スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Sun 12
2010年トンガ、ホエールスイミング25,26日目風速35ノット。クジラと泳げない
2010.09.12

9月7日、8日、風速35ノット。クジラが少ない上に、強風。通常ならおそらく船を出していない。船を出さないオペレーターも多かった。唯一の救いは、天気は良かったことだ。

今週は、僕たちがローテーションで休みを取りたいために、もともとゲスト3人だけを募集して、船1隻だけ出すことにしていた。しかし、このクジラの状況では、何日間か、もう1隻出してスタッフだけで乗船して、良いクジラを見つけたら連絡してあげるという方法を取ろうかと考えていたのだけど、この風の状況では、それも意味が無いと判断した。

初日は、僕がフルークに乗船した。救いだったのは、スキッパーのイッカが、他の船のスキッパーとかなり親しくて、この日出ていた他の船と協力体制を取って、クジラを手分けして捜索。もし、誰かがクジラを見つけたら、交代で泳ぐことに。

しかし、海は荒れまくりで、捜索範囲も狭まる。小さなフルークには、波を避けるスペースも無いので、僕らは波しぶきを被りまくり、びしょびしょだった。

ブローもまともに見つからない。ランチタイムになり、高い崖に囲まれて、一番風裏になって穏やかなエリアに停泊すると、他の船も集まってきた。こんな光景は今まで見た事が無い。ここしか、まともに休憩できるエリアが無いわけだ。

珍しいので、船をバックに記念撮影をした。この写真だけだと、本当に穏やかに見えるけど、この場所以外は、本当に大荒れだった。

_1060879.JPG

この後、他のオペレーターの船3隻で共同捜索作戦を取り、昨日クジラの親子がいたという辺りを捜索し、見つけたら交代で泳ぐということになった。本来であれば、ウォッチングのルールがあるのだが、この状況では、その通りに行動していては、捜索は困難だった。

マレスキングが親子を発見、荒波の中、なんとか泳げたと言うので、順番を待つことに。しかし、最初の1回以降、親子が動き出して、なかなか泳げないらしい。

一緒に捜索していた、マカイラは諦めて、港に戻り始めた。それでも、スキッパーのイッカは諦めずに、順番を譲ってもらい、親子にトライした。

荒れているし、透明度が悪い。母親が下で眠っている姿は確認できない。しかも、子クジラがかなり成長しているらしく、IKUMIの最後の方のように、母親からかなり離れて浮上してくる。なんとか、1度だけ、水中で子クジラを確認したものの、撮影できる透明度でも、距離でもなかった。

リピーターの女性2人は水中でチラ見できたものの、初めて来た男性は、水中で確認することはできなかった。その後もしばらく追跡するが、増々荒れている方に向かって泳いでいくので、諦めて帰路についた。

翌日の8日も強風は続いた。トニーがガイドで海に出るが、結局クジラとは泳げなかった。2日間、まともに泳ぐことができていない。この強風は今週いっぱい続くと言われていたため、明日も望みは薄そうだった。ゲストの一人は、滞在の延長も考え始めていた。

この日、7日間海に出ていた、アメリカのTVクルーの最終日だったために、翌実の9日は、海外青年協力の二人も呼んで、一緒に食事をした。TVクルーたちにとっても、ハードな毎日だったようだ。9日には、海から戻ってきたら、彼らの番組用にインタビューを依頼された。きっと捕鯨についての質問もあるんだろうなと覚悟した。案の定聞かれたけど、自分自身はっきりした答えは見つかっていない。

色々な矛盾や政治思想が関わっているこのテーマには、聞いて来る人の態度によっても、こちらも意固地な意見に偏ってしまったり、そうでない人の場合には、もっと冷静に話をすることもあったりと、自分も曖昧な意見になってしまう。

ただ、イルカやクジラや多くの海洋ほ乳類と海で接する事が多い自分にしてみれば、普通の人たちが、犬やネコを愛するのと同じように、彼らに愛着を感じていることは間違いない。

国としての思想も、個人の考え方も、きっと、常に,矛盾をはらみながら、時代とともに、変わっていくものだと思う。それが結果的に本当に正しいか、正しく無いかは別にして。。。

TVクルーたちは、狂信的なクジラ信者ではなく、冷静に現状や立場を理解してくれる人たちだったと思っている。同じように、この美しい海の環境を、未来に残して行くにはどうすればいいかと試行錯誤している人たちだったと感じた。また、どこかの海で会って、一緒にビールでも飲みながら、他愛の無い話をしたいと思った。

