スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Sun 18
トンガのお葬式とその後
2016.09.18

P1600246k.jpg
<お墓の前でナティの家族と親しい友人のファミリーピクチャー>

8月の最後にお世話になっているスキッパーのナティのお父さんが亡くなった。
お葬式の日はINTO THE BLUEスタッフが全員ババウにいたので、参列してきた。
ナティのお父さんは国王にも作品を献上するほどの有名な彫刻家で、多くの人が参列に見えていた。

P1600208k.jpg
<前の方で挨拶が行われている>

トンガは土葬の国。
今回は特別に近くで見せてもらうことができ、撮影の許可もしてもらった。

日本では棺桶に入ったまま火葬されるが、トンガでは運んできた棺桶からは出して、直接土に埋葬する(ここは見ていないので定かではないけれど、棺桶から出すのは確実)。
その後、板を乗せ、つなぎ目をコンクリートで固める。

P1600219k.jpg
<コンクリートが乾いたら土をかける>

残った棺桶は、すぐに次の人が使用する事がないように(不幸なことは早くにきてほしくないという意味合い)、燃やしてしまう。
日本にはない文化なので少し驚いた。

P1600240k.jpg

これでお葬式は終了。
格式ばった喪服みたいなものはないが、基本的には黒い服に、腰巻(タオヴァラ)を巻き付けるのが正装とされている。市場や、空港にも腰巻を巻き付けて訪れる人は多い。

P1600218k.jpg

越智さんは特別に腰巻を用意してもらった。
今回のように近くで参列させてもらえたり、撮影まで許可してもらえたのは、やはりいままで築いてきた信頼関係があるからだと強く感じた。

葬儀のあと、トンガの子供たちと触れ合った日曜日

トンガの子供たちはたくましい。
裸足で草や茂みを走り回り、木に登り、喧嘩もする。
兄弟が多いのも特徴で、昔の日本のように10人兄弟の家族もある。

葬儀から約1週間後、ナティの実家での昼の食事会に呼ばれた。
いつもの豚の丸焼きパーティーとは違い、家族だけでなく親しい関係者が多数見えていた。

きちんと言われてはいないけれど、黒い服の人も多かったことから、葬儀後の弔いの親族食事会なのだろう。
「楽しんで行ってね」とナティのお母さんから声をかけられた。

集まった子供たちは、ただみんなでいることが楽しくてはしゃぎまわっていた。

s-P1600383k.jpg
<男の子はどこにいっても男の子>

s-P1600393k.jpg
<さすが女の子。写真に写るのが大好き>

でもお手伝いもちゃんとする。

P1600301k.jpg

P1600304.jpg
<みんなが食事の時に座る御座やヤシの葉っぱを敷く>

すぐ飽きちゃうけど(笑)

s-P1600317k.jpg

さぼるのは、犬も同じ!?

s-P1600402k.jpg

青年たちは、料理のお手伝い。

s-P1600325kk.jpg
<トンガの伝統料理「ウム」を取り出す>

その後は、挨拶とお祈りがあって、みんなで食事。
こういう場合、一番先にお皿に盛るのは来客。
もしもこういう場面に遭遇した時は、進められたら遠慮せずにしたがってくださいね。

P1600416k.jpg

s-P1600423k.jpg


<一緒に食事。お肉付きの骨に夢中>

食事が終わったらすぐに遊びだす子供たち。

P1600373k.jpg

私たちが帰るころには木の上からお見送り。
ちゃんと撃たれてあげないと、「ゾンビー、ゾンビー!」といって何度も撃たれた(笑)

s-P1600445k.jpg

お葬式に参列することは今後ほとんどないと思うけれど、めったに見ることのできない文化を見せていただいて、参列を許可していただいたことにとても感謝している。

葬儀後の食事会も、喪に服すというような感じではなく、明るい雰囲気だったのがとても印象的だった。

DSC_2955.jpg
<トンガでのガイド歴4年の稲生薫子のトンガ現地リポートでした>

2017年も同じく、お盆の週からシルバーウィークまでの7週間での開催を予定しています。
2017年8月6日(日)出発〜8月13日(日)帰国
2017年8月13日(日)出発〜8月20日(日)帰国
2017年8月20日(日)出発〜8月27日(日)帰国
2017年8月27日(日)出発〜9月3日(日)帰国
2017年9月3日(日)出発〜9月10日(日)帰国
2017年9月10日(日)出発〜9月17日(日)帰国
2017年9月17日(日)出発〜9月24日(日)帰国
(国際線の乗り継ぎ状況によっては、土曜日出発になる可能性もあります)
またこの日程以外で現地にて参加したい方、乗船するボートを探している方も、対応します。詳しくは、お問い合わせください。

Thu 15
初めてのトンガ!初めてのザトウクジラスイム!
2016.09.15

S__26763323.jpg

よしおななみです!

