スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Fri 26
2011年トンガホエールスイムweek2 day2(day7) 2組の親子。新しい個体
2011.08.26

この日も南西からの風が強い。ボートコートを着ていても肌寒い。捜索可能エリアは、昨日と変わらない。

チャネルでシングルのブローを発見するが、すぐに姿を消した。ほとんどのボートが、チャネルとノースベイに集中してすでに捜索していたので、今日も順番待ちかなと内心思っていた。

プロティウスのスキッパーのマキからの連絡で、チャネル内の南の方でシンガーがいると言われてそちらに移動したけど、遠くで歌っているのを確認しただけだった。その後荒れているフンガ島とサブマリンロックの間を抜けて外洋側へ。

フンガの入り江に入り時間を潰し、またフンガ島に沿って外洋側を北へ移動する。まったくブローは見つからなかった。

結局この日も、チャネル内で順番待ちしている親子を待つことにした。しかし、何隻ものボートが続けて入るために、親子はどんどん荒れたチャネルの南の外の方へ移動してしまったので、他の船も追跡を諦めた。

僕らもその親子が戻って来ないかとそちらに移動したけど見つからないので、午後遅くに、クジラたちが外洋から島に入ってくるのを期待して、また午前中に捜索した外洋側を再度捜索に向かった。

すると、一番穏やかなエリアで昨日の午後泳いだ親子を発見。これで、3回目の遭遇。ゆっくり入水してみるが、母親は移動を始めた。とても浅いエリアだったので、移動しているところに何回か入水させてもらう。しばらくは留まらず、フンガの外洋の島すれすれを北へと移動していく。

_MG_3821.JPG

それにしてもこの母親は本当に島の側が好きだ。3回とも、島のすれすれをいつも移動していた。

途中で北からマレスキングが親子とエスコートと一緒に移動してきた。しかし、まだ泳げていないとの連絡。個体識別もしたかったので、僕らの親子と交換して、その3頭についてトライしたが、深く潜ってしまうので、姿を確認することが難しかった。

一度さけ浅いエリアに入ったときに、前からエントリーしてどうにか個体識別用の親子の撮影をした。

_MG_3843.JPG

後で調べたら、新しい個体で、これが今年16番目の親子と確認できた。

その後、また先の親子が移動して行った方へと戻りながら、帰路に着いた。しかし、案の定あの親子はフンガの島の側で留まっていた。そこで、エントリーすると、今度は母親も落ち着いていて、正面にさえ回り込まなければ、静かにしてくれていた。

最後に長い間一緒に側にいることができた。

_MG_3940.JPG

Thu 25
2011年トンガホエールスイムweek2 day1(day6) 2組の親子。傷ついた子クジラ
2011.08.25

南西からの風がかなり強い。晴れているのがせめてもの救い。これでは,どんなに大きなボートでも西のリーフは探すのは困難だ。

先に出たノンジャパニーズグループを載せたプロティウスも内側でクジラを探しているようだったし、他のボートも同様に、風裏になるチャネルやフンガ島の外側、ノースベイに集中していた。

特に小さなフルークでは、行ける範囲が制限される。チャネルを北から南まで移動したところで、トニーから、さらに内側のマラ島の周辺で傷ついた子クジラがいると連絡を受ける。

どうやってそこまで戻るかスキッパーのイッカと思案した結果、今まで通ってきたチャネルを戻った方がまだマシという判断で、戻ることにした。それでも、途中で相当に波を被ることにはなったけど。

到着すると、親子を発見。プロティウスはもう、他のクジラを探しに移動したので、姿は無かった。

このエリアはルールで海に入っては行けない事になっている。僕らはしばらく親子が移動するのを眺めていた。確かに、子クジラの背中は、サメかあるいは他の海洋ほ乳類に襲われたのか、傷だらけで、痛々しかった。徐々に入水禁止エリアの出口に近づき、最後には外に出たので、エントリーしてみることにした。

