スペシャルトリップ

  • スペシャルトリップ一覧
  • スペシャルトリップ最新情報
  • 参加者の声
  • よくあるご質問
  • 手続きの流れ
  • お問い合わせ・仮申込み

スペシャルトリップブログ

The Bahamas Tiger shark Cruise

Sun 03
2017トンガ・ホーエルスイムWeek4 ヒートランとクレージーホエール
2017.09.03

20170830-_B6A2242k.jpg

1日目(17日目)8/28 快晴、風強い

岡田(越智)
午前中は、なかなか泳げるクジラが見つからなかった。
11:30分頃、ファネオネオネ島の北で、ストライカがついていた親子(No26)と1度だけ泳ぐ。止まらなかった。

1組目_DSC4492k.jpg

1組目_DSC4503k.jpg

その後、MUOMUA島の東で、泳げている親子(No15)とエスコートにエントリー。写真で確認したところ、Week3の2日目(13日目)8/22に遭遇したカイト親子だった。6日振りの再会。

20170828-_B6A1968k.jpg
<13日目に遭遇した、ハヤト親子(No15)にエスコートがついていた>

2組目_DSC4540k.jpg

最後は、チャネルのコーラルガーデン近くで、親子(No27)と泳ぐ。子クジラの性別は不明。お母さんがやたら、白い斑点が多いので、「粉雪」と命名。

3組目_DSC4598k.jpg

3組目_DSC4581k.jpg

稲生
親子No26と泳ぐ

2日目(18日目) 快晴、北東の風かなり強い

越智
最初に、サブマリンロックエリアで、クジラを探すが、水中で見られるクジラがいなくて、マレスキングと一緒にヒートランに入る。親子(No28)。子クジラの性別は不明。

20170829-_B6A1996k.jpg

20170829-_B6A2059k.jpg

岡田
エウワカファ島近くで、ルルタヒが泳いでいた親子についたヒートランを譲ってもらい、MOUNU島とエウワカファ島の間の浅いリーフで、何度か泳ぐ。親子No28

稲生
色々探し回ったが、なかなか泳げるクジラがいなくて、最後にタルンガ島の東の透明度の悪いエリアで、ヒートランと泳ぐ。親子(No28)

20170829-_MG_8531k.jpg

20170829-_MG_8575k.jpg

3日目(19日目) 快晴、北東の風かなり強い

越智

MOUNU島の南のリーフでシンガー。しかし、透明度が悪く、歌だけ聴いていた。OVAKA島の南と、さらに南、ファネオネオネの南で2隻が親子とエスコートを見つけて、両方にスタンバイ。最初にシースケープの持っていた親子とエスコートの方に向かうが、海が荒れているのと、動き出したので、OVAKA島の親子(No29)の方へ。こちらも、あまり近くには寄れなくて、遠目に見れただけ。面白かったのは、子クジラが移動するときに、母クジラの背中で、お腹を上にして、両胸ビレを広げて、移動していくところ。飛行機のように見えるとスキッパーに説明したら、貼り付けになったイエスみたいだねというので、はっきり個体識別はできないが、「ジーザス」と命名。

20170830-_B6A2105k.jpg
<母親の背中の上で、お腹を上にして、両胸ビレを広げて、リラックスして泳ぎ続けていた「ジーザス」>

その後、人を追いかけてくるクレージーホエールペアの順番待ちをしてエントリー。人を追いかけ回していたのは、オス。中には、ウエットスーツの上から、胸ビレに付着しているフジツボのような生物で引っかかれて、ウエットスーツが切れて、足を傷つけられてしまった人もいたらしい。今までもこういうクジラには、年に1〜2回遭遇していたが、今回の個体は今まででも特に攻撃的な個体だった。

20170830-_B6A2166k.jpg

20170830-_B6A2136k.jpg

20170830-_B6A2343k.jpg

岡田
ルアモコ島近くで、クレイジーホエールの順番待ちをして泳ぐ。

_NO91962k.jpg

稲生
ルアモコ島近くで、クレージホエールの順番待ちをして泳ぐ

20170830-_MG_8656k.jpg

4日目(20日目)快晴、北東の風強い

越智
ホワイトパッチで、ペアと泳いでいた、ウィンシクルと、シングルと泳いでいたラビニュエラのクジラが一緒になり、最初は3頭と泳いでいたが、またシングルとペアに別れる。
途中までシングルについていたが、その後、ドリームキャッチャーが泳ぎ終わり、ペアをノーバナナとシェア。2度目のエントリーで潜ると、落ち着いていた方が急に浮上して、ブリーチングを何度かするのが、海中からみれた。

