スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Sat 17
2013トンがホエールスイム5日目。穏やかな親子に遭遇
2013.08.17

_MG_0139.JPG

4日目が終了して、4日間でホエールスイムを終了して、この日、6人のゲストが島を離れた。かの4日間は、今までの中でも、正直クジラとの遭遇が、かなり,難しかった。

5日目から、乗船する船が変った。新しく到着したゲストも加わり、僕と6人を乗せて、出港。

_MG_0002.JPG

このまま、厳しい状況が続くのかと不安に思い始めた、5日目。午前中。ノースベイに捜索に行くが、シングルのクジラが一頭いただけで、しかも泳げなかった。

トンガシカに戻り、シンガーと泳ぐが、姿は見えず、鳴き声だけを聞いて、さらに南下して、捜索。いつくかのブローやブリーチングを発見。ファトゥマンガ島の近くで、シングルとペアが合流して、ペアの方のオスが、激しく、ブリーチングやテールスラップを何度も繰り返し、割って入ってきたシングルのオスを威嚇していた。その中にエントリー。激しく水面を叩く水しぶきのせいで、視界が阻まれる中、3頭が交錯するシーンを少しだけ見ることができた。

_MG_0016a.JPG

湾内、オバカ島の内側で、別のボートが親子と泳げているという連絡が入り、そちらに向かう。

しばらく、別のボートが泳ぐのを、島影でランチを食べながら順番を待つ。僕らの番になり、エントリー。透明度は悪い。最初は母親がどこに留まっているかを探すのに時間がかかったが、基本は水面でも、水中でも、こちらが無理な接近を試みなければ、動かずにいてくれた。子クジラは、オスのようだった。

_MG_0084.JPG

しかし、何度も子クジラが浮上したときに、追わないで下さいと注意したにも関わらず、追いかけてしまうゲストがいて、子クジラが嫌がって、逃げてしまった。スキッパーにも、「追わないように、注意してくれ!」と何度も言われた。

_MG_0183.JPG

水中でもフィンを掴んで「追わないで下さい!」と注意をする。10年間で、自分がゲストのフィンを引っぱることは、そうそう無いのだけど、もう少し、厳しくした方が良さそうだ。他のボートもいる中で、やってはいけない行為を繰り返すと、スイム自体を放棄しなければいけなくなる。

「クジラを慣らす」という行為を、いくら説明しても、それを体感した人でない限り、我慢ができなくて、追ってしまいたくなるのは、わかるけど、スキッパーとガイドの指示に従えないのであれば、ボートには乗せられない。

Sat 17
2013トンガホエールスイム3日目。強風、ノースベイでペアとヒートラン。スワローズケーブ
2013.08.17

_MG_3682a.JPG

3日目、僕はDP、寺山君はWWVで海に出る。天気は良いが昨日より南東からの風が強く吹いていたので、ここ最近クジラが出ているという情報は無いのだけど、風を避けてノースベイに行くことにした。

ノースベイは東側が高い崖に覆われていて、広い湾口は北西に向いている。だから、この時期良く吹く南西から西方面の風には強い。船の形状からして、DPの船は、ドライエリアが無いので、風を受けると激しく水しぶきを受けるので、捜索し辛くなる。WWVは南西側に向かったのもあり、いちかばちかで、ノースベイに向かった。

昨日も何隻かのボートがこちらを捜索に来て、クジラがいなかったこともあり、僕ら以外には、トレジャーアイランドという離島のリゾートのゲストを乗せた、小さなアウトリガーボートが一隻来ているだけだった。

しかし、すぐにこちらのスキッパーがブローを発見した。ゆっくり広い湾口をさらに北へとボートを動かす。僕もブローを確認していた。だが、スキッパーは僕が「この辺」と思っていたエリアよりも、さらに北にボートを移動させていく。(行き過ぎじゃない?)と思ったが、黙ったまま、皆が前方を探し続ける中、一人、後方を向いて、周囲を見渡していると、500m程後方でブローが
2つ上がる。