_MG_30991.jpg

先ほどのところよりも透明度も高い。止まる気配は無かったので、親子の前に落としてもらい、何度か撮影をした。海面上に出る背びれを撮影していると、とても痛々しく感じたのだけど、水中ではあまりはっきり確認できなかったこともあるけど、傷が新しい割には、元気そうに泳いでいるので、少し安心した。

_MG_33241.jpg

他のボート無線からは、「フルークがサメの着いている親子と泳いでいるみたいだぜ!」と言う声が聞こえてきていたけど、その親子の周囲にはサメの姿はまったく無かった。

ノースベイまで移動した後は、親子と離れて、またフンガ島の方へ引き返した。チャンルの内側と外側でそれぞれ1組づつ、泳げる親子がいて、順番待ちをしていると無線が入っていた。内側はすでに5隻くらい順番待ちしているらしいので、外洋側の親子の方に行ってみた。

しかし、すでに穏やかなエリアから、荒れたエリアへと移動しているようだったので、またフンガの外洋側を戻ってチャネルに入る。そこで、しばらく他のボートが泳ぎ終わるのを待っていた。

最後のボートが終了して、残りは僕らだけになった。出発も遅いので、戻るのも遅い僕らは,後の順番を気にしないでクジラと泳ぐことができた。1週目の最終日(day5)に遭遇した親子だった。落ち着いているのだけど、正面に回り込もうとすると、母親が嫌がる。

僕らは側面から撮影をすることにした。そうすると、親子も落ち着いて、しばらく動かずにいてくれた。

母親の頭の上で、リラックスして休む子クジラの姿がとても可愛らしかった。

_MG_36301.jpg

Wed 24
トンガ、日曜日、月曜日はオフ。韓国TVのクルーと食事
2011.08.24

日曜日、敬虔なクリスチャンの多いトンガの法律で、日曜日は働いてはいけないことになっている。しかし、近年はその辺があやふやになっていて、日曜日もホエールスイムのボートを出せる年もあれば、出せない年もあるなど、いい加減な状態だった。

今年は、来る直前に「絶対に出してはいけない」という通達が警察から出されたと連絡が来た。過去7年間の中でも一番厳しく日曜日に働く事が禁じられた年になった。

「タクシーもだめなの?」という質問に「わからない。もしかしたら、ダメかもしれない」と島の人が答えることもあった。はっきりしないのは、この禁止令が発令されたのが、今回の日曜日で今年2回目だからだ。

まあ、結果的にタクシーは動いていたし、何件かのレストランは営業していたけど。

ボートだけ、厳しく取り締まられるのは、明らかに、ホエールスイミング業界に対しての、嫌がらせとしか考えられないと言う人もいた。国としては、外貨を稼ぐ絶好の機会なのに、何故このような対応をするのかは本当に疑問だ。

その日曜日、トニーとエミさんはセーリングサファリのオンゴの家族たちに招かれて食事をし、その後オンゴのお墓参りにでかけた。自分は、別行動で韓国人写真家のチャン・ナムオンさんと、ソンミさん。それに韓国のテレビ局SBSのクルーが25日まで滞在しているというので、彼らの滞在しているゲストハウスにランチに招かれて一緒に食事を取った。

チャンさんは、以前にバハマのドルフィンクルーズとトンガのホエールスイムに参加してくれたことがある。その後もパラオやフィリピンでの撮影で偶然出会ったこともある。何度も「韓国に来なさい。写真を送ってくれれば、韓国の雑誌に紹介するよ」と言われていたにも関わらず、両方とも自分の都合が悪くて未だに実現していなかった。

ソンミさんの作った日本風のカレーライスと、クルーがトンガの野菜で即席で作ったキムチをごちそうになり、ビールを飲んで、写真集をプレゼントして、彼らの映像を見せてもらいながら、色々な話をした。

