スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Thu 29
2016年 トンガ・ホエールスイム あの日僕らはこの地球上で誰よりもクジラのそばにいた
2016.09.29

今年、ホエールスイムガイドとして、トンガにいた岡田裕介のリポート

写真-4kk.jpg

今年も無事にトンガでの1ヶ月が終わり、
帰国途中のトランジェット先でゲストの方々と
ババウでの思い出話をしながらこの原稿を書いている。
皆の笑顔から感じる満足感。
思い出すだけで思わず微笑んでしまうこの感覚。
今年もトンガでのザトウクジラスイムは私たちに特別な時間を与えてくれた。

写真-1kk.jpg

あの日こと。

いつものように早朝から出航した僕らを乗せたボートは1時間半ほど少し荒れた
南の海域でクジラを探していた。
前日は天候もクジラの出もイマイチだったので、今日は頼むよと心の中で何度も念ずる。

そんな中、近くでゆっくりと泳いでいる親子とエスコートがいると
他のボートからの無線連絡を船長が笑顔で伝えてくれた。

すぐにその場所へ向かいエンジンも止めて離れた所から静かに
先に泳いでいたボートとクジラの様子を眺めるていると、
あっさりとスイムを終えて引き上げて行く。

その様子に、この親子とのスイムは難しいのかなと思いながらも
次は自分たちのボートの番。
静かに少しずつ近づいて行く。

写真-2kk.jpg

船上からゆっくりと泳ぐ親子の背中が50mほど先に確認出来たので
いつものように、まずはガイドの自分がひとりでその親子の様子を見に行く。
水中で近くにいるであろうクジラを探す緊張の時間。
目に思いっきり力を入れて泳ぎながら、上下左右を見渡し祈るような気持ちでクジラを探す。

しばらく泳いだがなかなか親子を確認出来ない。今回はダメかなと諦めかけた頃、
前方にうっすら見えたのは、なんと2頭揃って水面近くを泳ぎながら
真正面からこちらに向かってくる親子のクジラ。

正面で止まっている事はあっても、向こうから真正面を向いてゆっくりと近づいて来るなんてなかなかないシチュエーション。
親子も当然自分に気づいているはずなのにさらにゆっくりと接近してくる。
まじかよ、胸の鼓動が高鳴った。

写真-3kk.jpg

そして程よい距離まで近づいたタイミングでゲストも海に入り
約30分の夢のような時間が始まった。

穏やかそうにみえた親子はエスコートの存在に刺激されたか徐々に激しく泳ぎだす。
水中にいる僕らの目の前で4頭のクジラが縦横無尽に動き回る。
決して止まる事はなかったがギリギリの距離を保ちながら、僕らの存在を許してくれているのだろうか、その大迫力の夢のようなシーンが目の前で何度も何度も繰り返された。

人間とクジラが水中で同じ時間を共有する至福の時。
あの日僕らはこの地球上で誰よりもクジラのそばにいたのではないかとすら思えた。

この夢のような時間は終わりボートに戻ってからゲストやクルーと
興奮状態の中、笑顔で会話を交わす幸せな時間。

あの日のような時間、
ビッグチャンスは過ごせる可能性はここに来る皆に平等にある。

写真-5kk.jpg

はるばるトンガまでやってきて、ザトウクジラの生きる色々なシーンを
少しでも多く見せるのが僕らガイドの仕事。
だからこそ、ゲストの希望に添えた時の喜びは格別だ。

毎週、笑顔で帰って行くゲストの姿を見るのが
僕らスタッフにとって最も嬉しいこと。
『皆が幸せになれればそれでいいんだよ』
酔っぱらった越智さんが何度も言うこの言葉が僕らの願いを象徴しているのだろう。

来年も8月9月の7週間、トンガでのホエールスイムを開催予定。
自分は前半の4週間をガイドとしてトンガに滞在します。
ぜひ、ザトウクジラとの特別な時間を一緒に過ごしましょう。

OKADA.jpg

2017年も今年と同じく、お盆の週からシルバーウィークまでの7週間での開催を予定しています。

2017年8月6日(日)出発〜8月13日(日)帰国
2017年8月13日(日)出発〜8月20日(日)帰国
2017年8月20日(日)出発〜8月27日(日)帰国
2017年8月27日(日)出発〜9月3日(日)帰国
2017年9月3日(日)出発〜9月10日(日)帰国
2017年9月10日(日)出発〜9月17日(日)帰国
2017年9月17日(日)出発〜9月24日(日)帰国
(国際線の乗り継ぎ状況によっては、土曜日出発になる可能性もあります)