(やっぱり行き過ぎだ)。そう思いつつ「ブロー!後ろ!」と伝えて、ボートの向きをかえさえた。しかし、スキッパーもガイドも他のゲストも誰も確認できていないので、皆半信半疑。自分には確信があったので、とにかく、ボートをすすめて、自分がオッケーという位置で止めてと伝える。

その位置に来るまでにもう一度ブローが上がればいいのだけど、自分がここだと判断した位置に来てもブローは上がらなかった。こういう時は、少し不安になる。しかし、その直後、すぐ真横でブローが上がった。「ビンゴ!」と小声でスキッパーに笑いながら伝えた。

WWVのボートには、過去に何回も乗船しているので、自分がトンガのホーエルスイムのガイドとして10年以上海に入っている経験を認めてくれている。しかし、DPのスタッフと働くのは今回が初めての事。なので、ガイドをやるに当たって、どれだけの経験と知識、感があるかを少しずつ認めてもらう必要がある。

2日間で、何度も彼等より先にクジラを探し、潜ったクジラの捜索をするうちに、彼等もこちらを信頼して、何をするにしても、確認、相談してくれるようになってきたし、こちらの意見や指示にも、スムーズに従ってくれるようになった。

頭ごなしに、「ああしろ、こうしろ」と指示を出すよりも、こうした信頼関係を築くことで、目的の生物を見れる確率が上がるのは、どこの海でも同じだ。

ブローは、大人のペアだった。しかも、潜ってから浮上までにかなり時間がかかる。一度浮上し、潜行したポイントにボートを寄せてもらい、僕がチェックしてクジラが底で留まって休んでいるかどうかを確認した。

1回目、チェクに入ったが、クジラたちは、すぐに離れたところで浮上した。ボートに戻り、再度潜行した場所に移動してチェック。最後のフットプリントから、少し離れた地点、水深30m〜40m付近に留まる2頭のクジラを発見した。

_MG_0038.JPG

腕を上げ、皆を呼ぶ。クジラたちが休息する地点の水面で、次の浮上を待つ。一頭は、背中を上にして、水平に。もう一頭は、顔を上、テールを下にして垂直にして休んでいた。

15分程、水面で待つと、水平に休んでいた方が浮上を始めた。一頭だけが一度浮上し、まだ垂直に休息している1頭の方に潜行して潜って行く。そのタイミングでもう一頭が浮上を開始し、2頭で移動しながら離れて浮上した。

_MG_0016.JPG

つまり、最初に確認したときに、その場にクジラがいなかったのは、それと同じように、1頭が先に浮上して、もう1頭のところに戻り、次に一緒に浮上して、再度潜行。そういうパターンを繰り返していたからだ。

そのパターンが分かれば、一度目の浮上は無視して、2度目の浮上の後にチェックをすれば、見つかるはずだ。少し時間はかかるけど、それで再度のエントリーにトライしようとした。

しかし、その直後、少し前に3つのブローがさらに北に上がっているのを確認していたのだけど、その3頭がこのペアと合流してヒートランが始まってしまった。

ゆっくり止まっているのを見るのを諦めて、ヒートランを追跡。激しく移動する5頭の群れに何度かエントリーしてみるが、先頭のメスが、ボートの接近を嫌がり、すぐに方向を変えたり、僕らがエントリーすると急潜行するので、撮影できる距離で見れるということは無かった。

あまり見れる感じでもなく、荒れている沖へと移動していくので、追跡を諦めて、島影でランチを取り、風の強い南東エリアに向かう。他のボートをも無線で連絡を取るが、まったくクジラが見つからないらしい。唯一1頭で休んでいるクジラが見れるというので、すでに4〜5隻のボートがそこの順番待ちをしていた。

WWVの寺山君にも携帯で連絡を取ってみたが、シンガーに一度入れただけで、後は見つかっていないという。

結局、午後はまともにクジラに遭遇することなく終了。ババウに初めてきた人もいるので、クジラが見れなかったときに訪れる、スワローズケーブで泳ぎ、帰路についた。

_MG_3690.JPG

Thu 15
2013年トンガ、ホエールスイム2日目。シンガーと親子に遭遇。トンガタプで足止め。
2013.08.15

_MG_0044a.JPG

2日目、風が上がる。多くのボートがクジラを見つけるものの、まともに泳げるクジラには遭遇できていなかった。無線で連絡を取り合うスキッパーの情報だけでなく、僕と寺山君も、こちらで使用できる携帯を使って、今の状況をお互い伝え合った。

