スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Fri 03
2010年トンガ、ホエールスイミング23日目、シンガー
2010.09.03

_MG_4233.jpg

9月2日(木)、曇り時々雨のち晴れ。南東からの風が強く吹き始めた。完全に天候が変わったような気がする。肌寒い。

この日、トニーがフルーク、スキッパーはイッカ。今週はノアが風邪を引いていて、毎日兄貴のイッカが海に出ている。

そして、僕はプナ。こちらの専属スキッパーのピーターも昨日辺りから、風邪を引いていて、かなり体調が悪そうだ。まるで日本の真冬のような格好で、波,風除け対策を万全にしてやってきた。

曇っていて、海の中も暗いし、南のリーフは、風も強く荒れているだろうからと、西の外洋側に限定してクジラを探すことにした。僕はノースベイへ、トニーはフンガの外側へ。

ノースベイへは、同じタイミングで、アメリカのカメラマンたちが乗船している、プロティウスもやってきた。スピードも彼らの方が早いし、波の高くてこちらはさらにスピードが出せない。遠くでブローを発見しても、あちらの方が先に着いてしまう。そんな状態で同じ場所を探すのもどうかと思ったのだけど、今日はとにかく南側に行ける可能性が少ないから、意地でもこちら側で見つけなければいけなかった。

普段なら、湾の半分くらいまで時間をかけて見回して、ブローを発見できなければ、引き返していたのだけど、とにかくこの日は、湾の反対側の岬付近までふんばって探すことにした。

プロティウスは常に僕らより、少し先の湾の内側を同じ方向へと移動している。
反対側の岬先端辺りまで来ると、プロティウスは、ノースベイでの捜索を早々に切り上げて、さらに北の湾目指してスピードを上げ始めた。僕らは、岬の先端で引き返すつもりだったので、スピードを緩めた。

そのタイミングで、こちらに近い側で、1頭のクジラが突如ブリーチングを始めた。判断の差で、こちらがそのクジラに着くことができた。

_MG_3532.jpg

クジラは何度も何度もブリーチングを繰り返し、船の本当に目の前でブリーチングしたときなどは、皆思わず大声て叫んでいた。

プロティウスから、「撮影したいから、側に寄っていいか」という無線連絡が来たので、「船上からだったらいい」と伝えた。しかし、プロティウスが接近すると、ブリーチングをやめて、海中に潜ってしまって、その後は浮上してきても、ブローをするだけで、何もしなくなっていましった。

落ち着いたところで、潜行した辺りで海に入ってチェックしてみた。姿は見えないけど、鳴き声が聞こえてきた。しばらく周囲を見渡すが、姿が見えない。透明度が高いから、いればすぐ見つけられそうだ。

一度船に戻り、ピーターに次浮上してきたら、おそらく潜行した位置より少し前に移動して止まっているはずだから、次は潜行部分より少し前に落としてくれと頼む。

次の浮上時に、その通りにして海に入るのと案の定眼下でクジラが停止して歌っていたので、皆にも入水してもらった。このメンバーは、昨日もシンガーを見ている。しかもかなり浅かったというから、今回のは少し深めかもしれない。

それでも、ほぼ水面に平行ではあるものの、テールを少し上、頭を少ししたにして、おそらく水深20mちょっとの場所で歌い続けていた。

皆も潜って撮影を試みる。

_MG_4249.jpg

しかし、なかなか近くまでは潜れないようだった。自分は、何度か呼吸を整えて、同じ水深まで降りて、テール側から撮影を行った。以前に同じような状況で顔側に回り込んだら、歌っていたクジラが驚いて歌うのをやめて泳ぎ去ってしまったことがあったので、テール側からのみの撮影にした。

_MG_4247.jpg

しかし、このクジラ、テールがいびつなので、あまり絵にならない。生まれつきなのか?それとも、サメなどに襲われてこうなってしまったのだろうか?

