スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Thu 18
2011年トンガホエールスイムday2。親子
2011.08.18

2日目、朝から激しい風雨。視界も悪い。大型のプロティウスは、8時の定刻とおり出港したが、3人乗りのフルークとプナでは、捜索が困難なコンディション。キャンセルするか、悩んだ末に、結論を通常の出発時間の9時半から、10時半に変更して様子を見ることにした。

10時過ぎに、急に風も雨もおさまり、出港することに決定。2隻に海に出る。

チャネルの中から南下していくが、まったくと言っていい程、クジラのブローが見当たらない。携帯で先に出ていたエミさんに連絡を取ると、西側でペアなどのブローが上がっているというので、そちらに移動した。見つかったが、望みは薄く、潜れる可能性は無かった。
さらに西で、3頭のクジラと何とか泳げてるとエミさんから連絡が入ったので、そちらに急行しようとしたが、エンジンの調子が悪くなり、スピードが落ちたためにそこまで行き着けず、新たに入った情報で、エウワカファ島の内湾、シシア島の近くに親子がいて、順番待ちすれば泳がせてもらえるとの事だったので、ゆっくりとそちらに向かった。

スピードの出ないボートにイライラしながら進んでいたら、途中からまた急にスピードが出始めた。現場に到着したときには、親子に3隻のボートが付いていたので、その次に譲ってもらう事にした。

最初にスイムを終えたボート(Dream Catcher)が近づいてきた。良く見ると、韓国人の写真家で、友人のチャンさんとソンミさんが乗船していた。同じ時期にトンガにいるとは聞いていたので、後日食事しようと約束して、別れた。久しぶりの友人のとの再開は本当に嬉しい。

交代してもらい、海に入る。透明度は良く無い上に、サンゴのプラヌラのような浮遊物が沢山浮いていて、撮影には支障がある。それでも、ゲスト3人中2人は初めて見るクジラの親子に感激して興奮していた。

_MG_2738.jpg

_MG_2755.jpg

何度か入水、プナもやってきたので、交代で入り、5時には帰路についた。
この日は全てのゲストが水中でクジラを見ることができた。

夕焼けが美しく、星空も美しかった。今日は快晴。沢山クジラに会えるといいな。

_MG_232011.jpg

Tue 16
2011年トンガホエールスイムday1。シンガー
2011.08.16

今年もトンガでのホエールスイミングがスタートした。トンガも今年で8年目。スペシャルトリップをスタートしてから7年目になる。

1週目のメンバーは計10人。3隻の船に乗船して海に出る。4人乗りに僕、3人乗りにトニーとエミさんがそれぞれ乗船してガイドをつとめ、海に出る。

今年はクジラの出が早いと聞いていたので、期待して海に出た。すぐにブローを発見。昨日親子とエスコートがいた場所と同じだというので、期待したが、ペアでしかも一度チェックで入水したけど、移動してしまうので、今年は沢山いるというのを期待して、入るのを諦めて他の個体を探す。

その後、すぐにまたペアを見つけてエントリー。入るとクジラの鳴き声が聞こえてきた。しかも近い。ペアなのに鳴いているのかなと気になった。様子を見ていると、何回目かに浮上して潜行した場所が、海底が見えるくらい浅かったので、チェックしてみると、案の定下に留まって、1匹が鳴いていた。

ペアでいるのに鳴いてるということは、どういうとなのだろう。

1匹が20mくらいと浅かったので、潜行してテール側を何度か撮影した。

_MG_27041.jpg

その後深い場所に移動したので、潜る深さも深くなったのか、姿が見えなくなったので、諦めて別の個体を探しに移動。

しかし、その後はまったくクジラのブローが見当たらなくなる。トニーやエミさんに連絡しても、まったくいないとの返答。あれだけいたと言われていたクジラたちはどこへ行ってしまったのか。

朝、雨が強く降っていたのも影響しているのだろうか?

