スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Fri 03
2010年トンガ、ホエールスイミング22日目、激しい土砂降り。5個体の親子。
2010.09.03

_MG_4169.jpg

9月1日(水)。晴れのち豪雨。

朝は快晴で、べた凪。海に出ると、すでに何隻かの船が親子についているという情報が入っていた。少なくとも4個体。プロティウス、マカイラ、マレスキング、そして船名不明、それぞれが1個体ずつ。しかし、まともに泳げているのは、1個体らしかった。

その1個体に多くのボートが集中しているようだった。僕らも、午前中は親子を探したがなかなか見つからなかったので、親子と2頭のエスコートのついた個体を、別のボートから譲ってもらった。

僕が乗船したゲストは、昨日もかなり激しいヒートランを見ていたので、「今日はIKUMIみたいな親子がいい」というリクエストだったのだけど、結局、今日も親子はいるものの、ヒートランになってしまった。

エウワカファ島島の外側で、あまり透明度も高く無い場所なので、クジラを水中で確認するのはなかなか困難だった。しかも、北から黒雲まで接近してきていた。ヒートランを追跡して、さらに南へと移動していくうちに、激しく雨が降り始め、周囲の島までまったく見えなくなってしまった。

どうやら、スコールではなく、かなり長く降り続けそうな雰囲気だった。このまま外洋の方へ追跡すると、どこにいるのか,自分の位置すらロストしそうだったので、追跡を諦めて、戻ることにした。

それにしても、どちらに進めばいいのかわからない。慌てて、GPSで位置確認して、その方向へとゆっくり移動していくと、豪雨の中でうっすらと見覚えのある島影が見えてきたので、そのままさらにGPSに従って、西へと移動をしていくうちに、少し収まってきた。

また少しクジラを探そうと思った時に、携帯にエミさんからのコールが残っていることに気づいたので、連絡してみると、エンジンが動かなくなったので、,迎えに来てとのことだった。場所は先ほど僕らがいたエウワカファ島の外側。

しかし、今通ってきたばかりだったのに、雨でまったく船は見えなかった。慌てて引き返した。しばらくすると、無線で直ったとの連絡。こちらも船の姿を確認したので、しばらくは並走することに。

しかし、雨は続いていたのと、スキッパーのピーターが風邪らしかったので、この日はこれで切り上げて港に戻ることにした。

あとで、撮影した写真を確認すると、8月25日に、西の外洋で、やはりあまり寄らせてくれなくて、移動し続けていた、LELE(トンガ語で、走るという意味)の親子だった。

Thu 02
2010年トンガ、ホエールスイミング21日目、IKUMI10回目
2010.09.02

_MG_4112.jpg

8月31日(火)。晴れのち雨。ノンジャパニーズグループ最終日。僕はフルーク、エミさんはプナで海に出る。
フルークのスキッパーはノアの兄貴のイッカ。ノアが風邪でダウンしたらしい。

ノアは寡黙で無口な感じだけど、イッカはいつもニコニコしている。この日もIKUMIを探している予定のプロティウスと連絡を取ってみるが、南のリーフには姿が無かった。

エミさんから連絡があり、外洋でヒートランを追っているとのこと。僕らはさらに東側でブリーチングを繰り返すクジラを発見してそちらに向かう。

近づいても何度かブリーチングを続けていたが、その後テールスラッピングを何度も繰り返した後、潜ってしまった。その側でペアがブローを上げていたので、ペアの方に船を近づけてエントリーを試みようと思ったが、移動していて、入れそうにない。

_MG_3331.jpg

シングルはどこに行ったのかと周囲を見回すと、子クジラらしき小さなブローを発見したので、そちらに向かう。やはり、親子だった。子クジラはかなり小さいようで、母親は僕らが近づくのを嫌がっているようだった。たまにブリーチングなどを見せてくれたが、基本ていには、移動を続けた。

_MG_3484.jpg

それでも、慣れてもらうために、しばらくは少し離れて、ゆっくり追跡をする。南半球では珍しく母親のテールの裏が真っ黒で、個体識別はしやすそうだった。しかし、なかなか慣れてはくれず、一度遠目に水中で確認できただけだった。

