スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Tue 09
今日から、2016年トンガホエールスイムスタート
2016.08.09

_29A4043k.jpg

昨日、アメリカから帰国して、今はトンガに向かう途中のオークランドの空港にいます。今日から、7週間、トンガでのホエールスイミングがスタートしました。現地からは、今年はクジラので始めるのが遅いという情報が入っていましたが、今現在は連年のように、ザトウクジラたちが、姿を見せてくれているようです。

今週の天気予報は、コンディションも良いらしいので、広範囲でクジラたちを探せるのではと期待しています。

_29A3371k.jpg

2016年も、週によっては、まだ受け入れが可能なので、ご興味のある方は、お問い合わせください。

また、2017年も同じく、お盆の週からシルバーウィークまでの7週間での開催を予定しています。

_29A4420k.jpg

2017年8月6日(日)出発〜8月13日(日)帰国
2017年8月13日(日)出発〜8月20日(日)帰国
2017年8月20日(日)出発〜8月27日(日)帰国
2017年8月27日(日)出発〜9月3日(日)帰国
2017年9月3日(日)出発〜9月10日(日)帰国
2017年9月10日(日)出発〜9月17日(日)帰国
2017年9月17日(日)出発〜9月24日(日)帰国
(国際線の乗り継ぎ状況によっては、土曜日出発になる可能性もあります)

詳しくは、お問い合わせください。

Wed 03
2016バハマドルフィンクルーズweek4 家族とハネムーンカップル乗船 Part2
2016.08.03

_T5A9972k.jpg

3日目、「イルカだよ!」という声で目がさめる。颯友につきあっておきていたので、朝食もスキップして眠っていた。しかし、起きたのだけど、イルカは姿を消してしまい、結局午前中はイルカに遭遇せずに終了。

ランチ休憩ではエルドラドというポイントに停泊して、ダイビング。コンク貝も沢山いたので、10個くらい捕まえた。

_T5A9894k.jpg
<ランチブレークで良く潜る、エルドラド>

_T5A9937k.jpg
<ハネムーンカップルもダイビングを楽しんだ>

4日目、朝早くから20頭以上の群れに遭遇して、2時間ほど泳ぐ。

_T5A0036k.jpg
<イルカたちと、海藻でパスキャッチも楽しんだ>

ランチ休憩では、またエルドラドに停泊して、ダイビング。初日にイルカと泳いだときに、かなりシーライスに刺された海友は、その後はクラゲやシーライスがいないか確認いてから海に入るようになっていた。2日目のダイビングはスキップしたけど、今日は一緒にダイビングも楽しんだ。今日でダイビング経験本数は16本になった。

_T5A0263k.jpg
<海友、16本目のダイビングは、バハマで>

_T5A0278k.jpg
<まだまだ経験が必要>

_T5A0265k.jpg
<海中のコンク貝に興味津々>

ダイビング後にまたイルカを捜索。なかなか見つからなかったが、7時過ぎに数十頭のイルカの群れに遭遇して、夕日が沈む8時過ぎギリギリまでイルカたちと泳ぎ続けた。この日もナイトドルフィンできるコンディションだったが、リピーターも多くて、あまりナイトドルフィンはしないので、大富豪などをして夜を過ごした。

_T5A0072k.jpg
<こんな巨大な海藻をつけてパスキャッチしようとするイルカも。しかし、あまりに重すぎて動けないでいたのがおかしかった>

_T5A0468k.jpg

イルカと泳げる最終日の5日目、朝10時過ぎにイルカを発見。エントリーするが、あまり遊びモードではなく、何度かトライしたが、ほとんど通過していくのみ。

ランチブレークでは、透明度の高い海に停泊してもらい、ハネムーンカップルの水中撮影や、船上撮影をした。海友と颯友も、透明度の高い海で、サンドダラー拾いを手伝ったり、巨大なヒトデで遊んだり、素潜りの練習をしたり、スクーターで遊んだりした。