またこの日程以外で現地にて参加したい方、乗船するボートを探している方も、対応します。詳しくは、お問い合わせください。

写真-4kk.jpg

Wed 28
2016トンガホエールスイムweek7 最終週。止まってる親子5組に遭遇
2016.09.28

20160922-P1630589k.jpg

2016年、トンガでのホーエールスイム最終週のweek7は、快晴べた凪の日が多かった。今年は、雨や風雨が激しい日が多く、どのトンガ人スキッパーやガイドに聞いても、「今年もクジラは多いけど、昨年の方が止まっている親子クジラが多かったよね」という会話になる。

ホエールウォッチングの船が増えたこともあるのかもしれないが、泳げる親子に順番待ちする船の隻数は明らかに去年よりも多い。だから、なるべく早くに出港して、自分たちで良いクジラを見つけることが重要になってくる。

初日、風は穏やか。透明度が悪そうだったので、外洋側を捜索したが、あまりクジラに遭遇できず、北西で見つかった親子とエスコートを他の船とシェアしてエントリー。止まらなかったが、エスコートは、自分たちが母クジラに近づくことも嫌らしく、激しくバブルカーテンを吐き出したりしていた。

20160920-_T5A4861k.jpg

2組目に泳いだ親子とエスコートの方は、あまり受け入れられていなかったのか、最後には姿が見えなくなっていた。近くで鳴き声が聞こえたので、「俺を受け入れてくれよ〜」と歌っていたのかもしれない。

20160920-_T5A4936k.jpg

2日目。今日は、今年一番の快晴、べた凪。朝出港してすぐに、穏やかな海域で、海面に浮いている親子に遭遇。他に船も無く、ずっとこの親子と泳ぎ続けていた。

20160921-_29A9858k.jpg

20160921-_T5A5010k.jpg

すると、少し離れていたところで、他の親子とエスコートがトリプルブリーチングしていたので、最初の親子を他の船に譲って、そちらにアプローチ。最初はエスコートが親子を押してしまって、激しく泳いでいたけど、結局このエスコートは母親に受け入れられず、親子だけになったら、まったく動かなくなる。こちらの親子とも、ランチ食べてる間もずっと、眼の前で休んでいた。この親子とは港に引き返すまで泳ぎ続けた。朝から1日中、2組の親子とずっと泳ぎ続けた1日だった。

20160921-_T5A5207k.jpg

20160921-_T5A5136k.jpg

20160921-_T5A5257k.jpg

3日目。今日も、朝早くにとてもフレンドリーな親子を見つけて、お昼まで泳ぎ続けた。浮上するときに、お母さんは、顔を上にしてゆっくり浮上してくる。子クジラは男の子で、とっても落ち着きの無い元気な子だった。

20160922-_29A9896k.jpg

20160922-_T5A5877k.jpg

朝は快晴、べた凪で今年の滞在中ベストのコンディションだったけど、途中で雨雲がきて、海が荒れだした。それと同時に、親子でダブルブリーチングを連発。これで、今週遭遇した親子は、5組目。

20160922-_MG_3494k.jpg

最終日、快晴、べた凪。フレンドリーな親子と遭遇。これで、この週は、止まってる親子5組、に遭遇。合計6組の親子と遭遇した。

20160923-_T5A6140k.jpg

20160923-_T5A6267k.jpg

これだけ止まってる親子に遭遇できたのは、今年で最高。最終日で多くまで海に出ていたので、最後にスワローズケーブで撮影。かなり気に入った写真が撮影できました。

20160923-_T5A6541k.jpg

20160923-_T5A6564k.jpg

Week7にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

P1170311k.jpg

2017年も今年と同じく、お盆の週からシルバーウィークまでの7週間での開催を予定しています。
2017年8月6日(日)出発〜8月13日(日)帰国
2017年8月13日(日)出発〜8月20日(日)帰国
2017年8月20日(日)出発〜8月27日(日)帰国
2017年8月27日(日)出発〜9月3日(日)帰国
2017年9月3日(日)出発〜9月10日(日)帰国
2017年9月10日(日)出発〜9月17日(日)帰国
2017年9月17日(日)出発〜9月24日(日)帰国
(国際線の乗り継ぎ状況によっては、土曜日出発になる可能性もあります)
またこの日程以外で現地にて参加したい方、乗船するボートを探している方も、対応します。詳しくは、お問い合わせください。

