スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Tue 10
2010年、トンガホエールスイム初日、アグレッシブなエスコート
2010.08.10

_MG_5367.jpg

2010年8月10日、快晴。トンガ初日。3隻のボートで海に出る。

先にトンガに入っていたトニーとエミさんからは、「今年はクジラが少ない」という情報をもらっていた。実際、他の船のスキッパーたちに聞いても、この日までに、親子は2個体、あるいは、3個体の目撃情報しかなかった。「船の調子が悪い」、「スキッパーがいない」、「ホテルの部屋が使えない」などなど、毎年の事だけど、トンガはいつも問題が多発して、最後の最後までドキドキハラハラさせられる。正直、夜はビールを飲まずにはやってられない。

僕は6人乗りプロティウスに乗船して、南のリーフへ向かった。運の良いことに、30分もしないで、計5頭のヒートランを発見した。しかもメスは子どもを連れていた。

しばらく様子を見ていると、エスコート以外のオス2頭は、あきらめて去っていった。それでも、エスコートが執拗に、激しく親子を追いかけ回すので、なかなか止まりそうになかった。

しばらくすると、止まりはしないのだけど、同じ場所をグルグルと回りはじめたので、エントリーしてみた。透明度は今ひとつだったが、この親子とエスコート、異常なまでに接近してくる。

エスコートは、この母親と無理矢理にでも交尾をしようとしているかのようだ。母親はそんなエスコートから子どもを守るようにしながら泳いでいた。

_MG_5346.jpg

上の写真手前が子ども、真ん中が母親、奥がエスコート。

母親が子クジラの背中を押して、移動するように促す。子クジラは、エスコートから逃れるようにしながら、方向転換して、僕らの方に向かってくるものだから、必然的に、母親もエスコートもこちらに向きをかえてくる。

向かって行くどころか、皆引き気味になりながら撮影を行なっていた。時には、本当にこちらが逃げなくてはいけない状況に。

_MG_5398.jpg

突如、真下からエスコートが浮上してきたこともあった。

_MG_5351.jpg

近過ぎて、全身が入り切らない。

激しく動き回り、水面を激しくたたくので、水面が泡で白濁して、行くての視界を遮る。突然方向転換して、その白濁した先から向かってくるのではないかと少し不安になりながらも、その中に突っ込んで行き、彼らの姿を再確認する。

白濁した海の中には、彼らが接触したときに皮膚からはがれ落ちた、薄皮が散乱していた。最初の年に訪れたゲストが、この皮をホルマリン付けにして、持ち帰ったのを思い出した。

とにかく、親子とエスコートでこれほどアグレッシブな状態なのは、かなり珍しい。子クジラはなんで僕らの方に向かって来ようとするのだろうか。。

しばらくすると、トニーの乗船していた船が来たので、順番を譲り、ランチを食べる。彼らが泳ぎ終わってから、再度入水したが、すでに行動パターンが変わっていたし、さらに透明度の悪い海域に入ってしまったので、この親子とエスコートから離れて、西の外洋へ移動していった。無線では、エミさんは別の親子、トニーたちは、3頭のヒートランに遭遇していたが、あまり入れる感じではなかったようだ。

ノースベイまで足を伸ばすが、結局この日はこれで終了して帰路に着いた。初日にして、かなり大興奮な遭遇ができたので、「クジラがいなくて、みせれないかも」という不安はプレッシャーは無くなった。

結局この日だけで、3隻の船で3組の親子に遭遇した。明日も会えるといいな。

Sun 08
ニュージーランドで一泊
2010.08.08

トンガに行く途中の経由地、ニュージーランドのオークランドに到着。季節は冬なので、到着時の気温は10度。

しかし、思ったより寒くないのは、晴れていたのと、風があまり強くなかったからか。

でも、晴れたり曇ったりで、突然のにわか雨も降っていた。おかで、どこかに移動する度に虹がくっきり見えていた。

P1050971.jpg

家を出てくる時に見れたのは、窓から見える入道雲がいい感じだったな。

P1020797.jpg

今回も定番のムール貝を食べれるオキシデンタルというレストランで、食事して買い物して早めに宿に戻った。明日は朝6時20分発のフライトなので、寝てる人は早々に眠ってしまったけど、ほとんどの人がラウンジに集まって、ビール飲んで談笑してる。

テレビでは、メル・ギブソンが有名になるきっかけになった、「MAD MAX」をやってる。懐かしいな。

明日は3時30分起き。


Sat 07
トンガへ出発!
2010.08.07

_MG_077.jpg

いよいよ、ザトウクジラの待つ、トンガ王国へ出発です。行ってきます。

Wed 04
トンガへ持っていく日の丸国旗
2010.08.04

_1050901.JPG

昨日、トンガに持っていく日の丸に、今までに参加してくれたゲストの名前をほとんど全部記入した。1週目に一緒に行くリピーターや、現地にすでに入っている、トニーやエミさんのは、現地に入ってから、自分で入れてもらうことにしている。ただ、海外からのゲストの方のお名前は入れていいものかどうか悩んでいるところだ。

全員で、100人くらい、のべにして、200人が僕らの企画するホエールスイムトリップに参加してくれた。その全員が水中でクジラを見る事ができているのは、亡くなった、スキッパーのオンゴの経験や知識の賜物であったわけだ。