_T5A0884k.jpg

_29A7905k.jpg

_T5A1025k.jpg
<水中スクーターの扱いにも慣れてきた海友。そのうち、イルカを誘導いてきてくれるようになるかもしれない>

_T5A0656k.jpg
<巨大にヒトデを手に大喜びの颯友>

_29A8068k.jpg
<トップデッキから何度も海に飛び込んだ颯友>

P1500396.JPG

_29A8109k.jpg

P1500402.JPG

GOPR0906k.jpg
<week4に参加していただいた皆様、ありがとうございました>

ちなみに、最近お子さんと参加したいというお問い合わせを多く頂きます。なので以下にお子さんと参加するときの条件を記載しておきます。

船長からの提案で、ご家族で参加の場合。7歳以上。母親か父親、いずれかの同伴は必ず必要になります。クルー以外に、常にお子さんをケアできるスタッフの乗船が必要となる場合があります。(両親でなく、父親か母親、片方しか参加されない場合など。この場合のスタッフへの支払いも、ご負担いただくことになります)。ご両親以外の親族が乗船する場合には、ご両親がこのクルーズにお子様が乗船することへの承諾書が必要となります。詳しくはご相談ください。

2017年度のバハマドルフィンクルーズ

2017年度も、スケジュールは確定していて、今年同様に、4週間チャーターしています。すでに、半数以上が埋まっていますので、ご興味のある方は、お早めにご連絡ください。
Week1 2017年6月10日(土)乗船〜16日(金)下船
Week2 2017年6月17日(土)乗船〜23日(金)下船
Week3 2017年7月15日(土)乗船〜21日(金)下船
Week4 2017年7月22日(土)乗船〜28日(金)下船
の計4週間です。

Sat 30
2016バハマドルフィンクルーズweek4 家族とハネムーンカップル乗船 Part1
2016.07.30

_T5A0128k.jpg

2016年バハマドルフィンクルーズweek4は、初バハマ体験の人が多かったweek3に比べて、1名を除いて全員がリピーター。

個人的には、3年ぶりに家族全員が乗船する特別な週でもあり、久しぶりにハネムーンカップルが乗船して、いろいろとイベントの多い週になった。

クルーにはケーキやシャンパン、生花などを用意してもらい、船のサロンを飾りつける風船やデコレーションなどを持ってきていた。

毎回、何日目にパーティーをするかで悩むのだけど、今回は、1週間海のコンディシィンが良い予報で、ナイトドルフィンもいつでも開催できそうだし、そうなると、通常ナイトドルフィンをしない初日が、キャプテンも休憩できていいんじゃないかという話になった。

ただ、できればせっかくだからイルカと泳げた後の方がいいので、もし、初日に泳げたら、初日に開催し、泳げなかったら、2日目以降にしようと伝えた。

結果、初日から、シャークベイトやお触りイルカのスクゥイーキー(仮名)と呼んでいる2〜3歳のメスのイルカたちと遭遇。息子たちをはじめ、参加者全員が初日からイルカに触れることができるくらいに、フレンドリーなイルカたちと泳ぐことができた。

_T5A9000k.jpg

_T5A8952k.jpg
<スクィーキーに触れるゲスト>

_T5A8924k.jpg
<スクィーキーと海友>

4X0A0642k.jpg
<スクィーキーと颯友>

_T5A8939k.jpg
<スクィーキーと妻。それに、続く、息子の海友と颯友>

初日からイルカと泳げたので、夕食後にはハネムーンパーティーを開催。キャプテンの娘のホリーと、僕の息子たちが、ハネムーンカップルをトップデッキに誘い、二人に星座を説明している間に、下のサロンでは皆で飾り付け。終了してから二人を呼んでパーティースタート。