2時間追跡して、無理そうだったので、他の船の情報を下に、泳げるクジラの方に向かう。順番を待って、エントリーしてみると、「IKUMI」だった。

今まで居続けていた、透明度のそれほど良く無いエリアから、外洋に近いエリアに移動していた。これなら、浮上してくる母親との写真も奇麗に撮影できそうだった。

_MG_3845.jpg

初めてトンガのクジラに参加した人たちだったので、最初に「とにかく子クジラが浮上してきても、追わないように」と注意していたので、皆水面でほとんど動かなかったから、IKUMIもリラックスして、かなり皆に寄ってきてくれていた。

_MG_3922.jpg

_MG_4040.jpg

成長して、サイズも大きくなり、行動も大胆になっていた。時には母親から離れて、エンジンのかかっている船にまで、近寄ってきて、しばらく様子を伺っていたり、母親が浮上して来なくても、1頭で、水面で目をつぶって眠っていたりしていた。

_MG_4149.jpg

Thu 02
2010年トンガ、ホエールスイミング20日目、皆が持ってきてくれた鉛筆
2010.09.02

P1060608.JPG

8月30日(月)、トニーの乗船するプロティウスは、北に40キロ離れたトク島へ、フルークにはエミさんと伊藤さんが乗船。

僕は新しい日本人ゲストと、アメリカのTVクルーを出迎えるために、陸番。その他にも、ホテルへの支払い、ボートのガソリン代の支払いのチェックなどの雑務を行なっていた。

レストランのマーメイドは、僕らが利用している船の会社、セーリングサファリの隣にある。天井には、ここを訪れたセーラーや、ホエールウォッチングのゲストたちが、様々な国の国旗やTシャツなどにメッセージを書き残したものが飾られている。

以前はセーラーや観光客で賑わっていたのだけど、オンゴのパートナーのジョンが島を去り、オンゴが亡くなって、ノファがこの仕事から離れてからは、なんだか寂しくなってしまった。

それでも、昼間の天気の良いときに、この店でビールを飲みながらぼ〜っとしていると、初めてこの島を訪れて、一人でオンゴと一緒に海に出ていた頃の事を思い出した。

あの年は、本当に信じられないくらいに、クジラの数が多かった。「まるで大瀬崎でキタマクラを見てるようだ」とまで書いたくらいに、クジラが沢山いた。

オンゴと二人で、朝から夕方まで、ずっと同じ親子と一緒に過ごした事もあった。親子の傍らで、船を止めて、ランチを食べたり、昼寝をしたり。水面で、穏やかに眠っている親子をそっとしておいてあげた方がいいかなという、心の余裕みたいなものもあったし、色々撮影しても、まったく動かないので、代わり映えしないから、飽きてしまったという事もあった。

もし、初めて来た年が、今年みたいに、クジラを見つけるのが大変だったら、きっと日本からゲストを募ってはいなかっただろう。

あれから、7年。すでに、延べ300人以上のゲストが訪れて、一緒にクジラと泳いだ。100%全員にクジラと泳いでもらえているのも、正直、本当に運の良いことだと思う。だけど、今は3人ともオンゴやノファから、クジラに関して多くの事を学び、自分たちで見つけ出す方法や、いかにして、クジラを慣して、泳げるようにするかを身につけることができた。だから、こんな年でも、今のところ、全員にクジラと泳いでもらえているのだと思う。

4週目のゲストの中に、昨年クジラと泳ぐために、ルルトゥに行って、4日間、一度も海に入れ無かったという人がいた。1日2日は見られないとしても、まったく見せれないという不安は、こんなにクジラが少ない状況でも、正直感じない。

7年の間に、毎年の慣例のようになった事もある。それは、トンガの離島の子供たちに、消しゴム付きの鉛筆をプレゼントする事。4年前から、ゲストの人に、「荷物が重たいから、可能な人だけでいいので、1ダースだけ持ってきてください」と、毎年お願いしているのだけど、ほとんどの人が、それよりも多くの鉛筆を持ってきてくれている。

