スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Sat 21
2014バハマ・ドルフィンクルーズweek2終了。誕生日に花火&ビミニ島上陸
2014.06.21

P1090769k.jpg
<1年振りにビミニ島に上陸>

INTO THE BLUE & ocean+αチャーターのバハマ・ドルフィンクルーズweek2が終了して、フロリダのウエストパームビーチに戻って来ました。Week1開催中にキャンセルが出た一席は、week1に乗船していた女性ゲストが、2週連続で乗船。今週は、友人のニュージーランド人カメラマンが、ゲスト5人を連れて乗船したので、日本人の他に、アメリカ人カップル、ドイツ人カップルも乗船していた。

今週の天候は曇りがちで、時にはスコールも降り、前半は少し波も高かったけど、後半からほぼ凪状態に。

初日は、ウエストエンドからのクロッシング途中で、Pan tropical spotted dolphinsの群れにも遭遇。しばらくの間、バウライドをしてくれました。

P1090282k.jpg
<クロッシング中に遭遇した、Pan tropical spotted dolphins>

今週は、スコット船長の奥さんのロビンと娘のホリーも乗船。ロビンの誕生日と、その他にゲスト2名が誕生日ということで、パーティー&花火の打ち上げを行ないました。


P1090478k.jpg
<スコット船長の奥さん、ロビンの誕生日>

P1260228k.jpg
<盛大に花火も打ち上げられた>

P1260212k.jpg
<打ち上げ花火の後は、皆で花火を楽しんだ>

イルカとは毎日泳げていました。多いときには、30頭以上の群れにも遭遇。おさわりイルカもやってきてくれました。

P1120656k.jpg
<初日のイルカ。イルカと泳ぐ、クルーのサニー>

P1120835k.jpg
<2日目のイルカ。イルカと泳ぐゲスト>

P1000243k.jpg
<イルカ撮影中の越智隆治>

P1140640k.jpg

P1140731k.jpg

毎日イルカと泳げていたこともあり、最終日には、ビミニ島にも上陸。ドルフィンクルーズでビミニ島に上陸するのは、昨年の僕らのweek4以来だそうで、通常は、なかなか上陸することは無いそうだ。そういう意味ではラッキーな体験。

P1260413kk.jpg

僕の妻が、20年程前、この島にあったビミニアンダーシーというダイビングサービスに居候させてもらい、オーナーの娘をベビーシッターしながら、数ヶ月イルカと泳がせてもらっていた頃に、自分も取材でこの島を訪れて、2週間程滞在したことがある。

そのときに、毎晩のように飲みに訪れたバーが、島の南端にあったのだけど、それが今も健在で、以前のままの場末な雰囲気のまま残っていた。名前は、End of the world、店内に砂が敷き詰められていることから、別名、Sand Barとも呼ばれる。

P1260368k.jpg


当時は、そこで出会った船乗りやローカルの人たちと仲良くなって、飲みまくり、敷き詰められた砂の感触が気持ち良くて、裸足になっていたら、何回かサンダルを店に忘れてホテルに帰った事を思い出した。この日は昼間からオープンしていたので、そこで、バハマビールのカリックを飲んで昔を思い返したりしていた。

このSand Barでは、訪れた人に、油性マジックが渡されて、店内に訪れた記念のサインやメッセージ等を書かせてくれる。早速皆でサインやメッセージを書き込んだ。

P1260375k.jpg

ビミニ島上陸後、また3時30分過ぎにまた島を離れて、イルカを探す。しかし、なかなか見つからなくて、少し心配したけど、6時前くらいに10数頭のイルカたちに遭遇した。透明度は悪い場所だったけど、おさわりイルカもいて、皆最終日のドルフィンスイムを堪能して、終了しました。

