スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Mon 30
2010年トンガ、ホエールスイミング18日目。3週目のゲスト帰国。そして、「IKUMI」8日目
2010.08.30

_MG_3612.jpg

8月28日(土)、3週目のゲストの内、2週間滞在の伊藤さんを残して、帰国の途についた。

_1060542.JPG

僕と相部屋だった伊藤さんは、部屋を移動して一人部屋に入った。二人で一緒の部屋だったとき、僕らの部屋の目の前の木に、頻繁にカワセミがとまっていたので,ホエールスイミング出発前に、良くベランダに出て、このカワセミを撮影していた。

_MG_2968.jpg

ほぼ定時に同じ場所に姿を見せる。

_MG_3266.jpg

この日は、僕が伊藤さんと二人で、フルークに、トニーはプロティウス。エミさんは皆の送迎で空港へ。

伊藤さんのリクエストで、今日は最初からIKUMI狙い。この親子、当然のように、いつもとほぼ同じ場所で、先に出ていたプロティウスが発見していた。これで、8日目だ。

他にはほとんどクジラがいないのに。

先週は、かなりハードに探しまわったので、今日は「IKUMI」待ちをしてのんびり過ごすことにした。

プロティウスが泳ぎ終わった後、僕らが交代して海に入った。

今日は、入水の回数も多くて、水面下で色々なポーズを取る彼女を撮影することができた。

_MG_3571.jpg

_MG_3563.jpg

_MG_3542.jpg

ザトウクジラの子どもは、1日に500リットルもの母乳を飲み、約60〜80キロ、体重が増えるそうだ。だから、すでに生まれてから10日近く経ってるから、僕らが観察している間に、600キロ以上大きくなっているわけだ。

確かに最初の頃確認したときのサイズに比べれば、幼さよりも、かなりやんちゃな感じになってきた。

母親から浮上して、水面下で遊んでいるときも、かなり母親の上から離れて、「遠出」することもしばしばで、時には母親を見失ってしまったように、途方にくれて探しまわるような行動をするときもあった。

そんな時は、母親の方が娘を見つけて浮上してきて、一緒に移動をしていた。浮上してきて近づいてきた母親と「IKUMI」に丁度挟まれるような状況になった時もあり、「まずいかな?」と思ったけど、2頭とも、特に慌てる感じでもなく、終止穏やかに過ごしていた。

_MG_2767.jpg

上の写真が、8月20日に撮影したIKUMI親子の写真。鼻先に乗っかって甘えている。

下が、28日に撮影した写真。

_MG_3525.jpg

最後に、別の船に親子を譲って、今日は早々に引き上げた。

Mon 30
2010年トンガ、ホエールスイミング17日目。10個体目の親子。そして、「IKUMI」7日目
2010.08.30

_MG_3494.jpg

8月27日(金)、快晴。風は北から、相変わらず強く吹いている。しかし、1週目程ではない。

この日トニーはプロティウスで8時30分に出発。僕はフルーク、エミさんがプナで9時30分に海に出る。

ゲストの3人は、今回3日間とも、「IKUMI」しか見ていないとのことだった。それでも、3日間、クジラと泳げているのだから、ラッキーだと思う。でも、最終日、他のクジラも見たいというリクエストだったので、とにかく探すことにした。

最初に、ノースベイをチェックしに行くが、やはり今年は何もいなかった。そこから、フンガ島の外洋を南へと移動を続ける。途中、エミさんから電話が入り、トニーの乗船するプロティウスがまた「IKUMI」について泳いでいるという情報が入った。これで、7日目だ。しかも、ほとんど同じ場所で泳いでいるらしい。

このクジラの少ない状況で、「IKUMI」親子みたいな存在は本当に大きい。とにかく、「押さえ」は確保してあるから、ギリギリまで他のクジラを探したい。

トンガで、昨年亡くなったスキッパーのオンゴに教わった事は、「自分のクジラを探せ!」ということだった。彼は他の船からクジラを譲ってもらうのを、あまり好まなかった。もっと良いクジラを探してゲストに見せる。それが彼の信条だった。