Mon 19
日曜日の異文化体験・ トンガホエールスイム2016
2016.09.19

s-P1600355k.jpg

トンガは法律で日曜日は基本的には仕事をしてはいけないことになっている。
私たちが滞在しているババウでも、多くのレストランやショップは締まり、ホエールウォッチング船も飛行機すらも飛ぶことはない。

トンガ人の多くはキリスト教徒なので、日曜日の朝は協会にミサへ出かける人が多い。

2013 P1080679k.jpg


1474167369829.jpg
<夜はライトアップされてオシャレ>

私たちの日曜日は、多くの場合スキッパーのナティの家でローカル料理をごちそうになる。昨年くらいから、タイミングがあえばゲストが滞在している金曜日などに豚の丸焼きを振舞ってくれたりもした。

豚の丸焼きは、まず豚を狩るところから始まる。
同行したことはないけれど、ナティが茂み(山?)で狩ってくる。
越智さんは何度か暗闇の中でのハンティングに付き合わされたらしいし、
豚を絞めたこともあるらしい。
その豚を、内臓などを取り出し、口からお尻まで棒に刺し、くるくると回しながらじっくりと焼いていく。

_1160918.jpg
<week6の金曜日にはナティがゲストに豚を振舞ってくれた>

私がトンガの料理で気に入っているものに、パパイヤの中にココナッツミルクとオニオンを入れて焼いた「ププレシー」というのがあり、今回お願いして作ってもらった。
もしかしたら他の国でもあるのかもしれないけれど、私はトンガでしか食べたことがないので、これを食べるのはトンガの楽しみにしている。

s-P1600555k.jpg
<ププレシー。焼いたパパイヤという意味>

ほかにも、「オタイカ」というローフィッシュをココナッツと和えたセビーチェやカルパッチョ的な前菜や、「ウム」というルーの葉っぱの中にココナッツとお肉を入れて蒸した料理などがある。

20160911-_29A9475k.jpg

s-P1600553k.jpg
<ウム>

家庭によって味は違うけれど、オタイカはレストランでも食べられるので、興味のある人はぜひ。

トンガの超人ハルク

先述したププレシーをお願いして作ってもらった日曜日、この日はすごい技を持つトンガ人お父さんと出逢った。その技を見てみんなでつけたあだ名は、「トンガのハルク」。

なにがスゴ技かと言えば、ビール瓶が口で開けられるという。

20160911-_29A9505k.jpg

もう何年も前に出来たことだから今はできないかもしれないと言いながらも、やってみせてくれた。
ありえない(笑)
トンガで一番強い歯を持っていたんだと誇らしげに語っていた。

しかし、驚くのはまだ早かった。

なんと、このハルク、指でもビール瓶が開けられると言い出すのだ。
さすがになにを言っているんだと思ったけど、なんと、本当に自分の親指の爪を栓抜きのごとく使用して、ポン!と開けてしまった。

またもや、トンガで一番強い指を持つんだ!と笑っていた。

20160911-_29A9514k.jpg

25周年目のフィッシングトーナメントに遭遇

25周年目のフィッシングトーナメントにたまたま遭遇した。
9月9日から約1週間にかけて行われているトーナメントで、釣った魚の大きさを競うもの。2016年は14隻のボートが海に出て、カジキなどの魚の大きさを競っている。
ルールは細かくあるのでよくわからないけれど、100kg以下のものは釣ってもポイントにはならず、300kg以上だとポイントがよりもらえるらしい。
釣った魚にタグを付けてリリースするというのが基本的なルールだとか。

そのフィッシングの結果が、私たちもよく利用するマンゴーカフェに貼ってあり、トーナメント期間は毎晩パーティーが開催され、日曜日も朝からマンゴーカフェには参加者用の食事が並んでいた。

s-P1600502k.jpg

P1600493k.jpg
<トーナメント結果表>

s-P1600492k.jpg
<ホエールスイムの会社など多くの会社がスポンサーになっていた>

ババウの港は、有名なヨットの帰港地であるために、普段から多くのヨットが停泊しているが、この期間はフィッシングボートも停泊しており、いつもより港が賑わっていた。


P1160950k.jpg

カフェには各国の旗も立てられていて、とても賑やか。
毎年行われているというので、タイミングがよければ、来年も国際色豊かなババウに遭遇できるかも。

P1600489k.jpg

「日曜日はなにをして過ごしているのですか?」とよく聞かれますが、たいていこんな感じで過ぎていきます。
毎回違うことが起こるので、体験してみたい方はぜひ日曜日も残ってみてください。