今年はノンジャパニーズグループの人の中にも、鉛筆だけでなく、筆箱や老眼鏡まで持って来てくれた人たちもいた。

初めてのゲストも、ほとんどの人が鉛筆を持ってきてくれるのが嬉しい。昨年は、元シニアボランティアでババウに滞在していた、歯科医師の女性に、離島を歯の検診で回る際に、鉛筆などを渡してもらった。

その人はもういないので、新たに赴任した,歯科衛生士の女性に、また同じように託して、離島の子どもたちに配ってもらうつもりだ。

その女性からは、来年は、「歯ブラシ」がいいかも、と提案された。とにかく歯ブラシの数が本当に足りないのだという。

Mon 30
2010年トンガ、ホエールスイミング18日目。3週目のゲスト帰国。そして、「IKUMI」8日目
2010.08.30

_MG_3612.jpg

8月28日(土)、3週目のゲストの内、2週間滞在の伊藤さんを残して、帰国の途についた。

_1060542.JPG

僕と相部屋だった伊藤さんは、部屋を移動して一人部屋に入った。二人で一緒の部屋だったとき、僕らの部屋の目の前の木に、頻繁にカワセミがとまっていたので,ホエールスイミング出発前に、良くベランダに出て、このカワセミを撮影していた。

_MG_2968.jpg

ほぼ定時に同じ場所に姿を見せる。

_MG_3266.jpg

この日は、僕が伊藤さんと二人で、フルークに、トニーはプロティウス。エミさんは皆の送迎で空港へ。

伊藤さんのリクエストで、今日は最初からIKUMI狙い。この親子、当然のように、いつもとほぼ同じ場所で、先に出ていたプロティウスが発見していた。これで、8日目だ。

他にはほとんどクジラがいないのに。

先週は、かなりハードに探しまわったので、今日は「IKUMI」待ちをしてのんびり過ごすことにした。

プロティウスが泳ぎ終わった後、僕らが交代して海に入った。

今日は、入水の回数も多くて、水面下で色々なポーズを取る彼女を撮影することができた。

_MG_3571.jpg

_MG_3563.jpg

_MG_3542.jpg

ザトウクジラの子どもは、1日に500リットルもの母乳を飲み、約60〜80キロ、体重が増えるそうだ。だから、すでに生まれてから10日近く経ってるから、僕らが観察している間に、600キロ以上大きくなっているわけだ。

確かに最初の頃確認したときのサイズに比べれば、幼さよりも、かなりやんちゃな感じになってきた。

母親から浮上して、水面下で遊んでいるときも、かなり母親の上から離れて、「遠出」することもしばしばで、時には母親を見失ってしまったように、途方にくれて探しまわるような行動をするときもあった。

そんな時は、母親の方が娘を見つけて浮上してきて、一緒に移動をしていた。浮上してきて近づいてきた母親と「IKUMI」に丁度挟まれるような状況になった時もあり、「まずいかな?」と思ったけど、2頭とも、特に慌てる感じでもなく、終止穏やかに過ごしていた。

_MG_2767.jpg

上の写真が、8月20日に撮影したIKUMI親子の写真。鼻先に乗っかって甘えている。

下が、28日に撮影した写真。

_MG_3525.jpg

最後に、別の船に親子を譲って、今日は早々に引き上げた。

Mon 30
2010年トンガ、ホエールスイミング17日目。10個体目の親子。そして、「IKUMI」7日目
2010.08.30

_MG_3494.jpg

8月27日(金)、快晴。風は北から、相変わらず強く吹いている。しかし、1週目程ではない。

この日トニーはプロティウスで8時30分に出発。僕はフルーク、エミさんがプナで9時30分に海に出る。

ゲストの3人は、今回3日間とも、「IKUMI」しか見ていないとのことだった。それでも、3日間、クジラと泳げているのだから、ラッキーだと思う。でも、最終日、他のクジラも見たいというリクエストだったので、とにかく探すことにした。

最初に、ノースベイをチェックしに行くが、やはり今年は何もいなかった。そこから、フンガ島の外洋を南へと移動を続ける。途中、エミさんから電話が入り、トニーの乗船するプロティウスがまた「IKUMI」について泳いでいるという情報が入った。これで、7日目だ。しかも、ほとんど同じ場所で泳いでいるらしい。