だから、僕らも「自分のクジラ」を見つけたかった。もちろん、ゲストの人たちは、短い滞在で、「IKUMI」のように、毎日でも泳げるクジラがいた方がいいに決まっている。

だけど、何も見つからず、結局他の船の後に順番待ちすることほど、悔しいことは無い。それが今年のように、クジラの少ない年であってもだ。

頼むから、最終日に、別のクジラを見せてあげたい。そう思いながら遥か水平線まで目を凝らすけど、本当にブロー一つ見当たらない。やはり、このまま「IKUMI」の方まで行くしかないのかなと少し弱気になっていたときに、かなり遠くにブローを発見した。はっきり言って、定かではないくらいに遠く、スキッパーのノアに「あそこでブローが上がってる」と指差しても、「どこだかわからない」と言われる程だった。

とにかく、そのブロー目指してスピードを上げてもらった。おおよそ、この辺だろうという辺りで、スピードを緩めてもらう。周囲の水面に目を凝らす。しかし、何も上がって来ない。(もしかして、幻覚でも見てたのかも)という不安に襲われかけたとき、ノアが「親子だ!」と小さく叫んだ。

あのブローは母親のものだった。ブルーラグーンの外洋側の浅瀬で静かに身体を休めていた。しかし、問題なのはこれからだ。泳げるのか、泳げないのか。

船で追跡すると、母親はかなり大きくテールを上げて、海中に潜り込む。最初は多分その場でストップして休んでいるのではと思い、フットプリントの近くの海中を何度かチェックしてみるが、まったく姿が見えない。海底が見える程浅くて,透明度が高いにも関わらずだ。荒波の中、しばらくは、ブローと、母親の真っ直ぐに上げるテールを頼りに、追跡するしかなかった。海中で止まっている場所が確認できれば、透明度が高いから、必ず見れるはずだ。

何度も見失いながらも、やっと子クジラだけが一度浮上してきたのを確認した。スキッパーのノアが、その位置を見失わないように船を近づける。「この辺にいるはずだ」と彼が小声で告げ、僕らは入水して、彼の指示する方向に向かって泳いだ。

しばらくすると、青い海中に黒い影が見えてきた。親子が身体を休めていた。
海中にいるとき、子クジラはほとんど、母親の鼻先に乗っかるように、ぴったりくっついて甘えている感じが可愛かった。

しかし、子クジラが一度浮上してくると、母親もそれに合わせて浮上してきて、移動をしてしまう。

_MG_3284.jpg


何度もトライして、「IKUMI」のように、船と人に慣れてもらわなければと思い、見つけにくいこの親子に、その後2度ほどトライをする。行動はほぼ同じだけど、3度とも個体識別用に確認できる距離で撮影もできた。

母親も子クジラも、他の個体に比べて、黒い部分が多いので、「KUROSUKE」と名付けた。本当は「まっくろくろすけ」にしたかったんだけど。長過ぎるからやめた。

_MG_3366.jpg

「IKUMI」と泳ぎ終わったプナが,連絡を受けてこちらにやってきたので、乗船していたゲストの希望もあり、彼らにこの親子を任せて,今度は僕らが「IKUMI」の方に向かった。

プナが泳いだ後に、すでに、他に2隻が順番待ちをしていたので、彼らが泳ぐおを待って、エントリーした。

_MG_3423.jpg

これで、「IKUMI」と泳いだのは、7日目、(個人的には6日目)になった。これで、3週目の日本人ゲストの最終日が終了した。

本当にクジラは少ない。しかし、結果的には、このIKUMIのおかげもあり、毎日全員がクジラを水中で見ることができた。

Sun 29
2010年トンガホエールスイミング16日目、ヒートランと今年9組目の親子、IKUMI6日目
2010.08.29

_MG_3159.jpg

8月26日(木)、快晴。この日、僕はプナ、トニーがフルーク、エミさんがプロティウスで海に出る。自分は、最初に南のリーフへと向かう。

今日もなかなかブローが見つからない。エウワカファ島の内側で、別のボートがペアに付いていたが、望みは薄そうだった。エウワカファ島の南側のリーフを、サブマリンロック方面へと船を進める。

