り方がメチャクチャになっていて、かなり難しかったけど、面白かったので、また描いてみたい。これからは、ロケにスケッチブック持って行こうかな。

_1480543k.jpg

week4も無事終了して、フロリダに戻ってきたメンバー。今週も楽しいクルーズでした。参加してくれた皆さん、ありがとうございました。また、お会いしましょう。

_1480545k.jpg

2016年度のクルーズスケジュールも確定しています。すでに予約も入ってきていますので、是非お問い合わせください。
ご質問なども、受け付けますので、お気軽にご連絡ください。

2016年6月10日(金)日本発〜6月19日(日)日本帰着の10日間
2016年6月17日(金)日本発〜6月26日(日)日本帰着の10日間
2016年7月15日(金)日本発〜7月24日(日)日本帰着の10日間
2016年7月22日(金)日本発〜7月31日(日)日本帰着の10日間


Sat 11
2015年バハマドルフィンクルーズweek3終了
2015.07.11

2015年ドルフィンクルーズweek3は、スタッフ見習いの吉尾名菜実のリポートです。

P1260375k.jpg

3週目はなんと、女性ばかりのメンバーで女子高生の合宿の様な雰囲気でスタートしました!

_MG_8648k.jpg

リピーターが少なく、初ドルフィンスイムの方もちらほら。

初めてイルカと泳ぐ、海の中は足が付かなくて波があってちょっと心配...

そこで結成した、泳ぎに自信の無いコンビ
「ライフジャケッツ!」

image1.JPG

1日目、海の色はバハマブルーとは言えない色でしたがイルカは直ぐ側で泳いでくれて、ライフジャケッツの周りにも「下に潜らないの?」と言っているかの様にグルグルしていました。

_29A9252k.jpg

_29A8799k.jpg

夜は、1日遅れのアメリカ独立記念日をお祝いするために、船上で花火大会。
花火でイルカの絵を描いてみたり、真っ暗なトップデッキに寝転びながら打ち上げ花火を間近で見たり、その迫力に、皆で大歓声をあげてました。

_1480306k.jpg

2日目、昨日よりも更に透明度が悪くなりましたが、ゆっくり遊んでくれるイルカたちにも順調に会えました。

_29A0462k.jpg

_29A0501k.jpg

お昼休みはダイビングをしたり、シュノーケル練習をしたり。

_29A0336kk.jpg

_29A0364k.jpg

_29A9247k.jpg

ナイトドルフィンも行って、お触りイルカのスクラッチに出会えたり、イカを取ってお刺身にしたりしました。

_29A9932k.jpg

_29A9802k.jpg

_29A9636k.jpg

日本では七夕なので皆願い事を短冊に書きました。
色々な願い事を書いたり、感謝の言葉を書いている方もいたり。

image2.JPG

3日目、4日目も透明度が良い場所ではイルカとは出会えなかったけど、毎日イルカの遭遇率は良かったです。

_29A8977k.jpg

_29A9609k.jpg

3日連続でお昼はダイビングもして、新しいスポットでも潜りました。

_29A9147k.jpg

ラストの5日目、15頭くらいの群れに出会って遊びモードと言うよりイルカ同士で絡みあってる感じで人間は観察をしてみたり輪の中に入ってみたり。

_29A9504k.jpg

_MG_8480k.jpg

お昼休みは透明度が良い綺麗な海で騒ぎながら遊んでサンドダラーの捜索。

_MG_8621k.jpg

午後は中々イルカに出会えなかったけど、最後に遊んでくれるイルカに会えて最高のラストになりました。

_MG_8074k.jpg

_MG_7953k.jpg

フロリダに戻ってきてからは、week4のメンバーと合流して、歓送迎会ディナー

_1480319k.jpg

参加して頂いた皆さん、ずっと笑顔で笑いっぱなしの、本当に楽しいクルーズでした。
また、バハマの海でお会いしましょう。

2016年のチャータークルーズスケジュールは以下に決定しました。
ご興味のある方は、お問い合わせください。

2016年6月10日(金)日本発〜6月19日(日)日本帰着の10日間
2016年6月17日(金)日本発〜6月26日(日)日本帰着の10日間
2016年7月15日(金)日本発〜7月24日(日)日本帰着の10日間
2016年7月22日(金)日本発〜7月31日(日)日本帰着の10日間