INTO THE BLUEのスペシャルトリップでトンガのザトウクジラスイムに行ってきました!

初めてのトンガに初めてのザトウクジラとスイム!
越智さんの写真やリピーターの方の写真で見ていて、行く前からわくわくしていました。

日本からオークランド経由でトンガタプに到着。
空港の到着口には、民族衣装を着て打楽器などで出迎える現地の人達。
オークランドからトンガタプの機内でもウクレレを持っている人が何人かいて、音楽好きで陽気な国なんだろうなーと思いました。
今回はババウまでの国内線が次の日だったので現地のモーゼスの家に一泊。
家の周りには、犬と鶏と豚がいてちょっとした動物園だなと思いました。
晩御飯は鳥料理で、味付けが日本人好み。そこの鶏かな?と思いながら食べました。
家には妹と弟、21歳のお姉ちゃんがいてお姉ちゃんのAnnaとは歳が近かったので話が盛り上がり夜の2時まで喋ったり映画を観たり凄く楽しい一泊でした。

早朝、モーゼスに空港まで送ってもらい噂では聞いていたけど、ババウ行きの飛行機は小さくて私が乗ったのは、操縦席も見えて、わくわくしました!

フライト時間は1時間程。
ババウに着いて、ホテルへ。
その日は、岡田さんと初対面をして、町案内をしてもらい中華レストランでお昼ご飯。

P8280526 (2).JPG
<ネイアフの町にある、カソリック教会>

3時ぐらいにweek3、5日目のホエールスイムの船のお迎え。
ザトウクジラが好調に見れているみたいで、泳げるのが楽しみ。

week3最終日。
week3のメンバーは岡田さんと共に朝から出航。
week4のゲストが早く入りするので、越智さんと一緒に空港に迎えにいき、9時半にもう一隻で出航。移動中に3頭とスイムしたけど動きが速かったので違うクジラ探し。
ノースベイというエリアでブロー発見。
ペアで、透明度は余り良くなかったけどゆったりな感じで上から観察。
呼吸の時に上に上がってきて、尾びれが当たりそうなくらい近くまで来ました。
一頭がお腹が大きくもしかしたら子持ちかもしれなくて、2.3日後に生まれるかもしれない!

土曜日は、week3の数人のゲストが帰国。
7時半に出航して、北側へクジラ探し。
親子を発見してスイム。

母親が少し警戒心があったけど、凄く浅い場所に止まってくれたからゆっくり見れました。子クジラが母親の周りをグルグルしたり動き回ったり凄く可愛くて、水中で1人ニヤニヤしていました。ランチは、その場所で食べて母親のブリーチを見ながら最高に贅沢なランチタイムでした。

20160827-_T5A2505k.jpg

日曜日は、法律で働かない日で朝の10時から教会のミサが聴けると聞いたので行ってみました。トンガの正装をした人が沢山いて、1時間半程。
トンガの言葉で喋っていたりしていたので途中は少し退屈でしたけど、
ミサはハモったり聴いていて凄く心に響く歌でした。
私の前に座っていた2.3歳の女の子が、座っている事が苦痛なのか後ろを向いてジッとこっちを向いていたので笑って見たら、こいつ暇潰しになりそうだな。と思ったのか指遊びをしたりして、凄く可愛かったです。でも、お母さんに怒られて、それでもめげずにお金を入れる箱で遊んだりして、やっぱり小さい子はこおゆう場所は理解も出来ないし退屈だろうなと思いました。
最後はクジラが見れるように、神父さんに頭を撫でてもらって帰ってきました。

P8280525 (2).JPG

Week4 、1日目。
朝到着のゲスト達とフェニックスという船で出航。
シングルがいたけど、なかなか止まってくれず他の船がシェアできるクジラがいると聞いて親子にトライ。最初、エスコートに追いかけられたりサメに追いかけられたりなかなか止まってくれなかったけど、親子でダブルブリーチや子クジラがブリーチを7連続ぐらいしていたり、船の近くで母親がブリーチをしていて凄い迫力でした。だいぶ粘ったかいがあったのか、止まってスイムもする事ができました。

