KID'S DIARY 子育て日記

  • 子育て日記TOP

イルカやクジラと泳ごう!INTO THE BLUE > Kid's Diary > ココナッツは母乳の味?

子育て日記

Wed 29
ココナッツは母乳の味?
2004.09.29

マーシャル諸島のマジュロ環礁に滞在中、海友のメインの遊び場となったのは、ダイビングボートでポイントに向かう途中に点在する、ほとんど無人に近い小さな島々だった。その中でも一番安心して遊ばせる事ができたのが、マジュロでの人気のダイビングポイントが集まっているカロリン島。

ここには、広々とした綺麗なビーチもあるし、島を管理するマーシャル人のヨシュターさん夫婦が住んでいる。ダイビングショップのスタッフたちとも仲が良かったので、妻と息子をビーチに残してダイビングに出かけても安心だった。

島には沢山のヤシの木が生い茂っている。ココナッツ好きな僕は、以前から、この島で休息するたびに、ヨシュターさんにお願いして採れたての新鮮なココナッツをもらっていた。というか、それがマーシャルでの僕のメインのランチだったのだ。中のジュースを飲み終えると、真ん中から割って、内側の果肉を食べる。これだけで十分お腹いっぱいになるから、特にランチを買ってくる必要も無かった。時には、ワサビ醤油をつけて食べたり、サバみその缶詰をトッピングして食べたりもした。ワサビ醤油をつけると、まるでイカ刺しみたいな味がするので、一度皆さんも試してみると良い。はっきり言って美味!

さて、海友を連れて島を訪れた時も、いつものようにココナッツをもらって飲んでいた。僕がココナッツを飲んでいる様子を、海友が不思議そうに眺めながら、ゆっくりと手を伸ばしてきた。好奇心旺盛な年齢だから何でも欲しがる。もう無理矢理奪い取らんばかりに、僕の飲んでいたココナッツの実を抱え込み、飲み始めた。

こちらもどんな反応示すか見てみたかったので、奴の好きにさせてみた。すると、一口飲んだ途端に目を輝かせ、実をさらにわしづかみにし、「絶対に返さない」とばかりにごくごくと飲み始めたのだ。いつしか目は恍惚として、まるで母乳を飲んでいるときのような表情を見せていた。

結局、半分ほど残っていたはずのココナッツジュースは、あっと言う間に飲み干されてしまった。ついでに果肉も食べるか試してみたのだが、これもどうやらかなり好きなようで、切れ端を渡すと、奪い取るように食べ始めた。あまりにもココナッツに対する興奮の仕方が面白いので、以後、この島に来ると毎回のようにココナッツを飲ませていた。

ヨシュターさんのところにも、海友よりちょっと小さな赤ちゃんがいた。「自分の子供なの?」と聞くと、「娘の最初の子供を養子にもらったんだ。娘は今グアムにいるよ」と言っていた。娘の長男を養子にもらうなんて、日本だとかなり珍しい事だけど、マーシャルでは案外普通の事らしい。若くして子供を生んでしまって、経験も無くて育てられないので、両親や年配の親族に養子に出す事は良くある事だそうだ。

当然ヨシュターさんの奥さんは、母親では無いので、母乳が出ない。この島から町までは、ボートで1時間近くかかるし、彼ら以外住んでいない島で、赤ちゃんのミルクはどうしてるのかと聞いたら「ココナッツを飲ませてる」と言う返事。母乳のかわりに、ココナッツを飲ませるのも、マーシャルではいまだに普通の事だそうだ。

それにしても、ココナッツの事を知れば知る程すごいと思う。のどが乾けば飲み物にもなるし、中の果肉は食べ物になる。外皮は繊維として使えるし、大きな葉っぱは家にもなる。乾燥させればコプラとして燃料にもなるし、石けんや洗剤、化粧品にもなる。とにかく使えないところが無いくらいに見事に利用価値があるのだ。それに環境にも優しい。温暖化の影響が強いマーシャルでは、このココナツオイルをディーゼルのかわりに使って車を動かせる開発が行われ、今年の4月から実際に市販され使われている。

昔からココナッツ好きな僕にとっては、海友だけでなく赤ちゃんのための母乳かわりになると分かって、ますますココナッツの素晴らしさを再認識させられた。

旅行先で、木になっている食べ慣れない果汁を、赤ちゃんにそのまま飲ますのは気が進まないと思うけど、ココナッツは一度試されてみてはいかがでしょうか。

Next 「大人だけでは気付かなかった、ビーチ前の公園の芝生のごみの存在

Previous 「無人島で親からの逃走・マーシャル諸島編

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaji-ochi.com/mt/mt-tb.cgi/943

ENTRY

ENTRY

  • 越智@自宅
    あ、久しぶりですね。ハワイ楽しんでますか?はや...
  • yumi
    ほんとにほんとにお久しぶりです。 その昔昔、モ...
  • ゆうこ
    最後の文章で吹き出しました(^-^)/ ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com