_MG_3279.jpg

食事を頂いてすぐに帰るつもりだったのだけど、結局4時過ぎまでお邪魔してしまった。

_MG_32842.jpg

翌日の月曜日は、朝のフライトで帰路に着く、1週目の延長組の4人をエミさんと一緒に空港まで送迎に行く。トニーはシンガポールなどからのゲストと一緒に海に出た。

ここで少しトラブル。移動途中でバスがガス欠。たまたま車で通り過ぎたホテルスタッフの車でゲストとエミさんだけ先に空港へ向かってもらい、僕は荷物と一緒にバスに残り、他スタッフの車に載せ換えて、後から空港へ向かうことになった。しかし、その車がボロボロで調子悪くて、やばそうだったので、早々に「タクシー呼んでおいて」とスタッフに頼んでおいた。案の定少し移動したところで車はエンスト。呼んでおいたタクシーがすぐに到着したので、そちらに荷物を載せ換えて僕だけ空港へ。

初めて来たゲストは気が気ではなかったようだけど、今までトンガで様々なトラブルを経験してきた自分たちにしてみれば、まったく大したトラブルでは無かった。

無事、皆も荷物も載せて、飛行機は飛び立った。その後は銀行に行ったり、レンタル機材の事を頼みに行ったりして時間を過ごし、ランチを中華レストランで食べてから、2週目のゲストを迎えに空港へ。こちらも無事到着。

Sun 21
2011年トンガホエールスイムday 5 シングル、親子
2011.08.21

快晴、風は南西。今まで北から吹いていて、暖かかった風が南に変わり、ボートコート無しでは肌寒く感じるようになってきた。

この日は、10時出港でプナとフルークの2隻で海に出る。

プナのエンジンの調子が悪いので、ノースベイに行きたいというリクエストもあった事から2隻ともノースベイへ。しかし、ブローの一つも見当たらない。

そのまま、フンガ島の外洋側を南へと移動するが、こちらでもまったくブローが見つからない。フンガの南側とサブマリンロックの間を西のリーフの方へと移動。風が南西から吹いているために、この辺が一番風が強く、波も荒れていた。

リーフの濁った海水がこの辺まで流れ込んでいることが一目瞭然。その荒れたエリアでブローを発見。シングルのようだった。しばらく海面に浮いているのだけど、ボートで近寄ると潜ってしまう。自分だけ潜ってチェックするが、透明度が悪く、確認できない。

クジラを動きを良く確認しながら、再度チェックで海に入る。ゆっくりと潜行するクジラは垂直に潜行して、丁度テールが微妙に確認できるかできないかの深度で停止した。テールの上の黒い部分が上になっているときは確認できない。下の白い部分が上を向いた時だけ、太陽の光が反射して、なんとなく確認ができる。

_MG_30261.jpg

その上に留まっているつもりでも、波で流されてしまって、テールの黒い部分が上のときには、見失ってしまう。その度に潜行してテールを確認しなければいけなかった。

しかし、その体勢のまま、ゆっくりと浮上してきて、テールを海面に持ち上げてから移動するのでずっと上にいれれば、近くで撮影ができた。

この個体の他に、もう2個体別々に近くにいて、1個体は歌っていて、もう1個体は海面でバシャバシャと遊んでいた。どうやら、今年親離れしたばかりの若いクジラのようだった。

最初のは潜ると探しづらいので、その個体にアプローチしてみた。

すぐには潜行せずに、しばらくこちらの様子を伺いながら、潜るというパターンを繰り返した。海面にいる間は、身体をくねらせながら、のんびりと泳いでいた。のんびりと言ってもこちらからすれば、相当に激しく見えるのだけど。

_MG_30681.jpg

その後、プナを呼び、泳げると伝えたが、最初に泳いでいた個体と、この若い個体が合流してしまい、激しくブリーチングやテールスラップなどを繰り返し始めたので、しばらく様子を見て、落ち着いてからエントリー。

_MG_2879.JPG

しかし、あまり近寄れなくなってしまったので、無線で連絡のあった、泳げる親子の方へ移動。これが、チャネルの反対側というか、ホワイトパッチの方だったので、もう帰る時間帯にも関わらず、移動だけで相当時間がかかってしまった。

_MG_32301.jpg

それでも、最終日なのでギリギリまで粘る。親子ともに海面に浮いていて、ほとんどブローを上げていなかった。子供の小さなブローでかろうじて場所を確認。交互にエントリーを繰り返す。何度かのエントリーの末、ゆっくりとしている親子の撮影をして,帰路につく。時間は18時になっていた。2時間のオーバータイム。