_1060897.JPG

Mon 06
2010、トンガホエールスイム。師、オンゴのお墓参り
2010.09.06

P1060778.JPG

9月5日(日)は、風も強く吹き、ゲストもいないので、海に出ないで、陸でのんびりしていた。いつもネットをつなぐアクエリアムカフェでは、オーナーの飼い犬のMaxiとGusの写真撮影をしたりしていた。

P10607321.JPG

Maxiは今年で14歳になる老犬で、耳も聞こえないらしいのだけど、潤んだ瞳と、頭の毛の模様がなんとも愛らしい。

P10607292.JPG

Gusの方は、8歳くらいのシェパードで、飼い主にとても忠実。水や食べ物を食べるときは、常にMaxiが終わるまで傍らで静かに待っているところも、とても健気で賢い犬だ。

P10607283.JPG

夜は海外青年協力隊の隊員のヒコさんとアイさんと一緒に、チャイニーズレストランで食事をした。ここで、ヒコさんの作る野菜がこのレストランの料理にはふんだんに使われている。

歯科衛生士のアイさんには、ゲストの皆が持ってきてくれた、鉛筆や筆箱などを託して、離島に歯の検診に行くときに、持って行って,子どもたちに渡してもらうことになった。

P1060608.JPG

夜はトニーとエミさんと3人げルミキューブをした。今年は、これが初めてのカードゲームだった。

朝食のときに、この2頭に会って心癒されるのが、毎日の日課になっている。

9月6日(月)、昨日よりさらに風が強い。3人ともオフなので、朝、オンゴのお墓参りにでかけた。ヴァヴァウに到着して、4週間目でやっと彼に会いに行けることができた。

お墓は、彼の住む村の海の見える丘の上にあった。

P1060803.JPG

僕らは、過去に参加してくれた、ゲスト全員の名前を記載した日の丸を、彼のお墓に供えて、オンゴに挨拶をした。

P1060814.JPG

彼は、クジラに関しての僕らの師匠のような人。クジラに対しての知識や泳ぎ方だけでなく、どのようにして、クジラを感じるか、そしてクジラたちを尊重すべきかを教えてくれた人。

takaji.jpeg

お墓参りの後は、観光ビザの更新に行き、今日到着のゲストを出迎えた。風は、まだ強い。

Sun 05
2010年トンガホーエルスイム。ニューボート試乗
2010.09.05

_MG_2727.jpg

9月4日(土)。4週目のゲストが帰路に着いた。結局、全員が4日間とも水中でクジラと遭遇できた。

P1060646.jpg

P1060650.jpg

皆を見送った後、パラダイスホテルの桟橋に停泊している伝統カヌーを見学させてもらう。ノファは、今このカヌーのクルーをして、タヒチやニュージーランドを航海している。9月末まではババウにいて、ゲストを募って、1泊2日のクルーズトリップを開催している。

P1060666.jpg

メインの動力は大きな帆と、巨大な舵という人力。ガソリンエンジンは無くて、巨大なソーラーパネルを利用している。

クルーの一人に、シルバーバンクでザトウクジラのチャータークルーズのライセンスを持っている人がいて、今度はシルバーバンクにも来てみればという話にもなった。

P1060663.jpg

その後、以前プロティウスのスキッパーをしていたロリーが、新しいボートを作ったというので、試乗させてもらった。

P1060671.jpg

P1060676.jpg

もし、折り合いがつけば、来年はこ4乗りのボートも利用することになるかもしれない。

P1060703.jpg

今日は、ゲストもいないし、クジラを探す必要も無かったので、ピクニック気分でババウの島巡りを楽しんだ。

Sat 04
2010年トンガ、ホエールスイミング24日目、未確認だった親子を確認
2010.09.04

_MG_4290.jpg

9月3日(金)、4週目最終日。心配していた天気は持ち直し、快晴。僕がニッカのスキッパーでフルーク。エミさんがピーターのスキッパーでプナに乗船。この他に、ノアがスパイホップに他のゲストの乗せて、海に出ていた。昨日は荒れている中、南のリーフで親子2組が見つかっていたというので、今日も午前中はまだ南は波が高いものの、プナの方が捜索に向かうことになった。