20170831-_B6A2464k.jpg

岡田

シングルを追跡するも、入水できず。泳げずにスワローズケーブへ。

稲生

HUNGA島の外洋のかなり沖合で、親子(No30)とオス3頭のヒートランにエントリー。一度は、5頭が止まってくれて、撮影ができた。

20170831-_MG_8897k.jpg

20170831-_MG_8837k.jpg
<バブルにまみれながら撮影をする、ゲスト>

20170831-_MG_8813k.jpg
<親子No30とヒートラン>

5日目(21日目) 快晴、北東の風かなり強い

越智
ファトマンガ島の南東で、マッコウクジラの群れがいるとウィンシクルから連絡を受けて、そちらに向かう。海に入ると、捕食時のクリック音が聞こえた。すぐに、数頭がばらけて浮上してきた。スリランカでのアプローチの仕方を説明して見たが、クルーの方が興奮していて、なかなか撮影できる距離まで近寄るのが難しかった。

20170325-_I9A4772k.jpg

マッコウがババウの近海にいることは知っていたけど、通常は、東側にある、トンガントレンチという海溝に生息していて、海が穏やかになる時期にしか捜索にいけないと聞いていた。今回マッコウの群れが姿を見せたのは、ババウの西側に北から南に切れ込まれた、水深400mほどのバンクに沿って、捕食を行っていたようだ。

トンガでマッコウに遭遇したのは、15年間で初めて。

その後、マニニタの北側の透明度の悪い、エリアで、17日目に遭遇した「粉雪」親子27と泳ぐ。5日ぶりの再会。子クジラの性別は、不明。

20170901-_B6A2611 2kk.jpg

20170901-_B6A2622k.jpg

岡田
ファトマンガ島のかなり南で、3頭のクジラとイルカが一緒に泳いでいるのを見るが、水中ではあまり泳げなかった。オキゴンドウ、オーシャニックホワイトチップなどにも遭遇。

稲生
ファトマンガの沖で、マッコウクジラと泳ぐ

6日目(22日目)快晴、風はゆるい

稲生
この日もあまりクジラは見つからず、HUNGA島の外側で、ココペレから譲ってもらい、1頭と泳ぐ。その後、隣にブローが見えたので、エントリーすると、ペアだったので、そちらにトライ。

今週もハネムーンカップルがいたので、お祝いのフラワーと、ワイン、それにマッコウクジラの骨で作ったテールのネックレスをプレゼント。

_NO61166.jpg
<Happy Honeymoon!>

_NO61173.jpg

_NO61201.jpg
その翌日には、自分とゲストのハルミさんの1日早いバースデーのお祝い。

_NO61206.jpg
<全く同じ日に生まれた、二人です。僕の方が4時間ほど早い?>

今週は、とまっている親子がなかなかいなくて、かろうじて個体識別撮影できた親子は5組。苦労したけど、ヒートランやクレージーホエール、マッコウクジラなど、また違ったクジラたちの生態に遭遇できました。Week4に参加していただいたみなさま、ありがとうございました。

2018年度のトンガ・ホエールスイムは、以下のスケジュールを予定しています。
ご興味のある方はお問い合わせください。
week1 2018年8月4日(日)〜8月12日(日)
week2 2018年8月11日(日)〜8月19日(日)
week3 2018年8月18日(日)〜8月26日(日)
week4 2018年8月25日(日)〜9月2日(日)
week5 2018年9月1日(日)〜9月9日(日)
week6 2018年9月8日(日)〜9月16日(日)
week7 2018年9月15日(日)〜9月23日(日)
week8 2018年9月22日(日)〜9月30日(日)