「親子についているけど、なかなか海に入れないです」。「シングルのクジラがいるけど、潜ってなかなか上がってこない」。「状況が変って、入れるようになったら連絡して」などなど。

風はあるけど、雨雲が無いので、まだ過ごし易い。しかし、日向にいる人は、すでに相当に日焼けしていた。

なかなか良いクジラが見つからないまま、時間が過ぎていく。そんなとき、チャネル内で一頭のクジラを発見。同じ場所からあまり動いていないし、場所的に、水深40mくらいで、底が見えるところだった。もし、潜ったとしても、上から探せば見つけられる可能性が高い。

スキッパーに、「浮上してきて、潜ったら、その上まで移動してチェックするから」と伝えて海に入る。ボトムははっきり見える。鳴き声み聞こえる。シンガーだ。トンガ人ガイドとスキッパーの指示する方向を確認しつつ泳ぐ。しばらくすると、海底にぼんやりとクジラの姿が見えて来た。

クジラはほぼ海底に頭をつける感じで、テールを力なく上にして鳴いていた。腕を上げて皆を呼ぶ。自分は何度か潜水をして、テール側からクジラを撮影。しかし、テール側でせいぜい水深30mなので、まだトンガに着いたばかりで、潜行しなれていない自分には、これが限界の撮影だった。

_MG_0037a.JPG

一度浮上してきたが、僕らの存在に気づいたシンガーが、「うざい」と感じたのか、突然ブリーチングとテールスラップ、ペクトラルスラップを始めた。しばらくその行動を繰り返し、また潜行をしたが、かなり遠くに移動したか、鳴かなくなったのか、水深も深い場所に移動したので、姿を見つけることはできなかた。

_MG_8506a.JPG

その後、しばらく何頭かのクジラのブローやブリーチングなどを見つけるが、海が荒れている場所だったり、接近してもその後あまり浮上してこなかったりした。

外洋側を移動中、親子に遭遇。しかし、子どもが明らかに小さくて母親は止まる気配がない。しばらく追走するが、難しそうなので、「近よれないので、透明度が高いから、遠目に見るだけになります」という説明をしてエントリーしてもらう。

自分の泳力なら充分撮影できるスピードではあったのだけど、最初は皆を誘導して先頭にいたものの、すぐに皆の後ろに回って見ていたので、撮影した写真はこんな感じ。

_MG_0058.JPG

この親子も全員が見れて、今日の状況からすると、他の船からの無線情報を聞く限り、かなり見れた方だと思う。

13日、火曜日に到着予定だったニュージーランドからの参加者は、ババウ側の天候の悪さで飛行機が2便とも欠航して、水曜日に到着。その同じ便で、僕らのスーツケースも全て到着した。

9月のときにも、大人数での移動なので、気をつけ無ければいけない。

Wed 14
2013トンガ、ホエールスイム初日。全員水中でクジラに遭遇。相変わらずトラブル発生
2013.08.14

_MG_0044.JPG

2013年トンガホエールスイム初日、2隻の船で海に出る。前日には、3頭の親子と泳ぎ、8頭くらいの激しいヒートランに遭遇し、トータルで30〜40頭のクジラに遭遇したと、乗船したボートのスタッフに聞かされた。

しかし、13日は島が雨雲に覆われて、広範囲には探し辛いコンディションだった。後で聞いた話だが、2便ある国内線も、この日はババウ上空まで来て引き返した。にも関わらず、一方のボートは、ブリーチング、ペクトラルスラップなどのパフォーマンスを堪能できた他、ヒートラン、シンガー、親子にも遭遇した。