DSC_2955.jpg
<トンガでのガイド歴4年の稲生薫子のトンガ現地リポートでした>

2017年も今年と同じく、お盆の週からシルバーウィークまでの7週間での開催を予定しています。

2017年8月6日(日)出発〜8月13日(日)帰国
2017年8月13日(日)出発〜8月20日(日)帰国
2017年8月20日(日)出発〜8月27日(日)帰国
2017年8月27日(日)出発〜9月3日(日)帰国
2017年9月3日(日)出発〜9月10日(日)帰国
2017年9月10日(日)出発〜9月17日(日)帰国
2017年9月17日(日)出発〜9月24日(日)帰国
(国際線の乗り継ぎ状況によっては、土曜日出発になる可能性もあります)
またこの日程以外で現地にて参加したい方、乗船するボートを探している方も、対応します。詳しくは、お問い合わせください。

Mon 19
2016トンガ・ホエールスイムweek6 親子にシンガー
2016.09.19

20160915-_T5A4480k.jpg

トンガでのホーエルスイムweek6は、悪天候が続いた。全員がトンガ初めてのメンバーで、2隻の船で海に出る。初日は、南の外洋で最高8頭のヒートランに遭遇。その後、東のリーフエリアで止まっている親子に遭遇した。

20160913-_T5A4010-2k.jpg

20160913-_T5A4019kk.jpg

透明度が悪く、見つけづらかったが、初日から2隻とも全員が海中でクジラに遭遇できた。

20160913-_T5A4133k.jpg

20160913-_T5A4073k.jpg

2日目は、「シンガーが見たい」というリクエストで、シンガーを探す。シングルのクジラが多かったが、なかなか歌っているクジラが見つからなかったが、最終的には、透明度の高い海域でシンガーに遭遇。この日も2隻ともがシンガーを見ることができた。1隻はその後親子の順番待ちをして、親子にも遭遇。

20160914-_29A9627k.jpg

3日目は、朝から天候が悪かったのが、さらに激しい風雨に見舞われ、南のリーフエリアの捜索が困難な状況。しかし、風裏になる北西側にはクジラがいないという無線が入っていたので、荒れているのを覚悟で南へ。

1隻が親子3組が同じエリアにいるのを発見。無線連絡で現場に向かうが、あまりにも荒れ始めたので、その海域に向かおうとしていた船数隻が、諦めて引き返してくるのが見えた。

スキッパーに「行くか行かないかの判断は任すよ」と伝えると、激しく海水を被りながら、「タカ、せっかく遠く日本からトンガまでクジラを見に来てくれたんだ。皆に喜んでもらいたいから、諦めないよ。それに、今無線で聞いている限り、その海域にいる親子がベストだ。ちょっと跳ねるし、ゆっくりしか進めないから、時間かかるけど、クジラの親子のところまで行くから大丈夫」と笑顔で言ってくれた。その言葉は、今年トンガでホエールスイムをしていて、一番感動した言葉だった。

時間はかかったが、2隻がクジラの親子と泳いでいる海域に到着。最初にその2隻が泳いでいた、一番条件の良い親子をすぐに譲ってくれて、その2隻はそれぞれが、近くにいた親子にアプローチしてくれた。

20160915-_T5A4491k.jpg

結局、1組の親子は移動してしまって泳げないというので、1隻が戻ってきて、こちらの親子をシェアしたが、2回ほど泳いだら引き上げたので、1隻で浅い水深、多分7mくらいのところに止まる親子と1時間ほど一緒に泳いだ。

20160915-_T5A4566-2k.jpg

他のゲストの乗る、もう一隻は、親子とエスコートにトライしていたが、透明度の悪い海域に移動してしまって、母親も深い場所にいるので、探すのが困難だったようだが、何回かは見れて、すごく近寄れたと言っていた。

20160915-_T5A4642-2k.jpg

この日は、泳げる親子、泳げない親子含めて、荒れた海域で4組が見つかっていたが、そこまで行きつけてた船は隻。穏やかな海域にいた1組の親子には、8隻以上の船が順番待ちをしていたそうだ。