Tue 30
バハマでのドルフィンクルーズ2週目を終え帰国しました
2015.06.30

week2は、カメラマンの岡田君がホストをつとめました。

今回の2週目のドルフィンクルーズ、
天候にも恵まれバハマの海とイルカたちとの時間を
堪能する事が出来ました。

海の様子は1週目と同様に越智さん曰くのグリーンストーン色の海と
これぞバハマ的なターコーズブルーの海が
交互にやってくる1週目と同様の流れになりました。

イルカと泳ぐ機会は1週目と変わらずか
それ以上に多かった2週目、
今週も思う存分イルカと泳いできました。

_DSC1933.jpeg
<どこから流れてきた草を尾びれでキャッチして遊ぶイルカ>

_DSC2000.jpeg
<胸ビレでも>

今回、面白かったのは水中で海藻を投げるとそれをキャッチして
遊ぶイルカがいたこと。
昔はスカーフなどでやっていた映像を見た事がありましたが
最近では行っていないようです。でも、海藻に興味津々で遊ぶイルカの様子が
見れたのは面白かった。

_DSC7587.jpeg
<やっぱり白い砂浜にブルーの海は気持ちがいい>

_DSC8071.jpeg
<スイム中に目が合うとドキドキする>

_DSC4003.jpeg
<美しいイルカの姿>

ランチ後の休憩中には3日連続でダイビングを行いました。
流れもない最大深度も12mほどのポイントをのんびりダイビング。
頭の大きさが人間並みのカメに出会ったり、砂地に隠れるエイの
親子をみたり、そこら中にいるジョーフィッシュの可愛らしい動きを
観察したりとワイドとマクロの両方を楽しむ事が出来ました。

_DSC1544.jpeg
<砂地に身を潜めるエイ>

_DSC1585.jpeg
<岩場の影から突然出て来た巨大なカメと対峙>

_DSC1593.jpeg
<小判鮫を従えたカメはもの凄い勢いで泳ぎ去ってしまった>

そして小雨の朝となった最終日は徐々に晴れ間が広がり、海も穏やかになって
昼前にはリピーターさんが言うところの準なぎの状態に。
今回で6回目の乗船になった僕も初めての見る
滅多にない海の姿に皆で盛り上がる。
イルカもそれに答えてくれるかのように日が沈む直前まで泳ぎました。

_NO37216.jpeg
<最終日にバウ(船首)からの撮影>

_DSC7360.jpeg
<穏やかな海は泳ぎやすかった>

_DSC7338.jpeg
<最終日の午前中。海は穏やかだったが緑が強かった>

_DSC7856.jpeg
<午後になるとブルーの海に>

_NO37228.jpeg
<念願の凪の海>

_DSC8198.jpeg
<最終日の日没直前までイルカと遊ぶ事が出来た>

2週目は僕らのグループ以外にはドイツ、ニュージーランド、カナダ、南アフリカ
からのお客さんが乗船。
国際色豊かな顔ぶれになりましたが、皆でクルーの誕生日を祝ったり
ドローンを飛ばして船首で記念の映像を撮ったり、
下船後も一緒に打ち上げをしたりと
皆で仲良く盛り上がり楽しい時間を過ごす事が出来ました。

_NO37264.jpeg
<クルーを含めると6ヶ国の人々が一緒にクルーズを楽しんだ>

順調に進んだ日程も最後の最後に問題が発生!
ウエストパームビーチからニューアークまでの国内線が2時間以上も延滞し、
成田行きの国際線に乗り遅れるかという危機が。
ギリギリに到着したニューアークの空港内を
僕らの名前を呼ぶアナウンスが響き渡る中を猛ダッシュして
何とか間に合いましたが、ドルフィンスイムよりきつかったねと
飛行機内では皆でハアハアゼイゼイ咳き込む始末でした。
皆さん翌日から仕事なので間に合って本当に良かった〜。

2016年も4週間のドルフィンクルーズを開催します。
日程も確定していますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

お問い合わせ

Sat 20
2015バハマドルフィンクルーズweek1終了
2015.06.20

_29A6174k.jpg
<4日目の午前中、透明度の高い海域でイルカたちと泳ぐ>

3日目を終えて、この記事を書いている。

今年の1週目初日は、バハマをイメージさせる、ターコイズブルーの海ではなくて、エメラルドグリーンというよりニュージーランドのマオリ族がネックレスなどに使用する、グリーンストーンみたいな色な海が広がっていた。