_MG_8048.JPG
<ロケットの発射の瞬間のように、激しく水しぶきを上げて、ブリーチングをするザトウクジラ>

そしてもう一隻のボートは、オスとメスのペアのクジラが、30回近くダブルブリーチングやダブルペクトラルスラップを繰り返した。なかなか2頭同時にというタイミングでは飛ばなかったので、ムービーで撮影していれば良かったかなと少し後悔もした。

_MG_8114.JPG
<ペアのクジラが、連続でブリーチングやペクトラルスラップを繰り返した>

激しく移動するので、なかなかエントリーのタイミングが掴めなかったけど、最後に全員が海中でペアのクジラを見ることができた。

_MG_0047.JPG

今年は、例年になく、ババウの降水量が多いそうだ。7月の下旬だけで、昨年1年分近くの雨が降った。この日も、雨雲を避けて、南側でクジラを探していたものの、北のメインアイランド周辺は、分厚い雨雲に覆われ続けていた。

僕らがトンガタプから、ババウに来る国内線で、トラブルがあった。乗客は満席では無いにも関わらず、荷物が多過ぎるから全部を運べないと空港スタッフに言われた。エクセスを払っているにも関わらず、何故か僕らの荷物だけの中から乗せない荷物を選べと言われた。しかも、僕らのエクセス合計は、10人で48キロ(一人20キロまでなので、200キロまでは乗せられる)。なのに、120キロ分を下ろせと言う。

「エクセスチャージは支払っているのに、しかも、エクセス以上の荷物を僕らの荷物だけから選んで乗せないというのはおかしいだろう、ならエクセス代を返金してくれ」と言うと、「明日の早朝フライトで必ずホテルまで届ける」と説明されたが、その早朝フライトに乗せたところで、ボートの出発時間には間に合わない。

だったら、明日必要なものを取り出したいから、飛行機に積んだ俺のスーツケースを出して、他のゲストの荷物を乗せろ」と主張したら、「もう飛行機に乗せたからダメだ」と言う。しかし、それでは、ホエールスイムの船に乗船できても、マスクやウエットスーツ、フィンが無ければ、何のためにここまで来たのかわからない。しかも、ここトンガでは、確実に翌日荷物が届くとも限らない。

とにかく、飛行機に乗せられず残っていた荷物の持ち主に、「明日泳ぐのに必要なものだけをスーツケースから取り出して、手荷物で持って入って下さい」と伝えた。最初は、僕らのグループのスーツケースが5人分ほど残っていたのだけど、「とにかく、俺のスーツケースを飛行機から出せ!」と主張し続け、「どれだかわからない」と言うので、「俺が直接見に行くから」と言うと、「飛行機には近づけない」と言う。

はっきり言えば、全員の搭乗手続きを終えた直後に、重量チェックは全て終わっているのだから、そこで、乗せられないと言ってくれれば、すぐに、必要なものだけ出す余裕はあったはずなのに。

今年の3月まで運営していた、ニュージーランド系の航空会社であれば、それほどこういうトラブルが起こることは無かった。今は今年に入って参入してきた、REAL TONGAという航空会社で、資本は中国系。おまけに、他の国で使用していた事故を起こした飛行機をただ同然でもらいうけ、ここの運行に使っていたが、結局すぐに壊れてしまったという話も聞いた。

何故トンガは、優良なニュージーランドの航空会社を撤退させて、そんな航空会社を選んだのか。納得がいかない。

結局、僕と寺山君のスーツケースを引きずり出させて、他のゲストの荷物を積み込ませた。しかし、どうしても、もう一人分は乗せられないと言われ、彼には、申し訳無かったのだけど、必要な器材だけを出して、手荷物にしてもらい、自分たちも、必要なものを取り出してメッシュバッグにつめて、手荷物にて、機内に持ち込んだ。

ババウに着いてから、僕ら以外にも荷物が届かなかった乗客がいた。その人たちは、荷物を乗せないことも聞かされていなかった。

そして、翌日のフライトで届く予定だったスーツケースは、天候不良により、飛行機が飛ばず、2日目の今日も、トンガタプに残されたままだ。機体が小さいので、荷物は極力コンパクトにまとめた方が良さそうだ。