フルークは、昨日同様、透明度の高いエリアで、良いクジラを見つける事にした。しかし、他の船同様、まともに泳げるクジラが見つからない。朝8時に南のリーフで親子を見つけたTVクルーたちが乗船するプロティウスは、午後4時までその親子を追跡して、まともには泳げなかったようだ。

エミさんとは、お互い、携帯で情報交換しながら、探し続けるがまったくいない。チャネルの内側に入ってきたところで、遅いランチ休憩を取る。その前当たりから、イッカが僕と操船を代わって、無線連絡を頻繁にやり始めていた。

どうやら、スパイホップのノアと連絡を取っているようだ。確認すると、かなり南の方で、泳げそうな親子を見つけたとのこと。しかし、スパイホップにはガイドが乗船していなくて、ゲストのカップルだけなのだという。ノアが海に入れと促すのに、そのカップルは恐くて入れないらしく、近くにいた、マレスキングを呼んで、そこのガイドに一緒に入ってもらうことになった。

「泳げそう」と言っても、まだ誰も海に入っていないから、本当に泳げるかわからない。しかし、今の段階では、この親子にかけるしかない。ランチ休憩を終えると、全速力でそちらに向かった。荒れていると思っていた南のリーフは、午後になってから、かなり穏やかになっていた。

到着した頃には、スパイホップのゲストは、マレスキングのガイドと一緒にクジラの泳ぎ終えていたところだった。近くにはプナも来ていた。

無線でやり取りして、マレスキングが泳ぎ終わったら、こちらに譲ってくれることになった。透明度は悪く、下で休んでいる母親の姿は見えないらしいが、浮上してきた子クジラは見れるとのことだった。

しばらくは離れて様子を伺っていた。その間に、プナは別の親子を発見して、そちらにトライしてみることになった。しかし、無線連絡では、そちらも透明度が悪く、なかなか近寄れないらしい。

マレスキングが泳ぎ終えて、まず僕らが先にトライすることになった。子クジラが浮上してきたタイミングで、慎重に接近して海に入る。しかし、子クジラが潜ってしまい、見失う。透明度はかなり悪い。

水面で周囲を見回していると、少し離れたところで、子クジラが浮上してきたので、そちらに向かうと、母親も一緒に浮上してきてしまった。「自分はともかく、これでは追いつくのは無理かな」と思った瞬間、何を思ったのか、泳ぎ去ろうとしていた親子クジラが、急転回してこちらに向かってきた。

それもかなりの勢いで。僕は咄嗟にカメラを構えて身構えた。先頭を泳いでいた僕のスレスレに胸びれを近づけながら、向きを90度回転させて、猛スピードで泳ぎ去った。完全に僕らを威嚇しているようにも見えた。

_MG_4273.jpg

その後、移動を始めたので、追跡する。潜行するときに、母親のテールの裏が見えるのだけど、それがどこかで見覚えのあるものだった。記憶を思い返すと、4週目の初日、朝見つけて、2時間トライしたけど、泳げなかった母親のテールも同じ真っ黒だったので、南半球では珍しいということを記憶していた。水中でちゃんと撮影できなかった個体に関しては、unknown(未確認)ということで、名前はつけずに、ナンバーをつけて記録していた。

そのときに撮影したテールがこの写真。3日前のものだ。

_MG_3452.jpg

そして、今回個体識別のために撮影したテールがこの写真。

_MG_3556.jpg

あまりテールをしっかり上げないところも似ている。

テールだけでは良くわからないので、背びれの特徴も同じものか確認してみた。右の背びれに大きな瘤のようなものがある。これは3日前に撮影した写真。

_MG_3466.jpg

そしてこれが、9月3日に撮影した同じ背びれ右側の写真。

_MG_3550.jpg

これで、同じ個体であるとほぼ確定した。3日前はまったく泳げなかったので、かなり進歩したというべきなのだろうか。IKUMIも最初はまったく泳げなかった。できれば、IKUMIのように慣れてもらえれば嬉しいのだけど。

しかし、その後はなかなか止まらない。別の親子にトライしていたプナも戻ってきた。どうやらあちらもなかなか泳げないらしい。交代で海に入ることになった。

しかし、透明度の悪さも手伝って、なかなか良いタイミングで入れない。お互い何度か入水して、見ることができたのは、この母親が、僕らを確認すると、決まって泳ぎ去る方向から反転して、こちらに向かってくるからだ。