_29A4417kk.jpg
<初日、2日目海中。イルカはいるけど、透明度は・・・>

_29A4349kk.jpg
<見上げると多少青くなるのだけど、海底はグリーンストーン色>

もちろん、ターコイズブルーの海域もあるのだけど、そういうエリアを探しても、イルカが見つからない。まあ、それなりに透明度の良い場所でも泳いではいるけど、やはりホワイトサンドリッジを知っている僕やリピーターからすると、「もう一度あの海でイルカたちと泳ぎたい。いや、イルカがいなくてもいいから、あの海に戻りたい」と口にする人もいる。残り2日間で、一度でも、そういう海域でイルカと泳げればいいのだが。

P1430085k.jpg
<綺麗だった2日目の夕焼け>

透明度はともかくとして、今のところ、皆が毎日満足するくらい、イルカの出現率は良い感じだ。快晴で、透明度以外の海のコンディションも悪くなく、2日目にナイトドルフィンスイミングを行った。

_29A4812k.jpg
<2日目のナイトドルフィンスイミングでも、沢山のイルカたちがやってきた>

3日目は、合計5時間以上、沢山のイルカたちと泳ぐことができた。午前中はオスと年配のイルカがメインの20頭以上の群れ。中には、お触りイルカのスクラッチや、昔馴染みのノチョの姿も。スクラッチ以外にも身体に触れさせてくれるイルカもいて、リピーターも初めての人も、イルカたちとの身体の触れ合いに大興奮していた。

透明度はまあ、まあ良かったが、島に近かったために、他のボートのゲストが海に入ってきて、一時は、水面で、二つの船のゲストが入り乱れる状態に。ただ、向こうのボートに、以前に自分がチャーターしたクルーズに参加してくれたキャサリンという女性が、ガイドとして乗船していたので、海面でハグをして挨拶をした。「邪魔しちゃって、ごめんね」と最初に言ってくれたので、「いいよ、楽しんでね」と言って、またドルフィンスイムに集中した。彼女はビミニに住んでいて、ドルフィンスイミングのガイドをやっているだけあって、泳ぎも上手だった。

_29A5134k.jpg
<しばらくこの(立った状態で停止)状態で、僕らを誘うようにしていたイルカ>

ランチタイム後の休憩時間では、ダイビングを楽しんだ。自分はマクロでジョーフッシュを狙いたかったのだけど、いつもは、巣穴から飛び出して平気な顔しているのに、今日の奴らは近づくと、巣穴に引っ込んでしまい、なかなか撮影ができなかった。

_29A5255k.jpg
<Yellowhead Jaefish>

_29A5263k.jpg
<Blue Chromis>

_29A5316k.jpg
<Fairy Basslet>

_29A5327k.jpg
<Juvenile Rock Beauty>

_29A5280k.jpg
<Queen Angelfish >

_29A4952k.jpg
<3日目の午前中のイルカたち>

特に、午後のイルカたちは、その場からあまり動かずにまったりと泳いでくれたので、こちらもゆったりとペースを合わせて泳げた。今週は、ドルフィンスイミングが上手な人が多い。なので、横に移動せずに、深く潜れる人が、タイミングを見計らって、交代でイルカと泳ぐので、イルカも飽きないし、撮影もしやすい。

_29A5498k.jpg
<夕暮れ時のドルフィンスイムは、幻想的>

サンセットを迎える、午後8時すぎまで泳ぎ続けた。夕陽の光が、海中で黄金色に輝き、イルカたちがスポットライトを浴びているようだった。

_29A5749k.jpg
<黄金色の光の中を泳ぐイルカたち>

4日目、この日やっとこれぞ、The Bahamas!と言えるくらい透明度の高いエリアでイルカたちと泳ぐ。海底の砂地の砂紋も綺麗で、広いアングルの写真を撮りたくなる。

_29A6262k.jpg
<イルカが泳ぎ去ったあと、クルーのニコと砂地を撮影。そんな写真でも絵になる>

_29A6067k.jpg
<青い海でイルカと泳ぐ>

_29A6400k.jpg
<ターコイズブルーの海を泳ぐタイセイヨウマダライルカたち>

_29A6330kk.jpg
<今のところ今年の夏休み限定のクルー16歳のロリーは、初ドルフィンガイド。なぜかイルカじゃなくて、カメラ目線>

_29A6197k.jpg
<頑張る岡田君>

ランチ休憩ではこの日もダイビングを楽しんだ。

ドルフィンスイム最終日の5日目、自分は体調が悪かったので、朝は海に入らず。イルカは出てきてくれたけど、あまり遊びモードでは無かったようだ。しかし、ランチタイムにダイビングしている間にイルカたちがやってきて、20分ほど一緒に泳げた人もいた。