S__26763330.jpg

今日着いたゲストで、初のトンガでのザトウクジラスイムの方が2人いたので初日から最高に良いクジラと出会えて良かったなとホッとしました。

午後には、week4のメンバーが全員揃い明日から3隻でホエールスイム。

2日目。
ゲスト2人が帰国。
今日から3隻でフェニックスに乗船。
南の方に親子とエスコートがいると無線が入り移動。
私は上からクジラの方向を指示したりしていて、クジラも動いていてヒートラン状態。ブリーチなどアクションをしたり。ヒートランは全部で6頭くらいいて凄かった。

_T5A2845k.jpg

3日目。
朝から雲行きが悪いままリサマリで南側へ。
ヒートラン4頭とスイムしたけど、移動中で違うクジラへ。
親子とエスコートがいたので、越智さんがチェック。
OKが出たので皆で行ってみると移動して、もお一回トライしてみるとまた移動。
越智さん1人で行くのは大丈夫だけど、皆で行くとエスコートが親子を押すように移動させるみたい。その後は、雨も降ってきて良いクジラと会えず終了。

S__26763332.jpg

4日目。
リサマリで出航。
早朝から大雨が降っていたけど、出航する時には雨は止んでいて、出発して15分程の場所で2頭、1頭、2頭のブローがあちこちで見えてラッキー。しかも凪で泳げたら最高!
でも、泳げるクジラとは中々出会えず、風が出てきて空模様も段々悪くなってきました。
無線が入り、3頭のクジラを他の船とシェア。
アクションをいっぱいしていて、水中から見るテールスラップやブリーチなど凄く迫力があって、水中は泡だらけ!
他にも良い親子がいると無線が入り、順番待ちをしながらランチ。
順番が回ってきて、水中へ。
下を見ると親子がゆったりしていて、子クジラが呼吸をしに上に上がってくるのを見たりとってものんびりした感じでした。

5日目。
リサマリで出航。
1時間半程探していると、無線で親子とエスコート情報。
行ってみると、エスコート2頭と親子がいて水中へ。
クジラ達はこっちに向かってきたり、前を見ていると真下にいたり、エスコートは泡を出してバブルカーテンをしていたり、エスコート2頭ハイテンション。
向かってくる親子クジラが私の手前で止まって、観察するかの様に2頭でこっちを見ていました。私も、え、見られてるよね?何か言われてるとかな。と思いつつ、こっちに向かってきたので近すぎて思わず避けました。この場合カメラマンなら、迷わず避けずにカメラのシャッターを切るんだろうな。と後々思いました。
初めてこんなに近くてザトウクジラに圧倒されて、凄く興奮しました!

S__26763324.jpg

S__26763325.jpg

この後は、洞窟のあるマリナーズカーブへ行ってシュノーケル。
小さい魚などがいたり、潜ってしか行けない洞窟に行ったりした最終日でした。

今回一眼レフデビューして、初めてのトンガ、ザトウクジラとのスイムで沢山の知らない事や楽しい事、親子愛を知れた貴重な毎日でした。

P1600288k.jpg
<INTO THE BLUEのスタッフ。左から二人目がアシスタントのよしおななみ>

Wed 14
2016トンガ・ホエールスイムweek5 16頭のヒートラン
2016.09.14

トンガweek5は、月曜日から金曜日の5日間、海に出る。

20160907-_T5A3380k.jpg

初日の月曜日は、風が強く、捜索範囲が限られたが、シンガー、オキゴンドウ、それに親子に遭遇。

_29A9111k.jpg

2日目は、2隻で海に出る。この日到着のゲストもいたので、1隻は、その到着を待って出港。この日も風がかなり強く吹いていて、南のリーフでの捜索が困難だった上に、この週は透明度がかなり悪く、島々に囲まれたエリアで、3組の親子が泳げてるとの報告があったが、最初は風裏になる西の外洋側を捜索。しかし、なかなか泳げるクジラがいなかったので、3組の親子の中で一番落ち着いている親子の順番待ちをすることに。

しかし、潜ってみると案の定、透明度がかなり悪く、海中にいる母親は、最初少し潜らないと背中が確認できないくらいの透明度。潜って浮上するたびに、周囲の島の状況を確認して山立てしながら、皆に場所を知らせる感じ。本来ならあまりこんな透明度のところで見せるよりは、透明度の高い外洋で見せてあげたいのだけど、風が強くて捜索エリアが限られたために、多くの船が、この親子に順番待ちしていた。2隻ともこの親子と泳ぎ、終了。

