スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Tue 19
南アフリカ、野生動物たちの現状2。サイの角に毒を盛る
2010.10.19

_MG_6246.jpg

こんな話を聞いた。今、サイの密猟が頻繁に行なわれていることが、問題になっている。狙いは、サイの角。ある国の人々に珍重され、高く取引されることから、以前の象牙に変わって、サイの角を求めて、密猟者がクルーガーナショナルパーク内や、近隣のプライベートサファリにも侵入してくるのだという。

その対策として、あるプライベートサファリのオーナーが、サイの角に注射器で猛毒を混入したのだそうだ。そんな事してサイは大丈夫なのかと心配したが、サイの角は、人間の髪の毛と同じものが固くまとまったものなので、サイの身体には、影響は無いのだという。

それでは、何のために毒を混入するのかというと、密猟者、毒の混入された角を購入した人が、なんらかの理由で、その角に混入された、毒を鼻から吸い込むことで、重体、あるいは死に至る可能性もあるのだという。

実際に、毒を混入した角を購入した人が、この毒にやられて重体になったそうだ。そのことがニュースとして伝わり、「毒の入った角がある」ということで、裏取引されている角の値段が暴落したそうだ。そんな事をしなければ、密猟を防げない現状。サイの角は、アフリカ黒人の一般年収の3年〜5年分に相当するのだと言われれば、密猟が絶えないのも納得がいく。

これが、密猟対策に効果があるとして、同じように毒を混入する手段を取る人が増えてきていると聞いた。密猟は良くない。しかし、それを購入した人間が重体になってしまうような毒を混入するというのは、人道的にどうなんだろうかと疑問に感じた。

この事を教えてくれた、ガイドは、「密猟防止対策の一つとして、自分は有りだと思う」と言っていた。

数日後、マホロホロ鳥獣リハビリテーションセンターに、様々な原因で傷付いたり、親が死んでしまった動物の子供を保護している状況を見学に行った。ここにいる多くが、もう野生には戻すことが不可能な生き物たちだ。そのかわりに、この場所を訪れた人たちに、今の野生動物たちの置かれた現状を知ってもらう教育プログラムの担い手として、そこに存在している。

_MG_6943.jpg

「生後11ヶ月のクロサイの赤ちゃんがいるよ」と聞かされていた。シロサイは何度も見たことがあるけど、クロサイは初めてだった。しかも、かなり慣れているという。センターのスタッフの後について、ちょこちょこと姿を見せたクロサイの赤ちゃんは、本当に可愛かった。体重はすでに200キロ近くだと言われたけど、皆が「連れて帰りたい〜」と口に出すくらいに。

しかし、この子の母親も、密猟者に殺されて、この子一人が保護されて、ここに連れてこられたのだと聞いた。

Tue 19
南アフリカから帰国。野生動物たちの現状1
2010.10.19

_1070400.jpg

一昨日、南アフリカから帰国した。今回は、天気はイマイチだったけど、ビッグ5と呼ばれる、ライオン、ゾウ、サイ、ヒョウ、バッファローの全てを見ることができた。

海の生物とは比較にならないくらい、陸上の動物たちの生息環境の激変は、深刻だ。海の生物は、自分たちの生息域が限定されてしまったわけではない。しかし、200〜300年前、アフリカ全域を自由に移動していた野生動物たちは、今この図の緑の部分に閉じ込められてしまっている。

_MG_6832.jpg

緑の部分は、国立公園等の野生動物保護区域。僕たちが訪れたクルーガーナショナルパークは、日本の四国と同じ大きさ。日本人にとって、単純に考えれば、それだけ広大な国立公園であれば、多くの野生動物が生息していけるだけの規模ではないかと思うだろう。

しかし、この広大なエリアでさえ、まともに生息できるアフリカゾウの個体数は、およそ8000頭と考えられている。

_MG_8240.jpg

それ以上多くなると,自分たちの食事のために、国立公園内の木々をなぎ倒してしまい、他の野生動物が生息できなくなってしまうのだという。昔は、象牙が密猟者に狙われて、多くのアフリカゾウが殺された。そのために、個体数が激減し、ゾウだけを過度なまでに保護してしまったために、今では、アフリカゾウの数が増えすぎてしまい、クルーガーナショナルパークでのゾウの個体数は、12000頭を越えてしまった。