_MG_4219.jpg

皆しばらくは,水面で鳴き声を聞いたり、潜って少しでも近くで撮影したりしていた。クジラが歌い終わって、動き始めるタイミングで潜り、移動の瞬間を撮影した。

_MG_4257.jpg

Fri 03
2010年トンガ、ホエールスイミング22日目、激しい土砂降り。5個体の親子。
2010.09.03

_MG_4169.jpg

9月1日(水)。晴れのち豪雨。

朝は快晴で、べた凪。海に出ると、すでに何隻かの船が親子についているという情報が入っていた。少なくとも4個体。プロティウス、マカイラ、マレスキング、そして船名不明、それぞれが1個体ずつ。しかし、まともに泳げているのは、1個体らしかった。

その1個体に多くのボートが集中しているようだった。僕らも、午前中は親子を探したがなかなか見つからなかったので、親子と2頭のエスコートのついた個体を、別のボートから譲ってもらった。

僕が乗船したゲストは、昨日もかなり激しいヒートランを見ていたので、「今日はIKUMIみたいな親子がいい」というリクエストだったのだけど、結局、今日も親子はいるものの、ヒートランになってしまった。

エウワカファ島島の外側で、あまり透明度も高く無い場所なので、クジラを水中で確認するのはなかなか困難だった。しかも、北から黒雲まで接近してきていた。ヒートランを追跡して、さらに南へと移動していくうちに、激しく雨が降り始め、周囲の島までまったく見えなくなってしまった。

どうやら、スコールではなく、かなり長く降り続けそうな雰囲気だった。このまま外洋の方へ追跡すると、どこにいるのか,自分の位置すらロストしそうだったので、追跡を諦めて、戻ることにした。

それにしても、どちらに進めばいいのかわからない。慌てて、GPSで位置確認して、その方向へとゆっくり移動していくと、豪雨の中でうっすらと見覚えのある島影が見えてきたので、そのままさらにGPSに従って、西へと移動をしていくうちに、少し収まってきた。

また少しクジラを探そうと思った時に、携帯にエミさんからのコールが残っていることに気づいたので、連絡してみると、エンジンが動かなくなったので、,迎えに来てとのことだった。場所は先ほど僕らがいたエウワカファ島の外側。

しかし、今通ってきたばかりだったのに、雨でまったく船は見えなかった。慌てて引き返した。しばらくすると、無線で直ったとの連絡。こちらも船の姿を確認したので、しばらくは並走することに。

しかし、雨は続いていたのと、スキッパーのピーターが風邪らしかったので、この日はこれで切り上げて港に戻ることにした。

あとで、撮影した写真を確認すると、8月25日に、西の外洋で、やはりあまり寄らせてくれなくて、移動し続けていた、LELE(トンガ語で、走るという意味)の親子だった。

Thu 02
2010年トンガ、ホエールスイミング21日目、IKUMI10回目
2010.09.02

_MG_4112.jpg

8月31日(火)。晴れのち雨。ノンジャパニーズグループ最終日。僕はフルーク、エミさんはプナで海に出る。
フルークのスキッパーはノアの兄貴のイッカ。ノアが風邪でダウンしたらしい。

ノアは寡黙で無口な感じだけど、イッカはいつもニコニコしている。この日もIKUMIを探している予定のプロティウスと連絡を取ってみるが、南のリーフには姿が無かった。

エミさんから連絡があり、外洋でヒートランを追っているとのこと。僕らはさらに東側でブリーチングを繰り返すクジラを発見してそちらに向かう。

近づいても何度かブリーチングを続けていたが、その後テールスラッピングを何度も繰り返した後、潜ってしまった。その側でペアがブローを上げていたので、ペアの方に船を近づけてエントリーを試みようと思ったが、移動していて、入れそうにない。

_MG_3331.jpg

シングルはどこに行ったのかと周囲を見回すと、子クジラらしき小さなブローを発見したので、そちらに向かう。やはり、親子だった。子クジラはかなり小さいようで、母親は僕らが近づくのを嫌がっているようだった。たまにブリーチングなどを見せてくれたが、基本ていには、移動を続けた。