そのオンゴが生前に「日の丸の旗を持って来い」と言っていたことから、今回、この国旗を用意したのだけど、正直、ザ・コーブなどの映画が話題になったり、シーシェパードの活動が頻繁に取り上げられている昨今、クジラと泳ぐトンガに持っていって、どう思われるのかはちょっと気になる。

だけど、恩師でもあるオンゴと約束したことだから、持って行くことにする。何人かの方には、名前を記載することの許可をもらいましたが、全員に連絡を取れていません。もし、このブログを読んで、記載に関して遠慮して欲しい方などいましたら、ご連絡ください。

よろしくお願いします。

Mon 12
2010年、バハマドルフィンクルーズ4週目2 ファイナル 
2010.07.12

7月7日(水曜日)

_MG_2057.jpg

朝から風が強い。それでも、午前中からイルカが見つかり、かなりフレンドリーだったので、2時間近く泳ぎ続けた。

_MG_1893.jpg

_MG_1905.jpg

_MG_1860.jpg

_MG_1901.jpg

午後も、風はおさまりそうになかったので、ランチ休憩を取らずに、移動しながら、南のSouth Bar 付近まで移動して波を避けてしばらく移動を続けた。その間もイルカたちがバウに姿を見せてくれたりしていた。しばらくして、また北上してホワイトサンドリッジへ向かう。

風が強まる心配があったので、この日は6時までという条件でイルカたちと泳ぐ。波は高かったけど、イルカたちとは、4時半から、6時まで泳ぎ続けた。

僕は午前中だけ海に入り、午後はバックデッキの手伝いや、バウでイルカの捜索を手伝ったりしていた。

停泊地に戻る途中、フィッシングを行なったけど、浅瀬を移動していたので、釣れるのは、バラクーダばかりだった。ここの海域では、バラクーダはシガテラ毒のようなものがあるらしく、食べない。

South Bar へ移動後、夕日が奇麗で、皆で夕日の撮影をした。

_MG_4312.JPG

_MG_4303.JPG

_MG_4340.JPG

_MG_4388.JPG

7月8日(木曜日)

_MG_2149.JPG

4週目の最終日。今年の僕のチャータークルーズの最終日でもある。
昨日よりも、かなり風がおさまっていた。これなら、のんびりドルフィンスイミングを楽しめそうだ。

午前中から、ホワイトサンドリッジの真ん中でイルカたちと遭遇。親子何組かのグループで、ゆっくりと一緒に泳いでくれた。

_MG_2094.jpg

_MG_2183.JPG

イルカが海草でパスキャッチしてくれたけど、二人とも、そんな短い海草じゃ、ダメだと思うんだけど。。

イルカたちは補食を繰り返し、時に、海草のパスキャッチなどもしてくれた。

_MG_2170.JPG

ランチ休憩は、アンカリングせずに、ドリフト。

午後、ステネラからイルカを譲ってもらって、何度かエントリー。最後には、かなり遊んでもらい終了した。僕はビデオ撮影を行なっていた。

午後6時、最後のドルフィンスイムを終了して、帰路に着く。

皆満足気な笑顔でビールで乾杯。最後には、バウに集まって、ちょっと変わった集合写真撮影。

YMB000-5148.jpg

1089.jpg

フロリダ帰国後も、皆の記念撮影は続いた。

YMB000-5177.jpg

YMB000-5313.jpg

今年も4週間、無事に(?)ドルフィンククルーズを終了して、昨日帰国した。それぞれに、いつも違った感じの出来事が起こり、参加メンバーによっても、違った雰囲気のクルーズ。でも、毎回乗船していて思うのは、いつもいつも,皆が笑顔になっていること。イルカが沢山出て、天気が良い方がそりゃあいいに決まってる。でも、クルーズに乗船するメンバーたちの雰囲気が楽しいから、イルカが出ないときも船上で皆何かを見つけて楽しんでいた。

毎回、そんなクルーズ生活だったと思います。僕は、4回のクルーズそれぞれの思い出を持って、また次のロケに出かけます。来年もきっと、こんな楽しくて素敵なメンバーたちと一緒に、この海でイルカたちと自由気ままに泳げればいいな。

飲んだくれてしまったことも多々あり、怪我もありました。心配かけたり、ご迷惑おかけしたこともありましたが、皆さんと一緒にすごせて、本当に楽しかったです。

そして、毎回フレンドリードルフィンたちとの交流の機会を作ってくれる、スコット船長はじめ、Dolphin Dream号のクルーたちにも、多いに感謝して、今年のクルーズを終了します。

2010年に参加して頂いた皆さん。また、お会いしましょう。本当にありがとうございました。

_MG_2258.jpg

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2016.06.28
2017年名古屋、大阪で写真展「INTO THE BLUE 〜青にとける〜」巡回展のお知らせ

2016年5月に東京・六本木ミッドタウンにある富士フォトサロンで開催し、1万人もの方にお越しいただいた写真展「INTO THE BLUE〜青にとける〜」の名古屋、大阪での巡回展日にちが確定しました。 名古屋・富士フォトサロン 2017年5月12日(金)〜5月18日(木) 大阪・富士フォトサロン 2017年6月2日(金)〜6月8日(木)

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com