P1140813ak.jpg
<水中スクーターでイルカたちを誘導するキャプテンロビン>

P1140980ak.jpg
<イルカと泳ぐ、キャプテンの娘のホリー>

P1150152zk.jpg

P1090789kk.jpg
<2週目のゲストとクルー>

何年も来ているリピーターの中には、「透明度はいまいちだったけど、今年のイルカが一番遊べた」と喜んでいる人もいました。

week3,week4でもそんなフレンドリーなイルカたちとの遭遇を期待したいと思います。

Sat 14
2014年バハマドルフィンクルーズweek1 終了
2014.06.14

P1120277k.jpg

2014年度のバハマドルフィンクルーズを終了して、フロリダのウエストパームビーチに戻って来ました。

今週は、概ねコンディションに恵まれて、スイム4日目までは、ほとんどべた凪状態。ナイトドルフィンスイミングも4日間トライして、3日間、イルカたちと泳ぐことができました。

P1110766k.jpg

泳ぐ海域は、昨年後半からと同様に過去に通い続けたグランドバハマ島の北にあるホワイトサンドリッジではなくて、ビミニ諸島の北にある海域。水深は平均して10mほどで、ホワイトサンドリッジよりは深めなエリアが多いのだけど、それでも遭遇するイルカたちのフレンドリーさは、引けを取らない感じだ。

P1290055k.jpg

今週は、リピーターが5人、初参加が6人、しかもバハマ初なのが、5人、まともにイルカと泳ぐのが初めてな人が2人。というバハマのイルカ初対面なゲストが乗船。バハマのイルカたちとの感動的な遭遇に、感極まって泣きそうになる人も。

_1280644k.jpg

今回は、そんな初参加の人たちに感想をお伺いした。


御蔵島や小笠原に良く行く男性も、今回初めてバハマに来て
「想像した以上にイルカがフレンドリー。あと、クルーが、他の海では禁止されている水中スクーターを使って、泳ぎ去ってしまそうなイルカたちを自分たちの方へ誘導してくれるから、長くイルカたちと一緒に泳げた。イルカたちも水中スクーターに興味津々だし、他の海でもあのスタイルでやればいいのにと思った。クルーたちもフレンドリーだし、何と言っても食事が美味しかった!全部美味しかったけど、とくに最終日のパスタは最高!また来たくなりました!」

P1120103k.jpg

若干19歳で初参加の女性は、「クルーズに参加して、初めてお会いする方、年齢や職業が様々でお話をするのが凄く楽しかったです!ご飯も美味しかったし、船の中が毎日ほんわかした感じでリラックスできました。

P1090069k.jpg

日本では何回かドルフィンスイミングした事はあったけど、今までで一番ワクワクドキドキしました!イルカとも長く遊べて最高でした!」と大満足。


オーシャナのスキンダイビング講習を数回受けてから、初のバハマでのドルフィンスイミングを体験した女性は、

「こっちが興奮すると、そういう感情を感じ取ってるのか、なんだか私をからかうように一緒に遊んでくれたりとか、近くで泳いで、目と目が合ってるのを感じて感動したりとか。一番感動的だったのは、海草のパスキャッチ。自分の持っていた海草をイルカがくわえて持っていってくれたのは、本当に衝撃的でした。嬉しくて、そんなシーンが夢にまで出て来ました。

また絶対来たいです!」

_1280122k.jpg

スキンダイビング講習会に関しては、

「バハマに来る前に、講習会に2回参加しました。優しく、わかりやすく素潜りや耳抜きのコツを教えてもらっていたので、バハマでも上手に潜ることができました。
また、いつかバハマなどに行く前には、講習会に参加して身体を慣らしたりしたいですね」と話していた。

実際、彼女は、ハワイでドルフィンスイミングを経験した事もあったけどそのときには、ライフジャケットとフロートを持って、水面からイルカを見るだけだったそうです。でも今回は、初日こそ、ライフジャケットを付けたものの、あとはずっと他のゲスト同様にライフジャケットを装着することなく、イルカと戯れていました。しかも、ビギナーにも関わらず、かなり深くまで潜降して、イルカと泳いでいました。

