スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Thu 26
セールフィッシュスイムday23 。巨大なイワシ玉
2012.01.26

_MG_0999.jpg

week5、プロの水中ビデオカメラマンの古島さんたちとの乗船2日目。キャプテンのロヘリオが戻ってきたので、いつもの船で海に出る。出会って早々にお悔やみを伝えた。

ロヘリオが「昨日はどうだった?」とか「あっちの船とこっちとどっちがいい?」とか聞いてきたので、他の船が合流して、人が多くて大変だったとか、やっぱりこっちの船がいいよと伝えた。

ロヘリオは「今日は絶対他の会社の船が来ないようにしよう」と意気込んでいた。撮影に支障をきたすからというだけでなく、昨日乗船した船のキャプテンに負けたく無いという思いもあったように思う。「オレはあいつより凄いものを見せてやる」。そういう男の意地みたいなものかもしれない。

快晴。昨日よりも風もおさまり、穏やかになっている。ロヘリオは延々と船を北へ走らせた。グンカンドリのいるコントイ島の北端にある灯台をあっさりと通過して、さらに船を走らせる。クルーのウワンが、「ボッシュまで行くつもりかな」と僕に耳打ちをした。

ボッシュとは、ホルボッシュという地名で、ジンベエスイムで有名な場所。行ったことは無いけど、相当な数のジンベエザメが集まるとか。ただ、透明度が悪いらしい。

とにかく、灯台も見えなくなってやっと目の前に鳥山を発見した。しかし、微妙な動きをしている。海が穏やかなので、船の上からウワンが確認すると、巨大なイワシ玉だとのこと。しかも、水面まで浮いてきていないので、鳥たちも躊躇しながら飛んでいるようだ。しかし、バショウカジキの数は少ないが、いるとのこと。

どうしようと考えていたら、ロヘリオが、「タカ!入れ!鳥たちが諦めたら群れがどこにいるかわからなくなる。とにかく入って群れを確認しろ!」というので急いで海に入った。透明度は悪い。

少なくなっていく鳥たちを目印に移動していくと、巨大なイワシ玉を発見。周囲にバショウカジキが10数匹ついていた。

イワシの群れが大きいとあっという間に移動してしまうことの方が大半だけど、今回の群れはあまり動かない。これはなら落ち着いて撮影できる。皆を呼び、撮影を行なった。いつも捕食と群れがメインの撮影になりがちだけど、これなら、バショウカジキに追い立てられたイワシの群れが変幻自在に群れの形を変えるシーンを撮影できる。その様子は見ていてほれぼれするものだった。

_MG_1193.jpg

自分も今までに無い写真が撮影できた。

しかし、古島さんと水面に顔を上げて、タンクをつけて撮影できないかの相談をされたので、「試しにつけてみますか?」と言って再度海中を覗くと、群れの姿が消えていた。もう少し時間をかけて撮影したかった。

その後、また別の群れに遭遇してエントリー。今度は先ほどの群れより小振り。こちらもあまり動かない状態だったので、ゆっくり撮影できた。しかし、しばらくして、同じ会社の船で、バショウカジキの調査のためにタグ付けしてる船が来て、タンクをつけて近よってきた途端に、ほとんどのバショウカジキが逃げてしまった。

明らかにタンクのせいなのかどうかは定かでは無いけど、その可能性は高そうだった。

古島さんも、「なんか微妙だな」と自分がタンクを使うことを躊躇っていた。

それでも、2日間連続で撮影ができて、昨日と違い、ゆっくり、しかもほとんど独占状態で撮影ができたので、満足そうだった。3Dの映像が楽しみだ。

Thu 26
ムヘーレス島で気に入って買ったもの。ミル・マスカラスのTシャツ
2012.01.26

島に来てから、ずっとゲストの人たちがおみやげを買うのに付き合っていたけど、特にこれといって、自分が欲しいものが無かった。

まあ、前にも来てるからというのもあるのだけど。

ところが、最終週の人たちと食事するレストランを探していて、何となくいつも入らないおみやげやさんに入って、「こ!これは〜!!」と思わず手に取ってしまったのが、このTシャツ。