Tue 14
2017・タイガー&グレートハンマーヘッド・クルーズ Part2 タイガービーチ
2017.03.14

20170310-_I9A3967k.jpg
<2017年は、最高7匹が一度に姿を見せた、タイガーシャーク>

ハンマーヘッドシャークポイントでのグレートハンマーとのダイビングを楽しんだ後は、12時間かけて、北のタイガービーチへと移動した。

タイガービーチのメインポイントであるフィッシュテールは、水深9m〜11mの綺麗な砂地に、点々と綺麗な緑の草原のような海草のエリアとサンゴのリーフが広がる。

20170308-029A6846k.jpg
<草原のような緑が広がる海草のエリアを泳ぐタイガーシャークたち>

20170309-_I9A2668k.jpg
<砂地を悠然と泳ぐタイガーシャーク>

そこに、カリビアンリーフシャーク、レモンシャークが行き交う中で一際巨大な体躯をしたタイガーシャークが、悠然と姿を見せる。

2011年から毎年訪れているタイガービーチ。初めて訪れた時には、ダイビングデッキに群れるレモンシャークの大群に圧倒され、「え?ここからエントリーするの?」と正直、一瞬怯んだ。

20170310-_60A1030k.jpg
<エントリーする、ダイビングのバックデッキにはレモンシャークが群がっている>

もともと、あまりサメは好きではなかった。イルカやクジラの撮影をしていると、素潜り中たまに、サメに遭遇することがあり、そんな時に、同じように、怯んだりしないようにしたいという思いから、このサメのクルーズを経験してみようと思ったことを、この時に少し後悔した。

オーバーウェイトで、装備を身につけ、エントリーするとすぐに海底へと着地すると、すぐに警戒して、360度を何度も見回した。ノーケージで初めてタイガーシャークに遭遇し、カメラのポートにぶつかるくらいに接近された時も、心臓がバクバク言っていたのを今でも覚えている。

しかし、今ではそんな状況にも慣れた。群れるレモンシャークたちは、餌を投げ込むとすぐに反応して食べる為に群がるけど、ダイバーがエントリーしても群がってくることはないことも、何度も経験して学び、安心してエントリーできるようになった。

タイガーがこちらに向かって泳いできても、どう対処すればいいか、わかるようになった。それどころか、タイガーに向かっていき、構図を考えて撮影するのが、当たり前にできるようになった。

20170310-_I9A3947k.jpg
<タイガーシャークのフィーディングシーン。意外に奥ゆかしくて、あまり豪快に口を開いてはくれない>

20170309-_I9A2705k.jpg
<タイガーを回転させるフィーダー。経験と慣れが必要だ>

それは、何年も目前でサメたちに対峙してきたからに他ならない。このクルーズに乗船してからは、素潜りで、イルカクジラを撮影しているときに、突然、タイガーシャークやグレートハンマーヘッドシャーク、オーシャニックホワイトチップシャークに遭遇しても、あまり驚かず、冷静に対応したり、逆に追いかけて撮影するのがかなり平気になった。

とはいえ、やはり野生の生き物。自分が経験してきた、彼らの行動からは予想外の動きをすることもある。そのことは肝に命じて、今でも彼らに対峙するようにしている。

今回、最高で7匹のタイガーシャークが同時に姿を見せた。

20170309-_I9A2943k.jpg
<タイガーの他にも、レモンやカリビアンリーフシャーク、ブルシャークがフィーダーに近寄ってくる。全部を裁くのは大変だ>

2018年もタイガー&グレートハンマーシャーククルーズを開催します。
前回の記事で、募集していた2018年度のクルーズは、今のところ満席になっています。キャンセル待ちか、2019年度の募集になります。

2018年も同じ行程で、タイガーシャーク&グレートハンマーヘッドシャーククルーズを開催します。すでに仮予約されてる方もいますので、すぐに満席になる可能性はありますが、スケジュールは以下になります。
日程 日本発着3月5日(月)日本発3月16日(金)日本着の12日間。
クルーズ乗船は、3月6日(火)~3月14日(水)の9日間。
現地費用は追って、ご連絡します。
ご興味のある方は、お問い合わせください。
このクルーズで見れるサメ達

20170309-_I9A2638k.jpg
<タイガーシャーク(イタチザメ):このクルーズのメイン。北の横綱。多い時には、一度に10匹近くが姿を見せることもある。自分の過去最高は8匹。2017年は7匹が一度に姿を見せた>

20170306-1I9A0093k.jpg
<グレートハンマーヘッドシャーク(ヒラシュモクザメ):南の横綱。2017年からグレートハンマーヘッドシャークがぶつかるほど間近で見れるポイントでもダイビングすることになり、遭遇確率はほぼ100%に上がった。今回、一度に姿を見せた最高数は5匹>

