スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Thu 05
セールフィッシュスイム、海に出れない日。4時間泳ぎ続けた日
2012.01.05

1週目のゲスト最終日は、風速30ノットの風が吹き、外洋に出ることができなかった。そのため、出航を送らせて、Underwater art museum という、彫刻が数百体も沈められている場所や、ナショナルパークエリアになっているリーフなどでシュノーケリングをした。

_MG_00811.jpg

_MG_01111.jpg

結局1週目は5日間で、2日間、バショウカジキと泳ぐことができた。とは言っても、1日は2人しか水中では見れてはいないけど。まあ、でも1日、全員が一緒に泳げたので、皆満足して帰路に着いた(と思いたい)。

1週目、ゲストのNさんが、鍼灸師だったので、鍼とお灸をしてもらったおかげで、体調は見事に回復していた。

そして、3人が新たに入れ替わり、2週目の初日。海には出れたものの、到着翌日で体調もすぐれなかったせいか、新たに参加した3人が船酔いでダウン。6時出航で、3人ともすぐに寝込んでしまった。

それでもバショウカジキを探し続ける。11時になっても出ないので、また作戦を変更してルアーと疑似餌でおびき寄せる作戦に。するとすぐにバショウカジキが姿を見せたので、全員に入る準備をさせる。まず僕と1週目から一緒のKさんがエントリー。見ると6匹のバショウが!すぐに「皆入って!」と叫び、入ってもらうが、見れたのは1人だけだった。

_MG_79251.jpg

それでも、2日間見れていなかったので、初日から出てくれたので、少しほっとした。

船に戻ってすぐに、スキッパーのロヘリオが、疑似餌をしまって、全速力で移動を始めて。「どうした?」と聞くと、にやっと笑って親指を突き立てた。カジキがいたと無線連絡があったのだ。

この日、同じ会社のオーナー、アンソニー(昨年ずっとスキッパーをしれくれた人)がフィッシングチャーターで海に出ていて、彼から連絡が入っていた。船が見えてきた。周囲にはグンカンドリが群がっている。接近するとすぐに、ロヘリオが「皆に準備をさせろ」と叫んだ。

体調が一番悪くて入るのが無理なT君以外がエントリー体勢を取る。グンカンドリが徐々に近づいてくると、「今だ、リーダーに向かって泳げ!」とロヘリオが叫ぶのに合わせて、自分はすでにエントリーをして、鳥山を目指していた。

海は前回の時より荒れている。バショウカジキが水中に姿を見せ始める。個体数はどうやら40匹くらいと少ない。しかし、今回の群れはほとんど動いていないようだった。

エントリーしてからイワシが捕食され続け、数が徐々に減っていく。自分は最後の一匹を食い尽くすまで見届けるつもりでいた。しかし、船酔いと波酔いでSさんが脱落。2時間30分まで入っていた、Yさんも寒くて脱落。しばらくKさんと二人で捕食シーンの撮影を続ける。

_MG_81091.jpg

しばらくして、T君がカメラを持ってやってきた。激しい船酔いから復活したのかとほっとしたが、あまり長居せずに、船に引き返した。後で聞いたら、波酔いをしてしまったそうだ。

結局またKさんと二人で撮影を続けた。16GBのCFは途中でいっぱいになってしまったが、カメラを交換しに船に戻らず、気に入らないデータを消去しながら撮影を続けた。どうやらKさんも同じような作業をしているようだった。

_MG_84421.jpg

イワシの数が減れば減るほど、バショウカジキたちは大胆に僕らに近よってきて捕食を続けた。それを撮り逃すわけにはいかない。何度も何度も前に撮影したデータを見直しては、消去を繰り返し、撮影を続けた。

後で聞いたのだけど、Kさんも途中から波酔いのせいで、意識が朦朧としていたそうだ。それでも、最後の1匹を食い尽くすまで、海に入り続けていた。気絶する前に捕食が終了してくれて良かったと思った。

_MG_8594.jpg

船に戻ると、自分でも珍しくガッツポーズをしてしまった。ロヘリオは、「4時間だ!お前らあのコンディションで4時間泳ぎ続けてたぞ!」と教えてくれた。クルーのウワン、Kさん、そしてロヘリオと握手して、帰路に着いたのが、4時前。

12時前から泳ぎ続けて、4時前まで船に戻ることなく、バショウカジキと泳ぎ続けた。

これで、6日間で3日間、バショウカジキと泳いだことになる。勝率は5割。悪くない数字だ。船酔いが多いことが気がかりだけど。

_MG_8730.jpg

この日は、レストランに食事に行かず、ゲストのSさんが持ってきてくれたおせち料理やカップラーメンをホテルで食べて、早々に寝ることにした。ここの島のレストランの食事はどれもイマイチなものが多かったので、このおせち料理には感動した。生き返った。