そのために、4000頭のゾウを間引かなければいけなくなっているのだそうだ。公園周辺にある、プライベートサファリへ無料でゾウを譲り渡したりしているものの、プライベートサファリでも、ゾウによる樹木の被害を懸念して、それほど多くを受け入れてはくれない。結局は、間引くという選択肢を選ばざるおえないのだろうか。

_MG_7720.jpg

この鳥の名前はグランドホーンビル。絶滅の危機にある鳥だ。個体数が激減している理由はいくつかあるのだが、その一つには、ゾウの個体数の増加が上げられている。この鳥は、大きな木のほこらのようなところに卵を産む。しかし、ゾウの増加によって、そいうう大きな木でさえ、なぎ倒されて、生息環境を奪われていることもその理由の一つに上げられている。

インパラやウォーターバックといったアンテロープ系の動物が増え過ぎてしまった場合には、ハンティングすることで、数の調整を行なっているにも関わらず、ゾウの数をそのような方法で間引くと、世界中の世論が注目し、反対することも、問題になっている。ある特定の野生動物だけを過度に保護した結果、他の野生動物の生息環境を破壊し、絶滅に追いやっているわけだ。

クルーガーナショナルパークは、年々整備されて、一般の観光客が気軽に野生動物の生息地に足を運べるようになってきている。ディズニーランドに家族で遊びに行くような感覚に等しくなっているようにも感じた。気軽に野生動物を身近に体感することができるようになった事は、果たして、良いことなのだろうかと疑問に感じたりもした。

気軽に野生動物との交流が楽しめている現状の裏側では、多くの矛盾や問題が発生していることも、知っておくべきではないか。ただ、野生動物を見て感動し、写真を撮影して喜んでいるだけでは、済まされない現状があることを。。。個人的は、そう強く感じさせられた南アフリカ訪問だった。

Sat 09
南アフリカへ出発します。
2010.10.09

_A7_3851.JPG

今日、南アフリカへ出発。車から降りて、徒歩で野生動物に接近するので、スリル満点?です。。。。

_A7_3866.JPG

_A7_2490.JPG

PF1W5305.JPG

_A7_5632.JPG

Sat 18
2010年トンガ、ホエールスイミング31日目、最終日に最高の親子
2010.09.18

_MG_6152.jpg

9月17日(金)晴れ時々曇り。風は少しおさまる。

今日、9月18日に帰国なので、内容は後で、アップします。

色々あったけど、最後の最後に、最高の親子に遭遇して帰国です。

_MG_5941.jpg

_MG_6189.jpg

Fri 17
2010年トンガ、ホエールスイミング30日目、トンガの子どもたちへ
2010.09.17

_1060972.JPG

9月16日(木曜日)、晴れ、風は相変わらず強い。この日はトニーとエミさんがガイドで海に出て、僕は陸に残った。この日は全員がシンガーや親子を見れたそうだ。これで、3日間連続で全員が水中でクジラと遭遇している。

夜は、チャイニーズレストランで食事。海外青年協力隊のヒコさんとアイさんも誘って、11人で食事をし、他愛も無い話で盛り上がった。

帰り際、二人に、後半の人たちが持ってきてくれた、トンガの離島の子供たちに渡して欲しいギフトを手渡した。

昨年までは、消しゴム付きの鉛筆だったけど、今年はノンジャパニーズの人が持ってきてくれた、老人用の老眼鏡や筆箱セットなどの他、後半の人に、歯ブラシが足りていないというメール連絡をしていたら、沢山の歯ブラシを持ってきてくれた人がいた。
毎回、自分の荷物だけでさえ、重量オーバーになってしまって大変なのに、本当にほとんど全員のゲストの人たちが、毎年のように持ってきてくれる。出発前に連絡が無いと、「今年は持っていかなくていいの?」と逆に連絡をくれるリピーターの人も多い。

P1060611.JPG

小さな事かもしれないけど、訪れる島やその人々に対しての感謝を忘れないでいてくれる、その気持ちが嬉しい。皆さん、本当にありがとうございました。子どもたちに手渡される報告は、今年は、歯科衛生士のアイさんが、歯科検診で離島を訪れる時にしてくれる予定です。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com