しかし、そのまま泳ぎ去ればいいのに、こちらに向かってきて自分で僕らに近づきすぎてびっくりして逃げ出してるようにしか見えない。まあおかげで近くで見れるのだけど。

最後にID用の背びれと胸びれの写真を撮影して帰路についた。

Fri 03
2010年トンガ、ホエールスイミング23日目、シンガー
2010.09.03

_MG_4233.jpg

9月2日(木)、曇り時々雨のち晴れ。南東からの風が強く吹き始めた。完全に天候が変わったような気がする。肌寒い。

この日、トニーがフルーク、スキッパーはイッカ。今週はノアが風邪を引いていて、毎日兄貴のイッカが海に出ている。

そして、僕はプナ。こちらの専属スキッパーのピーターも昨日辺りから、風邪を引いていて、かなり体調が悪そうだ。まるで日本の真冬のような格好で、波,風除け対策を万全にしてやってきた。

曇っていて、海の中も暗いし、南のリーフは、風も強く荒れているだろうからと、西の外洋側に限定してクジラを探すことにした。僕はノースベイへ、トニーはフンガの外側へ。

ノースベイへは、同じタイミングで、アメリカのカメラマンたちが乗船している、プロティウスもやってきた。スピードも彼らの方が早いし、波の高くてこちらはさらにスピードが出せない。遠くでブローを発見しても、あちらの方が先に着いてしまう。そんな状態で同じ場所を探すのもどうかと思ったのだけど、今日はとにかく南側に行ける可能性が少ないから、意地でもこちら側で見つけなければいけなかった。

普段なら、湾の半分くらいまで時間をかけて見回して、ブローを発見できなければ、引き返していたのだけど、とにかくこの日は、湾の反対側の岬付近までふんばって探すことにした。

プロティウスは常に僕らより、少し先の湾の内側を同じ方向へと移動している。
反対側の岬先端辺りまで来ると、プロティウスは、ノースベイでの捜索を早々に切り上げて、さらに北の湾目指してスピードを上げ始めた。僕らは、岬の先端で引き返すつもりだったので、スピードを緩めた。

そのタイミングで、こちらに近い側で、1頭のクジラが突如ブリーチングを始めた。判断の差で、こちらがそのクジラに着くことができた。

_MG_3532.jpg

クジラは何度も何度もブリーチングを繰り返し、船の本当に目の前でブリーチングしたときなどは、皆思わず大声て叫んでいた。

プロティウスから、「撮影したいから、側に寄っていいか」という無線連絡が来たので、「船上からだったらいい」と伝えた。しかし、プロティウスが接近すると、ブリーチングをやめて、海中に潜ってしまって、その後は浮上してきても、ブローをするだけで、何もしなくなっていましった。

落ち着いたところで、潜行した辺りで海に入ってチェックしてみた。姿は見えないけど、鳴き声が聞こえてきた。しばらく周囲を見渡すが、姿が見えない。透明度が高いから、いればすぐ見つけられそうだ。

一度船に戻り、ピーターに次浮上してきたら、おそらく潜行した位置より少し前に移動して止まっているはずだから、次は潜行部分より少し前に落としてくれと頼む。

次の浮上時に、その通りにして海に入るのと案の定眼下でクジラが停止して歌っていたので、皆にも入水してもらった。このメンバーは、昨日もシンガーを見ている。しかもかなり浅かったというから、今回のは少し深めかもしれない。

それでも、ほぼ水面に平行ではあるものの、テールを少し上、頭を少ししたにして、おそらく水深20mちょっとの場所で歌い続けていた。

皆も潜って撮影を試みる。

_MG_4249.jpg

しかし、なかなか近くまでは潜れないようだった。自分は、何度か呼吸を整えて、同じ水深まで降りて、テール側から撮影を行った。以前に同じような状況で顔側に回り込んだら、歌っていたクジラが驚いて歌うのをやめて泳ぎ去ってしまったことがあったので、テール側からのみの撮影にした。

_MG_4247.jpg

しかし、このクジラ、テールがいびつなので、あまり絵にならない。生まれつきなのか?それとも、サメなどに襲われてこうなってしまったのだろうか?

_MG_4219.jpg

皆しばらくは,水面で鳴き声を聞いたり、潜って少しでも近くで撮影したりしていた。クジラが歌い終わって、動き始めるタイミングで潜り、移動の瞬間を撮影した。

_MG_4257.jpg

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com