もうほとんど時間切れのタイミングで、外洋でブリーチングや、ペクトラルスラッピング、テールスラッピングなどを続けるペアに遭遇。

_MG_22431.jpg

_MG_22581.jpg

追跡するも、その後は水面下を激しく移動しているだけなので、エントリーには至らず。しばらく追走して諦めて帰路についた。

ちゃんと水中でクジラは見えているけど、満足の行く結果では無かった。

Tue 09
メキシコのWhale shark からトンガのWhale へ
2011.08.09

_MG_5099.jpg

現地時間、本日朝7時のフライトで、メキシコのカンクンを発ち、10日に帰国。12日に銀座リコーRING CUBEでの写真展会場にて、トークショーを行なった翌日13日には、トンガへ向けて移動します。

長かったバハマ、フィリピン、バハマ、パナマシティ、バハマ、オーランド、イスラムヘーレスの旅を終えて帰国しても、まだあと6週間、トンガでの滞在が続きます。

_MG_8721.jpg

12日のトークショーは、あまり人数は入れないと思います。12日はなるべく早くに会場に入っていようと思っています。12日、よろしくお願いいたします。

また、来年のバハマクルーズ最終週後に、ジンベエスイムスペシャルトリップを企画します。詳細はまた改めて。ご興味のある方はご連絡下さい。

それでは。

Fri 05
2011バハマ、2012年2013年スケジュール
2011.08.05

_MG_4636.jpg

数日前に、5週間開催した今年のバハマドルフィンクルーズを終了して、今はフロリダのオーランドに滞在しています。

今年は、イルカたちが相当にフレンドリーで、距離が近くてびっくりしました。参加して下さった皆さんも、そんなイルカたちとの交流を満喫していたようです。震災などで、一時はキャンセルも多く出て、どうなるかと心配していた時期もありましたが、終わってみれば、5週間、ほとんど満席で、クルーズを開催できたことに、感謝しています。

また、今年は、LOVE UP projectの鯉のぼりもクルーズ中に作成してもらったり、後半2週間は、自分の家族が乗船したりと、本当にお世話になりました。

クルーズの状況は、4週目5週目は家族も一緒だったので、キッズダイアリーの方に掲載しています。


今は家族でフロリダのオーランドに滞在していますが、今月5日には、メキシコに移動して、昨年は300匹のジンベエが群れていたという海域にリサーチに行ってこようと思っています。

8月3日からは、銀座リコーRING CUBEで写真展「海獣たちとにらめっこ」展が開催されます。自分の夏のスケジュールが確定した後で決まった写真展なために、ほとんど会場にはいれないのですが、とても楽しい展示をしていますので、お近くにお越しの際には、是非のぞいてみて下さい。

それから、2012年、それになんと2013年のバハマドルフィンクルーズのスケジュールが確定しましたので、まずはここに掲載させて頂きます。

2012年
1週目 6月8日(金)〜6月17日(日)
2週目 6月15日(金)〜6月24日(日)
3週目 7月6日(金)〜7月15日(日)
4週目 7月13日(金)〜7月22日(日)

2013年
1週目 6月7日(金)〜6月16日(日)
2週目 6月14日(金)〜6月23日(日)
3週目 6月28日(金)〜7月7日(日)
4週目 7月5日(金)〜7月14日(日)

上記が2012年、2013年のスケジュールになります。まだ気が早いかもしれませんが、仮予約も受け付けますので、お問い合わせ下さい。

Sat 09
バハマ・ドルフィンクルーズ2011、week3 65日間連続スイム
2011.07.09

P1020497.jpg

今朝、バハマのドルフィンクルーズ3週目を終了してフロリダに戻ってきた。今週はバハマに初めて来た人や、INTO THE BLUEのチャーター初参加の人も多かった週。

コンディション的には、イマイチな感じではあったけど、毎日イルカと泳ぐことができて、これで、今年は3週間(15日間)毎日イルカたちと泳げているし、昨年の4週間(20日間)、一昨年の4週間(20日間)、それに、その前の年の後半の2週間(10日間)の合計65日間連続で、イルカたちと泳ぐことができている。

_DSC5057.jpg

しかし、今週は、何故か撮影のモチベーションが上がらず、僕は、ほとんどカメラを持たずに海に入る感じだった。何故か、カメラを持つとイルカたちが近寄ってくれないような、そんな風に感じて、気持ちを一新するために、カメラを置くことにした。