_MG_1460.JPG

僕らのルチャリブレ(プロレス)全盛期のヒーロー「千の顔を持つ男、ミル・マスカラス」のマスクが燦然と胸に輝くTシャツがあるなんて!とそれだけで興奮したのだけど、背中を見て更に「う!こ、これは買うしかない!」と即決させてくれたのが、マスクの後ろ側のデザインがあって、おまけに、マスクヒモまでついていたこと。

_MG_14613.JPG

さらに探すと、なんとマス・カラスの弟、ドス・カラスのTシャツ、それに、な、なんと、聖人エル・サントまで!どうでも良い人には、「何これ?」かもしれないけど、自分にとっては、バショウカジキの群れに遭遇したくらいに衝撃的に感動したんです。

もう、大人買いです。

そして、子供用のTシャツも残り3着というので、思わず追加で購入。そのレスラーたちの名前は聞いたけど忘れた。でも、子供用もしっかり背中にマスクのデザインとヒモがついている。

_MG_145812.JPG

_MG_1459124.JPG

ビデオカメラマンの古島さんも自分用ともう来年大学生になる息子さん用にミル・マスカラスを購入。

「そんなに買ったら、売るものが無くなっちゃおうよ〜」と店の人に言われた。
そんな事、知ったことではない。

そして、日本に帰るまで我慢することが出来ない僕は、今ドス・カラスのTシャツを着て、夕食を食べに行っている。

Wed 25
セールフィッシュスイムday 22。3隻のスイムボートが混戦
2012.01.25

セノーテで潜った翌日から、プロの水中ビデオカメラマン、古島茂さんたちが島に入った。7日間一緒に乗船して、バショウカジキを探す。

_MG_3109.jpg

撮影は、2D、そして3Dのカメラで行なう。

初日(自分にとっても今年22日目)。いつも乗船していた船のキャプテン、ロヘリオのお母さんが亡くなり、お葬式などのために海に出れないことになり、急遽、もう一隻のスピードボートの方に乗船することに。キャプテンは、セビーチェ作り名人(?)のダビッド。クルーはいつものウワンが乗船。

撮影機材が多く、場所を取る。海は、荒れてはいるが、それほどでもない。プロの人たちに取ってみれば朝飯前の波だ。しかし、風は南東。ムヘーレス島からかなり北へ離れて、鳥山を探す。午前中に群れを発見。エントリーを試みる。

見れなくは無いが、移動している。僕が追いつくくらいのスピード。泳いでいる間に、いつの間にか、カンクンからのスイムボート2隻が来ていた。無線を聞きつけてやってきたらしい。各ボートに5人前後の人が乗船していた。

キャプテンのダビッドの話によると、昨日、一昨日、そして今日の3日間でカンクンのダイビングサービスの船をチャーターしてスイミングを行いに来ていたグループだそうだ。昨日、一昨日とバショウカジキに遭遇することが無かったために、これが最後のチャンスなのだという。

全員がエントリーすると、僕らを含めて15人ほどになり、群れを追いかけての競争のような状態になった。これでは群れに追いつけないと、前を泳ぐ人のフィンキックの泡しか見えなくて、きっとまともには見れないかもしれない。ほとんどの人が通過する群れを撮影しては船に戻り、また前に回り込んで撮影。そんな状態を繰り返していた。

_MG_3190.jpg

まあ、群れが止まったところで、この人数で取り囲めば、あっという間にバショウカジキたちはイワシの群れを残して去って行く可能性も高い、

泳力の違いで、皆バラバラになり、荒れた海の上は、スキンダイバーが、あちこちに散らばって、船にピックアップしてもらうのを待つ状態。安全面的にも問題がある。

様子を見るために、一度船に戻ると、僕が先頭にいると写り込んでしまうということだったので、群れについて泳いで、イワシが少なくなってきたところで、止める作戦を諦めて、途中から、僕は古島さんのカメラ1台を持って後について泳ぐことした。