イルカのフレンドリーさと海の穏やかさもあったと思うけど、初めてスキンダイビングをしたとは思えない程深く潜ってイルカと泳いでいました。

そんな、初参加、初バハマの人が多かった,バハマドルフィンクルーズweek1。

皆さんが大満足して帰国してくれれば幸いです。リピーターの方も、初めて参加された方も、お疲れさまでした。ありがとうございました〜。

P1090176.JPG

また是非参加して下さいね。

今回の撮影機材
水中/Panasonic LUMIX DMC GH4 +proof housing
陸上/Panasonic LUMIX DMC GH4 & GX7

2015年度のINTO THE BLUE & ocean+αのチャータードルフィンクルーズスケジュール

Sat 07
2014年のバハマのドルフィンクルーズスタート!
2014.06.07

_MG_3547k.jpg

2014年のチャーターベースのバハマドルフィンクルーズがスタートしました。今年も4週間開催して、満席。船をチャーターしてのドルフィンクルーズは、1998年からスタートしているので、すでに今年で17年目になります。

その間、多い年には6週間のチャーターを行い、17年間ほぼ満席で催行している人気のクルーズです。

IMG_0309k.jpg

スキューバダイビングと違い、ダイビングタイム等決まっていなくて、好きな時に、起き、好きなときに食べ、好きなときに飲んで、仲間と語らい、好きなときに寝る。

そして、イルカが姿を見せてくれたら、好きな時に海に飛び込んでイルカと戯れる。時間に縛られない、のんびりした時間を楽しんで頂けます。

10440840_770681119638958_733469731474617783_n.jpg

1週目となる今週は、リピーターが5人、初参加の方が6人と丁度半分半分くらい。フロリダのウエストパームビーチまでも、リピーターが、初参加の人たちに色々アドバイスしながら、楽しく移動をしています。

2015年度のドルフィンクルーズスケジュールも既に確定していて、ご予約も頂いています。ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。

2015年度バハマドルフィンクルーズ日程
1週目6月12日(金)日本出発〜6月21日(日)日本帰国
2週目6月19日(金)日本出発〜6月28日(日)日本帰国
3週目7月3日(金)日本出発〜7月12日(日)日本帰国
4週目7月10日(金)日本出発〜7月19日(日)日本帰国

過去のバハマドルフィンクルーズのブログ記事

また、2014年、8月9月に開催するトンガホーエルスイムも、空きが少なくなってきています。こちらもご興味のある方は、是非お問い合わせ下さいね。

10_edited-1k.jpg

2014年度トンガホエールスイム日程

1週目8月9日(土)日本出発〜8月17日(日)日本帰国
2週目8月16日(土)日本出発〜8月24日(日)日本帰国
3週目8月23日(土)日本出発〜8月31日(日)日本帰国
4週目8月30日(土)日本出発〜9月7日(日)日本帰国
5週目9月6日(土)日本出発〜9月14日(日)日本帰国
6週目9月13日(土)日本出発〜9月21日(日)日本帰国
7週目9月20日(土)日本出発〜9月28日(日)日本帰国

過去のトンガホエールスイムのブログ記事


Wed 12
バハマ・タイガーシャーククルーズ2014 最終日もタイガー三昧
2014.03.12

_MG_4914k.jpg

最終日の5日目。午後から、メキシコ湾に発生した低気圧の影響で海が荒れるというので、フィッシュテールで早めにエントリー。この日もエントリーしたときには、すでに数匹のタイガーシャークが集まってきていた。

フィーダーのP.Jがベイトボックスを持ってエントリーすると、すぐに皆が円形の陣形を取り、タイガーたちがフィーダーの元へ入っていける通路を開けて、撮影を試みる。

この日は、4匹のタイガーが頻繁にフィーダーに接近してきたので、潮下にいるダイバーは、後方から迫ってくるタイガーへの警戒を怠る余裕がなくて、しかもぶつかってくるので、忙しくて大変そうだった。