遥か彼方に、ブローを発見。かなり遠くて、スキッパーのピーターも、他のゲストも確認できていないのだけど、とにかく他の船が先に気づく前にと、スピードを上げさせた。

近づくと、子クジラがテールスラップや、ブリーチングを始めた。これで皆も気がついて、さらにスピードを上げて接近。しかし、すでにそこには別の船がついていた。しょうがない、その船に連絡を取り、順番待ちをさせてもらうことにした。

すでに、この船の後に先ほどペアに付いていた船が、順番待ちをしているとのことなので、僕らは、その船の後にエントリーした。どうやら、親子とエスコートのようだ。

最初の船には小学生くらいの子どもが2人乗っていて、あまり楽しそうにしていなかった。きっと、この船はすぐに終わるだろうと判断。案の定、次の船が来たらすぐに譲って去って行った。しかし、この船がどれだけ粘るかは、判断がつかなかった。

その船と親子から少し離れて追跡していると、突然、2頭のオスが合流。ヒートランになってしまって、クジラは激しく移動を始めた。もしかしたら、泳ぐことはできないかもしれない。しかし、子クジラが頻繁にブリーチングしてくれるし、大人のクジラたちの勢いも凄いので、船上からの撮影だけでも、飽きない感じだった。中には、下の写真のように、背びれが二つに割れているような形をしたエスコートもいた。

_MG_3180.jpg

付いていた船がヒートランが弧を描くような瞬間に、何度かエントリー。ラッキーだったのは、その間に、徐々に透明度の高い海域に移動していった事だった。

3度か、4度、前の船がエントリーした後、このヒートランをこちらに譲ってくれた。その時点で、トニーたちのフルークに連絡を取るが、まったく返事がなかった。とにかく、ヒートランで移動しているクジラたちのペースに、上手くタイミングを合わせて船側から海に飛び込む。

_MG_3051.jpg

目の前を親子、数頭のオスが激しく移動していく。そこに突っ込むように、泳いで撮影を繰り返した。7回程、入水を繰り返し、時には、オス同士が相手を威嚇しあうように激しく絡み合いながら泳ぐのを目の当たりにしたゲストは、水面で「すげ〜!!」、「こすごいけど、こわい!」と叫び声を上げていた。

_MG_3173.jpg

船に戻るたびに、他の2隻に連絡をするのだけど、まったく応答が無かった。結局このヒートランは、さらに南へ南へと移動を続けたので、追いかけるのを諦めて戻ることにした。

_MG_3142.jpg

_MG_3187.jpg

最初のエントリーで、移動しながら子クジラがフィーディングしているのを確認した。しかし、そういう時に限って、フィッシュアイのレンズをつけたカメラを持って入ってしまった。子クジラがフィーディングしてるのって、落ち着いて休んでいる時よりも、こうやって激しく移動している時の方が多く目撃する。まあ、バハマのタイセイヨウマダライルカも泳ぎながら授乳してるから、別に不思議な事ではないのかもしれないけど。

後でIDを確認して、この親子は、今年初めて確認したものだと、わかった。子クジラがオスなら、乗っていたゲストの男性2人の名前を、メスだったら、女性の名前をつけようということになった。調べた結果、オスだったので、YOSHIと名付けることにした。

その後、エウワカファ島の内側で、今日も「IKUMI」と泳ぐ。この日は母親も水中に潜ることなく、のんびりしていた。透明度も悪くて、母親が下に潜ってしまったら、探すのが大変だったけど、この日は水面にいてくれたから、探し易くて助かった。

_MG_3259.jpg

IKUMIもリラックスしているようで、頻繁にこちらにお腹を見せていた。この日、気がついたのだけど、おっぱいの線が以前よりはっきり出ていた。

_MG_325911.jpg

6日前、20日に撮影した写真では、角度も悪いけど、このおっぱいの2本線がはっきり出ていなかった。

_MG_2783.jpg

長く、水中でクジラたちと接していると、今までに気が付かなかった事や、新たな発見(新たじゃないかもしれないけど)があって、面白い。

Sat 28
2010年トンガ、ホエールスイム15日目。IKUMI、5日目
2010.08.28

_MG_5992.jpg

8月25日(水)、快晴。

この日は満月、リピーターの女性3人の乗船するプナに乗って海に出る。エミさんはフルーク、トニーはプロティウス。しかし、この日もなかなかブローは見つからない。あちこち探しまわったが、チャネルの南側で、シングルのブローを1つ発見しただけだった。