_T5A3343k.jpg

3日目、西の外洋で16頭のヒートランと泳げているとの連絡でそちらに急行。すでに数隻のボートがついていたが、ローテーションに入れてもらい、7回ほどエントリーした。

20160907-_T5A3417k.jpg

20160907-_T5A3453k.jpg

4日目は、風が収まり、南でヒートランに遭遇した後、北西の外洋でもう一隻が泳げる親子を発見したので、その親子をシェア。入ってみたら、2日目に内湾で泳いだ親子だった。

20160908-_T5A3777k.jpg

最終日の5日目は、南のリーフで3組の親子(ヒートラン含む)に遭遇。最初は、透明度の悪いエリアで、テールを上にして眠る母クジラ。子クジラはあまりこちらには近寄って来ないが、凪の穏やかなエリアで泳ぐことができた。

20160909-_T5A3844k.jpg

次の親子は、かなり南のリーフで、透明度の高いエリアで遭遇。母クジラは前に回り込むのを嫌ったので、サイドから接近。母クジラの頭の上にちょこんと乗っかる子クジラが可愛かった。母クジラのウネの部分にやたらコバンザメがついていた。

20160909-_29A9227k.jpg

しかし、途中から2頭のオスが加わり、移動を始める。

20160909-_T5A3934k.jpg

しばらく追跡すると、また2頭と親子が分かれたのだが、その後は止まらなくなってしまったので、他のクジラを探していると、親子と、4頭のエスコートのついたヒートランに遭遇。止まらないので、前に落としてもらって、何度かアプローチをしたが、透明度もイマイチで、なかなか寄らせてくれなかった。しかし、水面でブリーチングしたり、テールスラッピングしたりしてくれた。

_1520431k.jpg

_1520435k.jpg

week5に参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

Sun 11
愛すべき島、トンガ・ババウ諸島で好きな事
2016.09.11

写真-1k.jpg

どうやら僕はトンガ人を含むポリネシア系の人や文化が好きな人間のようだ。
トンガでは海に出ている以外の時間は基本的にのんびりと穏やかな時間を過ごしている。
ここでの生活は妙に落ち着くし、とても居心地がいい。
何でこんなにしっくりくるんだろとたまに考えるが、前世はここで生きていたか
単純に相性の問題だろうと言う事で納得している。
トンガ人のあの大柄で包容力がある感じが好きなのかもしれない。
そのくらい僕はトンガでの日々に親しみを感じている。

以下は4年間で4ヶ月ほどの時間を過ごした愛すべき町、トンガ ババウで好きな事。

写真-2k.jpg

☆部屋から見る椰子の木とヨットと夕焼け。
ホテルは古くて老朽化が激しくて不都合も多々あるが、大きな窓からの展望と部屋の広さ、
スタッフの人の良さは代え難い魅力だと思う。
(お湯が出ずに寒さに震えたゲストの方、本当にすいません)

写真-3k.jpg

☆散歩しながら見る可愛らしい豚
町に向かう道には豚に犬にネコに鶏に動物が溢れている。
基本的に食べられてしまう豚は人間に対しての警戒心が強いので、
子豚の撮影には望遠レンズが必須。

☆唯一の中華料理店『PANDA』のファンキーモンキーベイビーズの和尚似のお兄さんの笑顔とマッシュルームソースの野菜炒め。
安い早い旨い。ここの料理にどれだけ救われているのか分からない。
来年行って閉店とか移転とかしてたらと考えるだけで恐怖。
スタッフも親切な癒し空間。

写真-4k.jpg
(世界の泊まりたいリゾートNo1になったこともあるモーヌリゾート前) 

☆圧倒的に美しい海の色。
晴れた日の浅瀬は本当に綺麗。何度見てもうっとり。

☆アクアリウムカフェのライスポンギポンギという名のチャーハン。
以前はこれを前夜に食べるとクジラが見れるとゲンを担いで食べていた。
これを食べるとトンガに来たなと思える自分の中のソウルフード。
現オーナーはサモア系ラガーマンで小錦の親戚らしい。

写真-5k.jpg

☆マンゴーカフェのオクトパスサラダと水面に写る夕焼けとヨット。
安定のマンゴーカフェ。タコが好きなのと健康に気遣って毎回食べるのは
オクトパスサラダ。ビールに合う安心の味。ここからの夕焼けはババウ随一。