_1250882k.jpg
<前にいる別のタイガーに気を取られていると、通過したと思ったタイガーが急に旋回して真後ろに回り込み、写真のように気づかない事もある>

自分はタイガーよりも、海のコンディションが気になった。流れは相変わらず早いので、重めのウエイトを付けていたが、海面を見上げると、波が高くなっているのがわかった。

3年前には、このポイントで、ボートのアンカーロープが千切れてしまった事がある。自分は、キャプテンのスコットに、この後どうするかの判断を確認するために、他のダイバーよりもかなり早めにエキジットした。

_29A0293k.jpg

やはり、波が高くなるので、外洋に近いフィッシュテールから、リーフの内側にあるタイガービーチに移動するので、潜っている皆に、フィーディングが終わったら、上がるように伝えて欲しいと指示を受けたので、再度エントリーして皆にその事を伝えた。

しかし、海中のコンディションは良く、タイガーも皆の周囲をグルグルと回り続けているので、ここで「浮上して」のサインを出しても、どれだけの人が聞き入れてくれるか心配だった。

最初はとにかく、皆に浮上するように、手で指示を出すが、当然皆はあまり納得していない様子。そこで、ゲストの持っていた水中スレートを借りて、「船を動かなさないといけない/We must move the boat!」と書いて、皆に見せて浮上してもらった。

自分が最後に浮上すると、そのボードに、「Free cold beer on the boat」と書かれていた。

(これでタイガービーチに移動して、タイガーが出なかったら、オレは顰蹙ものだな)と思ったけど、安全を第一に考えれば、皆にどう思われようとしょうがない。3日目、4日目で沢山タイガーシャークとグレートハンマーに遭遇できていて良かった。もし、できていなかったら、きっと皆浮上の指示を出しても上がってはくれなかったかもしれない。

海は少しづつ荒れ始めた。本当なら、午後6時頃まで潜って、フロリダに戻るのだけど、スコットキャプテンから、「このダイビングが最後で、皆が終わったら、フロリダに向けて出発する」と言われた。

相当に海が荒れてくるとのことだった。

皆にその旨を伝えて、そういう事情なので、浅いし、潜りたいだけ潜って良いと指示をだし、最後の一人が浮上するまで海中に待機するつもりでいたので、一番最後にエントリー。不安をよそに、すでに1匹のタイガーが皆の周囲をグルグルと旋回していてくれたので、ほっと胸をなでおろした。

姿を見せてくれたのは2個体だったが、2フックと名付けられた個体が、ずっと側に居続けてくれた。

_MG_4832k.jpg
<2フックと名付けられたタイガーのメス。名前の由来は口に引っかかったままの大きな2個のフックから>

海面を見上げると、バックデッキのラダーは荒波で激しく上下しているのがわかった。早く終わらせて帰路につきたかったが、皆最後のダイビングなので、粘る。いつも2時間も潜り続けるオーストラリア人女性が、やはり最後の一人になり、この日も2時間以上潜り続けていた。

彼女がエキジットしたのを確認して、自分も最後に浮上。

食事は出さず、すぐに出発するとキャプテンに言われ、皆機材をかたずけはじめた。通常は食事食べてから出発なのに、相当に荒れるようだ。案の定、過去に60回以上この航路を往復しているけど、その中でも一番揺れるくらいに海が荒れていた。