プロティウスに連絡を入れると、ノースベイの入り口付近で親子にトライしているけど、まだ泳げていないという返事。しかし、その近くに別のブローがあるというので、そのクジラをこちらでチェックしてみるということになった。

ノースベイの入り口付近と聞いていたのだけど、船はかなり外洋に出ていて、おまけに海は荒れている。3人乗りの小型の船ではかなりきつい状況だった。

それでも、ゆっくりと近づき、別のブローを探す。ブローを発見したので、そちらに向かう。その途中で、コビレゴンドウの群れに遭遇した。入水も考えたけど、まずは、ブローを見失わないようにしなければいけないので、そのまま追跡を続けた。

やっとブローに近づくと、親子だった。もう1組の親子なのかとも思ったが、,無線で確認を取ると、プロティウスは親子を見失っていて、今ペアに付いているということだったので、おそらく向こうがロストした親子だったのだろう。

親子の追跡を続けるうちに、先ほどのコビレゴンドウが親子に絡んできた。親お子は向きを変えたりした後、スピードを上げて、外洋へと泳ぎ去ってしまった。

絡んでいるときに、入水しようとして、チャンスを伺っていたのだけど、海が荒れていたこともあり、残園ながらチャンスを逸してしまった。

トニーの方は、ペアに絡んでいたコビレゴンドウとザトウクジラの写真を撮影していた。他にもオーシャニックホワイトチップとカジキの2ショットも押さえていた。

結局、ここでの入水は諦めて、すでに無線で連絡の入っていた、「IKUMI」のもとへ。

この状況で幸いなのは、この「IKUMI」がほとんど同じ場所に居続けてくれていること。ほとんどの船がこの親子と泳ぎまくっているので、最初の頃神経質だった母親もかなり慣れてきていて、以前のように船や人が近くにいても、あまり動じなくなってきていた。

現場に到着したときには、まだフルークを含め、3隻の船がいたので、エゥワカファ島のビーチに上陸して時間を潰した。クジラの順番待ちでビーチに上陸したのは初めてだったけど、白砂のビーチに打ち寄せる優しい波の音に、いつもの緊張感が和らいで、つかの間癒された。

しかし、落ち着いていた「IKUMI」の母親が、何かをきっかけに、動き出してしまった。

何が原因なのかはわからないが、移動を始めたために、追跡をしなければいけなくなった。どうにか、全員が水中で「IKUMI」を正面から見れて,この日は終了した。

Thu 26
2010年トンガ、ホエールスイム14日目、IKUMI4度目
2010.08.26

_MG_2986.jpg

8月24日、(火)。3週目メンバー初日。トニーはプロティウス、エミさんはプナ、僕はフルークで海に出る。こちらが出港すると、すでにプロティウスは親子についていたが、移動していて、泳げない状況らしかった。

フルークはチャネル内を北から南へ移動して、サブマリンロックを抜けて外洋側を南から北へ。プナは逆のルートを取っていた。

外洋で、ペアを発見して追跡。途中で1頭加わって3頭になるが、なかなか止まってはくれない。一度だけ入水するも、船の下をさっと様子見して、泳ぎ去ってしまった。

その後、プロティウスから無線で連絡が入る。まだ泳げていないが、チャネルよりさらに内側で、プナが、トータリーワイルドという別の船から親子を譲ってもらったという事だったので、しばらくしてから、こちらが先にその現場に向かうことになった。

連絡を受けた場所からは、かなり移動していたが、プナの方は何度か泳げているというので、交代して入れてもらうことになった。親子は、微妙に動きながら泳いでいている。スピードが緩まったなと思ったところで、エントリーしてみる。しかし、警戒心の強い母親は泳ぎ去ってしまって、まともには見れなかった。