午後から晴れてきたので、2隻でスワローズケーブへ。自分個人的には、今年初めてのスワローズケーブを楽しんだ。

20160915-_T5A4701k.jpg

最終日、風はまだあったが、天気は回復して快晴に。出航してすぐに親子に遭遇。しかし、透明度の悪い海域で、しかもお母さんがかなり慎重。正面どころか、側面にアプローチしても、嫌がって尾びれをこちらに向ける。順光側に移動しようとしても、かならず、自分たちが、逆光になる位置に向きをかえる。子クジラが浮上するたびに、移動してしまう。

20160916-_T5A4796k.jpg

2隻でシェアしてアプローチする。無線を聞いていても、この日、この親子がベストなクジラだというくらいに、良いクジラが見つかっていないようだった。慎重に慎重にアプローチを繰り返してみたけど、結局ちゃんと撮影できる距離までは近寄らせてもらえず、順番待ちしている他の船に譲って、他のクジラを探すことに。

リーフの外側でペア2組に遭遇するが、海中ではやはりあまり寄ることはできず、船上からテールスラッピングやブリーチングする様子を眺める。その後おいくつかブローは見つかったけど、泳げずに終了。

最終日の遭遇は渋かったけど、4日間、クジラと泳ぐことができた。

今年は、今のところ個人的いは、クジラとまったく泳げなかった日は1日もない。

トンガ・ザトウクジラスイムweek6にご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

_1160826k.jpg

2017年も同じく、お盆の週からシルバーウィークまでの7週間での開催を予定しています。
2017年8月6日(日)出発〜8月13日(日)帰国
2017年8月13日(日)出発〜8月20日(日)帰国
2017年8月20日(日)出発〜8月27日(日)帰国
2017年8月27日(日)出発〜9月3日(日)帰国
2017年9月3日(日)出発〜9月10日(日)帰国
2017年9月10日(日)出発〜9月17日(日)帰国
2017年9月17日(日)出発〜9月24日(日)帰国
(国際線の乗り継ぎ状況によっては、土曜日出発になる可能性もあります)
またこの日程以外で現地にて参加したい方、乗船するボートを探している方も、対応します。詳しくは、お問い合わせください。

Sun 18
トンガのお葬式とその後
2016.09.18

P1600246k.jpg
<お墓の前でナティの家族と親しい友人のファミリーピクチャー>

8月の最後にお世話になっているスキッパーのナティのお父さんが亡くなった。
お葬式の日はINTO THE BLUEスタッフが全員ババウにいたので、参列してきた。
ナティのお父さんは国王にも作品を献上するほどの有名な彫刻家で、多くの人が参列に見えていた。

P1600208k.jpg
<前の方で挨拶が行われている>

トンガは土葬の国。
今回は特別に近くで見せてもらうことができ、撮影の許可もしてもらった。

日本では棺桶に入ったまま火葬されるが、トンガでは運んできた棺桶からは出して、直接土に埋葬する(ここは見ていないので定かではないけれど、棺桶から出すのは確実)。
その後、板を乗せ、つなぎ目をコンクリートで固める。

P1600219k.jpg
<コンクリートが乾いたら土をかける>

残った棺桶は、すぐに次の人が使用する事がないように(不幸なことは早くにきてほしくないという意味合い)、燃やしてしまう。
日本にはない文化なので少し驚いた。

P1600240k.jpg

これでお葬式は終了。
格式ばった喪服みたいなものはないが、基本的には黒い服に、腰巻(タオヴァラ)を巻き付けるのが正装とされている。市場や、空港にも腰巻を巻き付けて訪れる人は多い。

P1600218k.jpg

越智さんは特別に腰巻を用意してもらった。
今回のように近くで参列させてもらえたり、撮影まで許可してもらえたのは、やはりいままで築いてきた信頼関係があるからだと強く感じた。