Tue 03
セールフィッシュスイム4日目、プロ根性
2012.01.03

セールフィッシュスイム4日目、風も相当強いけど、海に出る。もともとがフィッシングチャーターの船だから、相当に海が時化ない限りは海に出る。他にも何隻かフィッシングボートが出ていて、バショウカジキを釣り上げているのを目撃したが、昨日のようにグンカンドリたちが捕食に走らない。バショウカジキがイワシの群れを水面近くまで追い込んでいないからだ。

海は荒れているけど、体調が完全に回復していたので、まったく苦ではなかった。残念なのは、この日最後のゲストが一人いたので、もう一回バショウカジキと泳ぎたかったけど、泳げなかった事。しかし、「最初から見れない覚悟で来ていたのに、あれだけの群れを見れたし、ビデオも良いのが撮れたから満足」と言ってくれた。昨日の群れは、ゲストが数えた限りでは、100はいたとのこと。まあ、どっち取るかって言えば数多い方が良いから、昨日の群れは100くらいに訂正します(笑)。明日はもっと風が強まりそう。

印象に残ったのは、スキッパーのロヘリオが「今日は難しいな」とぼそっと言ったので、もう諦めた方がいいのかなと相談したら、「まあ、難しそうだけど、決めるのはあなたたちだから、今帰るにしても、あと1時間で帰るにしても、そちらの判断に任せるよ」と答えたので、この日を最後に帰国するゲストの人に「どうしますか?」と訪ねると、「うん、いいですよ、もう帰りましょう」と言うので、ロヘリオに「今帰っていいって」と伝えると、「わかった」と返事をしたので、皆帰り支度を始めていたら、しばらくして彼が「あと30分、あと30分様子を見させてくれ」と自ら時間の延長を頼んできたことだ。

結果的には見れなかったけど、この日も彼らのプロ根性を見せられた気がした。彼らを選んで良かったと毎日思い知らされる事ばかりだと誰もが感心した。見れなくても悔いは無い。

以下の写真は、3日目に撮影した写真

_MG_99701.jpg

_MG_99731.jpg

_MG_984521.jpg

Mon 02
セールフィッシュスイム。2012年元旦から60匹の群れ
2012.01.02

_MG_99351.jpg

昨日食べたマヒマヒのセビーチェのせいなのか、チリを食べ過ぎたのか、それとも、クラブスープがいけなかったのか、夜、吐き気と下痢に見舞われた。

まったく眠ることもできず、トイレに籠りっきり。吐き気だけは我慢してどうにか下痢だけで、身体の中のものを全部出してしまおうとした。

この日も朝6時出発。風は昨日よりも強い。身体に力が入らなくて、正直、海に出たく無いくらい辛い。僕の他に何人かも、下痢になっていたようだが、自分程酷くは無いようだった。

辛い身体で踏ん張りながら、ゲストやクルーに「Happy New Year !」と弱々しく挨拶するも、まったくhappy じゃなかった。

船に乗り込むなり、マットにツップして寝かしてもらった。しかし、出発早々に、高い波を受けて、船は激しく上下した。おかげで、胃の中がかき混ぜられて、我慢していた物を一気に吐き出した。

胸のむかつきは、おかげですっきりした。とは言っても、下痢と嘔吐で身体の水分を出しまくったせいもあり、身体のだるさは、変わらない。

海は荒れているけど、天気だけは良い。初日の出のご来光に、「どうかお願いします」と弱々しく手を合わせた。何を「お願いします」だったのか、自分でもはっきりしなかった。

その後も、まったく鳥山も見つからない悶々とした時間を過ごす。「今日ももしかしたら、ダメなのかな〜」そういう弱気な気持ちが沸き上がるのも、体調の悪さのせいだった。

しかし、お昼になって、状況が一転した。太陽の日差しを浴びながら、ほとんど眠っていた僕に、スキッパーのロヘリオが「タカ!セールフィッシュだ!用意しろ!」と声をかけ、前方を指差した。そこには、1隻のフィッシングボートが。「あの船のところにいるの?」と訪ねると、「そうだ、用意しろ!」と再度答える。「何匹くらいいるの?」との質問に、「アニマルは、数十匹匹だそうだ」との答え。

「やった!」皆にも安堵と緊張の表情が伺えた。自分は何度も入っているからともかく、初めての人には、やっぱり「刺されないのか」という心配が、しばらくの間は、つきまとう。

ボートの縁に、カメラを持って、待機してロヘリオの指示を待つ。グンカンドリの鳥山が、頻繁に水面に接近して、バショウカジキに突き上げられたイワシの群れにアタックをしかける。その下には、バショウカジキの背びれや吻が、時折水面から顔をのぞかせていた。