_29A7510k.jpg
<トップデッキで、ハネムーンカップルを足止めする子供達>

_29A7444k.jpg
<その間に、船のサロン内を飾り付けする大人たち>

_29A7532k.jpg
<サロンの中に入ってきて、異変に気付き驚く二人>

_29A7670k.jpg
<ハネムーンカップルシートに座る二人>

_29A7553k.jpg
<子供たちと記念撮影>

_29A7630k.jpg
<乗船者全員で記念撮影>

_29A7753k.jpg
<ファーストバイトでお決まりの顔にケーキ>

有無も言わせず、「キス!キス!キス!」の大合唱。ケーキカットにファーストバイトなど、など、パーティーを予期してなかったという新婦さんの方は、思わず泣いてしまうくらい感動してくれた。12月に結婚式を予定しているのだけど、こんなにお祝いしてもらえたら、12月のキャンセルしてまたバハマに来たいです。と嬉しい冗談まで。

_29A7887k.jpg
<感動して涙ぐむシーンも>

_29A7897k.jpg
<しかし何故かその後に二人して氷水をぶっかけられる>

2日目も朝からイルカたちに遭遇。この日は1日中イルカと泳ぎ続けた。息子たちもこの日もイルカと泳いだが、シーライスに刺されやすい長男の海友の方は、身体中刺されて、ちょっと辛そうだった。

_T5A9480k.jpg
<イルカの群れに遭遇>

_T5A9507k.jpg
<イルカと泳ぐ、ハネムーンカップルの写真も撮影>

_T5A9208k.jpg
<イルカと泳ぐ長男の海友。シーライスに刺されて大変そうだった>

ランチ休憩では、ビミニロードに停泊。家族でシュノーケリングしているところを、ゲストの間生さんに撮影してもらった。

4X0A1850k.jpg
<家族4人で撮影してもらった、水中記念写真>

4X0A1452k.jpg
<海友は、クルーがイルカを誘導するときに使っている水中スクーターで遊びたいと、ランチ休憩中は、ずっと水中スクーターで遊んでいた>

4X0A1799k.jpg
<母親を後ろに引き連れて、潜行したりもしていた>

4X0A1690k.jpg
<僕の背中に乗って移動する颯友。やめて欲しいんだけど、せめて前向いて欲しい>

ナイトドルフィンも開催。暗い海を怖がると思ったが、クラゲなどに刺されるのが嫌な海友は船上から見ていたのだけど、颯友は積極的に海に入り、ナイトドルフィンを満喫していた。問題なのは、海友は、時差ぼけを上手く調整できていたのだけど、颯友の方は、まったく時差ぼけ調整などどうでも良い感じで遊びまくり朝3時になっても「寝られないんだよ」と言って、結局自分や途中で起きてきたゲストが付き合ってくれて、カードゲームして朝5時過ぎまで遊び続けた。

_T5A9678k.jpg <ナイトドルフィンを満喫した颯友>

_T5A9726k.jpg <ナイトドルフィンスイミングでイルカと泳ぐ>

_T5A9753k.jpg
<魚を捕獲したイルカ>


Mon 25
2016 バハマドルフィンクルーズweek3 アシスタント乗船したスタッフのリポートです
2016.07.25

スペシャルトリップのアシスタントの吉尾名菜実です。

IMG_8274.JPG

week3に乗って今回初日、船の上で初ブリーフィングをしました。
ゲストの皆さん眠たいのに寝ずに聞いていただきありがとうございました。

S__23445517k.jpg

1日目、初日からお触りイルカ、スクラッチの群れと遭遇

Sat 23
2016バハマドルフィンクルーズweek3  初日からスクラッチ登場
2016.07.23

_MG_2193k.jpg
<初日から、イルカたちと戯れるゲスト>

初日、東風が強く吹く中、廃墟になった灯台のある、グレートアイザック島とビミニ諸島の間に海域で、10頭ほどのイルカの群れ遭遇。エントリーしてみると、スクラッチや、ハヤトなどの見慣れたイルカたちのグループだった。