ニュージーランドの航空会社のときは、ほとんどトラブル無く来れるようになっていたババウだけど、この航空会社、またトラブルが続出しそうだ。

Sat 13
バハマドルフィンクルーズweek4 Vol.1 船上結婚式&北のイルカたちの消息
2013.07.13

Week4、今年のINTO THE BLUE最後のチャータークルーズには、日本から家族が合流。スコット船長の家族、奥さんのロビンと娘のホーリーも乗船。それに、船上で結婚式を挙げたいというリピーターカップルも乗船。僕がスコットの船をチャーターして15年目、僕らの結婚15周年、ビミニ上陸、くわえて7月10日はバハマ独立40周年記念日、などなど盛りだくさんな上に、イルカたちの状況にも変化があって、一回のブログでは書けそうにないので、何回かに分けて報告しようと思う。

992903_623233234367344_720715915_n.jpg

<フロリダに到着した、息子たち>

Week4は、先週に比べて風も弱まり、グランドバハマ島のウエストエンドに到着して、出入国手続きを済ませると、すぐにビミニ方面へ向けて出港。その直後に、このエリアに棲息する南のタイセイヨウマダライルカのグループに遭遇した。初日はイルカに会えない可能性が高いと思っていたので、ラッキーだった。

しばらくはこの南のグループと泳ぎ、またビミニ方面へと移動。ビミニ到着前にも、ビミニのイルカたちに遭遇して、少しの間泳いで初日を終了した。

_MG_0692.jpg

2日目、ビミニ周辺には、ドルフィンスイム目的のクルーズ船が他に2隻、それにデイトリップの船が午後から出て来ることもあり、早めにスタートしてイルカを探す。午前中ギリギリぐらいに、透明度の良い海域でタイセイヨウマダライルカの群れに遭遇。かなり遊びモードなイルカたちと2時間くらい泳ぎ、ランチ休憩を取り、またすぐにイルカと遭遇して3時間くらい泳ぎ続けた。

ホワイトサンドリッジのイルカたちと引けを取らないくらいに、フレンドリーなビミニのイルカたち。息子たちも、十分満足できるくらいにイルカたちと一緒に泳ぐことができた。

_MG_9867.jpg

<母親がイルカと泳ぐのを、水面から見守る息子たち>

1日目、2日目とイルカたちとかなり泳げたので、2日目の夜に、ゲストの結婚式を行なうことにした。二人は、日本では挙式せずに、このドルフィンクルーズでの船上結婚式を正式な結婚式にしたいということで、事前にスコット船長に誓いの言葉を考えてもらい、指輪の交換をした。

P1040471.jpg
<結婚式後、皆で記念撮影>

P1200135.jpg

<式の後のパーティーでは、二人と息子たちがケーキに顔を突っ込み、こんな感じに>

_MG_1199.jpg

<二人の船上撮影後は、トップデッキから海に飛び込んだ>

P120074112.jpg

<船上で撮影した二人の写真>

_MG_04221212.jpg

<水中では、イルカと二人との写真を撮影>

かっちゃん、トニカちゃん、結婚おめでとうございます。末永くお幸せに〜。

自分たち夫婦も、15年前にスコット船長に神父さんになってもらい、誓いの言葉を交わして、船上結婚式を挙げた。自分たちは、予定していなかったのだけど、当時のゲストがサプライズで企画してくれたので、指輪も用意していなくて、僕がビーズを使って即席で作った指輪を交換した。その後、ハネムーンカップルを祝福した事はあったけど、結婚式を挙げるのは、それ以来の事だった。

日没前、まだイルカを探している間に皆で飾り付けをして、午後8時過ぎに挙式スタート。酔っぱらってはいたけど、僕が撮影を担当。クルーもゲストも皆で二人の祝福をした。

3日目、この日も朝早めにスタート。すぐにイルカたちに遭遇。透明度は悪く、小雨も降っていたけど、イルカたちの数も多く、何度もリピートして来ているゲストの中には「今までで一番楽しかったかも」というくらいにフレンドリーだった。