自分としてはとてもレアな事ではあるけど、やはりイルカたちの目を直接見ながら泳ぐと、この年になっても楽しいし、リラックスできる。きっとカメラを持つことで、「良い写真を撮らなければ」という見ないプレッシャーを感じていたのだろう。

P1020420.jpg

先週は姿を見せなかったと言っていたので、少し不安だったけど、あの超フレンドリー君は今週も何度か遊びに来てくれた。コンディションはあまり良くは無かったけど、それだけでも、皆のテンションは上がっていた。

P1020502.jpg

P1020557.jpg

P1020525.jpg

それに7月4日(独立記念日)の週だったので、久しぶりにホリーとロビンも乗船して、一緒に花火を楽しんだ。

_MG_01561.jpg

P10100011.jpg

P10100801.jpg

LOVE UP プロジェクトの鯉のぼりも、3週目で2つ目を完成させた。今回もホリーやクルーもメッセージなどを書き込んでくれた。デザインは、KEIZOさん。自分でもステッカーなどを手作りで作成していて、バハマに持ってきてくれたので、皆で購入してフィンに貼って潜りました。漫画家を目指していた事もあり、龍をイメージしたデザインは相当にかっこ良くし上がりました。KEIZOさんのステッカーに関しては、INTO THE BLUEでも販売していく事を検討しています。詳細は、後日お知らせ致します。

P10103441.jpg

P10103671.jpg

R10016521.jpg

また、LOVE UP プロジェクトの方では、新たに、ステッカーを作成。1部100円以上でご購入頂き、義援金に当てる方針です。3000枚作成しましたので、もしご購入頂ける方は、お問い合わせ下さい。

koinobori.jpg

義援金の振込先:
三井住友銀行 静岡支店(普通)3747895
口座名義:LoVE uP 義援金 事務局 橋山雅絵

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.11.12
奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します

2018年1月20日から、24日までの5日間、奄美大島でボートをチャーターしてホエールスイムを開催することにしました。 前回のオーシャナによる、奄美のホエールスイムリサーチの記事 https://oceana.ne.jp/series/奄美大島ホエールリサーチ 船は、奄美マリンスポーツでチャーターして、オーナーの才さんが操船を行います。1日10人まで募集。 宿泊先は、ゼログラビティの清水ヴィラとゼロ古仁屋クラブハウスを予定しています。乗船は、1日5~6時間続けて海に出ます。ですので、乗船を希望される場合には、帰路の飛行機は、基本的には、翌日のフライトをご利用いただくことになると思います。 <ダイビングプールもあり、ビーチが目の前のゼログラビティ清水ヴィラ> <ゼログラヴィティ清水ヴィラ> <ゼロ古仁屋クラブハウス:4人部屋> <ゼロ古仁屋クラブハウス:共有リビング。自炊可能> <サンプルスケジュール> 全日程参加の場合 <1月19日(金)>  奄美大島着  古仁屋まで、空港からレンタカーで現地乗り捨てで約4500円 タクシーであれば、片道約18000円 にて、古仁屋、あるいは清水ヴィラまで来てもらいます。この料金は、ご自分でご負担いただきます。予約などに関しては、こちらで対応は可能です。 古仁屋クラブハウスか、清水ヴィラ宿泊。 <1月20日(土)〜24日(水)> 朝、どの港から出るかを確認して、送迎車にて、移動。 ホーエルスイム 5〜6時間 9時出港予定で、15時くらいまで。もし、クジラがよければ、時間延長しますが延長料金をいただくことになります。(注意:ホーエルスイム後のフライトで帰るのは難しいと思います) 1日の乗船料金は、土日が22000円、平日は20000円を予定しています。 宿泊料金は、古仁屋クラブハウスが1泊素泊り3500円から。清水ヴィラが、朝食付きで、10000円、ペア15000円。2F 2段ベッド部屋2名で12000円 <1月25日(木)> 古仁屋、または清水より、レンタカー、またはタクシーで空港へ 夜は、古仁屋で食事、あるいは、清水ヴィラでバーベキューなども可能。 船上でのランチは、移動途中のコンビニなどで購入します。 途中参加など、全日程参加でない場合もお問い合わせください。 調整はしてみます 詳しいスケジュールや宿泊先、船、料金に関しては、お問い合わせください。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com