プナに連絡して、再度こちらがトライさせてもらう。次は、母親が海中に沈んで停止したタイミングでエントリー。停止した母親も確認できて、子クジラだけが2回程浮上して、周囲を回ってくれた。

僕の船には、今年初めての森光さんと清水さん、それに4年目の伊藤さんが乗船していた。清水さんは久米島でクジラスイムの経験があり、そこでは皆が一斉に飛び込んで、ダッシュでクジラに向かって行くので、遅いと見れない人がいたり、フィンで頭を蹴られたりすることもあるということだった。モルジブのジンベエスイムもそんな印象だったな。

それが、トンガでは皆が船からゆっくりエントリーして、ゆっくり泳いで親子の近くに行き、静かに浮いていれば見れるという状況に驚いていた。

この親子は、またまた「IKUMI」だった。親子の数が少ない中で、「IKUMI」
が何日もこの海域に残ってくれているのは、彼らに取ってみれば良い迷惑で、申し訳無いことだとは思うのだけど、スイミングをする船側としては、本当に「IKUMI」様様といったところだ。

その後、別の船とプナに何度か交代して入ってもらい、僕らの番になった。しかし、その場所がギリギリ、ホエールスイム禁止区域エリアだったので、少しそのエリアから親子が出るような位置に船を回して見るが、なかなかオンライン上から外に出る気配がない。

またしばらく様子を見ていたが、微妙に出たか出ないかのラインで、エントリー。僕は極力禁止区域に入らない位置の海面で待機していた。子どもだけが浮上してきて、皆の近くを回ってくれた。その後、母親も浮上してきたので、ラインの外に出て行くような位置に回り込み、上手くそちらに母親が向きをかえたのだけど、運悪く、そちらにゲストの一人がいたために、さらに旋回して、また内側へと向きを変えてしまった。

完全のラインの内側に移動してしまったので、これ以上泳ぐのは諦めて、他のクジラを探しに南のリーフへ移動するが、結局このあとはまったくブローも見つからずに終了した。

しかし、この状況下で、初日から親子を全員見れたのは本当に運が良いし、3隻が連絡を取り合って情報を伝達しているからだと思う。プロティウスも、5時間粘って、追跡していた親子が大人しくなり、一緒に泳ぐことができていた。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.10.09
越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください

2017年12月23日(土)、東京の渋谷で、毎年恒例となりました越智隆治スライドトークショーを開催いたします。 <昨年六本木で開催したスライドトークショーの様子> おかげさまで、毎年満員御礼(若干オーバーなためいつも狭くてすみません)のトークショー。今年は、大きな3面スクリーンのある会場で、1年間の撮影の様子をご報告します。 迫力のあるクジラから、癒しの海まで、海に包まれているような気持になれると思います。 食事スタイルは、半立食のブッフェ形式。 席が決まっていないので、いろんな方をお話しできるかと思います。 またせっかく海が大好きな人たちが集まりますので、「なにか青いもの」をご持参ください。洋服でも、靴でも、鞄でも小物でも、なんでも構いません。もしかしたら、いいことがあるかもしれません。 会の終盤には、お楽しみのプレゼントじゃんけんも開催予定です。 今年はどんなプレゼントか、お楽しみに。 満席になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご参加ご希望の方は、お早めにお申込ください。 皆さまのご参加、心よりお待ちしております! ■越智隆治スライドトークショー2017 ○日にち:2017年12月23日(土) ○会場:イベントスペース DAIA 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1 https://goo.gl/maps/Naoahs1V9PJ2 ○時間 17:00 受付開始 17:20 スタート 19:40 終了 20:00 完全退出 ※二次会の開催は予定していません ○参加費 7,000円 ※事前のお振込みをお願いしております ○お申込・お問い合わせ ochi@oceana.ne.jp 以下をご記入の上、ご連絡ください。 「件名:越智隆治スライドトークショー2017参加希望」 *お名前: *参加人数: *当日に連絡のつくお電話番号: ※担当者より詳細のご案内をさせていただきます

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com