_MG_3484.jpg

それでも、慣れてもらうために、しばらくは少し離れて、ゆっくり追跡をする。南半球では珍しく母親のテールの裏が真っ黒で、個体識別はしやすそうだった。しかし、なかなか慣れてはくれず、一度遠目に水中で確認できただけだった。

2時間追跡して、無理そうだったので、他の船の情報を下に、泳げるクジラの方に向かう。順番を待って、エントリーしてみると、「IKUMI」だった。

今まで居続けていた、透明度のそれほど良く無いエリアから、外洋に近いエリアに移動していた。これなら、浮上してくる母親との写真も奇麗に撮影できそうだった。

_MG_3845.jpg

初めてトンガのクジラに参加した人たちだったので、最初に「とにかく子クジラが浮上してきても、追わないように」と注意していたので、皆水面でほとんど動かなかったから、IKUMIもリラックスして、かなり皆に寄ってきてくれていた。

_MG_3922.jpg

_MG_4040.jpg

成長して、サイズも大きくなり、行動も大胆になっていた。時には母親から離れて、エンジンのかかっている船にまで、近寄ってきて、しばらく様子を伺っていたり、母親が浮上して来なくても、1頭で、水面で目をつぶって眠っていたりしていた。

_MG_4149.jpg

Thu 02
2010年トンガ、ホエールスイミング20日目、皆が持ってきてくれた鉛筆
2010.09.02

P1060608.JPG

8月30日(月)、トニーの乗船するプロティウスは、北に40キロ離れたトク島へ、フルークにはエミさんと伊藤さんが乗船。

僕は新しい日本人ゲストと、アメリカのTVクルーを出迎えるために、陸番。その他にも、ホテルへの支払い、ボートのガソリン代の支払いのチェックなどの雑務を行なっていた。

レストランのマーメイドは、僕らが利用している船の会社、セーリングサファリの隣にある。天井には、ここを訪れたセーラーや、ホエールウォッチングのゲストたちが、様々な国の国旗やTシャツなどにメッセージを書き残したものが飾られている。

以前はセーラーや観光客で賑わっていたのだけど、オンゴのパートナーのジョンが島を去り、オンゴが亡くなって、ノファがこの仕事から離れてからは、なんだか寂しくなってしまった。

それでも、昼間の天気の良いときに、この店でビールを飲みながらぼ〜っとしていると、初めてこの島を訪れて、一人でオンゴと一緒に海に出ていた頃の事を思い出した。

あの年は、本当に信じられないくらいに、クジラの数が多かった。「まるで大瀬崎でキタマクラを見てるようだ」とまで書いたくらいに、クジラが沢山いた。

オンゴと二人で、朝から夕方まで、ずっと同じ親子と一緒に過ごした事もあった。親子の傍らで、船を止めて、ランチを食べたり、昼寝をしたり。水面で、穏やかに眠っている親子をそっとしておいてあげた方がいいかなという、心の余裕みたいなものもあったし、色々撮影しても、まったく動かないので、代わり映えしないから、飽きてしまったという事もあった。

もし、初めて来た年が、今年みたいに、クジラを見つけるのが大変だったら、きっと日本からゲストを募ってはいなかっただろう。

あれから、7年。すでに、延べ300人以上のゲストが訪れて、一緒にクジラと泳いだ。100%全員にクジラと泳いでもらえているのも、正直、本当に運の良いことだと思う。だけど、今は3人ともオンゴやノファから、クジラに関して多くの事を学び、自分たちで見つけ出す方法や、いかにして、クジラを慣して、泳げるようにするかを身につけることができた。だから、こんな年でも、今のところ、全員にクジラと泳いでもらえているのだと思う。

4週目のゲストの中に、昨年クジラと泳ぐために、ルルトゥに行って、4日間、一度も海に入れ無かったという人がいた。1日2日は見られないとしても、まったく見せれないという不安は、こんなにクジラが少ない状況でも、正直感じない。