20170308-_I9A1403k.jpg
<ブルシャーク(オオメジロザメ):他の海では横綱クラスのサメだけど、タイガーとグレーとハンマーがメインなので、ここでは大関クラスといった感じ。しかし、ドラム缶の様な体高は迫力がある。タイガーやグレートハンマーほど寄ってこないが、多い時には、5~6匹が周囲を徘徊している。去年まではタイガービーチでは全く見たことが無かったが、今年はかなり個体数が多かった。ハンマーヘッドのポイントでも見られる>

20170310-_I9A3635k.jpg
<レモンシャーク(レモンザメ):タイガービーチに到着すると、船のバックデッキに群がってくるくらい個体数が多い。最初見た時は、「え、ここにエントリーするの?」と一瞬ビビるかもしれない。数の多さから考えると関脇クラス。タイガーが姿を見せない時には、砂地に止まっているレモンシャーク観察や撮影ができるので、暇になることはない。太平洋で見られるレモンザメとは若干違うため、区別して、ニシレモンザメと呼ばれる>

20170308-_I9A2016k.jpg
<カリビアンリーフシャーク(ペレスメジロザメ):こちらも、タイガービーチのフィッシュテールというポイントでは、多く見られる。日本では見ることができない。他のサメに比べて小型だが、流線型の美しい体型は、個人的にはこのクルーズで見れるサメの中で一番好きなので、目の前に近寄ってくるとつい撮影してしまう。レモンと並んで関脇クラスか>

20170307-_I9A1059k.jpg
<ナースシャーク(コモリザメ):ドルフィンクルーズの時に、ミナミハンドウイルカが捕食しているところに、よくついて泳いでいるのを見かける。温厚なサメだが、餌に対する執着心は強い感じ。タイガービーチでの個体数は少ないが、ハンマーのポイントではかなりの個体数を見ることができる。オオテンジクザメに似てるが、ムナビレの形が違う。基本大西洋に分布するサメ。一応、小結クラス?>

Sun 12
2017・タイガー&グレートハンマーヘッド・ダイビングクルーズ  Part1 グレートハンマーヘッドシャークポイント
2017.03.12

20170306-1I9A0161k.jpg
<カメラにぶつかってくるくらい超接近可能なグレートハンマーヘッドシャーク>

昨年まで、バハマのタイガービーチでのタイガーシャークダイビングがメインだったクルーズ。それでも、タイガーシャークの他に、レモンシャーク、カリビアンリーフシャーク、ナースシャーク、それに、可能性はフィフティ、フィフティだが、グレートハンマーも狙える、欧米人ダイバーを中心に、人気のクルーズだった。

20170310-_I9A3876k.jpg
<綺麗な砂地に姿を見せるタイガーシャーク>

しかし!今年からは、7日間のクルーズ日程を9日間に増やして、より確実に、より近距離でグレートハンマーヘッドシャークに会えるポイントにも行くことになり、クルーズの売りが、タイガーシャークとグレートハンマーヘッドシャークの南北横綱(ポイント的に西と東ではなくて、南と北だから。ちなみに、北がタイガー、南がグレートハンマー)の2本立てになった。

今回は、天候の問題もあり、まず先にグレートハンマーヘッドシャークが見られる海域へ。「前の週では、2匹ほどしか見られなかったから、今週はどうかな」と船長が不安がる中、クルーがフィーディング用の餌箱を持って潜るのに付いてエントリーした。すでにグレートハンマー2〜3匹が海中でウロウロ。おまけに、3匹ほどのブルシャークに、10数匹の巨大な(と言っても、ブルとグレートハンマーがいるから小さく見える)ナースシャーク。

20170307-1I9A0691-2k.jpg
<グレートハンマーと比較すると、かなり大きなナースシャークが小型に見える>

ブルシャークなんか、ドラム缶の様に、ぶっとくて威風堂々としていた。他の海で遭遇したら、大騒ぎになりそうだけど、ここでは、あくまで2横綱と比較すると、「おまけ」でしかない。「おまけ」と言うのは言い過ぎだけど、まあ大関クラスと言ったところだ。