_MG_1127.jpg

スコット船長が、「ノチョらしきイルカがいる」と言ってきた。自分も2日目にそれらしいイルカを目撃していたけど、少し違う印象だったのもあり、撮影にはいたっていなかった。

ノチョは、姿を消したホワイトサンドリッジに棲息していた北のイルカのグループの中でも、かなり年配のメスのイルカ。尾びれの付け根部分に三角に切れ込みがあるので、他のイルカと比べても見分け易い。

_MG_0835.jpg

<ノチョと確認できる尾びれの手前にある三角形の切れ込み。そして、尾びれの切れ込み、この2つの特徴でノチョであることが判明した>

2週間前にビミニとグランドバハマ島の間の海域で20頭ほどの北のイルカたちに遭遇したときも、目撃されていた。しかし、今回は、ビミニのグループと一緒に行動を共にしていたわけだ。

「そんな事もあるのかな?」と半ば半信半疑ながらも、そのイルカを撮影してみた。確かに見覚えのあるイルカ、ノチョと同じ場所に切れ込みがあった。それでも、ビミニのイルカのグループと一緒に泳いでいたので、どうしても本当にノチョなのか、という疑問が拭えなかった。撮影後、船に戻って、早速スコット船長にその写真を見せると、「ノチョに間違いない」との返事。翌日には、同じ北のグループのオスのイルカ、チャブにも遭遇。完全に、北のイルカたちと、ビミニのイルカたちが合流している様子だった。

_MG_1025.jpg
<背びれの切れ方に特徴があり、すぐにチャブだということがわかった>

個人的には、やはり透明度の高い、北のホワイトサンドリッジに戻ってもらいたいという願望もあるのだけど、35年以上ほとんど変化の無かったイルカの群れが、こんな形で生息環境を変える様子を観察することができて、とても興味深かった。

撮影した写真は、この海域でイルカのリサーチを行なっている、研究者に提供することになった。

2014年度もすでに、4週間クルーズ船をチャーターしています。ご参加を希望される方は、お問い合わせ下さい。

2014年
1週目 2014年 6月6日(金)日本出発~6月15日(日)日本帰着
2週目 2014年 6月13日(金)日本出発~6月22日(日)日本帰着
3週目 2014年 7月11日(金)日本出発~7月20日(日)日本帰着
4週目 2014年 7月18日 (金)日本出発~7月27日(日)日本帰着


CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.10.09
越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください

2017年12月23日(土)、東京の渋谷で、毎年恒例となりました越智隆治スライドトークショーを開催いたします。 <昨年六本木で開催したスライドトークショーの様子> おかげさまで、毎年満員御礼(若干オーバーなためいつも狭くてすみません)のトークショー。今年は、大きな3面スクリーンのある会場で、1年間の撮影の様子をご報告します。 迫力のあるクジラから、癒しの海まで、海に包まれているような気持になれると思います。 食事スタイルは、半立食のブッフェ形式。 席が決まっていないので、いろんな方をお話しできるかと思います。 またせっかく海が大好きな人たちが集まりますので、「なにか青いもの」をご持参ください。洋服でも、靴でも、鞄でも小物でも、なんでも構いません。もしかしたら、いいことがあるかもしれません。 会の終盤には、お楽しみのプレゼントじゃんけんも開催予定です。 今年はどんなプレゼントか、お楽しみに。 満席になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご参加ご希望の方は、お早めにお申込ください。 皆さまのご参加、心よりお待ちしております! ■越智隆治スライドトークショー2017 ○日にち:2017年12月23日(土) ○会場:イベントスペース DAIA 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1 https://goo.gl/maps/Naoahs1V9PJ2 ○時間 17:00 受付開始 17:20 スタート 19:40 終了 20:00 完全退出 ※二次会の開催は予定していません ○参加費 7,000円 ※事前のお振込みをお願いしております ○お申込・お問い合わせ ochi@oceana.ne.jp 以下をご記入の上、ご連絡ください。 「件名:越智隆治スライドトークショー2017参加希望」 *お名前: *参加人数: *当日に連絡のつくお電話番号: ※担当者より詳細のご案内をさせていただきます

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com