午後3時に出発し、予定では、午後11時には、フロリダに到着の予定が、結局到着できたのは、午前2時だった。

最後に海は荒れたけど、とにかく、タイガーにもグレートハンマーにも沢山遭遇できて、最高のクルーズだったと皆満足してくれた。

P1010535k.jpg

2015年タイガーシャーククルーズのご案内
2015年も、タイガーシャーククルーズを開催します。
期日は、2015年3月6日(金)日本発~3月15日(日)日本帰着
クルーズ日程は、3月7日(土)~3月13日(金)の1週間。
ダイビングは中5日間行ないます。
ダイビング本数は、特に決めていません。
クルーズ現地費用は、まだ確定ではありませんが、一人36万円程度を予定しています。
金額に含まれているもの
•クルーズ前後のホテル宿泊費用(2名1室)
•クルーズ乗船費用
•ホテルからマリーナまでの送迎代
国際線エア代は、別途必要になります。
別途現地にて必要になるのは、バハマポートフィー65ドル、クルーへのチップ(200ドル~)になります。
見られる可能性のあるサメ
•タイガーシャーク
•グレートハンマーヘッドシャーク
•レモンシャーク
•カリビアンリーフシャーク
•ナースシャーク
ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。

Sun 09
バハマ・タイガーシャークトリップ2014 4日目、グレートハンマーデイ!
2014.03.09

_29A0792k.jpg

3日目にタイガーを見まくったので、4日目は昨年も行った、グレートハンマーヘッドシャークが見られるポイントに行くことになった。まだ開拓段階のポイントで、過去このポイントでグレートハンマーに遭遇できたのは、6回。遭遇確率にして、50%とのこと。昨年は3個体のハンマーヘッドを一度に目撃した。

ポイント名は、サウスバー・ハンマーヘッド(South Bar Hammerheads)。

潮の関係上、3日目のポイントFish Taleで停泊して、朝移動するよりも、夜の間に移動して、ベイトボックスを沈めて、ハンマーを誘き寄せた方が良いという話になった。

夜の間に移動したおかげで、朝起きた時には、ダイブデッキの後ろでグレートハンマーの長い背びれが何度も確認できていた。

ここのグレートハンマーは、フィッシュテールやタイガービーチに来るタイガーシャークなどよりもシャイなので、エントリーは、まずフィーダーが入り、一人ずつ、静かにエントリーする方法を取った。

_29A0923k.jpg

今回、フィーダーのP.J.が手渡しでハンマーへの餌やりに成功。1本目よりも、2本目の方がより、警戒心の無くなったハンマーが皆の周囲をグルグルと泳ぎ回った。

_29A0856k.jpg

ハンマーヘッドシャークは、警戒しながらも、最終的には、ダイバーたちの周囲を旋回しながら、砂地に落ちている餌の魚の切り身を見つけては捕食を繰り返した。

おかげで、3本潜って、3本ともグレートハンマーに遭遇。2本目の後半からは、2匹のタイガーシャークも遭遇し、3本目には、タイガーとグレートハンマーの夢のコラボ写真狙いか!と期待した。

確かに、2匹同時に姿を見せることもあったが、実際2匹同時に一枚の写真に収めることは叶わなかった。これはまた次回のテーマの一つにしたい。

とにかく、今後は、このポイントでのグレートハンマーヘッドシャーク遭遇確率を上げるべく、開拓を進めて欲しい。


2015年度も、タイガーシャーククルーズを開催します。
期日は、2015年3月6日(金)日本発〜3月15日(日)日本帰着
クルーズ日程は、3月7日(土)〜3月13日(金)の1週間。ダイビングは中5日間行ないます。ダイビング本数は、特に決めていません。

クルーズ現地費用は、まだ確定ではありませんが、一人36万円程度を予定しています。

含まれているもの、クルーズ前後のホテル宿泊費用(2名1室)、クルーズ乗船費用。ホテルからマリーナまでの送迎代となります。国際線エア代は、別途必要になります。

別途現地にて必要になるのは、バハマポートフィー65ドル。クルーへのチップ(200ドル〜)になります。

見れる可能性のあるサメ
タイガーシャーク、グレートハンマーヘッドシャーク、レモンシャーク、カリビアンリーフシャーク、ナースシャーク

_MG_4427k.jpg

ご興味のある方は、オーシャナか、INTO THE BLUEのお問い合わせフォームから、お問い合わせ下さい。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com