20170308-_I9A1357k.jpg
<ドラム缶の様に太いブルシャーク>

餌付けには賛否両論あるが、餌付けをしなければ、これほど近くでサメたちを見るのは難しい。サメが考えているほど危険な生物ではない、ということを知る良い機会でもあるのかもしれないと思っている。

ハンマーのポイントでの餌付けでは、ナースシャークたちが、餌箱の前に群がってくる。海底がキメの細かい砂なので、彼らが「ご飯ちょうだい!ちょうだい!僕らにもちょうだい!」と駄々をこねだすと、写真の様に、あっという間に砂が巻き上がり、撮影に支障をきたす。

20170307-1I9A0635-2k.jpg
<ハンマーたちも、ナースシャークに邪魔されて、なかなか餌箱とフィーダーに近くことができないこともある>

まあ、餌をもらえるのは、グレートハンマーヘッドシャークだけなので、あんなに欲しがってるのに、ちょっと可哀想でもあるけど、餌の数にも限界があるのでしょうがないのかも。

20170307-_I9A1145k.jpg
<フィーダーは、着底体勢を維持しなければいけないので、多少オーバーウェイ気味なのを除けば、普通のダイビングの装備。ゲストダイバーも同様>

ブルシャークも餌はもらえないからか、少し警戒心が強いからか、そんなに近寄っては来ない(とは言っても、他の海で見られるブルよりは全然近寄れるけど)。

20170307-029A6463k.jpg
<ブルシャークは少し警戒気味に近寄ってくる。わざと目をそらすと、すぐにこちらの様子を伺いに接近してくるところなんかは、昔のタイガーたちみたい(今のタイガービーチにいるタイガーたちは、かなり人馴れしてきている)>

十分にグレートハンマーヘッドシャークを堪能した後は、タイガーシャークが待つ、タイガービーチへと移動した。

続く

2018年も同じ行程で、タイガーシャーク&グレートハンマーヘッドシャーククルーズを開催します。すでに仮予約されてる方もいますので、すぐに満席になる可能性はありますが、スケジュールは以下になります。

日程 日本発着3月5日(月)日本発3月16日(金)日本着の12日間。
クルーズ乗船は、3月6日(火)〜3月14日(水)の9日間。
現地費用は追って、ご連絡します。
ご興味のある方は、お問い合わせください。

このクルーズで見れるサメ達

20170309-_I9A2638k.jpg
<タイガーシャーク(イタチザメ):このクルーズのメイン。北の横綱。多い時には、一度に10匹近くが姿を見せることもある。自分の過去最高は8匹。2017年は7匹が一度に姿を見せた>

20170306-1I9A0093k.jpg
<グレートハンマーヘッドシャーク(ヒラシュモクザメ):南の横綱。2017年からグレートハンマーヘッドシャークがぶつかるほど間近で見れるポイントでもダイビングすることになり、遭遇確率はほぼ100%に上がった。今回、一度に姿を見せた最高数は5匹>

20170308-_I9A1403k.jpg
<ブルシャーク(オオメジロザメ):他の海では横綱クラスのサメだけど、タイガーとグレーとハンマーがメインなので、ここでは大関クラスといった感じ。しかし、ドラム缶の様な体高は迫力がある。タイガーやグレートハンマーほど寄ってこないが、多い時には、5〜6匹が周囲を徘徊している。去年まではタイガービーチでは全く見たことが無かったが、今年はかなり個体数が多かった。ハンマーヘッドのポイントでも見られる>

20170310-_I9A3635k.jpg
<レモンシャーク(レモンザメ):タイガービーチに到着すると、船のバックデッキに群がってくるくらい個体数が多い。最初見た時は、「え、ここにエントリーするの?」と一瞬ビビるかもしれない。数の多さから考えると関脇クラス。タイガーが姿を見せない時には、砂地に止まっているレモンシャーク観察や撮影ができるので、暇になることはない。太平洋で見られるレモンザメとは若干違うため、区別して、ニシレモンザメと呼ばれる>

20170308-_I9A2016k.jpg
<カリビアンリーフシャーク(ペレスメジロザメ):こちらも、タイガービーチのフィッシュテールというポイントでは、多く見られる。日本では見ることができない。他のサメに比べて小型だが、流線型の美しい体型は、個人的にはこのクルーズで見れるサメの中で一番好きなので、目の前に近寄ってくるとつい撮影してしまう。レモンと並んで関脇クラスか>