Sat 20
2011年トンガホエールスイムday3 and day4。ブリーチング連発
2011.08.20

3日目は、プナに乗船。スキッパーはオンゴの息子のイッカ。快晴だが、風は昨日より相当に強く、小さな船ではなかなか外洋に出るのは困難な状況だった。

チャネルを通過して南下。さらに南で2頭のザトウクジラが何度もブリーチングを繰り返すのが遠くからでも確認できた。波は高いがそちらに急行すると、3頭のクジラが激しくブリーチングを続けながら移動を始めた。3頭が立て続けにブリーチングを繰り返す。一度に3頭が一緒にブリーチングした瞬間もあったのに、そのタイミングで高い波のせいで、船全体が水しぶきを浴びて、カメラごとびしょ濡れになったために、撮り逃した。

_MG_23591.jpg

それでも、おそらく40回近くブリーチングを繰り返してくれたので、単独のブリーチングは何度も撮影することができた。子供が50回とか100回ブリーチングを繰り返すことは良くあるのだけど、大人のクジラがこんなに何度も繰り返すのは珍しかった。

_MG_24431.jpg

最後はさらに外洋まで出ていってしまったので、追跡を諦めて他のクジラを探す。

西のリーフをゆっくりと移動。なかなか良いクジラが見つからず、しばらく時間が過ぎたが、トニーの乗船するプロイティウスが、他の船から親子とエスコートを譲り受けて、エントリーしていたものを、終わった後に譲り受けてた。

止まらないが、前に回り込んでもらって、4回程エントリー。そちらも、さらに南の外洋の方へ向かって行くので、そこで諦めて帰路につく。

_MG_2766.JPG

この日は、この他にもあちこちでブリーチングが見れて、最低でも50回以上はブリーチングを目撃した日になった。

_MG_25431.jpg

4日目は、6名のゲストの最終日。

7時にプロティウスで出港。チャネルに入るなりすぐに何個ものブローを目撃。ペアにしぼってアプローチする。潜った場所で、自分だけ先に入ってチェックする。相当深くで、2頭で留まっていた。確認はできるが、目をそらすと見失いそうな深さだったので、片手を上げて船に知らせて皆に入ってきてもらった。しばらくすると下で絡まり合いながら、2頭がゆっくりと浮上してきた。

_MG_28451.jpg

僕らに気づいて、方向を変えて泳ぎ去った。

再度同じようにトライするが、今度は海中にいるままで移動を始めて、姿が見えなくなってしまった。

この後はあまり寄れそうにないので、他のクジラを探す。

トンガシカを出た辺りで、4個のブローを発見。2組のペア。しかし、長く潜っていてなかなか浮上して来ないので、そのままノースベイへ移動。

まったくブローをせず、海面に留まっている親子を発見。しかし、ボートが近寄ると移動して、深く潜ってしまう。母親が相当に神経質らしく、何度か海中で目撃はできたものの、まともに撮影するには至らなかった。

この日、午後のフライトでトンガタプへ移動するために、残り時間も少なくなってきた。この親子と心中はちょっと厳しいと思い、他のペアにアプローチするが、やはりなかなか上がって来ない。

ペアが沖へ泳ぎ去った後に、シングルのクジラが近くに浮上してきた。シンガーであればと思い、チェクしてみると先ほどまで親子と潜っているときには、聞こえていなかった、歌声がはっきり聞こえた。

潜った辺りを探すと、シンガーの姿が見えてきた。

それほど深くはなく、25mくらいの深度で頭を下、テールを上にして歌っていた。皆を呼び、歌を聞きながら、素潜りして撮影を行なう。

_MG_29561.jpg

歌っている時間も長く、浮上するときも、それほど逃げる感じではなかったので、撮影もできた。

_MG_29241.jpg

もうそろそろ帰らなければいけない時間になったが、再度チェックのためにエントリーすると、すでに歌うのを止めていた。まるで、帰国する6人のために、少しの間歌を歌っていたかのような感じだった。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com