_MG_2163k.jpg
<左一番下がHAYATO、右一番手前がスクラッチ>

初日の最初のエントリーからスクラッチに遭遇。しかも、この日はとても機嫌がよさそうで泳いでる皆に体をぴったりくっつけて泳いでいるシーンを何度も目撃した。

自分も何度か触ってみた。片手を優しく肌に巻きつけると、スクラッチは、自ら肌を寄せてくる。おまけに、最後には頭の上に乗っかってきて、上に浮上するのを邪魔してるようなイタズラまでしてくる始末。

_MG_2205k.jpg
<ゲストと接近して泳ぐスクラッチ。まるでキスしてるみたい>

_MG_2176k.jpg
<スクラッチを優しく撫でるゲスト>

ほとんどのイルカが手を出して触ろうとすると、嫌がって逃げてしまう中、このスクラッチの他ほんの数頭だけが、人に触られることを好む。過去からの歴代のお触りイルカは、シャークベイト、その妹のダービー、ロビン、シーダー、ブラフ、エヴァなど、その全てが、子供を産む前の若いメスだった(子供を産んでからは、触られることを好まなくなった)が、スクラッチは珍しく、オスのタイセイヨウマダライルカ。もしかしたら、上にあげたメスたちの中の誰かの子供かもしれない。

_29A7163kk.jpg

子供を産むという機会の無いスクラッチが、一体いつまでこういう行動を取ってくれるのかは、気になるところだ。最初にスクラッチに会ったのは、確か2011年。ホワイトサンドリッジにイルカたちがいた頃だ。その頃は、まだ身体にマダラは少なくて、やんちゃな男の子という感じだったが、多分6〜7歳になっているスクラッチの身体には、かなりマダラも増えてきて、やんちゃな子供というよりは、成人した大人の雰囲気も出てきて、たくましさも感じる。

その後も、他の群れに遭遇して、海藻のパスキャッチをしたりと、初日からイルカたちと遊べた。今週は、初めてバハマに来た人が多い(11人中7人がバハマ初参加)週で、中にはあまり泳げない人も、「水面に浮いてるだけで、イルカの方が寄ってきてくれてすごく嬉しかった」と喜んでいた。

2日目は、風が強く、広範囲にイルカを探せず、結局見つからず終了。昼はビミニロードに停泊。

_T5A7763k.jpg
<石畳を敷いたような地形は、アトランティス大陸の一部だと言われている、海底遺跡でもある>

3日目もまだ東からの風が弱まらず、外洋近くの海はかなり波は高かった。そんな状態で、40頭ほどのイルカの群れに遭遇し、何度かエントリーしてみた。しかし、まったく遊びモードではなくて、スクラッチや新しいお触りイルカ、その他、顔なじみ(?)のイルカたちも多く見かけたが、ただ通過していく感じ。

_T5A7886k.jpg

_T5A7959k.jpg

昼も東からの風を避け、かつ、コンクかサンドダラーのありそうなところで停泊してほしいとリクエストして停泊したが、コンクもサンドダラーもまったく見つからなかった。その代わり、小さめのナースシャーク、タイマイ、何匹ものロブスターがサンゴの陰に隠れているのを発見。

_T5A8010k.jpg

_29A7202k.jpg
<シールTATOOを貼って記念撮影するゲストたち>

2日目に遭遇ゼロで3日目午前中も、40頭以上の群れには遭遇したものの、皆波乗りに夢中。あまりぱっとしない遭遇だったが、午後には午前中に遭遇した同じ群れに再度別の海域で遭遇。午後には遊びモードになったイルカたちと、遊ぶことができた。