7年の間に、毎年の慣例のようになった事もある。それは、トンガの離島の子供たちに、消しゴム付きの鉛筆をプレゼントする事。4年前から、ゲストの人に、「荷物が重たいから、可能な人だけでいいので、1ダースだけ持ってきてください」と、毎年お願いしているのだけど、ほとんどの人が、それよりも多くの鉛筆を持ってきてくれている。

今年はノンジャパニーズグループの人の中にも、鉛筆だけでなく、筆箱や老眼鏡まで持って来てくれた人たちもいた。

初めてのゲストも、ほとんどの人が鉛筆を持ってきてくれるのが嬉しい。昨年は、元シニアボランティアでババウに滞在していた、歯科医師の女性に、離島を歯の検診で回る際に、鉛筆などを渡してもらった。

その人はもういないので、新たに赴任した,歯科衛生士の女性に、また同じように託して、離島の子どもたちに配ってもらうつもりだ。

その女性からは、来年は、「歯ブラシ」がいいかも、と提案された。とにかく歯ブラシの数が本当に足りないのだという。

Mon 30
2010年トンガ、ホエールスイミング18日目。3週目のゲスト帰国。そして、「IKUMI」8日目
2010.08.30

_MG_3612.jpg

8月28日(土)、3週目のゲストの内、2週間滞在の伊藤さんを残して、帰国の途についた。

_1060542.JPG

僕と相部屋だった伊藤さんは、部屋を移動して一人部屋に入った。二人で一緒の部屋だったとき、僕らの部屋の目の前の木に、頻繁にカワセミがとまっていたので,ホエールスイミング出発前に、良くベランダに出て、このカワセミを撮影していた。

_MG_2968.jpg

ほぼ定時に同じ場所に姿を見せる。

_MG_3266.jpg

この日は、僕が伊藤さんと二人で、フルークに、トニーはプロティウス。エミさんは皆の送迎で空港へ。

伊藤さんのリクエストで、今日は最初からIKUMI狙い。この親子、当然のように、いつもとほぼ同じ場所で、先に出ていたプロティウスが発見していた。これで、8日目だ。

他にはほとんどクジラがいないのに。

先週は、かなりハードに探しまわったので、今日は「IKUMI」待ちをしてのんびり過ごすことにした。

プロティウスが泳ぎ終わった後、僕らが交代して海に入った。

今日は、入水の回数も多くて、水面下で色々なポーズを取る彼女を撮影することができた。

_MG_3571.jpg

_MG_3563.jpg

_MG_3542.jpg

ザトウクジラの子どもは、1日に500リットルもの母乳を飲み、約60〜80キロ、体重が増えるそうだ。だから、すでに生まれてから10日近く経ってるから、僕らが観察している間に、600キロ以上大きくなっているわけだ。

確かに最初の頃確認したときのサイズに比べれば、幼さよりも、かなりやんちゃな感じになってきた。

母親から浮上して、水面下で遊んでいるときも、かなり母親の上から離れて、「遠出」することもしばしばで、時には母親を見失ってしまったように、途方にくれて探しまわるような行動をするときもあった。

そんな時は、母親の方が娘を見つけて浮上してきて、一緒に移動をしていた。浮上してきて近づいてきた母親と「IKUMI」に丁度挟まれるような状況になった時もあり、「まずいかな?」と思ったけど、2頭とも、特に慌てる感じでもなく、終止穏やかに過ごしていた。

_MG_2767.jpg

上の写真が、8月20日に撮影したIKUMI親子の写真。鼻先に乗っかって甘えている。

下が、28日に撮影した写真。

_MG_3525.jpg

最後に、別の船に親子を譲って、今日は早々に引き上げた。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.08.04
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

御蔵島。今シーズン最後の追加日程のご連絡です。新たに3日程を追加しました。 今満席のところも、空席が出たら、ご報告します。どこかで、僕も参加するかもしれません。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 終了 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 終了 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 終了 ■8月25日(金)〜8月27日(日):満席 ■9月1日 (金)〜9月3日(日):満席 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):満席 ■10月20日(金) 〜10月22日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 ■11月3日(金)〜11月5日(日):新スケジュール ■11月10日(金)〜11月12日(日):新スケジュール 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com