午後は、残念ながらイルカに会うことができずに終了したが、バハマを離れ、フロリダに向けて移動を始め、外洋に出たところで、3頭のイルカたちが、僕らを見送るようにバウに着いてくれた。

P1430245.jpg
<week1のゲストとクルーたち。楽しいトリップをありがとうございました>

また、2016年のドルフィンクルーズも4週開催します。すでに予約も入ってきています。日程も確定していますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

Wed 03
2016年のタイガーシャーククルーズは満席です
2015.06.03

<スペシャルトリップ情報>

_29A1404k.jpg

今現在、2016年のタイガーシャーククルーズは、仮予約ではなくて、正式予約の方で満席となっています。キャンセル待ちをご希望の方は、お問い合わせください。

2017年はまだ確定ではありませんが、通常のクルーズ7日間から、日程は2日間延長して、9日間として、他のエリアにも移動します。

_29A0293k-thumb-450x300-4850.jpg

今までが、タイガーシャーク、グレートハンマーヘッドシャーク、カリビアンリーフシャーク、レモンシャーク、ナースシャークの5種類のサメが見れる可能性がありましたが、2日間日程を延長することで、グレートハンマーヘッドシャークとの遭遇確率がかなり高く、ブルシャークも姿を見せるポイントにも行けるようになるので、計6種類のサメがより確実に見れるクルーズとなります。

_29A0856k.jpg

_MG_4436k.jpg

日本発着は10日間から12日間となります。
日程詳細は、またINTO THE BLUEの方に告知します。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.11.12
奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します

2018年1月20日から、24日までの5日間、奄美大島でボートをチャーターしてホエールスイムを開催することにしました。 前回のオーシャナによる、奄美のホエールスイムリサーチの記事 https://oceana.ne.jp/series/奄美大島ホエールリサーチ 船は、奄美マリンスポーツでチャーターして、オーナーの才さんが操船を行います。1日10人まで募集。 宿泊先は、ゼログラビティの清水ヴィラとゼロ古仁屋クラブハウスを予定しています。乗船は、1日5~6時間続けて海に出ます。ですので、乗船を希望される場合には、帰路の飛行機は、基本的には、翌日のフライトをご利用いただくことになると思います。 <ダイビングプールもあり、ビーチが目の前のゼログラビティ清水ヴィラ> <ゼログラヴィティ清水ヴィラ> <ゼロ古仁屋クラブハウス:4人部屋> <ゼロ古仁屋クラブハウス:共有リビング。自炊可能> <サンプルスケジュール> 全日程参加の場合 <1月19日(金)>  奄美大島着  古仁屋まで、空港からレンタカーで現地乗り捨てで約4500円 タクシーであれば、片道約18000円 にて、古仁屋、あるいは清水ヴィラまで来てもらいます。この料金は、ご自分でご負担いただきます。予約などに関しては、こちらで対応は可能です。 古仁屋クラブハウスか、清水ヴィラ宿泊。 <1月20日(土)〜24日(水)> 朝、どの港から出るかを確認して、送迎車にて、移動。 ホーエルスイム 5〜6時間 9時出港予定で、15時くらいまで。もし、クジラがよければ、時間延長しますが延長料金をいただくことになります。(注意:ホーエルスイム後のフライトで帰るのは難しいと思います) 1日の乗船料金は、土日が22000円、平日は20000円を予定しています。 宿泊料金は、古仁屋クラブハウスが1泊素泊り3500円から。清水ヴィラが、朝食付きで、10000円、ペア15000円。2F 2段ベッド部屋2名で12000円 <1月25日(木)> 古仁屋、または清水より、レンタカー、またはタクシーで空港へ 夜は、古仁屋で食事、あるいは、清水ヴィラでバーベキューなども可能。 船上でのランチは、移動途中のコンビニなどで購入します。 途中参加など、全日程参加でない場合もお問い合わせください。 調整はしてみます 詳しいスケジュールや宿泊先、船、料金に関しては、お問い合わせください。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com