INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
メキシコ セールフィッシュスイム

Week3、イルカとバショウカジキがコラボ

2012.01.13 / Author.Takaji Ochi

Week2のメンバーが帰国した翌日は、オフ。ゴルフカートで島を観光し、遺跡などを巡った。
_MG_1450.jpg
南北に8kmのこの島は、東西は数百メートルしかない場所もある細長い島。観光地の中心となっているのが北端側、僕らのホテルは東北の端に位置する。遺跡があるのは、島の南端。そこにはイグアナも生息している。大きさは、ガラパゴスの陸イグアナと海イグアナの間くらい。
_MG_8340.jpg
夕方から夜にかけてゲストが到着。明日のブリーフィングをして就寝した。
そして、翌日12日目。Week3初日。海は今回の中では一番の凪。まあ、空には多少多く雲が広がってはいたけど、この日に出なくして、いつ出る!くらいのコンディションだった。にも関わらず、この日はフィッシングでセールフィッシュを1匹ヒットしたに留まった。
_MG_8360.jpg
初日でもあり、先に来ていた人たちから「船酔いが辛い」と相当に脅かされていたこともあり、酔い止めを飲んでいたこと、それに時差ぼけもあり、皆ほとんど船の上で眠っていた。
自分としては、このコンディションが2日間続く間に見れてしまえば、ラッキーと思っていたのに、初日から見られなかった事が悔やまれた。
そして、week3、3日目、トータルで13日目。この日も昨日以上の凪。かなり北まで移動して鳥山を探す。9時半から見つけた鳥山にエントリー。しかし、バショウカジキの個体数が20匹程と少ないためか、かなりイワシの群れが小さくなっているにも関わらず止まらない。
_MG_16081.jpg
自分はついて行けるスピードだったが、皆は、何度も船に戻り前に落としてもらう事を繰り返した。徐々にイワシの数も減り、止まるのではと思いながら追い続けていたら、どこからか「ジジジジジジ」という聞き慣れた音が聞こえてきた。
(イルカのソナー音だ)とすぐにわかった僕は、泳ぎ続けながら周囲を見回した。しかし、それと同時にバショウカジキの群れがスピードを上げ、振り切られそうになった。群れに遅れないように必死に追走しながら、周囲を気にしていると、後ろからタイセイヨウマダライルカが1匹、2匹、・・・6、7、8匹。あっさりと僕を通過してバショウカジキとイワシの群れの方へ泳いでいった。
必死になって追いかけるが、そのままスピードを上げていき、最後には見えなくなった。イルカだけの写真は撮影できたと思ったが、遠くにうっすらバショウカジキの群れも写っていた。まあ、証拠写真程度だけど。
_MG_20791-thumb-450x299-2076.jpg
その後も2個、違う鳥山にエントリーし、トータルで3時間程この日は泳いで終了した。
明日からまた風が少しずつ上がる予報。この日に沢山見れて良かった。
これで、自分のトータル遭遇回数は、17回で13回。遭遇率87%。

RecentEntry

  • カテゴリーなし