葬儀のあと、トンガの子供たちと触れ合った日曜日

トンガの子供たちはたくましい。
裸足で草や茂みを走り回り、木に登り、喧嘩もする。
兄弟が多いのも特徴で、昔の日本のように10人兄弟の家族もある。

葬儀から約1週間後、ナティの実家での昼の食事会に呼ばれた。
いつもの豚の丸焼きパーティーとは違い、家族だけでなく親しい関係者が多数見えていた。

きちんと言われてはいないけれど、黒い服の人も多かったことから、葬儀後の弔いの親族食事会なのだろう。
「楽しんで行ってね」とナティのお母さんから声をかけられた。

集まった子供たちは、ただみんなでいることが楽しくてはしゃぎまわっていた。

s-P1600383k.jpg
<男の子はどこにいっても男の子>

s-P1600393k.jpg
<さすが女の子。写真に写るのが大好き>

でもお手伝いもちゃんとする。

P1600301k.jpg

P1600304.jpg
<みんなが食事の時に座る御座やヤシの葉っぱを敷く>

すぐ飽きちゃうけど(笑)

s-P1600317k.jpg

さぼるのは、犬も同じ!?

s-P1600402k.jpg

青年たちは、料理のお手伝い。

s-P1600325kk.jpg
<トンガの伝統料理「ウム」を取り出す>

その後は、挨拶とお祈りがあって、みんなで食事。
こういう場合、一番先にお皿に盛るのは来客。
もしもこういう場面に遭遇した時は、進められたら遠慮せずにしたがってくださいね。

P1600416k.jpg

s-P1600423k.jpg


<一緒に食事。お肉付きの骨に夢中>

食事が終わったらすぐに遊びだす子供たち。

P1600373k.jpg

私たちが帰るころには木の上からお見送り。
ちゃんと撃たれてあげないと、「ゾンビー、ゾンビー!」といって何度も撃たれた(笑)

s-P1600445k.jpg

お葬式に参列することは今後ほとんどないと思うけれど、めったに見ることのできない文化を見せていただいて、参列を許可していただいたことにとても感謝している。

葬儀後の食事会も、喪に服すというような感じではなく、明るい雰囲気だったのがとても印象的だった。

DSC_2955.jpg
<トンガでのガイド歴4年の稲生薫子のトンガ現地リポートでした>

2017年も同じく、お盆の週からシルバーウィークまでの7週間での開催を予定しています。
2017年8月6日(日)出発〜8月13日(日)帰国
2017年8月13日(日)出発〜8月20日(日)帰国
2017年8月20日(日)出発〜8月27日(日)帰国
2017年8月27日(日)出発〜9月3日(日)帰国
2017年9月3日(日)出発〜9月10日(日)帰国
2017年9月10日(日)出発〜9月17日(日)帰国
2017年9月17日(日)出発〜9月24日(日)帰国
(国際線の乗り継ぎ状況によっては、土曜日出発になる可能性もあります)
またこの日程以外で現地にて参加したい方、乗船するボートを探している方も、対応します。詳しくは、お問い合わせください。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.10.09
越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください

2017年12月23日(土)、東京の渋谷で、毎年恒例となりました越智隆治スライドトークショーを開催いたします。 <昨年六本木で開催したスライドトークショーの様子> おかげさまで、毎年満員御礼(若干オーバーなためいつも狭くてすみません)のトークショー。今年は、大きな3面スクリーンのある会場で、1年間の撮影の様子をご報告します。 迫力のあるクジラから、癒しの海まで、海に包まれているような気持になれると思います。 食事スタイルは、半立食のブッフェ形式。 席が決まっていないので、いろんな方をお話しできるかと思います。 またせっかく海が大好きな人たちが集まりますので、「なにか青いもの」をご持参ください。洋服でも、靴でも、鞄でも小物でも、なんでも構いません。もしかしたら、いいことがあるかもしれません。 会の終盤には、お楽しみのプレゼントじゃんけんも開催予定です。 今年はどんなプレゼントか、お楽しみに。 満席になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご参加ご希望の方は、お早めにお申込ください。 皆さまのご参加、心よりお待ちしております! ■越智隆治スライドトークショー2017 ○日にち:2017年12月23日(土) ○会場:イベントスペース DAIA 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1 https://goo.gl/maps/Naoahs1V9PJ2 ○時間 17:00 受付開始 17:20 スタート 19:40 終了 20:00 完全退出 ※二次会の開催は予定していません ○参加費 7,000円 ※事前のお振込みをお願いしております ○お申込・お問い合わせ ochi@oceana.ne.jp 以下をご記入の上、ご連絡ください。 「件名:越智隆治スライドトークショー2017参加希望」 *お名前: *参加人数: *当日に連絡のつくお電話番号: ※担当者より詳細のご案内をさせていただきます

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com