☆ナティの家で子豚を焼きあがるのを待ちつつラムを飲みながら語らう穏やか時。
想像以上に時間のかかる豚の丸焼き。先にお腹から取り出した内蔵系のお肉をつまみに
火を囲んで語らいながら飲むお酒は最高。トンガのココナッツラムはついつい飲み過ぎてしまうので危険。

写真-6k.jpg

☆夕日を浴びながらグラウンドでラグビーをする人々の姿。
トンガの国技はラグビー。
ホテル近くのグランドで年齢に関係なく楽しそうにラグビーをしている姿を見るのが好き。
自分もラグビー経験者なのでいつか一緒にやってみたいが、皆デカいので怖いかも。

☆道を1人歩いていると、乗って行くかいと声をかけてくれるドライバー。
そして歩いている途中に雨が降ったらヒッチハイク。
普通に歩いていても乗って行くかいと声をかけてくれるは多い。
初対面でもラグビーの話か日本の話ですぐに盛り上がる。トンガは親日家が多い。

写真-7k.jpg
(トンガ国内線)

☆飛行機の離発着が上手くいった時の安堵感。
セキュリティチェックもない、のほほーんとした空港の雰囲気もいい。

この原稿を書きながらもトンガのこの町が好きだなと改めて思う。

撮影&文: 岡田裕介 ネイチャーフォトグラファー
4年前に、トンガに訪れて、この海のザトウクジラに魅了される。3年前からINTO THE BLUEのガイドとして、現地にてボートに乗船。2017年も、1ヶ月トンガに滞在する予定。

OKADA.jpg

2017年も同じく、お盆の週からシルバーウィークまでの7週間での開催を予定しています。
2017年8月6日(日)出発〜8月13日(日)帰国
2017年8月13日(日)出発〜8月20日(日)帰国
2017年8月20日(日)出発〜8月27日(日)帰国
2017年8月27日(日)出発〜9月3日(日)帰国
2017年9月3日(日)出発〜9月10日(日)帰国
2017年9月10日(日)出発〜9月17日(日)帰国
2017年9月17日(日)出発〜9月24日(日)帰国
(国際線の乗り継ぎ状況によっては、土曜日出発になる可能性もあります)

またこの日程以外で現地にて参加したい方、乗船するボートを探している方も、対応します。詳しくは、お問い合わせください。

Sun 04
トンガ・ホーエールスイムweek4 ボート3隻で海に出る
2016.09.04

_T5A2875k.jpg

week4は月曜日から土曜日まで開催。火曜日から金曜日までは3隻の船をチャーターして海に出る。

_1520416k.jpg

_1520427k.jpg

初日の月曜日は、快晴。自分は船上で指示を出し、岡田君が水中ガイド。スキッパーはアラン。

親子とエスコートに遭遇。親子でダブルブリーチングを見せてくれたり、ボートの目の前でブリーチングをしてくれたり、船上パフォーマンスも楽しめた。

_MG_3098k.jpg

_DSC5240k.jpg

2日目、火曜日は、越智、岡田、稲生がそれぞれガイドで3隻の船に乗り、クジラを探す。

昨日遭遇した親子に、南のリーフにある島影で遭遇。昨日とは違うエスコートが付いていた。かなり長い間リーフにとどまっていたが、別のオスが入ってきて、動き始めた。

_T5A2698k.jpg

20160830-_1610325k.jpg

_T5A2845k.jpg

このほかにも、浅い白砂のリーフにとどまる親子や、3頭のクジラが絡み合いながら一緒に泳いでいて、その中の2頭が止まって、ソングを歌っている珍しいシーンにも遭遇。

_DSC5297k.jpg

20160830-_1610361k.jpg

3日目、水曜日は雨と強い風、雷を伴った黒雲にに悩まされるが、昨日親子と泳いだ南のリーフ海域で別の親子とエスコートに遭遇して泳ぐ。チェックで自分だけ入ると、とどまっているのだけど、手を上げてみたが入ってくると、エスコートが親子をプッシュして移動させてしまい、泳力の無い人はなかなか接近するのが難しかったようだ。

_T5A2991k.jpg

4日目、木曜日。出だしは今年一番のべた凪と思いきや、親子とエスコートを見つけて一度エントリーして上がってきた時点で、風が出始めて、雲と霧雨に悩まされる。この子クジラは、左胸ビレをサメに噛まれたような跡がある小さな子クジラ。それにもかかわらず、お母さんからかなり離れて泳いで行ってしまう。好奇心旺盛でやんちゃな子。それ災いしてサメに噛まれてしまったのかもしれないけど、どうやら懲りてはいないようだ。またサメなどに襲われ無いように、大きくなるまではお母さんの側をなるべく離れ無いようにしないとね。