「今だ!、あの鳥山に向かって泳げ!」ロヘリオの声とともに、皆と一緒に海中に転げ込む。最初は何も見えない。しかし、鳥山めがけて移動していくと、うっすらとバショウカジキたちの姿が見え始める。1匹、2匹、3匹、4匹・・・・・10匹、20匹。30匹、40匹、50匹!!その辺で数えるのを止めてしまった。間違いなく、60匹以上はいる。

皆も一緒について来るが、今回の群れは、その場でほとんど止まることなく、移動を続けた。病み上がり?否、いまだに病んでいる身体でそれに着いて行くのは、相当に辛かった。

バショウカジキたちは、捕食を繰り返し、イワシ玉は徐々に小さくなって行った。しかし、小さくなっていけばいくほど、その場から動かなくなるはず。という僕らの予想に反して、最後まで移動を続けたために、落ち着いて撮影ができなかったことが悔やまれる。それでも、明日を最後に、帰国するゲストも一人いるし、これで、1週目のメンバーは全員が水中でバショウカジキの群れに遭遇することができた。

スイム時間はトータルで1時間半くらい。やっとロヘリオたちと笑顔で握手をすることができた。

海から戻ってきて、自分は完全にダウンした。

Sun 01
セールフィッシュスイミング2日目は、
2012.01.01

朝6時、まだ暗いうちに出航し、バショウカジキの群れを目指す。上空に、20羽ほどのグンカンドリが飛んでいるのを見つける。

写真.JPG

上空にいるグンカンドリは、バショウカジキの餌となるイワシの群れがいることの目印にはなるが、高く飛んでいる間は、イワシは海中にいて海面近くまでは上がってきていない。

バショウカジキが、イワシの群れを海面近くまで追い込むことで、グンカンドリたちも、浮上してきたイワシを捕食することができるわけだ。

しかし、今日は鳥たちが捕食のために、海面スレスレまで降りてきている状況がほとんどなく、上空を旋回し続けていた。

何度かフィッシングボートがバショウカジキを釣り上げたという情報が入り、現場に移動したりもしたが、結局この日はバショウカジキと泳ぐことは無く、1日中、船の上で待機状態だった。

朝6時に出て、午後4時過ぎまで探しても、こんな風にまったく出会えない日もある。以前に聞いた話では、2週間船をチャーターしていた外国のカメラマンが、2週間、1回もバショウカジキに出会うことなく、終わったこともあるとのことだから、まあ、数日間会えないのは、覚悟の上だ。それくらい、バショウカジキとの遭遇は難しい。

午後からは、フィッシング中心になり、マヒマヒや1m越えのイトヒキアジなどを釣り上げて、夕食には釣り上げたマヒマヒで、セビーチェとフィッシュ&チップスを作ってもらって食べた。

今は、ホテルのフロントでネットをつなげている。こちらはあと3時間くらいで、新年を迎える。ホテルのオーナーファミリーも正装をして、教会でのニューイヤーパーティーに出かけていった。

僕らも誘われたけど、明日も6時出航。皆疲れてて、早々に眠りに部屋に戻ってしましった。新年明けましておめでとうございます。

Sat 31
セールフィッシュスイミング初日は2匹
2011.12.31

今日の早朝のフェリーでカンクンからゲストが到着。7時出航で、バショウカジキを探す。しかし、今日はどのフィッシングボートも、なかなか群れを見つけられていなくて、苦戦しているようだった。

午前11時、鳥山を探す方法から、作戦を変えて、疑似餌を使ってフィッシングの状態で近づいてきたバショウカジキにエントリーする。

_MG_9791.JPG

それでも、なかなか姿を見せず、午後1時になってようやく、2匹のバショウカジキが姿を見せた。最初に、5人中、最初に3人だけ入って、様子を見て交代。という段取りだったが、一人が準備が間に合わず、僕と、もう一人がエントリー。この二人は、水中でバショウカジキを見ることができた。

その人は、バショウカジキを見るのが初めてとのことだったので、まあそれは良かったのだけど、かなり近くまで来たのに、何故かカメラのスイッチが入らずに撮影チャンスを逃した。まあ、初めてのときって、往々にして、こういうことが起こるものだ。

_MG_9792.JPG

しかし、その人は、まだあと10日間ある。チャンスはあるだろう。他の3人は結局この日は、水中でバショウカジキを見れずに終わった。港に戻ったのは、午後4時。

スキッパーのロヘリオに「明日は何時出発にする?」と訪ねると、「君たち次第だよ」と言うので、「じゃあ、7時?」と訪ねると、「6時半は?」との返事。「え、じゃ、じゃあ、6時半」と答えると、「じゃあ6時!」とどんどん出発時間を早める。

(意地でもバショウカジキを見せたいらしい)。皆もちょっと躊躇しながらも、「じゃあ、6時で」と出発時間が決まった。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com