まあ、群れと泳いでイワシ玉が小さくなったところで、止められたとしても、この人数ではまともに、撮影はできないだろうという判断もあった。

結局この群れは止まる前に、イワシの群れが逃げ切って、終了した。カンクンからのチャーターボートは、それで引き返した。

僕らは、3時まで捜索を続けたけど、この日はこれ以上鳥山を発見できずに終了した。

この日の収穫は、まだ他の船が来る前に、バショウカジキの群れに混じって、マヒマヒが捕食をしていたことだ、その捕食のときの体色の美しさに感動した。しかし、最初のエントリーのときには、僕はガイド役のつもりで入ったので、カメラを持っていなかったために、撮影ができなかった。

皆が追いついてから即効で船に戻り、カメラを持って入り、なんとか遠目に撮影した。捕食ピーク時の体色は撮影できなかったのが心残りだ。

_MG_3089.jpg

Mon 23
セノーテに行ってきた
2012.01.23

_MG_2829213.jpg

21、22日は、オフ。23日から、28日まで、また1週間連続で乗船する。

22日、week4のゲストの中に、セールフィッシュスイム後、カンクン滞在を2日間する人がいて、その人のリクエストで、一緒に近くのセノーテに潜りに行くことになった。

カンクンから、海岸線に沿ってユカタン半島を100数十キロ南下したところにある、DOS OJOS ( TWO EYES CENOTE)に潜りに出かけた。

_MG_27742.jpg

セノーテ自体、100以上がユカタン半島に点在していると聞いた。DOS OJOSは、そんな中でも、透明度も高くて、人気。日曜日のこの日も、ダイバーとスノーケラーでにぎわっていた。

僕らは、入り口に差し込む太陽光を撮影したかったので、ほとんどその辺にへばりついていた。

_MG_29132.jpg

人も多くて、すでに砂が巻き上がったりして、決してベストな状態では無いけど、久しぶりに、癒し系のノンビリとした撮影に満足した1日だった。

Sat 21
セールフィッシュスイム、来年(2013年)のチャーター
2012.01.21

week4最終日、6時出航と同時に鳥山を見つけ、即効で向かうも、到着前にイワシの群れが食い尽くされてしまった。

その後は鳥山を見つけることもなく、3匹のバショウカジキを釣り上げたのみで終了した。

結局week4は5日間(海に出れたのは4日間)で2日間、泳ぐことができた。

week1から、week4までの計21日間のチャーターで、海に出れたのは、18日間。うち、バショウカジキの群れが見れたのは、11日間で、52.38%の遭遇率。昨年のデータも含めると、25日間で、バショウカジキと遭遇できたのは、14日間。遭遇率は56%。

_MG_9563.jpg

連続で見れなかった日は5日間が最長(うち、2日間はコンディションが悪くて外洋に出れなかった)。

しかし、2週連続で参加された人など、計16人全員(遭遇率100%)が水中でバショウカジキと遭遇できたことは、1回のチャーターを5日間としたことは、まあ妥当だったのではないかと思っている。もちろん、年によってコンディションなども違って来るだろうから、一概には言えないが、今年に限って言えば、成功だった。

21、22日はオフ、23日から28日までの7日間は、プロのビデオグラファーの人と一緒にバショウカジキを探す。

そして、すでに、来期も海外のカメラマンにチャーターされているため、以下の日程で、船を押えることにしました。

もし、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。

乗船日程は
2012年の12月30日から2013年の1月3日の5日間 week1
2013年の1月4日から1月8日の5日間 week2
2013年の1月10日から1月14日の5日間 week3
2013年の1月15日から1月19日の5日間 week4
2013年の1月21日から1月25日の5日間 week5
2013年の1月26日から1月30日の5日間 week6
2013年の1月31日から2月6日の7日間 week7

各週4名限定(2週連続での乗船も可能です)

詳細などはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

week1,week2,week3,week4が 以下の今回乗船した船

_MG_8753.jpg

week5,week6,week7が以下の同じ会社のいスピードボートを予定。

_MG_8152.jpg

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com