_T5A3040k.jpg

この親子とエスコートと泳いでる側で、ずっと海面に浮いてのんびりしてるペア、あるいは今年親離れしそうな親子に遭遇。そちらにトライしてみた。大きな方のクジラは好奇心があって、何度もこちらを振り返るのだけど、小さい方のクジラは、あまり乗り気では無いらしく、大きなクジラの方に付かず離れず付いて行く感じ。

_T5A3056k.jpg

_T5A3064k.jpg

その後、荒れ始めた外洋海域で、3頭の大人のクジラが連続でブリーチングしているのに遭遇。数隻のボートがついていたが、1頭が離れてまだブリーチングしていたので、そちらにトライ。何度か接近したり、水中からブリーチングする瞬間をみれたりしたが、さらに荒れている海域へと泳ぎ去っていくので、追跡を諦めた。

_T5A3096k.jpg

別のボートは別の親子に遭遇して泳ぐ。

_DSC5611k.jpg

5日目、金曜日。朝から親子とエスコートに遭遇。最初のエントリーで接近するとすぐに泳ぎ出してしまったが、あまり遠くに逃げるわけでも無いので、追跡して大人しくなるのを待つことにした。しかし、思わせぶりな泳ぎ方をするがなかなかとどまってくれない。

結局、前に落としてもらって、クジラと泳ぐパターンでの遭遇を繰り返した。

他のボートは、親子とエスコートが大接近してきて、かなり近くで泳ぐことができた。この親子は、昨日別のボートが一度遭遇しているのと同じ親子だった。

_DSC5786k.jpg

_DSC6024k.jpg

_DSC6148k.jpg

6日目の土曜日。ゲスト1名を残して岡田君と12名のゲストは帰国。3人で海に出る。天気はまあまあだが、さらに風が強まり、南側には行け無い状態。しかし、そちら側で15頭のヒートランに遭遇したと他のボートから無線連絡を受ける。泳げるのか訪ねたが、すでに船酔いしているゲストもいて、泳げていなという。多分、こちらの3名なら問題無く泳げたと思うのだけど、群れは、どんどん荒れた海域へと移動してくため、船が追いつけ無いと判断して諦める。

反転して北のエリアを捜索。シングルのクジラと泳いでいたら、他のボートが追跡していたペアと一緒になった。浅い砂地をゆったりと泳いでいる感じがとても幻想的だった。

20160903-_T5A3115k.jpg

20160903-_T5A3150k.jpg

20160903-_T5A3168k.jpg

week4に参加していただいた皆様。ありがとうございました。

_1520410k.jpg

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.10.09
越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください

2017年12月23日(土)、東京の渋谷で、毎年恒例となりました越智隆治スライドトークショーを開催いたします。 <昨年六本木で開催したスライドトークショーの様子> おかげさまで、毎年満員御礼(若干オーバーなためいつも狭くてすみません)のトークショー。今年は、大きな3面スクリーンのある会場で、1年間の撮影の様子をご報告します。 迫力のあるクジラから、癒しの海まで、海に包まれているような気持になれると思います。 食事スタイルは、半立食のブッフェ形式。 席が決まっていないので、いろんな方をお話しできるかと思います。 またせっかく海が大好きな人たちが集まりますので、「なにか青いもの」をご持参ください。洋服でも、靴でも、鞄でも小物でも、なんでも構いません。もしかしたら、いいことがあるかもしれません。 会の終盤には、お楽しみのプレゼントじゃんけんも開催予定です。 今年はどんなプレゼントか、お楽しみに。 満席になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご参加ご希望の方は、お早めにお申込ください。 皆さまのご参加、心よりお待ちしております! ■越智隆治スライドトークショー2017 ○日にち:2017年12月23日(土) ○会場:イベントスペース DAIA 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1 https://goo.gl/maps/Naoahs1V9PJ2 ○時間 17:00 受付開始 17:20 スタート 19:40 終了 20:00 完全退出 ※二次会の開催は予定していません ○参加費 7,000円 ※事前のお振込みをお願いしております ○お申込・お問い合わせ ochi@oceana.ne.jp 以下をご記入の上、ご連絡ください。 「件名:越智隆治スライドトークショー2017参加希望」 *お名前: *参加人数: *当日に連絡のつくお電話番号: ※担当者より詳細のご案内をさせていただきます

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com