このクジラの少ない状況で、「IKUMI」親子みたいな存在は本当に大きい。とにかく、「押さえ」は確保してあるから、ギリギリまで他のクジラを探したい。

トンガで、昨年亡くなったスキッパーのオンゴに教わった事は、「自分のクジラを探せ!」ということだった。彼は他の船からクジラを譲ってもらうのを、あまり好まなかった。もっと良いクジラを探してゲストに見せる。それが彼の信条だった。

だから、僕らも「自分のクジラ」を見つけたかった。もちろん、ゲストの人たちは、短い滞在で、「IKUMI」のように、毎日でも泳げるクジラがいた方がいいに決まっている。

だけど、何も見つからず、結局他の船の後に順番待ちすることほど、悔しいことは無い。それが今年のように、クジラの少ない年であってもだ。

頼むから、最終日に、別のクジラを見せてあげたい。そう思いながら遥か水平線まで目を凝らすけど、本当にブロー一つ見当たらない。やはり、このまま「IKUMI」の方まで行くしかないのかなと少し弱気になっていたときに、かなり遠くにブローを発見した。はっきり言って、定かではないくらいに遠く、スキッパーのノアに「あそこでブローが上がってる」と指差しても、「どこだかわからない」と言われる程だった。

とにかく、そのブロー目指してスピードを上げてもらった。おおよそ、この辺だろうという辺りで、スピードを緩めてもらう。周囲の水面に目を凝らす。しかし、何も上がって来ない。(もしかして、幻覚でも見てたのかも)という不安に襲われかけたとき、ノアが「親子だ!」と小さく叫んだ。

あのブローは母親のものだった。ブルーラグーンの外洋側の浅瀬で静かに身体を休めていた。しかし、問題なのはこれからだ。泳げるのか、泳げないのか。

船で追跡すると、母親はかなり大きくテールを上げて、海中に潜り込む。最初は多分その場でストップして休んでいるのではと思い、フットプリントの近くの海中を何度かチェックしてみるが、まったく姿が見えない。海底が見える程浅くて,透明度が高いにも関わらずだ。荒波の中、しばらくは、ブローと、母親の真っ直ぐに上げるテールを頼りに、追跡するしかなかった。海中で止まっている場所が確認できれば、透明度が高いから、必ず見れるはずだ。

何度も見失いながらも、やっと子クジラだけが一度浮上してきたのを確認した。スキッパーのノアが、その位置を見失わないように船を近づける。「この辺にいるはずだ」と彼が小声で告げ、僕らは入水して、彼の指示する方向に向かって泳いだ。

しばらくすると、青い海中に黒い影が見えてきた。親子が身体を休めていた。
海中にいるとき、子クジラはほとんど、母親の鼻先に乗っかるように、ぴったりくっついて甘えている感じが可愛かった。

しかし、子クジラが一度浮上してくると、母親もそれに合わせて浮上してきて、移動をしてしまう。

_MG_3284.jpg


何度もトライして、「IKUMI」のように、船と人に慣れてもらわなければと思い、見つけにくいこの親子に、その後2度ほどトライをする。行動はほぼ同じだけど、3度とも個体識別用に確認できる距離で撮影もできた。

母親も子クジラも、他の個体に比べて、黒い部分が多いので、「KUROSUKE」と名付けた。本当は「まっくろくろすけ」にしたかったんだけど。長過ぎるからやめた。

_MG_3366.jpg

「IKUMI」と泳ぎ終わったプナが,連絡を受けてこちらにやってきたので、乗船していたゲストの希望もあり、彼らにこの親子を任せて,今度は僕らが「IKUMI」の方に向かった。

プナが泳いだ後に、すでに、他に2隻が順番待ちをしていたので、彼らが泳ぐおを待って、エントリーした。

_MG_3423.jpg

これで、「IKUMI」と泳いだのは、7日目、(個人的には6日目)になった。これで、3週目の日本人ゲストの最終日が終了した。

本当にクジラは少ない。しかし、結果的には、このIKUMIのおかげもあり、毎日全員がクジラを水中で見ることができた。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com