スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

Fri 13
2003バハマドルフィンクルーズ・2NDクルーズ:サメ好きジョニーの巻7
2003.06.13

613group2.jpg

2003/6/13(金)WPBのリビエラビーチマリーナで下船、2ndクルーズも無事終了した。ジョニーはこの日、歯医者さんの予約を入れていたそうだ。13日の金曜日なのに..。

Thu 12
2003バハマドルフィンクルーズ・3RDクルーズ:ウー家、いつでも全力投球の巻2
2003.06.12

616tonyphoto.jpg

2003/6/16 (月)今日もめちゃくちゃイルカに会った。午後1時過頃から5時半くらいまで、多少の休息を挟みながら泳ぎ続けた。船を停泊させてサンドダラー拾いしている時にもイルカがやってきてそのままドルフィンスイミングに変更。かなり愛嬌のあるイルカたちと延々泳ぎ続けて、2日目にして皆かなりの満足状態。今日も、疲れてイルカが出ても入らない人もいた。今週、僕はビデオ撮影に集中しているので、デジカメ写真はゲストの皆から提供してもらっています。イルカの話しはこれでおしまい。で、『今日のウー家』 photo by Tony (Panasonic F1) 

Thu 12
2003バハマドルフィンクルーズ・2NDクルーズ:サメ好きジョニーの巻6
2003.06.12

612star.jpg

2003/6/12(木)船は朝7時過ぎに動き出した。今日、この海域でドルフィンクルーズを行っているのは、他に2隻だけ。ホワイトサンドリッジに向かおうと思ったが、波が高かったため、結局午前中は南でイルカを探した。10時頃イルカの群れを発見、波乗りを楽しんではいたものの、結構長い間遊んでくれた。僕は今日は海には入らず、船の上でクルーのアシストをしたり、ゲストが海から船に上がるのを手伝ったりしていた。今回のクルーズ中、一度もイルカと泳がなかったジョニーだが、皆が泳いでる近くで小さなサメが泳いでるのを発見するやいなや、マスクとフィンをつけて海に飛び込んだ。でもサメを追いかけるのかと思ったら気がついたら彼は夢中でイルカと泳いでいた。何だかんだ言ってイルカ好きなんだなと思ったのだが、後で聞いたら、「イルカについているコバンザメを見ていたのさ」と言っていた。やっぱりおかしな人だ。

Wed 11
2003バハマドルフィンクルーズ・2NDクルーズ:サメ好きジョニーの巻5
2003.06.11

611mure3.jpg

2003/6/11 (水)朝目が覚めて外に出ると、周囲には5隻の船が停泊していた。今日も早めにイルカを探しはじめる。で、8時過ぎにはイルカを見つけてしまった。ほとんどのゲストにとっては、まさに見つけてしまったって感じ。昨日の疲労も取れないまま、イルカと泳ぐのは結構辛かったりする。それに昨日ようなベタ凪ではなく、今日は多少波がある。

Tue 10
2003バハマドルフィンクルーズ・2NDクルーズ:サメ好きジョニーの巻4
2003.06.10

610mari4.jpg

2003/6/10(火)皆が起きる前からボートは動き始めた。外に出てみると、海は凪で雲は多少あるものの、青空が広がっていた。今日みたいな日はイルカを見つけやすい。7時過ぎに朝食を食べようとした時には早速遊び好きのマダライルカたちがやってきた。ケイコ(1983年生まれ)やシャークバイト(1989年生まれ)など、顔馴染みのイルカたちも姿を見せてくれた。ついでにバンドウイルカも数頭やってきた。完全なべた凪がかなりの長時間続き、僕とセンさんは、泳いでいるどころではなくなった。こんな時はとにかくバウ(船首)からべた凪の海とイルカたちを撮影した方が良い。センさんはここぞとばかりにバシバシ写真を撮りまくっていた。ほかのゲストの人たちもセンさんの勢いにつられて写真を撮っていたため、ほとんどフィルムを使い果たしてしまった。まだ2日あるというに...。バウでは、遊び盛りの子イルカ2頭(1頭はケイコの子供のブロッサムだと思う)がはしゃぎながら面白いパフォーマンスを見せて僕達を喜ばせてくれた。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.08.04
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

御蔵島。今シーズン最後の追加日程のご連絡です。新たに3日程を追加しました。 今満席のところも、空席が出たら、ご報告します。どこかで、僕も参加するかもしれません。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 終了 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 終了 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 終了 ■8月25日(金)〜8月27日(日):満席 ■9月1日 (金)〜9月3日(日):満席 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):満席 ■10月20日(金) 〜10月22日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 ■11月3日(金)〜11月5日(日):新スケジュール ■11月10日(金)〜11月12日(日):新スケジュール 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com