20170307-_I9A1059k.jpg
<ナースシャーク(コモリザメ):ドルフィンクルーズの時に、ミナミハンドウイルカが捕食しているところに、よくついて泳いでいるのを見かける。温厚なサメだが、餌に対する執着心は強い感じ。タイガービーチでの個体数は少ないが、ハンマーのポイントではかなりの個体数を見ることができる。オオテンジクザメに似てるが、ムナビレの形が違う。基本大西洋に分布するサメ。一応、小結クラス?>

Tue 28
明日、バハマでのタイガーシャーク&グレートハンマーヘッドシャーククルーズへ
2017.02.28

_60A9150k.jpg

明日、バハマへ向かい、タイガーシャーク&グレートハンマーヘッドシャークのノーケージダイビングクルーズに乗船します。昨年までは、1週間のクルーズだったけど、より遭遇確率の高いエリアを回るため、9日間のクルーズ。その間、wifiがつながらなくなる。

今年はどんな写真を撮影しようかな。

ちなみに、すでに、2018年のクルーズ日程もほぼ確定しています。ご興味のある方はお問い合わせください。

Sat 12
2016年バハマ・タイガーシャーククルーズ part1 餌付けにも挑戦
2016.03.12

_60A8050k.jpg

今年もバハマでの、タイガーシャーククルーズを開催、無事終了してフロリダのウエストパームビーチに戻ってきた。

ダイビング初日は、タイガービーチのアンカーチェーンに停泊。ここは水深6m
ほどのフラットな砂地の海底が広がっている。もちろん、タイガーシャークも出るポイントではあるのだけど、初日はフィーディングなどしないで、ここでチェックダイブや機材、ウエイトの調整などを行った。

チェックダイブと言っても、アンカーすると同時に、餌の入ったボックスを海中に落とすので、あっというまに、ダイビングデッキの周囲には、沢山のレモンシャークが集まってくる。

_29A8559k.jpg

初日は、30匹近い、レモンシャークたちと戯れるダイビング。

2日目は、タイガービーチのフィッシュテールというポイントに移動して、クルーによるフィーディングをスタート。ボートのエントリー&エキジットポイントには、レモンシャークに加えて、沢山のカリビアンリーフシャークが群がっていた。この中にジャイアントストライドでエントリーしていくのだから、サメ好きにはたまら無いだろうけど、サメが苦手な人からすると、「冗談じゃない!」という状況だろう。

ここの水深は12m程度。フィーダーが海底に降りてフィーディングを始めると、早速タイガーが姿を見せた。しかし、1ダイブ目に姿を見せたタイガーは少し小ぶりで、レモンシャークと同じか、場合によってはそれより小さい。まあ、初参加の人には、最初はこれくらいのサイズが丁度良いかなとも思うのだけど、実は、大きな個体よりも、小さな個体の方が動きが早く、小回りも効くし、この個体はかなり好奇心旺盛だった。

すぐに進行方向を変えて、僕らの方に向かって来る。頭部が何かにぶつかったのか、あるいは、釣りのフックが長い間引っかかっていたのか、陥没していて、皆が「ボコちゃん」と呼んでいた。

_60A6883k.jpg

この個体は、最終日までほぼ毎ダイブ皆の前に姿を見せて愛嬌を振りまいてくれた。

2ダイブ目からは、4m級の大きな個体が複数個体姿を見せて、最終的には計4個体を一度に見ることができた。

_60A8227k.jpg

ナイトダイビングでもタイガーが登場。

_60A7181k.JPG

しかし、2回目のフィーディングのときに、クルーの一人がレモンシャークに指を噛まれてしまった。

_MG_4235k.jpg

傷も大したことないし、噛まれた本人は嬉しそうだけど、さすがに、これ以降は海に入れなくなってしまった。

クルー2名が交代でフィーディングをやる予定が、一人だけがずっとフィーディングを行うことになったので、減圧も出るし「回数を減らすか、それとも、TAKA、やる?フィーディング?」と言われ、「え、どっちでもいいけど」と答えると、「自分ですっごくやりたいのならやってもいいけど、特に気乗りしないならすすめないよ」とキャプテンに言われ、要するに、何かあった場合、キャプテンの責任にもなるから、自分がどうしてもやりたいって言わない限りはフィーディング無しのダイビングになってしまう。そうなると、タイガーもあまり寄って来ないので、しょうがなく「是非やりたいです」と答えて3日目にはフィーディングすることに。