_T5A8135k.jpg

_T5A8155k.jpg

4日目、風がかなり収まってきていたので、透明度の高い砂地の外洋エリアを捜索。フレンドリーな子イルカたちに遭遇して、11時まで泳ぎ続けた。

_T5A8210k.jpg
<透明度が高いので、遠くにいる人やイルカもはっきり見える>

_T5A8218k.jpg

_T5A8325k.jpg

_T5A8386k.jpg

_T5A8415k.jpg

_T5A8461k.jpg

_T5A8294k.jpg

ランチ休憩では、エルドラドというダイビングポイントで、ダイビング。午後からは、午前中より若干透明度は落ちたものの、40頭ほどのイルカの群れに遭遇。最初はかなりゆったり泳ぐことができた。後半は、移動が多くなり、追いつくのに苦労した。

_T5A8680k.jpg

_T5A8671k.jpg

_T5A8681k.jpg

夜には、今年からマサチューセッツのカレッジに行くことになったクルーのローリーの誕生日を祝い、ナイトドルフィンスイミングを行った、10数頭のイルカたちが捕食に姿を見せていた。

_29A7210k.jpg

最終日の5日目、朝は雲が空を覆い、雨が降り、雷もなっていたけど、week3の中では一番海は穏やかになった。午前中はイルカに遭遇できず、午後から透明度の高いエリアでイルカたちに遭遇。最後はバンドウイルカたちが捕食しているシーンに遭遇して終了した。

_T5A8782k.jpg
<捕食中のミナミハンドウイルカ>

P1500058k.jpg

Week3に参加してくださった皆様、ありがとうございました。
また是非参加してくださいね。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.11.12
奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します 奄美ホエールスイムを開催します

2018年1月20日から、24日までの5日間、奄美大島でボートをチャーターしてホエールスイムを開催することにしました。 前回のオーシャナによる、奄美のホエールスイムリサーチの記事 https://oceana.ne.jp/series/奄美大島ホエールリサーチ 船は、奄美マリンスポーツでチャーターして、オーナーの才さんが操船を行います。1日10人まで募集。 宿泊先は、ゼログラビティの清水ヴィラとゼロ古仁屋クラブハウスを予定しています。乗船は、1日5~6時間続けて海に出ます。ですので、乗船を希望される場合には、帰路の飛行機は、基本的には、翌日のフライトをご利用いただくことになると思います。 <ダイビングプールもあり、ビーチが目の前のゼログラビティ清水ヴィラ> <ゼログラヴィティ清水ヴィラ> <ゼロ古仁屋クラブハウス:4人部屋> <ゼロ古仁屋クラブハウス:共有リビング。自炊可能> <サンプルスケジュール> 全日程参加の場合 <1月19日(金)>  奄美大島着  古仁屋まで、空港からレンタカーで現地乗り捨てで約4500円 タクシーであれば、片道約18000円 にて、古仁屋、あるいは清水ヴィラまで来てもらいます。この料金は、ご自分でご負担いただきます。予約などに関しては、こちらで対応は可能です。 古仁屋クラブハウスか、清水ヴィラ宿泊。 <1月20日(土)〜24日(水)> 朝、どの港から出るかを確認して、送迎車にて、移動。 ホーエルスイム 5〜6時間 9時出港予定で、15時くらいまで。もし、クジラがよければ、時間延長しますが延長料金をいただくことになります。(注意:ホーエルスイム後のフライトで帰るのは難しいと思います) 1日の乗船料金は、土日が22000円、平日は20000円を予定しています。 宿泊料金は、古仁屋クラブハウスが1泊素泊り3500円から。清水ヴィラが、朝食付きで、10000円、ペア15000円。2F 2段ベッド部屋2名で12000円 <1月25日(木)> 古仁屋、または清水より、レンタカー、またはタクシーで空港へ 夜は、古仁屋で食事、あるいは、清水ヴィラでバーベキューなども可能。 船上でのランチは、移動途中のコンビニなどで購入します。 途中参加など、全日程参加でない場合もお問い合わせください。 調整はしてみます 詳しいスケジュールや宿泊先、船、料金に関しては、お問い合わせください。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com