_29A0656k.jpg

多分、野生のタイガーシャークへの直接の餌付けを行った初めての日本人かもよとクルーに言われた。特に恐怖心は無かったのだけど、餌付けの魚の入ったボックスの扱いに慣れていなかったのと、餌をあげるタイミングがうまくつかめずに、早めに終わらせてしまった。次回チャンスがある場合には、もう少し余裕を持ってできるとは思うけど、やっぱり写真撮影している方がいいな。

Tigermoutha.jpg

ちなみに、これはタイガーシャークの口の中を4K動画で撮影したものの1シーンを切り出した画像。真ん中に寄生虫みたいのが見える。それに、向かって右端には、釣りのフックが錆びたようなものがそのまま口の中に残っているのもわかる。かわいそうだけど、なんか口の中のピアスみたいでもある。

2017年、2018年は、7日間のクルーズだったものを9日間にして、グレートハンマーヘッドシャークやブルシャークの見れる(ここのタイガーシャークくらい近寄れる)海域まで行くことになります。すでに2017年、2018年もそれぞれ正式予約、仮予約で満席ですが、キャンセルが出たら、またご連絡します。ちなみに、2019年度は日程決まってはいませんが、参加希望のお問い合わせは来ています。

タイガーシャーク&グレートハンマーヘッドシャーククルーズに関するご質問はお問い合わせください。

CATEGORY

  • バハマドルフィンクルーズ
  • トンガホエールスイム
  • パースアシカスイム
  • フロリダマナティスイム
  • バハマタイガーシャーククルーズ
  • アフリカサファリトリップ
  • メキシコバショウカジキスイム
  • メキシコジンベエスイム

ENTRY

COMMENT

  • イヌミ
    越智さんお久しぶりです! 美しいイルカ達の姿は...
  • 越智@新浦安
    西村様 ジンベエですかクジラですか?クジラは過...
  • 西村美恵子
    今伊藤英明さんと一緒のホエールウオッチングのテ...
  • のんちゃん
    居るのがわかって良かった~(≧▽≦) とにかく...
  • 鍋島
    いいなぁ、今年はたくさんババウ諸島周辺に集まっ...

PICK UP

2017.10.09
越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください 越智隆治スライドトークショー2017開催決定! 3面スクリーンで大迫力の海洋生物を感じてください

2017年12月23日(土)、東京の渋谷で、毎年恒例となりました越智隆治スライドトークショーを開催いたします。 <昨年六本木で開催したスライドトークショーの様子> おかげさまで、毎年満員御礼(若干オーバーなためいつも狭くてすみません)のトークショー。今年は、大きな3面スクリーンのある会場で、1年間の撮影の様子をご報告します。 迫力のあるクジラから、癒しの海まで、海に包まれているような気持になれると思います。 食事スタイルは、半立食のブッフェ形式。 席が決まっていないので、いろんな方をお話しできるかと思います。 またせっかく海が大好きな人たちが集まりますので、「なにか青いもの」をご持参ください。洋服でも、靴でも、鞄でも小物でも、なんでも構いません。もしかしたら、いいことがあるかもしれません。 会の終盤には、お楽しみのプレゼントじゃんけんも開催予定です。 今年はどんなプレゼントか、お楽しみに。 満席になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご参加ご希望の方は、お早めにお申込ください。 皆さまのご参加、心よりお待ちしております! ■越智隆治スライドトークショー2017 ○日にち:2017年12月23日(土) ○会場:イベントスペース DAIA 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1 https://goo.gl/maps/Naoahs1V9PJ2 ○時間 17:00 受付開始 17:20 スタート 19:40 終了 20:00 完全退出 ※二次会の開催は予定していません ○参加費 7,000円 ※事前のお振込みをお願いしております ○お申込・お問い合わせ ochi@oceana.ne.jp 以下をご記入の上、ご連絡ください。 「件名:越智隆治スライドトークショー2017参加希望」 *お名前: *参加人数: *当日に連絡のつくお電話番号: ※担当者より詳細のご案内をさせていただきます

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com